万能トレーニング器具トレーニングチューブ!おすすめ商品と使い方!

トレーニングチューブの選び方

トレーニングチューブ 女性

自宅でトレーニングをする際、自重トレでは物足りないと感じている人にとって、筋トレ器具を使用することでトレーニング効率を上げることが出来ます。

そのアイテムの1つとして、トレーニングチューブがあります。

トレーニングチューブ1つあれば、自宅でのトレーニングも充実しますし、外出先にもっていくことも簡単です。

トレーニングチューブは使い方次第でストレッチから全身のトレーニングまで出来る万能器具ですが、選ぶ際のポイントがあります。

目的で選ぶ

どういった目的でトレーニングチューブを使用するのかによって選択の仕方も変わってきます。

例えばこれから本格的なトレーニングを行っていきたい人や、軽い筋トレをしたり、ストレッチ目的で使用する際で目的は異なってきます。

トレーニングチューブには硬さに違いがあり、強度が分かれています。

ですので、トレーニング初心者の方の場合は柔らかめのものを、トレーニング強度を求める人であれば固めのチューブを選択しましょう。

おすすめトレーニングチューブ7選

現在販売されているトレーニングチューブは様々なものがありますが、その種類は多くあります。

100均でも購入することもできますが、やはり品質の面ではしっかりしたものを購入したいものです。

以下では、おすすめのトレーニングチューブを紹介します。

①Vkaiyトレーニングチューブ

Vkaiy フィットネスチューブ
参考価格:1,580円

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

強度別で5種類のチューブが1セットになっているこの商品があれば、トレーニング初心者から中級者以上の方でも使用することが出来ます。

トレーニングを行う際に使いやすいように、グリップを取り付けられるようになっています。

コンパクトに収納できるので、持ち運びも簡単です。

②The Fit Lifeトレーニングチューブ

TheFitLife フィットネスチューブ トレーニングチューブ
参考価格:2,599円

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

この商品も、強度別にチューブの種類が5種類あり、トレーニングを行う人のレベルに合わせて種類を変えることが出来ます。

また、付属のグリップにチューブを数本括り付ければ強度を増すことができるため、かなり強い負荷をかけることが出来ます。

最大で50㎏までの負荷をかけることが可能です。

価格はリーズナブルですが、チューブ自体は頑丈ですので長持ちしやすくなっています。

③MORECOOトレーニングチューブ

MORECOO フィットネスチューブ トレーニングチューブ
参考価格:2,599円

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

強度の違う5種類のチューブで構成されるこの商品は、付属のアイテムも充実しています。

持ちやすいようにハンドルが2つついている他、ドアに掛けやすいようにドアアンカーもついています。

さらに、脚のトレーニングを行う際に便利なアンクルストラップもついており、上半身だけでなく下半身のトレーニングもしっかりと行う事ができます。

④Bodyguardトレーニングチューブ

MORECOO フィットネスチューブ トレーニングチューブ
参考価格:1,550円

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

5段階強度で分かれるチューブは黄は約5Kg、緑は約7Kg、赤は約9Kg、青は約11Kg、そして黒は約14Kgとなっています。

単独で使うことはもちろん、組み合わせて使うことで個人に合わせた強度でトレーニング可能です。

ハンドルが2つついておりもちやすくなっているほか、収納バッグもついているので持ち運びも楽にできます。

チューブや金具の耐久性も強く、チューブは天然ラテックス素材を使用しており、汗を吸収してくれるほか、柔軟性にも優れています。

⑤Orange Rollトレーニングチューブ

Orange Roll トレーニングチューブ
参考価格:1,480円

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

1個売りのトレーニングチューブで、強度別に色がわかれています。

強度は、 レッド:4.5kg  パープル:9kg ブルー:13.6kg ブラック:15.8kg オレンジ:18kgとなっていますので、個人のレベルに合わせて選択するようにしましょう。

最初からハンドルがついているので使いやすく、トレーニングを行うスペースがあまりないという人にはおすすめの商品です。

⑥DEEDROトレーニングチューブ

DEEDRO フィットネスチューブ トレーニングチューブ
参考価格:2,099円

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

5段階強度チューブとなっており、強度はそれぞれ5LB(2.2kg)、15LB(6.8kg)、20LB(9kg)、25LB(11.3kg)、30LB(13.6kg)となっています。

