ワキガに塗り薬は効果ある?!人気のおすすめ塗り薬ランキング5選!!

ワキガには塗り薬が効果的?

ワキガのケアグッズと言えば、現在では、スプレータイプや拭き取りシートタイプ、ロールオンタイプなど、様々なものが販売されていますが、中でもお勧めなのは、塗り薬(=クリームタイプ)です。

では何故、塗り薬がお勧めなのでしょうか?

塗り薬とはどんなものなのか、そもそもワキガの原因はなんなのか、正しい情報を知ることで、その理由がわかります。ワキガに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ワキガの原因

アポクリン腺を解説する図

ワキガに悩む人ならご存知のことかと思いますが、ワキガとは、普通の汗=エクリン腺から出る汗と違い、アボクリン腺という、日本人の約10%の人しか持っていないと言われる特殊な汗腺から出る汗が、肌の常在菌と反応することで放つ、特有のキツい臭いのことです。

エクリン腺が体中にあるのに対し、アボクリン腺は脇の下や陰部、肛門など、限られた場所にしか存在しません。また、アボクリン腺から出る汗は、普通の汗に比べて粘性があり、脂質やタンパク質、アンモニアなどが含まれているため、衣服に付着すると黄ばむという特徴があります。

このアボクリン腺に含まれる成分が、肌の上に常に存在する常在菌によって分解されると、ワキガ特有の強い臭いが発生します。これが、ワキガ発生のメカニズムです。

このアボクリン腺に含まれる成分は、常在菌の他に、肌から分泌される皮脂にも反応し、皮脂が加わるほど臭いがキツくなります。皮脂や汗の量には個人差があるため、人によってワキガ臭のタイプや強さが異なるのはそのためです。

また、ワキガに悩んだことのない人たちにはあまり知られていないことですが、アボクリン腺を持っていても、活性化しなければワキガは発生しません。つまり、アボクリン腺があるのに、まったくワキガに悩んでいない人もいるのです。

ただし、これは逆を言えば、ある日突然、ワキガが発生してしまう可能性の人もいるということになります。

塗り薬がワキガに効果がある理由

塗り薬がワキガに効果がある理由は明確です。

塗り薬には主な効果は下記の2つです。

□汗腺の収斂させ過剰分泌を抑える「制汗作用」

□汗を分解し臭いを発生させる皮膚上の雑菌を殺菌する「殺菌・消臭作用」

それぞれワキガが発生する原因にそれぞれ直接改善することができるので、塗り薬はワキガに非常に効果があるとされています。また密着度も高いため長時間ワキガを対策できる点が他のデオドラントグッズと比較すると非常に優れています。

塗り薬には2種類存在する

ワキガ対策の塗り薬には大きく分けて2つの種類が存在します。ひとつは、病院やクリニックなどで診察を受け、診断された結果に合わせて処方される処方薬。もうひとつは、インターネット通販などで誰でも気軽に買える市販薬です。

処方薬

皮膚科やクリニックなどの医療機関で受診した場合、一般的に処方されるワキガの塗り薬として代表的なものは、塩化アルミニウム液です。

塩化アルミニウム液とは、金属アルミニウムと塩素(または塩化水素)を反応させて生成した無水塩化アルミニウムを塩酸で溶かした液体のことです。

塩化アルミニウムには、汗が出る毛穴を塞ぐ作用があるため、「制汗」の効能があります。また、ワキガの臭いの原因となる汗が出ることを防ぐ=臭いが軽減される、ということで、制汗と共に「消臭」の効能も併記されることが多いのですが、塩化アルミニウム自体が消臭の作用を持っているわけではありません。

そのため、塩化アルミニウムが主な成分である処方薬のデメリットとして、重度のワキガにはほとんど効果がない、ということが挙げられます。と言うのも、ワキガの原因となるアボクリン腺から出る汗は、普通の汗と違って、少量であっても臭いがキツく、完全に汗が防げない限り、臭ってしまうからです。

また、日常的に使用するものだと思うと、気になるのが塩化アルミニウムの身体への影響です。制汗の効果が高い塩化アルミニウム液ですが、二つ目のデメリットとして、濃度が高いとかゆみ、かぶれ、湿疹などの副作用があることが知られています。

ただ、皮膚科で処方して貰えば、万が一、肌にトラブルが起きても、すぐ相談に行けるので安心、という点ではメリットです。

市販薬

処方薬と比べると、医療機関で受診しなくてもインターネット等で気軽に購入できるのが市販薬のメリットですが、その特徴としては、ワキガ対策をうたっている塗り薬がたくさんある、ということです。

