安全なシャンプーランキングTOP10!アミノ酸・無添加・ノンシリコン!

更新日:
安土 慶彦

元大手企業美容研究員/美容特化webライター

大手企業の研究施設で肌の研究に5年携わる。現在は美容関係を主にwebライターとして活動中。

頭皮・皮膚の弱い方は、シャンプー選びがとても重要です。ノンシリコンシャンプー・低刺激アミノ酸シャンプーを選ぶことをおすすめします。
シャンプー後のすすぎが不十分の場合、頭皮にシャンプー剤が残ってしまい、フケや頭皮荒れ、髪へのダメージの原因となってしまうため注意が必要です。
また、シャンプーに含まれる成分によってヘアセットのしやすさ、ボリュームの出やすさが大きく変化します。
「セットが上手くできないな」「ボリュームが出ないな」とお悩みの方は是非ノンシリコンシャンプーを使用してみることをおすすめします!!

安全なシャンプーが知りたい…

美容 成分 化粧水

「シャンプーって種類が多すぎてどれを使ったらいいか分からない!」「どれが安全なの?」と思う方も多いと思います。

そこで今回は、以下の3つをメインにご紹介します。

  • 安全なシャンプーの選び方
  • 安全性の高いおすすめシャンプーランキング
  • 髪や頭皮をケアする方法

安全なシャンプーランキング【TOP10】

では、早速安全でおすすめなシャンプーを紹介します。

①チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー

  • 価格:4,180円/容量:300ml
  • アミノ酸成分:ベタイン系
  • タイプ:アミノ酸・ノンシリコン

<特徴>

一般的なアミノ酸系シャンプーだと、石油系洗浄剤という髪の毛の保湿因子を破壊してしまう成分も一緒に入っていることが多いのですが、このチャップアップシャンプーに石油系洗浄剤は一切入っていません。

無添加で人肌と同じ弱酸性にすることで、頭皮のたんぱく質を破壊してしまう可能性を限りなく抑えることに成功しました。

頭皮や髪の毛に与える刺激は弱く、コンディショニング効果があり、しっとりとした洗い上がりになります。

⇒男性用公式サイトはこちら

⇒女性用公式サイトはこちら


②haruシャンプー

haruシャンプー

  • 価格:3,600円/容量:400ml
  • アミノ酸成分:ココイル系
  • タイプ:ノンシリコン

<特徴>

トリートメント不要のオールインワンが特徴のシャンプーです。白髪の改善・予防が可能で、ノンシリコン、アミノ酸系界面活性剤使用、抜け毛対策成分キャピキシルと、頭皮ケアに必要な成分をまんべんなく配合しています。

市販品としては、まとまりがよくダメージケアシャンプーとしても使いやすく、育毛剤の成分として有名なミノキシジルの3倍の効果を持つ天然成分を配合して、髪の健康もケアしています。

⇒公式サイトはこちら


③ZACCパールリッチシャンプー&コンディショナー

ZACCパールリッチシャンプー&コンディショナー

  • 価格:6,000円/容量:各400ml
  • アミノ酸成分:ベタイン系
  • タイプ:ノンシリコン

<特徴>

髪のタンパク質を破壊してしまうシリコンを使用していないので、髪と頭皮への負担が少なくなります。またすぐれた保湿作用、ダメージ補修のあるブラックパールを配合したことで髪に潤いと自然な輝きを与えます。

髪と頭皮に低刺激なアミノ酸系界面活性剤を使用しています。泡立ちが少なく感じるかもしれませんが、洗浄力に問題はない為安心して使用できます。美容液レベルの天然植物由来のボタニカル成分配合で、髪と頭皮にツヤ、コシ、ハリを与えてくれます。

⇒公式サイトはこちら


④SORAスカルプシャンプーGOLD

SORAスカルプシャンプーGOLD

  • 価格:6,800円/容量:200ml
  • アミノ酸成分:ベタイン系
  • タイプ:アミノ酸・ノンシリコン

<特徴>

SORAスカルプシャンプーGOLDは、毛髪蘇生士が20年研究した天然スカルプシャンプーです。プラセンタ専用の原料メーカーと老舗スカルプケア専門店が共同開発しており、髪の健康と育成にこだわったシャンプーです。こちらもノンシリコンシャンプーで、32種類の天然由来成分を配合、希少なキルギス馬プラセンタを配合しています。

