つむじが薄いという方は必見!効果のある薄毛改善法5選を紹介

つむじ付近が薄いのが気になる

頭部を確認する男性

つむじ付近が薄いことを気にしている方は多くいらっしゃいます。男性型脱毛症(AGA)の罹患場所で最も多い部位のひとつで、多くの男性が悩んでいる箇所でもあります。

つむじ付近は正面から見れないので、薄毛の進行を確認しづらい部位です。気づいたときにはかなり進行していることも多いので、驚かれる方も多いです。

そこでこの記事ではつむじ付近が薄い方が行うべき、改善法などを丁寧に紹介していきます。

つむじハゲを見分ける基準は?

頭髪チェック

つむじハゲを見分けるための基準は6つあります。それぞれ詳しく解説します。

頭皮に赤みがある

頭皮に赤みがある場合は何らかの頭皮トラブルに陥っていることが多いです。この赤みは刺激や炎症によって引き起こされるもので、根本的な原因を絶たないと治らないというのが特徴です。頭皮の赤みはつむじが薄い原因ともなりますので、ヘアケアの際には意識しておきたい所です。

頭皮が赤いということは、頭皮が炎症を起こしている状態で、頭皮の角質に異常があったり、フケが出やすくなっていたり、脱毛しやすくなったりといった症状も見られます。
出典:www.atama-bijin.jp/hair_care/scalp/redness/treatment_redscalp/

つむじ付近が薄いと髪質が変わる

つむじ付近が薄い方は、頭頂部付近の髪質が昔と比べて弱くなっています。普段の髪質より、パサパサだったり、油っぽかったり、細髪だったりした場合は注意してください。男性型脱毛症(AGA)が原因の場合、つむじ付近の髪が細毛化していきます。指で触っても周囲の髪の毛量との違いがでてくるのでわかりやすい基準だと思います。

男性型脱毛症(AGA)が原因でつむじの薄毛が進行している場合、つむじ付近の髪の毛が細く弱々しくなります。
出典:aga-king.net/archives/6623/

前髪が後退しはじめた

つむじが薄い原因のひとつに男性ホルモン特有の理由があります。おでこが広くなったと感じているなら、男性型脱毛症(AGA)になっている可能性が高いです。一般的には前頭部、後頭部一カ所から薄くなっていきますが、前兆として意識しておくとよいでしょう。

抜け毛が増えた

つむじが薄い時は同時に抜け毛が増えていることが多いです。これは髪が細毛化するときの特徴で、シャワーを浴びた時の抜け毛がいつもより多く感じられる現象です。抜け毛が増える原因はAGA以外にもありますが、理由が思いつかない場合は注意したほうがよいでしょう。

フケや痒みが増えた

頭皮トラブルの最たるものとして、フケや痒みがあります。もともとフケは日常的にでているものですが、目に見えるまで大きくなった場合は、何らかの頭皮トラブルになっていると思った方がよいです。

つむじ付近を肉眼で確認する

つむじが薄いかどうか確かめる一番確実な方法です。スマホカメラでつむじの写真を撮るだけで、現在の髪の状態が一目でわかります。実際に肉眼でみることで薄いかどうかを確認することができ、今後のヘアケアの方法を考えることが可能です。

毎月1回ほど写真撮影を行って、その写真を比較していきます。半年ほど経過して地肌が広がっているようであれば薄毛だと判断できます
出典:aga-king.net/archives/6623/

つむじが薄い原因は?

