フィナステリドの効果が出るまでの期間は?注意すべき5つの副作用

フィナステリドの効果とは

フィナステリド

AGA治療薬を調べている方は、一度は聞いたことがあるのがフィナステリドです。AGA治療薬として海外でも認められており、日本国内でもAGA治療薬として厚生労働省も認可している成分です。

日本皮膚科学会のガイドラインでも推奨されている治療薬のフィナステリドについて、今回は以下を中心に、フィナステリドの副作用などについても触れていきます。

  • フィナステリドとは
  • フィナステリドで育毛効果が期待できる理由
  • フィナステリドの効果が出るまでの期間

こちらの記事を読めば、フィナステリドについて丸わかりの内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

フィナステリドとは?

フィナステリドとは、AGA治療薬プロペシアに有効成分として配合されている成分の名前です。フィナステリド自体は、もともと前立腺肥大症の治療に使用されていましたが、発毛効果も確認されたことから、AGAの治療薬としても使用されるようになりました。そこで製品化されたAGA治療薬がプロペシアなのです。

どうしてフィナステリドは育毛効果が期待できるの?

頭髪を気にする男性

フィナステリドが育毛効果を発揮すると言われている理由は、AGAの原因と関係しています。

AGAは男性型脱毛症という脱毛症の種類のひとつで、生え際が薄くなるM字ハゲや、頭頂部が薄くなるつむじハゲが症状として現れるものです。なぜフィナステリドで育毛効果が期待できるのかというと、AGAの原因となる男性ホルモンの働きを抑制する作用があるからです。

そもそも、AGAの原因は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが髪の毛が生える周期であるヘアサイクルを乱すことにあります。ヘアサイクルが乱れると、髪の毛が成長しきれずに、抜けてしまうため薄くなっていくのです。

フィナステリドには、そんな薄毛を引き起こす男性ホルモンの働きを抑制してくれます。それによってヘアサイクルが正常化し、強くて太い毛が生えるようになってくるのです。

このようなことからフィナステリドが薄毛、抜け毛改善に効果的だと言われています。

効果が出るまでの期間はどれくらい?

それでは、実際にフィナステリドを服用すると、どれくらいの期間で効果が出始めるのかについて解説していきます。

男性ホルモンのバランスや、体質、毛質などで個人差があるため、一概にはいえませんが、効果が出るまでの期間の目安を確認しておきましょう。

フィナステリドには、即効性はありません。長期間継続して服用することで効果が現れ始めてくるでしょう。具体的な期間としては、フィナステリドの効果が出るまでは約6ヵ月程度と考えておくと良いです。なぜなら、古い毛が抜けて、新しい毛に生え変わるまでの期間がそれくらいだと考えられているからです。

ヘアサイクルの期間について以下にまとめます。

  • 成長期(約2~6年):新しい髪の毛が生えて成長する期間
  • 退行期(約2週間):髪の毛の成長が停滞する期間
  • 休止期(約3ヵ月):髪の毛の成長が止まり、古い毛が抜ける期間

ヘアサイクル毛周期

ここからもわかるとおり、古い毛が抜けて、新しい毛が生え始めるまでに少なくとも3ヵ月以上はかかります。

長期的な服用が必要になることを覚えておきましょう。

フィナステリドの副作用・注意点は?

医者

フィナステリドについて調べたことがある方は、副作用の有無についても気になっているかもしれません。どれだけ育毛効果を期待できるとしても、大きな副作用の危険性があるのであれば、使用を控えたくも気持ちも出てくるでしょう。

フィナステリドの副作用

実際に使用する前にフィナステリドの副作用について把握しておきましょう。副作用について知った上で服用することでより自信をもって、安心して薄毛対策をしていくことが可能になります。