チューブ同士を組み合わせて使うこともできますし、収納や持ち運びも簡単ですので、非常に使いやすくなっています。

チューブの弾性もよいので、使いやすくなっています。

⑦ODOLANDトレーニングチューブ

DEEDRO フィットネスチューブ トレーニングチューブ
参考価格:2,099円

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

強度別のチューブが5種類あり、トレーニングのレベルに沿って選択することが出来ます。

また、この商品の特徴は、その他のアイテムも充実しているところです。

チューブの他にもゴムのエクササイズバンドも付属されているため、ストレッチを行う際に便利です。

ドアアンカーもあるので自宅でのトレーニングも簡単に行う事ができ、これさえあればほとんどのトレーニンをまかなうことが出来ます。

おすすめのトレーニングチューブの使い方5選

トレーニングチューブ 男

以下では、トレーニングチューブのおすすめ使い方について紹介していきます。

胸トレーニング

トレーニングチューブは、商品によってはドアアンカーがついておりますが、ドアに括り付けることで高い位置にチューブを設置できます。

トレーニングチューブで胸のトレーニングを行う際には、ドアに括ったチューブの端を持ち、それを後ろから前に押し出すようにして動かすことで鍛えることが出来ます。

しっかりと大胸筋を絞るようにして行うと、より強い刺激が入ります。

腕トレーニング

腕のトレーニングを行う際に、トレーニングチューブは非常に便利です。

腕のトレーニングには上腕二頭筋(力こぶ)のと、三頭筋(二の腕)のトレーニングがありますが、トレーニングチューブにはハンドルがついているので持ちやすく、しかもダンベルと異なり、最後まで刺激が抜けずに腕に入り続けるため、高重量を扱わなくてもしっかりと鍛えることができます。

二頭筋の鍛え方としては脚でチューブの真ん中を踏んでハンドルをもってアームカールを、三頭筋の場合も足で真ん中を踏んでハンドルを持ち、頭の後ろから上に挙げる動作で鍛えていきます。

肩のトレーニング

トレーニングチューブがあれば肩もしっかり鍛えることが可能です。

チューブの真ん中を踏んでハンドルを持ち、手を横に広げる動作を行えばサイドレイズの動きになり、三角筋に刺激を入れることが出来ます。

その他、踏んだチューブを真っすぐ上に上げることでもショルダープレスの動きが可能になります。

背中トレーニング

背中の筋肉を鍛えるには、ウエイトを引き込むトレーニングを行うのが効果的ですが、トレーニングチューブを使用すれば鍛えることが可能です。

ドアにチューブを引っ掛けて引く動作を行うことで、背中の筋肉である広背筋を鍛えることが出来ます。

背中でチューブを引くイメージで行い、腕の力に頼らずに背筋を真っすぐに伸ばして行うようにしましょう。

膝を曲げて前屈し、チューブを体に引き込むことでも広背筋を鍛えることが出来ますので、是非行ってみてください。

下半身トレーニング

下半身の基本トレーニングであるスクワットを行う際にも、プラスの刺激を入れることが可能です。

やり方としては、チューブの真ん中を踏んでハンドルを持った状態で手を肩の横あたりに位置させ、そこからスクワットを開始します。

体を沈めて、起こす際にしっかり大腿四頭筋に刺激が入るようなチューブの強度で行うようにしましょう。

各通販サイトのランキングをチェック

描く通販サイトの「トレーニングチューブ」の商品ランキングをチェックしてみましょう。

トレーニングチューブは紹介した以外にも、多くの商品が販売されていますので、各通販サイトをチェックしてみましょう。

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

まとめ

以上、トレーニングチューブに関して解説してきました。

トレーニングチューブは種類が豊富で、現在はインターネットでも簡単に手に入れることが可能です。

どのチューブが自分にベストなのかをしっかり見極めて、ご自身のトレーニングプランに沿ったものを購入するようにしましょう。