商品によって塩化アルミニウムの配合率や、含まれている成分に違いがあるため、どれを買えば自分の肌に合うか、自分のワキガに効くか、実際に何種類かの塗り薬を使用してみないとわからない、というデメリットがあります。

市販のおすすめ塗り薬5選

ここでワキガに悩んできた方が選んでいるおすすめ塗り薬を5つ発表します。

それぞれ商品の特徴や購入の仕組みが異なるので、自分にあった正しい商品を選べるように見ていきましょう。

①デオシーク

デオシーク クリーム

内容量:30g
定期料金:税込4,731円

<特徴>

2017年より発売が開始された最新の塗り薬であるデオシークは、雑誌などで有名となり、多くのワキガで悩む方に使用されている商品となっています。

デオシークならではの特徴として消臭成分や制汗成分だけでなく、保湿成分や抗炎症成分も配合されているため、臭いを強くしてしまう原因となるし皮脂や肌の炎症まで抑えることが可能となっています。

デオシークも永久返金保証制度がついてくるため、リスクなく購入することが可能となっています。

<口コミ>

ワキガ臭にも、加齢臭にも効果があるって言うのに感動しました。ワキガと加齢臭って発生メカニズムが違うみたいだから、両方への効果ってあまり期待してなかったんです。ですが、きちんと両方のメカニズムを理解したうえでワキガにも加齢臭にも効果があるような成分配合になっているようですね。サプリとボディソープもあって、全身トータルケアという感じがしました。正直ここまで満足いく結果になると思っていませんでしたが、かけがえのないパートナーになりそうです。

出典:デオシークモニター 50代男性 Y・Iさん

<値段・購入特典>

□定価

7980円(税込8619円)+送料630円

□定期購入特別価格

56%OFFの4380円(税込4731円) +送料無料+永久返金保証付き

デオシークの口コミや有効成分の解説はこちらの記事をクリック

⇒男性用公式サイトはこちら

⇒女性用公式サイトはこちら

②クリアネオ

クリアネオ クリーム

内容量:30g
定期料金:税込4,980円

<特徴>

厚生労働省も認定のワキガ対策塗り薬では圧倒的な人気を誇るネオテクトは殺菌消臭成分であるイソプロピルメチルフェノールが配合されており、臭いの原因菌を99.999%殺菌することができながら、完全無添加処方となっているためお子さんからお年寄りまで安心して使用できる塗り薬となっています。

フェノールスルホン酸亜鉛という制汗成分も配合されているため、汗の過剰分泌もおさえることが可能となっています。

抑臭成分として柿タンニンも配合されており、長時間臭いが発生しない状態をつくることも可能となっています。

長年ワキガ体質の方に使用されてきた実績があり、メーカーも自信があるため、効果に満足できなかったらいつでも解約可能な永久返金保証制度がついてくるため、リスクなる試すことができる点も人気の理由の一つとなっています。

<口コミ>

加齢臭のせいで風呂に入っても次の日枕や布団のが臭ってましたが使用していると臭わなくなって驚きです。仕事でよく汗をかきいてすぐ臭くなっていましたが風呂上がりに1日着た服を臭っても柔軟剤の香りだけ。体を洗うのに半プッシュ3回に分けて使ってます、半プッシュなので泡立ちは分かりませんが伸びがすごいです。

出典:Amazon

<値段・購入特典>

□単発購入

税込¥5980+送料¥660(1本お試し価格) 

□定期購入

税込¥4980(送料無料・定期配送のみ)+永久返金保証制度付き

クリアネオの口コミや有効成分の解説はこちらの記事をクリック

⇒男性用公式サイトはこちら

⇒女性用公式サイトはこちら

③ノアンデ

ノアンデ

<特徴>

累計30万本売れており、こちらも塗り薬ではベストセラーとなっています。

特にデザイン面などからも女性からの人気が高く、女性の脇の臭いや足の臭いなど幅広く体臭を改善させてきた塗り薬となっています。消臭効果も非常に高く、臭いの原因物質である黄色ブドウ球菌を100%殺菌することが可能となっています。