フィナステリドを服用することによって、生じる可能性のある副作用には以下のようなものが考えられます。

  • 気分が落ち込む
  • 睾丸痛
  • 肝機能が低下する
  • 精液量の減少
  • 妊娠中の副作用

それぞれについてわかりやすく解説していきます。

気分が落ち込む

フィナステリドを服用することで気分が落ち込んだり、うつ病のような症状が現れたりすることもあるようです。また、場合によっては、怒りっぽくなったり、攻撃的な性格になったりすることもあるようです。フィナステリドとうつ病は直接的な因果関係があると解明されているわけではないようですが、プロペシアの副作用としてうつ症状が2週間以上続く可能性もあると言われています。

その理由としては、科学的根拠は出ていないのですが、考えられるものとしてはホルモンバランスの乱れが関係している可能性があります。フィナステリドによって、男性ホルモンが抑制されることでホルモンバランスが乱れてしまい、精神的に影響を及ぼしているのかもしれません。ストレスが溜まる原因として、ホルモンバランスの乱れが関係しているのと同様に、フィナステリドとうつ症状もホルモンバランスが関係しているのではないでしょうか。

睾丸痛

フィナステリドを服用した方の口コミや体験談などを調査すると睾丸痛が発症したという意見もありました。フィナステリドによって睾丸痛が現れる原因自体は解明されていません。副作用として精力減退などのように症例数も多くないため、情報量も見当たらないのです。

原因として考えられるものとしては、フィナステリドによって男性ホルモンの生成が抑制されることによって睾丸に負担がかかるのかもしれません。

肝機能が低下する

フィナステリドの服用による副作用として多いのが、こちらの肝機能の低下です。人間の体は、口から摂取してものはすべて肝臓と関係し合っています。そのためフィナステリドを摂取した時の影響も肝臓に出やすいのです。肝臓で処理された後に、血液を通って頭部に送られていきます。その後、髪の毛や頭皮に効果を発揮していくのです。

服用するたびに肝臓を通るため、肝臓への負担も大きくなります。したがって、副作用の症状として肝機能障害が現れることがあるのです。しかし、実際に肝機能障害が発症した方は、ほとんどいないため心配しすぎる必要もないでしょう。ただ、肝機能障害は実際に発症したとしても始めのうちは書状が現れにくいため気づかない恐れもあります。定期的に血液検査を行うなどの予防をしておくと安心です。

精液量の減少

フィナステリドの服用によって、精子の数が減少すると言われていますが、実際にそのような結果が出ているという情報がいくつか見つかりました。精液検査の結果が悪い人にはプロペシアを服用している人が多い、プロペシア服用後に精子の量が増加した、といった結果が出ているようです。しかし、それらのメカニズムは解明されているわけではなく、あくまで相関性があるということとのことです。

ただ、実際に服用をして精子の量が減少しているという方もいらっしゃるため、ご自身が服用する前にそのような副作用の危険性があるということを知っておくと良いです。

また、不妊治療の現場ではプロペシアの服用を中止することを推奨しているところもあるため、小作り期間中は飲むのをやめておくようにしましょう。お子様のために、まずはプロペシアを飲まずに小作りに専念した方が将来的に後悔する心配もなくなります。

妊娠中の副作用

妊娠中や授乳中にフィナステリドを服用することは禁止されています。しかし、万が一飲んでしまうと、副作用の危険性があります。症状としては、生まれてくる子供が男の子だった場合に性器の成長に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

どうしてそのようなことが考えられるのかというと、フィナステリドはAGA治療としてジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きを抑制してくれますが、実はその男性ホルモンは胎児の性器の発達に必要なホルモンなのです。そのホルモンの生成が抑制されてしまうことによって、お腹の中の赤ちゃんの性器の成長も抑制されてしまうのです。

したがって、妊婦や授乳中の方は絶対にフィナステリドを服用しないように家族全員で注意しておくことが大切です。

以上がフィナステリドの代表的な副作用ですが、実際にはそれぞれの発症率は低いため、あまり気にしすぎないこともポイントです。

フィナステリドを飲む時の注意点

フィナステリドは、0.2mgまたは1mg錠を1日1回服用し、1日の上限1mgを超えないように注意しましょう。また、女性や未成年は服用しないようにしましょう。

初期脱毛が起こる

フィナステリドを飲み始めると、個人差はありますが飲み始めてから1ヶ月ほどすると初期脱毛と言って抜け毛の量が増える期間があります。初期脱毛の期間はおよそ3ヶ月ほどあります。