特に、プラセンタにより髪の毛と頭皮のケアを同時に行えるシャンプーとして有名です。貴重な馬プラセンタを使用しており、1回につき100本までしか生産できないので、在庫切れに注意しましょう。

⇒公式サイトはこちら


⑤ハーブガーデンさくらの森シャンプー&コンディショナーセット

ハーブガーデンさくらの森シャンプー&コンディショナーセット

  • 価格:4,000円(トリートメント付き)/容量:各300ml
  • アミノ酸成分:メチルアラニン系
  • タイプ:アミノ酸・ノンシリコン

ハーブガーデンシャンプーは、乾燥肌にも優しく、ふけなどのトラブルを防ぐ、天然素材をたっぷり使用したシャンプーです。洗浄力のあるアラニンが主成分であるため、洗い上がりや頭皮の汚れが落ちているか気になる方でも納得して使用していただけます。

ダメージヘアを気にしている人にも安心感が持てるのも特徴です。市販では珍しいハーブの成分により、保湿と補修効果が強いので、髪のパサつきを改善したい場合にも効果を発揮します。

名前の通りハーブの香りを持ちつつも香りが強すぎないことも、人気のある理由のひとつです。パッケージの上品さや洗浄成分が上質な事もその人気を支えています。

⇒公式サイトはこちら


⑥プレミアムブラックシャンプー

プレミアムブラックシャンプー

  • 価格:5,184円/容量:400ml
  • アミノ酸成分:ベタイン系
  • タイプ:アミノ酸・ノンシリコン

<特徴>

特徴としてフコイダンを含み、FGF-7(ヒトオリゴペプチド-5)と呼ばれる発毛促進因子を増やす働きがあります。

他にも皮膚の抗菌作用、アレルギー抑制効果、皮膚の免疫力向上なども期待でき、頭皮のケアもしっかり行うことができます。

楽天のヘアケア部門で1位を獲得したこともあり、炭を使った、普通の洗剤では落としにくい皮脂タンパク汚れも分解して洗い流すことができる効果が期待できます。豊富に含まれるミネラルが肌のターンオーバーを活性化させるので洗浄成分としてもかなり優秀です。

⇒公式サイトはこちら


⑦U-MAシャンプー

U-MAプレミアムシャンプー

 

  • 価格:4,320円/容量:300ml
  • アミノ酸成分:ベタイン系
  • タイプ:アミノ酸・ノンシリコン

<特徴>

馬から採れる油を採用したのがU-MAシャンプーです。実は、非常に育毛に優れた性質を持っていることで知られています。

育毛に良い成分として、不飽和脂肪酸の一種であるα-リノレン酸を多く含みます。この成分は角質層への浸透力が高く人間の肌に馴染みが良いことが特徴です。

また、馬油は人間の皮脂に近い性質を持っていますので、頭皮にとってバランスの良い環境を整えます。保湿力にも優れているため、育毛を考えている方にとっての強い味方です。

⇒公式サイトはこちら


⑧LUXE(ラグゼ)

LUXEラグゼスカルプシャンプー

  • 価格:3,900円/容量:300ml
  • アミノ酸成分:ココイル系
  • タイプ:アミノ酸

<特徴>

高品質シルクアミノ酸を配合しているシャンプーです。シルクのアミノ酸は肌成分に近く、保湿成分、抗酸化作用、紫外線カットなどの働きもあるため、頭皮に優しいことで知られています。

抗酸化作用は頭皮のケアに大きな効果を発揮します。皮脂腺が多い頭皮を抗酸化してくれることにより、臭いの発生も防ぐ効果が期待できます。20種類のアミノ酸の内18種類を含み、頭皮・毛髪のケアもしっかり行います。

⇒公式サイトはこちら


⑨m3040シャンプー

スカルプシャンプーM3040シャンプー

  • 価格:6,000円/容量:330ml
  • アミノ酸成分:ベタイン系
  • タイプ:アミノ酸

<特徴>

M3040プレミアムスカルプシャンプーは、頭皮の臭いに効果的なシャンプーです。

頭皮の臭いケアに期待できる「カキタンニン」が配合され、気になる臭いを抑えます。頭皮に潤いを与える成分フコイダンを配合し、頭皮の乾燥を防いだうえで、臭いの原因物質をブロックします。