つむじが薄いのはいくつかの原因があります。薄毛の原因を把握して、対策をしていきましょう。

生活習慣の乱れ

まずは生活習慣にまつわる原因を解説していきます。

夜更かしが多い

つむじが薄い原因のひとつが睡眠不足です。私たちの頭皮は朝起きて活動し終わるまでに紫外線やストレスなどの影響にさらされています。睡眠は成長ホルモンという重要な物質を生成するので、不足すると頭皮のダメージを修復することができなくなります。

さらに睡眠は副交感神経を活発にして行われるので、不足すると緊張がつづきストレスがかかり続けます。これは頭皮が固くなる原因のひとつで、血行不良などの重大な問題を引きおこします。

運動不足

運動不足も髪が薄い原因になります。運動不足になると血中に含まれる酸素の量が少なくなるので、血行が悪くなり頭皮の細胞まで栄養が届かなくなります。

肥満体になると血管に負担がかかるので、さらに血行不良が促進されます。特につむじ付近の頭頂部は毛細血管しかないので、血液がドロドロになると栄養素が届かなくなりやすい部位です。血行不良により心臓のポンプ機能が弱まれば、それだけ血液量もすくなくなるので頭皮の細胞に悪影響を及ぼしかねません。

血液には老廃物を腎臓に送って排出する働きがあるのですが、その働きが弱まるため血中に老廃物が溜まり、血液がドロドロになってしまいます。
すると血行不良となり、全身に栄養が行き渡らなくなるのです。
出典:aga.doctoru.jp/967

ストレスをためる

最近ストレスのせいで抜け毛が多くなったという方は多くいらっしゃいますが、実際につむじが薄い原因のひとつです。ストレスが薄毛を引き起こす理由に血行不良があります。

私たちは活動しているときは交感神経が働いており、緊張状態が維持されています。ストレスをためると交感神経が休まることがなく、常に緊張状態を体に強いることになるのです。もちろん頭皮にも影響を与え、血行不良などの問題を引き起こします。

食生活が悪い

つむじ付近が薄いと食生活が乱れている可能性が高いです。食事で取り込む具材は体をつくる原料になるものです。つむじ付近の髪も同様で、食事で取り入れた栄養素からつくられますので、必要な栄養素を取り入れなければ薄毛が改善されることはありません。

特にインスタントラーメンやスナック菓子などの加工食品ばかり摂っている方は、栄養素が足りていない場合は多いので、食生活の改善から始めてみてください。

ホルモン分泌の乱れ

ホルモン分泌の乱れによっても薄毛が引き起こされます。特に男性型脱毛症(AGA)の原因は男性ホルモンの分泌異常といわれていますので、しっかりとした対策が必要です。ホルモンには男性ホルモン・女性ホルモンとがありますが、両方とも性ホルモンとして重大な役割をもっています。男性・女性ともに両方のホルモンを分泌しており、一定のバランスが保たれていますが、ストレスなどの影響により分泌異常になってしまうと薄毛が進行するリスクとなります。

男性の場合、早い人は30代の後半から、一般的には40代、50代になると次第に抜け毛や薄毛の悩みを抱えるようになります。これは男性ホルモンが過剰に分泌されているせいで、体毛は濃くなるのに対して、髪の毛は薄くなるという症状があらわれやすくなります。
出典:www.aconservativesvoice.com/6type/hormon.html

頭皮に負担をかけている

頭皮への負担もつむじが薄くなる原因のひとつになります。

シャンプー方法が間違っている

シャンプーは頭皮環境を清潔に保つための効果があるので、薄毛対策として大切ですが、間違った方法でシャンプーをしてしまうと、かえって頭皮に負担になってしまいます。

パーマやカラーをしている

カラー剤やパーマ剤などの薬剤は頭皮にとって非常に刺激が強く、薄毛が気になる人はカラーやパーマをする頻度を下げるか、そもそもやらないようにしましょう。

もしくは、頭皮に付着しないように行うようにしましょう。

つむじの薄毛対策5選

育毛剤をつける男性

ここでは、つむじの薄毛対策を5つご紹介します。

運動を定期的に行う

運動を定期的に行うことで、つむじの薄毛を改善させることが期待されます。運動には有酸素運動と無酸素運動があり、つむじの薄毛を改善するなら有酸素運動を中心に取り組んでください。

有酸素運動とは酸素を取り込みながら運動する方法で、ランニングやウォーキング・水泳などが当てはまります。無酸素運動は逆に酸素を取り込まない運動で、筋肉トレーニングなどの瞬間的な運動に当てはまります。つむじの薄毛の原因が運動不足の場合、血液不良を起こしていることが多いので、有酸素運動を定期的に行うことで改善することができます。

