安く歯を白くする方法とは?費用を抑えるホワイトニング方法まとめ!

安く歯を白くする方法はある?

白い歯 ホワイトニング

「歯の黄ばみを解消したいけどお金が…。費用を抑えてホワイトニングする方法を知りたい」という方は多いようです。

Q&Aサイトでもホワイトニングを値段を抑えて行う方法について知りたいという声をよく耳にします。

歯を白くしたいです。オススメの製品、ありますか?やはり歯医者に行くしかないのでしょうか?歯医者は割と高いので、自宅で何かできたらいいなぁと思っています。

出典:yahoo!JAPAN知恵袋

歯を白くしたいと思ったけど、受付でホワイトニングは歯を削るから痛いと言われました。二万円です。歯に塗るのだったら痛くなさそうですね。もっと安くて歯が綺麗になる方法はないでしょうか?

出典:yahoo!JAPAN知恵袋

実際に歯医者でのホワイトニングは高額な施術も多いのが現状です。費用をできる限り抑えて歯を白くしたい方には、自宅でのホワイトニングがおすすめです。

自宅でのホワイトニングであれば、歯医者でのホワイトニングに比べ費用を抑えてホワイトニングをすることができます。

ここでは、一般的な歯医者で行うホワイトニングの費用、自宅で安くできるホワイトニング方法と費用についてご紹介していきます。お金をかけずに歯を白くしたいという方はぜひチェックしてみてください。

歯が黄ばんでいることのデメリットとは?

今、この記事を読んでいている読者の多くは、歯の黄ばみについて悩みを抱えているのではないでしょうか。

ではそもそも歯が黄ばんでいることによって、どのようなデメリットがあるのでしょうか。まずは、下記のデータをご覧ください。

スクリーンショット 2017-04-18 21.54.31

スクリーンショット 2017-04-18 21.55.28

出典:歯の白さに関する意識調査

こちらを見ると、歯が黄ばんでいるだけで笑顔の輝き度が50%以上低下したり、そのほかにも「老けて見える」「清潔感がない」など悪印象を与えてしまうことになることがわかります。

歯は、その人の印象を左右する重要な要素のひとつなのです。

歯医者のホワイトニング治療は高い…?

よく「歯を白くしたいけど、歯医者でのホワイトニング治療は高い」と言われていますが果たして本当なのでしょうか?

ここでは歯医者で歯を白くするために用いられる代表的な方法「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」について紹介していきます。

それぞれのホワイトニングの費用がどれくらいかかるのかチェックしましょう。

オフィスホワイトニング

高濃度の過酸化水素と強力なライトを使用し、歯を白い状態へと戻します。簡単に言えば、ホワイトニングは歯の「漂白」にあたります。歯科医院で下記の流れで施術を行います。

  1. 歯科医院を訪れる
  2. 歯の汚れを落とす
  3. 薬剤を塗布する
  4. 薬剤の漂白効果を促進させるライトを照射する
  5. 定期的に施術を繰り返す

<費用>

まず、念頭に置いていただきたいのが、ホワイトニング治療は保険適用外だということです。そのため治療費を全て自己負担しなくてはいけません。

オフィスホワイトニングの料金相場は一般歯科で1回3万円~5万円かかります。通常、一回のオフィスホワイトニングで5シェード前後の変化があるといわれています。

もちろん個人差があるので一概にはいえませんが、日本人の歯が「白くて綺麗」と思われる歯の白さになるまでには、2~4回の通院が必要になるでしょう。そのため、ホワイトニング終了までにかかる費用は安くとも6万円、場合によっては20万円ほどかかると見込んでおいたほうが良いでしょう。

最近ではホワイトニングの専門医院などもあり、費用を抑えつつホワイトニング施術を受けることができるのでそちらを利用してみるのも手かもしれません。

またこれは医院によって異なりますが、診察料やクリーニング代が別途な場合もあります。クリーニング代としては1回5000円~10000円程度となっています。

持続期間は個人差がありますが基本的には3~6ヶ月間持続すると言われています。

もし20万円かかってオフィスホワイトニングをして3ヶ月間(90日とする)効果が持続した場合の1ヶ月間の費用としては約67000円ほどになります。

1日での費用を計算すると1日あたりおよそ2200円ほどとなっています。

上記に記載されているのはオフィスホワイトニングの1ヶ月間の費用と1日あたりの費用です。費用としては読者の皆さんが思っていた通り、非常に高額であることがわかります。