頭皮環境を正常に保ち、アミノ酸系の洗浄成分、ノンシリコンで頭皮の健康を促進します。

⇒公式サイトはこちら


⑩クイーンズバスルーム

クイーンズバスルームシャンプー&コンディショナー

  • 価格:2,484円/容量:500ml
  • 洗浄成分:アミノ酸ベタイン系
  • タイプ:アミノ酸・ノンシリコン

<特徴>

水の力で毛髪のくせをおさめることに着目し、シャンプー後24時間経過してもシャンプー前よりも高い水分を保ち続けられるのが特徴です。

リピジュアやヒアルロン酸など保湿成分がふんだんに使用されています。

「シャンプー」「コンディショナー」「ヘアオイル」各種5日分のお試しセットが、1,300円(税抜)で購入できるので、お試ししやすいです。

⇒公式サイトはこちら

安全なシャンプーとNGなシャンプー

ここでは安全なシャンプーと避けるべきNGなシャンプーの種類についてご紹介していきます。

安全なシャンプーの種類

まずは、安全なシャンプーとはどんなシャンプーかをご紹介していきます。

安全性の高いシャンプーの種類は以下の3つがあります。

安全性の高いシャンプーの種類
  1. 刺激の少ないアミノ酸シャンプー
  2. 無添加シャンプー
  3. ノンシリコンシャンプー

これらの種類を選ぶことが安全なシャンプーの選び方です。

①刺激の少ないアミノ酸シャンプー

アミノ酸のシャンプーは、低刺激で優しいシャンプーです。

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分(界面活性剤)に以下のようなアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーのことを言います。

アミノ酸系の洗浄成分
  • ココイル系…頭皮に優しく、洗浄力は低め。洗い上がりはさっぱり。
  • ベタイン系…頭皮に優しく、洗浄力は低め。洗い上がりはしっとり。
  • メチルアラニン系…頭皮に優しく、洗浄力は高め。価格は高め。

薄毛や抜け毛に悩む人や、肌が弱い人でも安心して使用できるシャンプーです。刺激も少ないので、敏感肌、アトピーや抜け毛に悩む方にも効果的です。

アミノ酸シャンプーは、洗浄力が優しく、汚れと余分な皮脂は洗い流しますが、必要な皮脂を根こそぎ落とすことはありません。敏感肌でなくても、肌を健やかに保てるという点で、アミノ酸系シャンプーを使うメリットは大きいです。

また、アミノ酸シャンプーには洗うだけでなく、シャンプーに含まれるアミノ酸が髪へ浸透し、ある程度髪を修復する効果もあります。アミノ酸は体の素ですから、髪にとっても肌にとっても優しいという特徴があります。

②無添加シャンプー

無添加シャンプーは、合成化学物質(シリコン・着色料・人工香料・鉱物油・防腐剤など)が含まれていないシャンプーのことを言います。

アレルギーや敏感肌の人でも使いやすいのが無添加シャンプーです。刺激となる成分が使われていない可能性が高いため、化学物質にアレルギーのある方でも、天然由来の素材であれば、肌トラブルなく使える場合があります。

また、乾燥による頭皮トラブルを防ぐことができます。必要な皮脂を残しながら汚れを落とすことで、皮脂の落とし過ぎを防ぐので、石油系の界面活性剤を使用するシャンプーに比べて肌を刺激しすぎず、潤いを保ちます。

無添加シャンプーは、すすぎ残しの心配が少ないのも特徴です。洗い流す際に落ちやすい成分が多く、泡切れの良さは肌の保護にもつながります。成分が肌に残らないので、抜け毛やニキビにも効果的です。

③ノンシリコンシャンプー

シャンプーにシリコンが使われるのは、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにして、髪への摩擦を減らすためです。髪の保護やツヤも与えてくれるので、シャンプー以外にもヘアワックスやヘアトリートメント剤にも使用されています。

しかしシリコンの成分は頭皮に残りやすく、髪や頭皮に悪影響を与え、髪や肌トラブルなどの原因になることもあります。

ノンシリコンシャンプーには、シリコンが配合されておらず、髪を自然な状態に戻してくれるのが特徴です。

また、ノンシリコンシャンプーは、髪質をふんわりとさせることができるので、薄毛や抜け毛に悩む人でもヘアスタイルを作りやすいです。

NGなシャンプーの種類

ここでは、洗浄力が強すぎたり、刺激が強い「避けるべきシャンプー」の種類について解説していきます。成分名なども紹介しているので、シャンプーを選ぶ際はご参考にしてください。

