日本人にワキガは少ない⁉世界からみるワキガのルーツとは⁉

ワキガ症とは?

日本では嫌煙されることが多いワキガですが、実は欧米ではワキガ対策はほとんど行われていないのです。

世界から見るワキガのルーツ。ワキガの原因は人種の違いが関係していると考えられています。

気になるニオイをケアするためにも、まずはワキガのルーツから知っていくことにしましょう。

ワキガに悩む人

世界的なルーツを下に解明していきます。

日本人も悩む!ワキガ症とは?

日本人にも多く悩む人がいるワキガ症の正式名称は腋臭症(えきしゅうしょう)であり、その症状は、皮膚のアポクリン線から分泌される汗が原因で強い臭いを発することです。

その臭いは人それぞれであり、ネギのようなにおいや納豆の臭いなどがあります。

汗が分泌された時点では臭うことはありません。

しかし、その汗が皮膚上から分泌されると脂肪分やアポクリン腺から分泌された汗と混ざり異臭を放ってしまうのです。

このアポクリン腺は、その数も存在する場所も人によって違いがあります。

アポクリン腺が多ければ多いほど、ワキガのニオイは強くなってしまいます。

アポクリン腺から分泌される汗はベトベトしていて、ニオイを発生させる原因にもなるのです。

さらにワキガの人が汗をかいたあと、シャツを見ると黄色いシミになっていることがあります。

これもアポクリン腺から、分泌されてしまう汗が原因です。

一方、同じ汗でも、エクリン腺と呼ばれる場所から分泌される汗は、ニオイがしません。汗もサラサラとしていますので、シャツに黄色いシミを付けることもないのです。

ワキガではない多くの人の汗は、このエクリン腺と呼ばれる場所から出る汗なのです。

今回は、ワキガを知るとともにそのルーツを掘り下げていきます。

何かと騒がれるワキガ。

欧州と日本人を比較してその違い、ルーツを検証していきます。

日本人はワキガ対策をするのに欧州人が対策をしないのはナゼ!?

そもそも、ワキガとは日本人が特に気にするものであり、世界的にみると対策がとられているところは多くはありません。

これはワキガの人口割合が関係しています。

ワキガの人口割合が高ければ、ワキガでない人が少数になります。

ワキガである人が多数であると、ワキガの臭いを特に気にしなくなるといったことが起きるのです。

欧州では、7~8割の人がワキガです。

黒人に関してはなんとほぼ10割の人がワキガなのです!

こうした国・地域ではワキガ対策がとられていません。彼

らは潜在的にアポクリン汗腺の数が多いのです。

一方、日本人のワキガ症の人口はおよそ1割。約10人に1人がワキガという計算になります。

圧倒的にワキガの人が少数であるので、周囲からワキガが非常に目立つものになります。

そのため、日本人はワキガを気にする人が多いことになるのです。

続いて、ワキガのルーツを探ります。

ワキガのルーツが知りたい

日本人のワキガのルーツやいかに…

世界から見るワキガのルーツ!

ワキガのルーツは人種にありました。

昔の日本人は2種類に分けられます。古モンゴロイドと新モンゴロイドです。

このうち、ワキガ体質であったのは古モンゴロイドです。

古モンゴロイドは、日本の先住民であった縄文人です。

この人種は、もともと欧米の人種と同じくワキガ体質でした。

古モンゴロイドの血筋が強い人がワキガになりやすいといわれています。

一方、朝鮮半島から渡来した新モンゴロイド(弥生人とも呼ばれています)は、ワキガ体質の人がほぼいません。

現代の日本人は新モンゴロイドの血を引いている人が圧倒的多数なので、ワキガ臭がより目立つものになってしまうのです。

日本人のご先祖様の特徴を明らかに!

ワキガのルーツを辿ると行きつく人種の問題。

日本人の原点!2種類の人種に迫る!

日本人の原点である古モンゴロイドと新モンゴロイドの差は寒冷適応能力の差です。

新モンゴロイドは寒冷適応されており、古モンゴロイドは寒冷適応していません。

新モンゴロイドの特徴は4つあります。

一重まぶた、彫が浅い、体毛が少ない、耳垢が乾いているです。

この特徴は寒さに耐えれるような仕組みになっています。

一方は、古モンゴロイドはその逆で寒さに対応しにくい体質となっているのです。

新モンゴロイドはグリーンランドやアラスカ、シベリア、朝鮮半島といった寒冷地帯に多く分布していました。

日本人のワキガのルーツがわかりました。

さぁ、ワキガ対策をしましょう!