オフィスホワイトニングは「費用を気にしない分、即効性が欲しい」という方にはおすすめですが、ホワイトニング効果を少しでも安くしたいと思っている方にはあまりおすすめできません。

下記に、編集部おすすめのホワイトニング専門医院を紹介します。オフィスホワイトニングを検討中の方はぜひチェックしてみてください。

スターホワイトニング

スターホワイトニングバナー

価格:2,500円~/回

公式サイトはこちら

<サービス特徴>

  • 歯科医院でしかできないホワイトニングを施術
  • 1回照射 2,500円〜でリーズナブル。照射回数毎のシンプルな料金設定
  • 有資格者によるプロの施術

スターホワイトニングは、ホワイトニング歯科医院のなかでもリーズナブルな価格設定です。いつでも1回2,500円で試すことができるので始めの人にもおすすめです。

<値段・特典>

  • LEDライト1回照射 2,500円(税込2,700円)
  • LEDライト2回照射 4,815円(税込5,200円)
  • LEDライト3回照射 6,945円(税込7,500円)
  • 全額返金保障制度有り
  • 初めての人は次回のライト照射が1回無料

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは歯科医院ではなく自宅で行うものです。オフィスホワイトニングとは異なり専門医ではなく、一般の方が薬剤の使用することを前提としているため、薬剤そのものの濃度はオフィスホワイトニングの6分の1程度と低くなっています。

ホームホワイトニングは下記のような流れで施術を行います。

  1. 歯科医院で自分の歯型のトレー・マウスピースをつくる
  2. 自宅にてマウスピースに合わせホワイトニングジェルを塗る
  3. 放置して歯を漂白する
  4. 定期的に繰り返す

<費用>

ホームホワイトニングの料金相場は一般歯科で20,000円~40,000円程度です。ホワイトニング専門医による施術であれば5000円ほど安く治療を受けることができます。

ホームホワイトニングの費用としては基本的に2つです。

  1. マウスピースを作成する費用
  2. マウスピース作成後、ホワイトニングするために必要な薬剤の費用

先ほどの費用は、マウスピースのみの費用です。薬剤に関してですが、1~2週間分で5000円~10000円ほど費用がかかると考えておきましょう。

オフィスホワイトニングに比べて使用している薬剤の濃度が低いため、ホームホワイトニングの効果はかなり個人差があります。白くなりにくい歯質の方だと10万円近くの費用がかかってしまうこともありますので、先ほどの値段でおさまるかは一概にはいえません。

効果の持続期間は、基本的に6ヶ月~1年ほどといわれています。

下記に、編集部おすすめのホームホワイトニングをご紹介します。歯科医院に行かずにお手頃価格で自宅でホワイトニングをしたいと考えている方はぜひチェックしてみましょう。

ビースマイルLEDホワイトニング

ピースマイルLEDホワイトニングキットバナー

ジェル内容量:15g
価格:6,000円→初回定期:4,800円(2回目以降は2,700円)

公式サイトはこちら

<商品特徴>

  • 酸化チタンがLEDライトに反応してブラッシングとともに汚れを落とす
  • 汚れがつきにくくなる
  • 好きな時にホワイトニング

ビースマイルホワイトニングキットでは、わずか3ステップでホワイトニングを始めることができます。

「酸化チタン」と「メタリン酸ナトリウム」、「ハイドロキシアパタイト」の3つとブラッシングの力で歯の着色汚れを除去・コーティングします。

<ビースマイル定期コース特典>

  • 毎月ビースマイルホワイトニングジェル1個お届けの場合→通常価格6,000円が4,800円(税抜)
  • 2回目以降は定期コース価格、20%オフの2,700円(税抜)
  • インフュームベルガモットプレゼント

ビースマイル女性バナー

自宅で安くホワイトニングするおすすめは?