初期脱毛は、ヘアサイクルが関係しています。古い毛が抜け、新しい毛に生え変わろうとしている状態で、フィナステリドが効いている証拠です。

そのため、フィナステリドを飲み始めて抜け毛が増えたからと言って飲むのを止めないようにしましょう。その後、新しく元気な毛が生えてくるので、初期脱毛は割り切りましょう。

フィナステリドはクリニックでの処方がベスト

フィナステリド配合の薄毛治療薬としては、プロペシアやフィンペシアなどが有名です。

これらの薬を入手するには、以下のような方法があります。

  • クリニックなどの病院で処方してもらう
  • 薬局で購入する(医師に相談する必要あり)
  • 海外輸入

この中で一番おすすめなのは、クリニックで入手する方法です。

なぜなら、薬局で購入する場合は相談の手間がかかりますし、どうせ相談するのであれば専門的なクリニックで医師に診療したもらった方が安心です。また輸入サイトなどで購入することもできますが、その場合、偽物が混ざっていたり、自分に合った容量・用法がわからずに飲んで想定外の副作用が生じたりする危険性があります。

そのようなリスクを考えると、AGAクリニックで処方してもらうことをおすすめします。

ただ、AGAクリニックといってもたくさんあるため、どのクリニックを選んだら良いのかわからない方も多いでしょう。そんな方のために、おすすめの人気AGAクリニックをご紹介します。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

⇒公式サイトはこちら

AGAスキンクリニックは電車などの広告でもよく知られている、知名度の高いAGA専門クリニックです。AGAスキンクリニックが人気の理由は以下の3点です。

  • 院数が多くて通いやすい
  • さまざまな薄毛の症状に対応
  • 発毛実感率が99.4%

それぞれについて詳しく解説します。

院数が多くて通いやすい

薄毛の治療は少なくとも3ヵ月以上は継続することが大切です。ヘアサイクルから考えると、古い毛が抜けて新しい毛が生えるまでにそれくらいの期間がかかるからです。しかし、クリニックが遠いと通うモチベーションを保つのが大変になります。したがって通いやすいクリニックを選ぶことが大切です。

ただ、薄毛治療専門のクリニックは最近になって流行ってきたため、全体的に院数が少ない傾向にあります。しかし、AGAスキンクリニックは人気急上昇中で日本全国に展開しているため通いやすく、急な引っ越しや転勤の際も困ることがありません。

さまざまな薄毛の症状に対応

AGAスキンクリニックには薄毛治療のメニューが豊富に用意されています。投薬治療、注入治療、自毛植毛などから、自分の薄毛の症状に合った治療法を選択することができるようになっています。

発毛実感率が99.4%

実際にAGAスキンクリニックで治療を行った方々に調査を行った結果が公式サイトに掲載されていました。それを見てみると、治療を始めてから4ヵ月目から6ヵ月目には発毛実感率が99.4%という結果が出ていることがわかりました。

そのような結果が出ていることからも安心して治療をすすめていくことができます。

まとめ

ここまでフィナステリドの効果や副作用などについて詳しく解説してきました。

最後にもう一度フィナステリドの副作用をおさらいしておきましょう。

  • 気分が落ち込む
  • 妊娠中の副作用
  • 睾丸痛
  • 肝機能が低下する
  • 精液量の減少

フィナステリドの服用によってこれらの副作用が生じる可能性があります。しかし、実際のところ発症率は非常に低くなっています。

したがって、まず治療を始めてみることが大切です。安心して効果的に薄毛治療を行うには、AGAクリニックの無料カウンセリングで相談してみるのも良いです。クリニック選びにお困りの方は先ほどもご紹介したAGAスキンクリニックに行ってみることをおすすめします。

<おすすめ関連記事>

0