ノアンデも全額返金保証がつきますが、120日間限定となっています。

<口コミ>

 汗の臭いと白い洋服のシミになるのをずーっと悩んでいて色々な試してみたけど効果はなく、ノアンデをみつけて使って1ヶ月位経ちますが、臭い汗ジミもなくよく使ってます。

出典:Amazon

<値段・購入特典>

□単発購入

定価8600円(税込9288円) 送料無料

□トライアル定期コース

42%OFFの4960円(税込5357円) 送料無料

初めて購入される方限定で120日間の全額返金保証がつく

ノアンデの口コミや有効成分の解説はこちらの記事をチェック

⇒公式サイトはこちら

④ネオテクト

ネオテクト

内容量:30g
定期購入料金:税込4,731円

<特徴>

医学部外品の塗り薬となっており、制汗成分としてもフェノールスルホン酸亜鉛を配合し、殺菌成分もイソプロピルメチルフェノールを配合しており、ワキガの根本原因から改善することが可能になっています。

他の塗り薬と違い、ネオテクトは唯一単発購入でも公式サイトなら半額で購入できるため、とりあえず1本欲しいという方には非常にオススメとなっています。

<口コミ>

塗り心地はベタベタ感などなく無臭です。特に汗をかいた時は、ワキの臭いが気になります。塗る時にはワキの範囲よりも少し大きめに塗るのがコツと書かれていたので、大きくなるように塗りました。最近は少し暑い日もあり、朝にウォーキングをして汗をかいた時があったのですが、まったく自分の汗の臭いを感じる事がありませんでした。ワキもサラサラしていて、もっと夏になってノースリーブの季節になっても汗を気にせずに遊べると思いました。値段も高いだけの効果を感じる事ができ、とても気に入りました。

出典:www.cosme.net/product/product_id/10100616/review/505380878

<値段・購入特典>

□定価

税込8,618円

□公式サイト価格

税込4,298円

ネオテクトの口コミや有効成分の解説はこちらの記事をクリック

⇒公式サイトはこちら

⑤レデオス

レデオス 
内容量:30g
定期料金:税込5,378円

<商品特徴>

医薬部外品にも認定されている効果と安全性
国内工場生産のによる安全性
7つの制菌成分配合で長時間臭いの発生を防ぐ
自然由来の抑臭成分である茶エキスと柿タンニンを配合しているため、長時間臭いが発生しない状態を維持することが可能となっています。

特に柿タンニンは高い抑臭効果があるため、ワキガや足の臭いなど強い臭いでも改善することが可能です。

また医学部外品にも指定されているため効果、安全性ともに高くなっています。

<成分安全性>

レデオスは安心で高品質な商品を開発するため国内工場での製造にこだわっており、着色料やパラベン、香料などの添加物は一切配合されていません。

配合成分も自然由来のものにこだわっていますので敏感肌の人でもお試しいただきやすくなっております。

<口コミ>

娘からお母さん臭い!くっつかないで、旦那からは洗濯は別々にしてくれ。これってイメージ的には世の中のお父さんが言われることですよね?ワキガ手術は旦那の許可を経て10年前に2回行ったのですが…すぐに再発してしまう始末。レデオスはそんな惨めな私に素敵な魔法をかけてくれました。精神面でも救われて本当に感謝してもしきれません。

出典:レデオス公式モニター

<価格・購入特典>

定価

税込8,640円+送料630円

定期購入

税込5,378円(送料無料)

レデオスの口コミや有効成分の解説はこちらの記事をクリック

⇒公式サイトはこちら

塗り薬を塗るのにベストなタイミングとは?

疑問

塗り薬を使ってみたいと思った方に是非お伝えしておきたいのが、塗るタイミングです。詳しくは商品の説明書にも書かれていますが、制汗剤としての効力を最大限に発揮させるためには、汗をかく前に塗る必要があります

つまり、塗るのに最適なタイミングは、「寝る前」「朝起きてすぐ」です。

一日が始まり、体を動かす前である「朝起きてすぐ」はわかるけれど、「寝る前?」と不思議に思う方もいるかも知れませんが、寝ている間に、人は大量に汗をかきます(成人で約200ml)。そのため、寝る前に塗るのが効果的なのです。

ただし、夜寝る前にお風呂に入らない人や、お風呂やシャワーで脇の下を清潔にしてから寝るまでに数時間あり、その間で既に臭ってしまう人などは、お風呂やシャワーの直後に塗るようにしましょう。

軽度のワキガの人であれば、一日一回のタイミングだけで、ほとんど臭わなくなる可能性もありますので、色々なパターンを試して、自分に最適な頻度とタイミングを探してみてください。

