陰部の臭いが気になる方へ!臭いの原因と対策を徹底解説します!

実はすそわきが?男性の陰部の臭いについての悩み

悩む すぞわきが

陰部の臭いに悩まれている男性は非常に多くいらっしゃいます。

しかしそのほとんどが原因がわからず、的確な対策ができていません。

陰部が臭いことは一般的に「すそわきが」と呼ばれます。

しかし実際にすそわきがの人は、ほんの一部で多くの人は思い過ごしです。

今回はそんな陰部の臭いの悩みに関して原因から対策までを徹底的に解説して行きたいと思います。

陰部の臭いの原因は5つ

陰部の臭い 対策

陰部の臭いといっても原因はさまざまです。ここでは大きく分けて5つの陰部の臭いの原因を紹介します。

食生活

男性の場合ボリュームがある肉類や脂っこい食事になりがちです。

しかし動物性たんぱく質である肉や脂質を多く摂ると臭いを発する汗を出すアポクリン腺の分泌が活発になります。

そうすると汗腺が大きくなって汗の量が増えるので臭いやすくなってしまいます。

また血中のたんぱく質濃度が高まると、汗腺から分泌されるたんぱく質濃度も高くなりより強い臭いを発生させやすくなります。

生活習慣

ストレスや睡眠不足などによる生活習慣の乱れは汗の分泌量を増やし陰部の臭いを強くしてしまう要因になります。

睡眠不足は自律神経を乱して、汗をかきやすくさせてしまうことがあります。

またストレスが溜まるとアポクリン腺から臭い物質が多く出たり、ホルモンバランスが乱れて臭いが強くなります。

さらにストレス疲れが肝機能を低下させアンモニア臭を上手に解毒できなくなり、アンモニア臭が汗腺からそのまま出て臭いの元となってしまうのです。

衛生環境

特に男性の場合、トイレの後に下着に尿が付着することが多く臭いの原因になることがあります。

またお風呂で陰部をきちんと洗っていないと陰部の雑菌が繁殖やすくなります。

汗をかいてもそのまま放置したり、下着を変えないでいたりするのも陰部が蒸れて雑菌が繁殖し、この雑菌が汗を分解するときに強い臭いを発生させます。

雑菌が繁殖しやすいような、陰部が不衛生な状態になる習慣はすそわきがを悪化させてしまうのです。

 陰毛が濃い

陰毛が多い、つまり毛穴が多いとそれだけアポクリン腺も多く発達しているということになります。

アポクリン腺が多いと臭う汗の量も増えるので、それだけですそわきがになりやすいのです。

また陰毛が多いと通気性が悪くなって蒸れたり、汚れが付着しやすくなったりします。

そのため雑菌が繁殖しやすく、臭いが強くなりがちです。

性病が原因によるもの

すそわきがだと思っていたら性病が原因の臭いのこともあります。

すそわきがは汗腺から臭いが発生するので陰毛など毛穴がある部分が強く臭います。

一方性病は毛穴に原因があるのではなく、陰部からの分泌物が臭います。

病気によって臭いの種類が異なりますが、魚のような生臭いニオイや明らかに強烈な酸っぱい臭いは性病の可能性が高いでしょう。

すそわきがのチェック方法

チェック

すそわきがかどうかを簡単にチェックすることは病院でなくても可能です。まずはセルフチェックをしてみて気になるようであれば、別の対策を立てていきましょう。

耳垢が湿っている・黄ばんでいる

すそわきがの人は陰部だけでなく耳の中のアポクリン腺も発達しています。

耳垢が湿っているなら多く汗をかいている、つまりアポクリン腺が発達している証拠です。

またアポクリン腺の汗はリポフスチンという黄色の色素が含まれているので、耳垢が黄ばんでいるかどうかもチェックポイントになります。

これに当てはまるなら自覚がなくても、すそわきがになりやすいということを覚えておきましょう。

家族にワキガがいる

わきがは優性遺伝なので遺伝しやすいと言われています。

両親2人ともわきがだと80%、片親だけわきがだと50%の確率で遺伝するとされています。

親、もしくは親族にわきがの人があれば、自分もわきがになりやすい体質だと思いましょう。

わきが体質であれば、陰部のすそわきがにもなる可能性も高くなります。

日常生活でできる対策方法は5つ

野菜

ここでは日常生活からできるすそわきがの対策を5つ紹介します。日常生活が陰部の臭いに及ぼす影響も小さくはありませんので、まずは試してみることをおすすめします。

①食生活を変える

現代社会で多い欧米風の食事はどうしても肉や脂質が多くなりがちです。

昔ながらの日本食を中心とした食生活にするよう心がけましょう。

具体的には動物性たんぱく質を摂るなら魚介類から摂ったり、油を摂るならオリーブオイルやごま油と言った植物性脂質にした方がすそわきが改善されます。

果物や野菜は抑臭効果のあるクエン酸、ポリフェノールなどが多く含まれているので肉を食べる時に一緒に摂取するのがおすすめです。

②通気性の良い下着に変える

汗をかきやすい陰部はどうしても蒸れてしまいがちです。

そこで下着を通気性の良いものにすると蒸れて雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。

綿やシルクなどの素材やぴたっとしすぎないトランクスだと通気性が良いのでおすすめです。

また最近多く見かける、速乾・抗菌素材の下着も良いでしょう。

③陰毛を処理する

陰毛が臭いの原因となる理由はアポクリン腺が多いことと蒸れやすいということです。

そこで陰毛を処理することで通気性がよくなり陰部の衛生環境が良くなります。