シリコンシャンプー

シリコンシャンプーは、髪をコーティングするために使用され、なかなか洗い流しにくいという性質を持ちます。しっかり洗い流していないと、頭皮や髪にフケや肌荒れといった頭皮トラブルの原因になってしまいます。

シリコンシャンプー成分一覧
  • ジメチルシリコーン
  • 揮発性シリコーン…シクロメチコン、シクロペンタシロキサン
  • アミノ変性シリコーン…アモジメチコン、アミノプロピルジメチコン
  • ポリエーテル変性シリコーン…ジメチコンコポリオール、ポリシリコーン13など

高級アルコール系シャンプー

シャンプーの中には、「高級アルコール系シャンプー」呼ばれる種類のシャンプーが存在します。高級アルコール系シャンプーは、洗浄力が強く髪を洗い終わった後にとてもスッキリとした爽快感をもたらしてくれます。一見、頭皮の汚れが落ちて頭皮に良さそうに感じるかと思います。

しかし、この高級アルコール系シャンプーは、頭皮の汚れだけだなく頭皮にとって大切な水分・油分まで洗い流してしまいます。それにより、毛根や頭皮に多大なダメージを与え、フケやかゆみ、頭皮の肌荒れを起こしてしまいます。

高級アルコール系シャンプーには、以下のような成分が含まれています。

高級アルコール系シャンプー成分一覧
  • ラウリル硫酸~~
  • ラウレス硫酸~~
  • ポリオキシエチレン~~など…

石けん系シャンプー

石けん系シャンプーとはその名のとおり、石けんを素に作られたシャンプーです。石けんと思い浮かべてみると、天然由来のものや無添加製品で体に優しいイメージがあります。

しかし、石けんの洗浄力はとても強く、高級アルコール系シャンプーに匹敵するほどの危険があります。使用することで地肌に必要な水分や油分も洗い流してしまいます。また、石けんはアルカリ性のため肌に刺激を与えてしまいます。

石けん系シャンプーには、以下のような成分が含まれています。

石けん系シャンプー成分一覧
  • カリ石鹸素地
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 純石けん分
  • 石鹸窒素など…

防腐剤などの科学物質

私達の頭皮には常在菌がいます。これらの常在菌は、皮脂や汗を食べることによって頭皮環境を正常に保ってくれます。

常在菌は、頭皮にとって必要なのですが、シャンプーに含まれているパラベンなどの強力な防腐剤は常在菌を殺してしまいます。

常在菌が減ってしまうと頭皮環境のバランスが崩れ、トラブルの元となります。

防腐剤の成分一覧
  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • ブチルパラベン
  • など…

健やかな頭皮を保つ方法

健やかな頭皮を保つための+αのケアをご紹介します。

  • 湯シャンする
  • シャンプーを正しく使う
  • 規則正しい生活習慣

それぞれ詳しく解説していきます。

湯シャンする

髪を洗う上で究極の選択肢は「シャンプーを使わない」ということです。「シャンプーを使うと肌が荒れる」のならば、いっそのこと使わなくてもいいでしょう。

湯シャンは、頭皮や毛髪にダメージを与えることがありません。ニオイやベタつきが気になると思うので、最初は週1回の湯シャンから始めましょう。仕事や学校のない週末や人に会う予定が無い前日などがおすすめです。ニオイやフケは湯シャンに慣れたら減ってきます。そのタイミングで少しずつ湯シャンの日を増やしていきましょう。

シャンプー剤で洗髪する時は、上記で紹介したような頭皮に優しいシャンプーを使うようにしましょう。

湯シャンをする時のポイントは、以下のとおりです。

湯シャンのポイント
  • 湯シャン前にブラッシングをしておく
  • 34~35度のお湯で洗う
  • 力を入れず、指の腹で優しく洗う

シャンプーを正しく使う

シャンプーを正しく使えていない人は多いです。ここでは、頭皮に負担をかけないよう、正しいシャンプー方法を確認しておきましょう。

入浴前にブラッシングをする

まずは髪を濡らす前に、ブラッシングをします。ブラッシングである程度のほこりやゴミを取り除いておくことがポイントです。

②ぬるま湯で洗う

次に、髪をお湯で濡らして、まずはお湯だけで汚れを洗い流します。シャンプー前の予備洗いのような気持ちで丁寧に汚れを落としてください。しっかりと汚れを落とすことで、泡立ちも良くなります。目安として、1分以上は予洗いをしましょう。

