太い腕をめざす!憧れの腕を手に入れる話題のトレーニング方法とは?

腕の筋肉にはどんな種類があるのか?

「太くたくましい腕に憧れている」というあなた。

トレーニングをしている男性なら一度は憧れるのが美しく筋肉がついた太い腕。

しかし、頑張ってトレーニングをしても細いままの腕。

筋肉がつきやすい場所でありながら、実際にトレーニングで筋肉をつけようとしても思う様にいかない方が多いのではないでしょうか。

今回は、腕の筋肉を効率良くトレーニングする方法を伝授。

これを読んでトレーニングを行えば、きっとあなたの理想的なたくましい腕が手に入るでしょう。

トレーニング方法をご紹介する前に、まずは腕にある主な筋肉についてご説明します。

【上腕三頭筋】

上腕三頭筋は、腕の上部分の後ろ側の筋肉。二の腕と呼ばれる部分です。

【上腕二頭筋】

上腕二頭筋は腕の上部の表側の筋肉。

筋肉がついた男性にみられる「力こぶ」の部分です。

【上腕筋】

上腕筋はヒジ付近に位置する筋肉。

筋肉がついていれば、手を下したときに綺麗に張り出して見える部分です。

【前腕筋群】

前腕筋群はヒジから手首にかけての筋肉。

力を入れたときに血管が浮き出る部分です。

これらが腕にある主な筋肉の名称です。

太くたくましい腕を手に入れるには、「上腕二頭筋」を鍛えるのが理想的。

上腕二頭筋は男らしい力こぶをつくるための重要な要素となります。

腕を太くするのに最適なトレーニング方法

では、次はさっそく腕を太くするために最適なトレーニング方法をご紹介していきましょう。

動画付きで説明していきますので、今日からさっそく実践可能です。

チューブを使った腕のトレーニング

まずは、チューブを使った腕のトレーニング。上腕二頭筋を鍛えるトレーニングとなります。

1.チューブを持ち、足を肩幅程度に開いて立つ

2.チューブの中央を肩幅程度に開いた足で踏む

3.チューブを持った手の内側を正面に向け、握った拳を腰の左右で構える

4.ヒジを固定し、そこを支点にチューブを肩口まで上げる

5.ゆっくりと元に戻し、繰り返す。

1セットを10~20回とし、2~3セット繰り返します。

トレーニングチューブは通販やホームセンターで手頃な価格で購入することが可能です。

とても効果的なトレーニングとなりますのでさっそく実践してみましょう。

下記動画では、さらに分かりやすくトレーニング方法を説明しています。

ダンベルを使った腕のトレーニング

次はダンベルを使った腕のトレーニング。こちらも上腕二頭筋を鍛えるトレーニングとなります。

1.ダンベルを持ち肩幅程度に足を広げて立つ(ダンベルを持つのは片手ずつでも、両手でも可)

2.脇をしめ、ダンベルを肩の真下に構える

3.ヒジを固定し、手首を真っすぐにしたままダンベルを持ち上げる

4.ゆっくり戻し、繰り返す。

1セットを10~15回とし、2~3セット繰り返します。

ダンベルは100均やホームセンターでも入手が可能です。

ない場合はペットボトルに水をいれることでも代用可能ですので、さっそくチャレンジしてみましょう。

下記動画では、さらに分かりやすくトレーニング方法を説明しています。

腕を太くするのに必要なトレーニングの回数は?

2つのトレーニングについてご紹介しました。

次は、この2つをどのくらいの回数行えば良いのかをご説明していきます。

最初にご紹介したチューブトレーニングの1セットの回数は10~20回。

1日2~3セット行うのが理想的です。

しかし、普段トレーニングを行っていない方がいきなり高い負荷のトレーニングを行うと身体を痛めてしまう原因ともなります。

まずは回数を少なめに行うのが良いでしょう。

次にご紹介したダンベルトレーニングの1セットの回数は10~15回。

こちらも1日2~3セット行うのが理想的です。

最初はダンベルのウエイトを軽めに、徐々に負荷を増やしながら行うのが良いでしょう。

まずは片腕交互ずつ行うこともおすすめです。

ダンベル

楽しくノルマをクリアしていこう

腕を太くするのに必要なトレーニングの頻度は?

次に腕を太くするために必要なトレーニングの頻度についてご説明していきます。

通常筋肉がつくと言われているのは定期的にトレーニングを行って約3ヶ月。

慣れてきたころには毎日行うのが理想的ではありますが、最初のうちは筋肉を休ませるためにも、週に何日かトレーニングお休みの日をつくりましょう。

トレーニングに慣れたと感じたときに、セット数や頻度を上げるのがベストです。

また、身体に痛みを感じた場合などはすぐにトレーニングを中止、しばらく様子をみてください。

腕立て 男性

何も考えずトレーニングしても腕は太くなりません

効率よく腕を太くするために必要なものは?

腕を太くするためのトレーニングについてご紹介してきましたが、筋肉がつくのには時間がかかるもの。

「筋肉を効率よくつけたい!」「早く効果を実感したい」というあなたに適しているのがサプリメントの使用です。

良質な筋肉をつけ、トレーニングを行っている方々から厚く支持されているのがビルドアップサプリメントであるDCCサプリです。

「クレアチン」、「 HMB」、「 BCAA」、「イミダ15」・・・良質な筋肉を増加し、持続力を高める成分

「コレウスフォルスコリ」、「ブラックジンジャー」・・・脂肪の燃焼を促す成分

「デキストリン」、「水素吸蔵サンゴ末」、「酵素」・・・体内環境を整える成分

「オルニチン」・・・疲れた筋肉、身体を労わる成分

上記の成分がぎゅっと濃縮されているサプリメントなので、筋肉を効率良くスピーディーにつけることが可能です。

「なかなか筋肉がつかなくて困っている」という方は、サプリメントを活用し、トレーニングの効率を上げてみてはいかがでしょうか。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

今なら期間限定で、初回購入に限り1ヶ月分を560円で購入することが可能です。

まずは1ヶ月、トレーニングとともに、サプリメントを使用してみることをおすすめします。

また、DCCサプリのメリット、デメリットを詳しく知りたいというあなたは下記をクリック。

購入前にDCCサプリについて知識を集めておきましょう。

⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリック

まとめ

いかがでしたでしょうか。腕の筋肉をつけることで男らしさもアップし、自信をつけることにも繋がります。

まずはトレーニングを行う習慣を身に着けることから始めましょう。

DCCサプリなどのサプリメントを活用すれば、効率もぐんとUP。

あなたの理想とする太く、たくましい腕を目指しましょう

腕 筋肉 男性

さりげなく太くなった腕を自慢しよう

<おすすめ関連記事>

HMBとプロテイン効果的なのはどっち?筋トレ初心者にはHMB?

HMBとBCAAの併用は効果ない?話題の筋トレ成分の効果を徹底検証!