もちろん毛がなくなったからと言って、アポクリン腺がなくなるわけではありませんが陰毛を処理することで蒸れによる雑菌の繁殖を抑えることができます。

④正しい洗い方をする

陰部の衛生環境を良くするためにはきちんと洗って清潔な状態を保つことがかかせません。

できれば湯船につかるなどして毛穴や汗腺をしっかり開かせてから洗うと詰まった汚れや角質をしっかり落とすことができます。

洗った後は石鹸や泡が残ると雑菌の恰好の巣になってしまうのでしっかりと流しましょう。

臭いが気になるとやりがちなのがゴシゴシと強く洗って必要な皮脂まで取ってしまうことです。

そうすると肌が乾燥していると勘違いし、過剰に皮脂を分泌してしまい臭いの元になってしまいます。

⑤適度な運動をする

適度な運動はエクリン腺からの老廃物の排出を促します。

また汗をかく習慣は汗腺の機能を上げて、老廃物が排出されやすくなります。

そうすると汗腺の脂詰まりによる臭いも防げますし、汗に老廃物や不純物が混じりにくくなり臭いを軽減させることができます。

市販グッズで対策できる?

スキンケア 化粧品

すそわきがの臭いは市販グッズでも対策することが可能です。

今回はすそわきが対策用クリームと体臭対策用の薬用石鹸の二つをお伝えしていきます。

すそわきが対策用クリーム

すそわきがた対策用のクリームを選ぶ際のポイントは下記の3点です。

殺菌力

すそわきがの原因は汗が皮膚上の常在菌によって分解されることによって、臭いが発生します。

つまり、皮膚上の常在菌を殺菌することができれば臭いを抑えることができるのです。

そのための殺菌成分として効果が高い成分が「シメン-5-オール」です。すそわきが対策用のクリームを選ぶ際はシメン-5-オールが配合されているかをチェックしましょう。

制汗作用

皮膚上の常在菌を殺菌すると一緒に、汗を抑えることができれば臭いはさらに改善することができます。

有効な制汗成分としては「フェノールスルホン酸亜鉛」という成分が制汗作用が認められている成分になります。購入する前にフェノールスルホン酸亜鉛も配合されているかを確認しましょう。

成分安全性

どんなに効果のあるクリームでも、肌トラブルを起こしてしまうような成分が配合されていたら、元も子もないですよね。

クリームを選ぶ際は無添加処方のクリームを選ぶようにしましょう。

また、敏感肌という方はパッチテストを実施している商品を選ぶと、さらに安心して使用することができます。

【ワキガクリームに関する詳細記事はこちら↓】

体臭対策用薬用石鹸

体臭対策用薬用石鹸の選び方のポイントは下記の2点です。

殺菌・消臭力

石鹸もクリーム同様「シメン-5-オール」が有効な殺菌成分になります。

また消臭成分として評価の高い「柿タンニン」を配合していれば、日常から殺菌と一緒に消臭効果も期待できます。

保湿力

市販で販売されているボディソープの中には洗浄力の強すぎる商品があります。

洗浄力が強すぎると必要な皮膚の油分まで取り除いてしまうため乾燥してしまいます。保湿効果のある石油系界面活性剤を含んでいるボディソープを選ぶと保湿効果も期待できるのでおすすめです。

【体臭対策用薬用石鹸に関する詳細記事はこちら↓】

性病とすそわきがの区別をつけるには?

臭いの原因でも挙げましたが、性病が原因で陰部が臭くなることがあります。

「対策商品を使っても全く効果がない」「痒みが伴う」ような場合には性病の疑いがあります。

病院でカウンセリングを受けるのが1番ですが、場所が場所なので病院に行く勇気が出ない。周りの人に性病を疑われたくないなど事情がある場合には郵送検査キットの使用もおすすめです。

自宅で簡単にチェックでき、値段も安価ですので少しでも性病の疑いがあり、気になる方にはおすすめです。

性病検査キット

⇒詳しくはこちら

どうしても臭いが治らないなら病院やクリニックへ

クリームやボディソープを利用しても、すそわきがが改善されないという方は病院やクリニックに行かれることをおすすめします。

病院で診療を受けるという場合には皮膚科がおすすめです。

病院でしか処方してくれない塗り薬や飲み薬を処方してくれますので、市販薬よりも効果が期待できます。

クリニックで診察を受ける場合は美容外科がおすすめです。

クリニックの中には無料でカウンセリングをしてくれるクリニックもありますので、まずは専門の知識を持った医師とカウンセリングをして、自分のすそわきがの症状を知ることができれば、症状に合った治療を選択することができるでしょう。

【ワキガ手術を受けることのできる病院・クリニックに関する詳細記事はこちら↓】

 まとめ

陰部が臭うすそわきがはアポクリン腺から出る汗を雑菌が分解することによって発生する臭いです。

このすそわきがが強くなる原因は遺伝だけでなく、汗や皮脂を放置したり蒸れたりして陰部に雑菌が繁殖しやすい状態にすることです。

そのため、きちんと洗って陰部を清潔に保つこと、また適度な運動や食生活で臭いにくい汗にすることが大切です。

このように生活習慣を見直したり、臭い対策の石鹸やクリームを使ったりすることで臭いを軽減させていきましょう。

<おすすめの関連記事>

男性の陰部の臭いはすそわきがだった?チェック方法と原因別対策法!

市販のすそわきが対策用石鹸・ボディソープおすすめランキング!

正しいすそわきが対策8選!原因に合わせた治し方をしないと治らない?!

デリケートゾーンの臭いにおすすめの市販石鹸・ボディソープランキング