塗り薬のデメリット

これまでずっとワキガで悩んできた人はもちろん、突然発症してしまった人にも、ワキガ対策として、より自分に合った塗り薬を選べるよう、主に市販の塗り薬について、そのメリットとデメリットを挙げてみます。まずは、デメリットです。

◻︎ドラッグストアやコンビニなどで購入できない

日本人の約10%しかアボクリン腺を持っていない上、アボクリン腺があってもワキガを発症していない人や、ほとんど気にならない程度の人がいることからしても、ワキガに悩む人の絶対数は多いとは言えません。つまり、「購入するターゲット層の絶対数が少ない=商品が大量には売れない」ため、ワキガ対策用の塗り薬は、ドラッグストアやコンビニでは販売していません。

そのため、店頭で数種類を実際に手に取って比較したり、その場で薬剤師さんに相談してから購入したい、という人や、インターネットで物を買うのは好きじゃない、という人にとってはデメリットとなります。

◻︎皮膚科に行くより高額になる場合がある

インターネットでワキガ対策用の塗り薬を探すと、たくさんの種類のものが販売されていることがわかります。配合されている成分の違いや、塩化アルミニウムの含有量などによって、自分に合うかどうかが変わってきます。そのため、人によっては自分に合う塗り薬に出会うまで数種類を試さなくてはならず、皮膚科に行くより高額になる場合があります。

◻︎かゆみやかぶれが出る場合がある

ワキガ対策用の塗り薬に含まれる塩化アルミニウムにより、肌にかゆみやかぶれが出る可能性があることもデメリットとして挙げられますが、これは塗るタイプの薬に限らず、ロールオンタイプやスプレータイプなど、どのタイプのものでも同じことが言えます。更には市販の塗り薬だけではなく、医療機関で処方される塗り薬についても同じリスクがあると言えます。

塗り薬のメリット

では、メリットについてはどうでしょうか?塗り薬のメリットを挙げてみましょう。

◻︎汗や菌の抑制効果が強い

スプレータイプやサラサラとした液状タイプのものに比べると、クリームタイプである塗り薬は、同じ成分が含まれていたとしても濃度が高いため、汗や菌の抑制効果が強く、効果が持続しやすい、というメリットがあります。

◻︎重度のワキガであれば、皮膚科で受診するよりコストも時間もかからずに済む

重度のワキガであれば、たとえ自分に合う塗り薬に出会えるまでに数種類の商品を買わなくてはならないとしても、重度のワキガには効果のない塗り薬を処方される皮膚科を受診し続けるよりも、結果的にはコストも時間もかかりません。

◻︎手術より安全

美容整形外科などの医療機関にワキガの相談に行くと、薬での処方ではなく、手術を勧められることが多いのですが、これは極力避けたい手段です。というのも、手術でアボクリン腺が取り除けても、数年後に再発する、という経験をもつ方が多いのです。また、手術はその危険性も指摘されています。塗り薬は、かゆみやかぶれの可能性があるとは言え、体にメスを入れるより、よほど安全です。

まとめ

最初に書いた、「ワキガには塗り薬が効果的?」という疑問に対する答えとその理由が、おわかり頂けたでしょうか?最後にもう一度、おさらいを兼ねてまとめておきます。

●ワキガ対策用の塗り薬には、処方薬と市販薬の2種類がある。

●処方薬の主成分である塩化アルミニウムは重度のワキガには効果がない

●ワキガの原因は、日本人の約10%しか持っていないアボクリン腺という特殊な汗腺から出る汗を、肌の常在菌が分解することで発生する特有の強い臭い

●ワキガ対策用塗り薬のデメリットは、ドラッグストアで買えない、皮膚科より高額になる場合がある、かゆみやかぶれが出る場合がある、など。

●ワキガ対策用塗り薬のメリットは、汗や菌の抑制効果が高い、重度のワキガの場合は皮膚科へ行くより費用負担が少なくなる、手術より安全、など。

●塗るのに最適なタイミングは、「寝る前」「朝起きてすぐ」

⇒「市販のおすすめ塗り薬5選」に戻る

<おすすめ関連記事>

おすすめの売れ筋デオドラントクリームランキング!ワキガや足に!

男性専用ワキガ対策法ランキング!手術と市販グッズはどっちが良い?!

市販のメンズボディソープ人気ランキングTOP15!口コミ・匂いを徹底比較

ワキガを自覚する5つのセルフチェック方法!体質と臭いの特徴とは

市販で人気のワキガクリーム7選!!ワキガの原因と対策を徹底解説!!