ワキガのルーツ、同じアジア人でもワキガ率は違う?

ワキガのルーツは、昔昔の祖先にまで遡ることがわかってきました。

世界的に見ると、日本人だけではなくてアジア人のワキガ率はやはり低いことになっています。

だからこそ、日本の中でワキガは注目を浴びてしまいがち。しかし、同じアジア人でも中国や韓国に行くと、そのワキガ率はさらに下がってしまいます。

その比率は、日本人の半分と言われています。

それは中国人や韓国人が新モンゴロイドだからです。

日本人のワキガルーツを知ったら対策!

日本人はワキガ人口が少ないがゆえに対策をしなければならない。

皮肉なことですが、もし気になっている人がいればぜひ対策を講じることをお勧めします。

ワキガのニオイを抑制するためには、アポクリン腺を刺激しないことが大切です。

アポクリン腺を刺激してしまうと、その活動が活発化してきてしまい、より汗を多く分泌するようになるのです。

そんなアポクリン腺は、肉料理や脂っこい料理、辛い料理などを食べると、刺激されてしまいます。

日本人に、なじみの深い和食は身体の中からワキガを改善してくれるのでオススメです。

⇒これからワキガ対策を考えている人はこちら

恥じてないでいざ対策!

ワキガの日本人もいる!

ワキガの対策について

ワキガの対策を、体の中からだけではなくて外からもしっかりしたい。

そんな人は、ドラッグストアへ行ってみましょう。

簡単にどこででも入手できて、ワキガのニオイを抑制することができる方法をご紹介していきます。

制汗シート

まずは制汗シートで、脇汗をしっかりと拭き取ることが大切です。

先程もご説明した通り、ワキガの原因は汗。しかも、その汗を放置するとニオイが強まってしまいます。

それならば、その汗を放置しなければニオイを撒き散らしてしまうこともないのです。

汗が出たらすぐに拭く。それを徹底するようにしましょう。

殺菌スプレー

肌には常在菌と呼ばれる、さまざまな菌が常にいます。

これは、どんなにお風呂に入っていても存在してしまうもの。

ですが、この常在菌がいるからこそワキガのニオイが強まってしまいます。

だからこそ、その常在菌を殺菌してしまいましょう。

エタノールなどのアルコールで消毒することが可能です。

しかし、あまり頻繁に使いすぎると、肌あれの原因にもなってしまいますから、注意しましょう。

消臭スプレー

消毒まで済んだら、ようやくここで消臭スプレーが登場します。

ニオイの源を取り除く前に、消臭スプレーを振りかけても、ニオイにニオイをプラスしてしまうだけ。

より強いニオイを発生させる原因にもなります。

そうなってしまわないためにも、消臭スプレーを使用する前にしっかりと汗を拭き、消毒するようにしましょう。

それが終わったら、消臭スプレーの出番です。

このとき、制汗スプレーでは効果があまり期待できません。

やはり「ニオイ」に特化したスプレーを選ぶようにしましょう。

ワキガの対策を取りたい人にオススメ

即効性があって、確実にワキガを改善したい方は、サプリメントを摂取することをお勧めします。

メンズデオ」サプリメントには、

・シャンピニオンエキス

・柿渋エキス

・緑茶エキス

・鉄クロロフィリンナトリウム

・デオアタック

といった自然由来の成分が含まれています。

これらの成分は加齢臭の原因菌に対しての滅菌作用が期待できます。

さらに、

・センスピュール

・フラクトオリゴ糖

といった成分が腸内環境を整えることで、食べ物の消化吸収を促進し、体臭を改善してくれます。

メンズデオについては、メンズデオ8400って効果あるの?!悪い口コミ・有効成分全て公開!こちらの記事で、有効成分、口コミ、効果が確認できるので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ワキガのルーツについて、ご説明してきました。

日本人のワキガ人口は、世界から見ればとても少ないもの。

さらに、日本人の嗅覚は他の人種よりも優れていると言われています。

そんな国で、少数派であるワキガとなれば肩身が狭い思いをしてしまうこともあるでしょう。

しかし、しっかりとデオドラントクリームを使ったケアをすれば、そんな思いをすることもありません。

しっかりケアして、堂々と自信の持てる身体に生まれ変わりましょう。

<おすすめ関連記事>

おすすめメンズデオドラント人気ランキングTOP10!加齢臭やワキガに!

ワキガに塗り薬は効果ある?!人気のおすすめ塗り薬ランキングTOP5

0