ダイエットに有効!話題の背中の筋トレでダイエットを成功する方法は?

背中が太る原因は何?

よそ行きのシャツや、タイトな洋服を着て「なんだかキツい・・・」と感じていませんか?

お腹周りや顔のように、表立っては出ないものの、じわじわとお肉がついてしまうのが背中。

脂肪の付き具合がわかりにくい部分でもあるため、気づいたときには「かなり背中にお肉がついている」ということも多いです。

では、背中が太ってしまうのにはどのような原因があるのでしょうか。

まずは、背中に脂肪がついてしまう理由から探っていきましょう。

【筋肉の減少】

まず一番に挙げられるのは筋肉の減少です。加齢とともに、筋肉量が減少し、無駄な脂肪がつきやすくなってしまいます。

普段から運動不足であったり、不摂生をしている方がこれに当てはまります。

知らず知らずのうちに筋肉が減り、背中にたるみが発生してしまいます。

【姿勢の悪さ】

次に挙げられるのが、姿勢の悪さ。猫背な方に多いのがこの原因。

姿勢が悪いと、背中が歪み、筋肉を適切に使わなくなるため脂肪が増加していってしまいます。

また、デスクワークや運転で長時間同じ姿勢を取っている場合にも、背中の血行が悪くなり脂肪が燃えにくい原因となることがあります。

このような事柄が、背中に脂肪がついてしまう原因。では、背中のダイエットをするにはどのような方法が効果的なのでしょうか。

なぜ背中の筋トレがダイエットに有効なのか?

背中のダイエットに有効なのが、筋トレ。

というのも、背中は食事制限などでは脂肪が落ちにくい部分。

減少してしまった筋肉を再度つけ、脂肪を燃焼しやすい背中にするのが背中ダイエットへの一番の近道です。

背中の筋肉を鍛えることで得られるメリットについて説明していきましょう。

背中の筋肉を鍛えることで得られるメリット

背中の筋トレをすることで、得られる一番のメリットは先ほど記述した通りダイエット効果。

背中がすっきりするだけではなく、背中の筋肉が腹筋を引っ張ることで、ウエストをすっきりさせることができます。

また、背中というのは「姿勢」においてとても重要な部分です。

脊柱を正しい位置にすることで猫背が改善されたり、骨盤の歪みを矯正することが可能です。

猫背が改善されれば、内臓の圧迫が軽減され便秘解消などの嬉しい効果も期待できます。

このように、ダイエットだけではなく、様々な事柄においてメリットが大きいのが背中の筋トレです。

背中 男性

ダイエットには背中の筋トレが有効

ダイエット効果がある背中の背筋を使った筋トレ方法

では、さっそくダイエット効果がある背中の「背筋」を使った筋トレ方法をご紹介していきましょう。

【バックエクステンション】

1.うつ伏せに寝る

2.ひじを曲げ、頭の後ろに添える(脇は60°ほどに開く)

3.つま先と腕を床から浮かせ、身体を反らせる

4.15~20回を1セットとし、2~3セット繰り返す

このような方法で背筋を鍛えることができます。

下記動画で分かりやすく説明しているので、一度目を通しておくと良いでしょう。

身体を反らせるときに、背中とお尻の筋肉を身体の中心に向かって丸めるイメージで行うことがポイントです。

【ベントオーバー】

1.ダンベルを持ち足を肩幅程度に開く

2.身体を床に平行になるまで倒す(ヒザを軽く曲げ、胸を張ることがポイント)

3.両腕を前に下げる

4.肩甲骨に寄せるように、息を吐きながら両腕を上げる(身体の状態は平行にキープしたまま)

5.息を吸いながら元の状態に戻す

1セットを15回とし、2~3セット行うのが効果的です。

慣れないうちはダンベルを持たずに行うと良いでしょう。

下記動画で分かりやすく説明しているので、チェックしておくことをおすすめします。

背中の筋トレをする上での注意点は?

背中の筋トレダイエットについてご紹介しましたが、いくつか注意が必要です。

・必ず正しいフォームで行う

⇒腰を痛めてしまう原因になります。

・痛みを感じた時点で筋トレを中断する

⇒痛みが悪化する前に早急に中止し、ケガを防止しましょう。

・背中以外の筋肉を使わないようにする

⇒フォームを正確にし、きちんと背中の筋肉を使うことが大切です。

普段筋トレダイエットを行っていない方が、いきなり筋トレを始める場合はまずは身体を慣らす必要があります。

ダンベルなどのウエイトを使わずに、正確なフォームを身に着けることから始めましょう。

ダイエットに必要な筋トレの回数や頻度は?

ダイエットとして背中の筋トレを行う際の回数ですが、1セットを15回~20回とし、1日に2~3セット行うのが理想的です。

といっても、もちろん筋トレの種類やウエイトの有無などによって適切な回数は異なります。

筋トレダイエットを始めたばかりというあなたは、まずはフォームを身に着けることから始め、無理のないように筋トレを行うことが大切です。

頻度も、毎日行うのではなく、最初のうちは一週間に何日か筋肉の休息日をつくると良いでしょう。

正しいフォームを理解し、慣れてきたころに負荷やウエイトを増やすことがおすすめです。

ダイエットをより効果的に行うには?

「筋トレダイエットをしているけど、背中が全然痩せない」、「早くダイエット効果を実感したい」というあなた。

筋トレダイエットというのは即効性があるものではありませんので、やはり長期的な目線でダイエットを行う必要があります。

しかし、サプリメントを使用することによって効率良く、ダイエット効果を得ることは可能です。

「スピーディーに筋肉がつくようになった」、「筋トレでダイエットを成功させた」という方がこぞって選んでいるのがDCCサプリ。

このサプリには下記のような栄養素が豊富に含まれています。

「クレアチン」、「 HMB」、「 BCAA」、「イミダ15」・・・良質な筋肉を増加し、持続力を高める成分

「コレウスフォルスコリ」、「ブラックジンジャー」・・・脂肪の燃焼を促す成分

筋肉の持続力を高め、脂肪の燃焼を促すのでダイエットには必須。

これらの栄養素は普段の食生活で補うことが難しい成分のため、サプリメントで効率よく摂取するのがベストです。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

いまなら期間限定で、初回分を95%OFFの560円でお試しすることができます。

期間中であれば送料まで無料です。

「DCCサプリを試してみたい」というあなたは、このキャンペーンを上手に利用すると良いでしょう。

また、⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリックではDCCサプリのメリットとともに、客観的視点からデメリットについても検証しています。

DCCサプリの使用を検討しているあなたは一度目を通しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。背中のダイエットというのは、見落としやすいものではありますが、すっきりした背中をキープするためにも、トレーニングを欠かさないことが大切です。

長い期間を要する筋トレですが、DCCサプリを使えば効率もUP。

スピーディーに効果を得ることができます。

あなたに合った筋トレ・サプリメントで魅力的な背中を手に入れましょう。

背中 男性

ダイエットを成功させて自慢できる体型を手に入れよう

<おすすめ関連記事>

糖質制限ダイエット中に魚は食べてもいい?糖質制限中の食事法を紹介!

HMBサプリで痩せるってホント?HMBのダイエット効果を徹底検証!