③泡を包み込むように優しく指の腹で洗う

次に、適量のシャンプーを手にとります。男性なら1プッシュ、女性でロングの方でも3プッシュ程度です。取ったシャンプーをそのまま髪に乗せるのではなく、一旦手の平の上で泡立てるというのがポイントです。泡を包み込むよう、優しく指の肌で洗いましょう。力を入れすぎると、皮脂や水分を過剰に奪ってしまう原因となりますので、豆腐を洗うように優しく洗いましょう。

④しっかりとすすぎましょう。

しっかりと髪・頭皮を洗ったらすすぎ残しがないように泡を洗い流します。泡が残っていると雑菌が繁殖してしまう要因となりますので、十分にすすぐようにしましょう。目安時間は2分以上です。

背中にニキビがあったりニキビがある人は、シャンプーの洗い残しが背中に残ってしまった結果、背中が荒れてしまったからかもしれません。

⑤タオルドライ

タオルでしっかりと水分をとっていきましょう。ごしごしこするのではなく、タオルで押し付ける感覚で行ってください。タオルドライ後のドライヤーも行いましょう。髪は熱に弱いので、頭皮から15センチ以上は離した位置からドライヤーの風をあてるようにしましょう。

規則正しい生活習慣

基本ではありますが、健やかな頭皮環境を保つためには規則正しい生活習慣を送ることが大切です。生活習慣が悪化するとさまざまな頭皮トラブルの元となるので、生活習慣を見直しておきましょう。

①良質な睡眠をとる

親子 睡眠

睡眠中は、起きている間に受けた細胞への様々なダメージを修復してくれます。睡眠は体を健康に保つためには欠かせない存在です。

頭皮や髪だけでなく、肌のハリや潤いを保つためにも睡眠は欠かせません。細胞の修復のために体が機能する睡眠の質を向上させることで、頭皮も健やかに保つことができます。

②栄養バランスの整った食生活

和食 朝食

ビタミンやミネラルは脂肪をエネルギーに変える働きがあり、不足してしまうとエネルギーに変換されなかった脂肪が、皮脂となって分泌されてしまうことがあるのです。これが頭皮にも影響します。

脂肪の元となる油っこいものや甘い料理を減らし、栄養バランスを考えた健康的な食生活を送りましょう。

③休日はストレスを発散

人はストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れ、テストステロンという男性ホルモンの分泌が減ることがあります。その結果、体内でホルモンバランスを保とうとして、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが生成されます。

ジヒドロテストステロンには、毛髪の元となる毛母細胞の活動を低下させる作用が報告されています。

ストレスを解消し、心身ともに健康な状態を維持することは、頭皮の健康にも不可欠なのです。

他のおすすめランキング記事もチェック!

市販のものではなかなか効果を実感できないという方もおられますが、特殊なシャンプーでなくても頭皮ケアに役立つ製品は多く存在します。口コミなどでも一定の評価を得ているものを試して、頭皮ケアに役立てることは可能です。

下記リンクを参考にして、ご自身の肌質に合うシャンプーを探してください。

安全なシャンプーのまとめ!

頭皮の質を改善するのには時間がかかりますが、市販のシャンプーでも十分頭皮・ヘアケアの効果を出すことは可能です。アミノ酸系・ノンシリコン・無添加のシャンプーを探して、健やかなヘアライフに役立てましょう。

BiDANのおすすめ

【チャップアップシャンプー】

チャップアップシャンプー

価格:4,180円
チャップアップシャンプーは、髪のプロが厳選した素材を絶妙な配合で濃密に仕上げた高級シャンプーです。モンドセレクション金賞受賞やスカルプケア研究所も絶賛する人気シャンプーです。

⇒公式サイトはこちら

※ランキング掲載の廃止について

客観性の無いランキング記事がネット上に増えている中で、BiDANでは「より多くの方にわかりやすく美容情報を提供する」ことを理念としており、多くの方々に正しい美容情報を得ていただきたいと考えているため、料金や売れた本数などの客観的な数字での比較ができない商品に関してのランキング掲載を順次廃止しております。

ランキングの順位を気にせず、読者様が自分に合うと思った商品を選んでいただければ幸いでございます。

→他のヘアケア記事も見る