体臭対策にサウナが効果的って本当?体臭対策にサウナが有効かを解説!

体臭と汗の関係性

制汗剤 メンズ おすすめ 市販

人間の汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2種類があり、エクリン腺から出る汗サラサラしているのが特徴で、99%が水分であるためニオイもそこまで強くなりません。

しかしアポクリン腺から分泌される汗はベトベトしていて、食事から摂取した脂質やタンパク質が含まれているため、ニオイが強いという特徴があります。

アポクリン腺は脇や陰部、耳の中などの一部にしか存在していませんが、ニオイが強く「ワキガ」の原因となっているのは、このアポクリン腺から出る汗が原因になります。

上記の話を聞くと「汗はかかない方が良いのでは?」と思うかもしれませんが、それは間違いです、

汗は体内の老廃物を体外に排出する役割も担っているため、汗をかかないと体内に老廃物が溜まってしまい、いざ汗をかいた時に、一気に老廃物が体外に出てしまうため、よりニオイの原因成分が濃縮された汗が出るので、ニオイもより強くなります。

さらに体内に老廃物を溜めておくことは体にもよくありません。

体内の乳酸

激しい運動や貧血によって体内が酸素不足になった時に発生する疲労物質の乳酸ですが、乳酸の量に比例してアンモニウムも増加する性質があり、さらに乳酸自体もそれを分解する時に臭い成分を発生させます。

それらが汗と一緒に流れることで体臭の原因になります。

つまり、乳酸を体内にためないようにすることが体臭改善につながります。

サウナには体臭予防効果がある!?

男性 疑問

サウナがいかにして体臭予防に役立つのかについて解説します。

サウナで悪い汗を予防

汗が出やすい人は普段から目につかないくらいの細くさらさらした汗をかいて、すぐに蒸発してしまいます。

それに対して普段あまり汗をかかない人の汗は、べたべたとしていてニオイが強い場合が多いです。

なぜ普段汗をかく習慣がない人が悪い汗をかきやすいか…それは汗腺の機能が衰えるからです。

筋肉と同じで使わないとうまく機能しなくなるというわけです。

そこで効果的なのがサウナです。サウナは汗をかくための施設なので、汗腺トレーニングにはうってつけの場所で「運動は好きじゃない」という方も汗腺を鍛えることのできる、おすすめの施設になります。

サウナで血流を良くして乳酸を流す

サウナは新陳代謝を上げて、血流を良くしてくれる効果もあります。

血流がアップすることで汗による体臭の原因のひとつである乳酸の排泄を促すことができます。

血流をアップさせるサウナの入り方として「温冷交代浴」があります。

サウナに10分ほど入ってから水風呂に入るなどして熱を冷ます、というのを数回繰り返す入浴方法です。

入浴方法を見直し、血流アップを図りましょう。

サウナの正しい入り方

さて、ここまでサウナが体臭に効果的である理由について解説してきました。

続いては効果的なサウナの入り方と注意点を確認しておきましょう。

<サウナの入り方と注意点>

  • 乳酸を排出させるには「温冷交代浴」
  • サウナに入る前は水分補給をしっかり
  • 1回のサウナに入る時間は10〜20分程度
  • サウナの前には食事・飲酒はしない
  • サウナに入る前は体の水分を拭き取る

サウナによる体臭予防効果はすぐに効果がでるようなものではないため、継続的に実践していきましょう。

サウナと一緒に体臭に効く温泉を選ぶ

温泉

サウナがある場所といえば温泉や銭湯ですが、その湯船にも気を配ることで、より効率よく体臭を改善することができます。

炭酸水素塩泉(重曹泉)とアルカリ性単純温泉の弱アルカリ性の泉質は、皮膚の汚れを程よく溶かし、また新陳代謝を活発にしてくれるため、体臭予防に効果が高いです。

サウナと温泉を上手に組み合わせることで、より効果的な体臭対策ができます。

入浴するだけで体臭を対策できる商品があるって本当?

サウナについて解説をしてきました。

この記事を見ている多くの方はサウナが好きな方かと思われます。

おそらく温泉好きという方も多いと思いますので、ここでは湯船に浸かるだけで簡単に体臭を対策できる「薬用Hot Tab」について紹介していきたいともいます。

薬用Hot Tabは医薬部外品にも認定されている体臭に対して効果の認められた商品です。

錠剤を自宅の湯船に入れるだけでお湯を「重炭酸湯」に変えることができ、重炭酸の効果で皮膚上の体臭の原因となる汗や雑菌を洗い流してくれます。

「新陳代謝向上」「美肌効果」も兼ね備えているため男女問わず人気の商品になります。

Hot Tab 入浴剤
薬用Hot Tabの公式サイトはこちら

【参考記事】薬用Hot Tabの有効成分や口コミはこちら↓↓

お風呂場での体臭対策といえばボディソープ

お風呂場での体臭対策には、やはりボディソープがおすすめです。

ボディソープを選ぶ際のポイントは「殺菌力」「保湿力」「成分の安全性」の3点です。

殺菌力がある成分には「イソプロメチルフェノール 」や「グリチルリチン酸ジカリウム」などが挙げられ、両成分共に医薬部外品認定の成分であるため高い殺菌効果と肌への刺激が少ないことが認められています。

ボディソープに保湿成分が必要な理由としては、アカスリなどで体を洗うと摩擦で肌が乾燥し、それを補おうと皮脂が過剰に分泌されてしまします。

過剰に分泌された皮脂は雑菌にとってエサとなり繁殖し、これが体臭の原因となります。

代表的な保湿成分には「トレハロース」「ヒアルロン酸」「セラミド」などが挙げられ、肌本来の水分保持能力が高められ、肌に潤いとハリを与えます。

毎日使うボディソープだからこそ、肌への安全性が高いボディソープを選ぶ必要があります。

防腐剤や着色料などの添加物は、肌への刺激が強いため、敏感肌の人とかにはおすすめできません。

家族全員で使うのであれば、「無添加」のボディソープを選ぶことをおすすめします。

【参考記事】体臭対策に効果的なボディソープの紹介記事はこちら↓↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サウナと体臭の関係性についてメインで解説をしてきました。

サウナで汗をかくということは、汗腺を鍛えるという観点から非常に効果的な対策です。

ただ過剰に入りすぎるのは、かえって体に悪影響を及ぼす危険性もあるので、自分が辛くない範囲でサウナを有効活用していきましょう。


【おすすめ記事】体臭対策用の制汗剤について知りたいという方はこちら↓↓

【おすすめ記事】体臭が鉄臭いという方はこちら↓↓