歯医者での治療費をみると「やはりホワイトニングは高い」と感じる方も多いでしょう。しかし、自宅でのケアであれば安く歯を白くすることができます。

①ホワイトニングジェルで歯を白くする

自宅ケアの中でおすすめしたいのがホワイトニングジェルです。ホワイトニングジェルは研磨剤を配合していないので、歯を傷つけずに歯のホワイトニングができます。効果の高さも自宅ケアの中ではトップクラスです。

ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニング

内容量:30g
公式サイト初回販売価格:3,980円(税別)送料無料

<商品特徴>

①医薬部外品指定の効果と安全性

②リピート率91%の納得の商品安全性

③テレビや雑誌でも多く取り上げられ芸能人も愛用

<口コミ>

ホワイトニングに行くんだったら…と考えると妥当かなとおもいました。日頃からコーヒーや紅茶などを愛飲しているので、歯の黄ばみや口臭はとても気になっていました。甘ったるさや辛味がないので磨きやすく、すぐ口から出したい!という不快感がないので続けやすいと思います。

出典:ちゅらトゥースホワイトニング公式サイト

⇒公式サイトはこちら

【↓ちゅらトゥースホワイトニングの有効成分や口コミはこちら↓】

②ホワイトニングペンで歯を白くする

スクリーンショット 2017-12-04 17.08.04

ホワイトニングペン:1730円/1本

まず歯の上からこのホワイトニングペンを塗り、ブラッシングすることで歯を白くしていくのがホワイトニングペンとなっています。

アマゾンでの評価は高くないため、口コミ上ではあまり白くならないという方が多いようですが、手軽さでは良い商品となっています。

洗浄剤として亜塩素酸Naが配合されており、表面の汚れに吸着してブラッシングで落としやすい状態にします。

0円でできるホワイトニング方法

今まで歯医者でのホワイトニングと自宅でできるホワイトニングの方法について紹介してきました。

次に0円でできる黄ばみ対策について紹介します。日頃から付着してしまう歯の黄ばみをできるだけ付着させない方法を実践し、白い歯に近づきましょう。

正しい歯磨きをする

突然ですがあなたはこのような歯磨きの方法をしていませんか?以下に代表的な間違った歯磨き法について紹介してありますので、自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

歯磨きの際、歯ブラシを濡らしたり、口をゆすいでいる

歯ブラシを水に濡らしたり、口の中をゆすいだ後に歯磨きをすると歯磨き粉がよく泡立ちます。泡立つと磨いた気になってしまいますが、その結果磨き残しなどが発生してしまうことになります。

また、フッ素やホワイトニングの効果なども水によって薄まってしまいます。歯磨きをする際には歯ブラシは乾いたまま使用するようにしましょう。

黄ばみを除去しようと歯を強く磨いている

よくあるもう一つの間違いとしてあげられるのが歯を強く磨きすぎることです。歯の黄ばみを落とそうとして歯を強く方がいますが、むしろ逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

歯を強く磨きすぎてしまうと歯のエナメル質を傷つけてしまいます。エナメル質が傷ついて磨耗してしまうことによってエナメル質の内部にある象牙質が透けて見えてしまいます。象牙質はもともと黄色ですので歯が黄ばんでいるように見えてしまうのです。

歯の正しい磨き方は、以下の動画に記載されているのでそちらを参考に実践してみてください。

食後はうがいをする

着色性食品と呼ばれる食品を摂取すると歯に汚れが付着してしまいます。歯についた汚れはしばらくすると強固な汚れとなってしまいますので、食後はうがいをするようにしましょう。うがいであれば気軽に行うことができます。

着色性食品の一覧は以下の通りです。特にこれらを飲食した際は、うがいをするよう心がけると良いでしょう。

<着色性食品一覧>

コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・赤ぶどう・カレーライス・ソース・ケチャップ・醤油・人口着色料を使用した食品・色の濃いうがい薬

まとめ

「お金をかけずに安く歯を白くしたい」という方のために、安く歯を白くする方法をご紹介しました。歯科医院でのホワイトニングはお金がかかるものが多く「安く歯を白くしたい」という要望には少しずれています。

近年では自宅でできるホワイトニングが「安く歯をホワイトニングできる」と注目を集めています。自宅でのホワイトニングは、まさに「お金をかけずに安く歯を白くしたい」という方にぴったりの方法です。

自宅でホワイトニングをする場合は、ホワイトニングジェルを使用するのがおすすめです。少し費用は高めですが、効果や安全性では優れているといえるでしょう。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

<関連記事>