有酸素運動は定期的に行うことが大切なので、くたくたに疲れるまでやらないことが大切です。

食生活を改める

つむじの薄毛対策として有効なのが食生活の改善です。健康な髪の毛をつくるためには、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素が必要不可欠です。これらが不足すると髪の毛をつくることができなくなうるので、つむじの薄毛を改善させることができません。

頭皮に必要な栄養素は体の重要器官でも使われるので、十分な量がないと頭皮までいきわたらなくなります。特に心臓や胃などの内臓には優先的に運ばれるので、食事で十分な栄養素を摂ることは大切です。

つむじの薄毛に効果のある食品は多くありますが、代表的なものに大豆製品、緑黄色野菜、牡蠣、柑橘系のフルーツ、レバー、魚、カプサイシンなどがあります。

睡眠を十分にとる

睡眠を十分にとることで頭皮のダメージを修復することができます。睡眠の質を向上させることが一番効果がありますが、大切なのは自分に合った睡眠方法を確立することです。

人間の睡眠には90分の周期があり、それぞれすっきりと起きれるタイミングがあります。専門的にはレム睡眠やノンレム睡眠といわれますが、最適な睡眠時間もこの周期を利用するとよいでしょう。睡眠周期にのっとると最適なのは、 3時間、4時間半、6時間、7.5時間、9時間といことになります。

もうひとつ重要なのが睡眠に入る時間を一定することです。夜の10時から夜中の2時までは髪の毛が成長しやすい時間帯といわれており、この時間に睡眠に入ることが理想です。

正しいシャンプー方法で洗髪する

つむじの薄毛に悩んでいる方はシャンプーの方法を変えるのも有効です。巷には育毛シャンプーと呼ばれるジャンルもあり、シャンプーの方法によって薄毛を改善させることは一般的に行われています。

育毛シャンプーはそれだけで発毛させるものではなく、刺激の少ない植物由来の成分を利用することで、頭皮にダメージを蓄積させないように配慮されたヘアケア商品です。頭皮環境を改善するという効果が期待されており、つむじ付近の薄毛にも良い影響をあたえるでしょう。

もうひとつ大事なのがシャンプーの方法です。爪を立ててゴシゴシするよりは、指の腹で丁寧に洗うほうが頭皮によいです。特に薄毛の部分は頭皮が弱くなっていますので、丁寧な指使いで行ってください。

▽育毛シャンプーランキングはこちら▽

育毛剤を使用する

今までの改善策は頭皮環境を整える効果がありますが、発毛させるという点では物足りないものがあります。そこでつむじの薄毛を改善するのに最も有効なのが、育毛剤を利用することです。

育毛剤とは薄毛を改善するために開発される商品で、多くのユーザーから支持されているものです。専門の科学者がひとつひとう成分を確認して配合することにより、発毛しやすい頭皮環境をつくることを目的としています。

現代では男性型脱毛症(AGA)により髪の毛が抜けるメカニズムまでも改善されており、原因物質に直接作用する育毛剤も販売されています。そのため昔より育毛効果が高くなっており、つむじの薄毛の改善も夢ではないというところまで来ています。

▽育毛剤ランキングはこちら▽

つむじが薄いならフィンジアがおすすめ

育毛剤の中でも特におすすめなのがフィンジアという商品です。

FINJIAフィンジア

価格:12,800円(税込)
内容量:50ml(1日1回、約1ヶ月分)

⇒公式サイトはこちら

脱毛ホルモンを抑制させる効果をもつ「ビオカニンA」、毛包再生能力をもつ「アセチルペトラペプチド3」の2つ成分効能を合わせた新成分「キャピキシル」によって、抜け毛の原因を根本からシャットアウトします。

天然成分を利用しているので、従来のように副作用の心配をしなくていいばかりか、育毛効果が従来の3倍という育毛剤です。

1か月~3か月の間で抜け毛が減る方が多く、5か月目~7か月で産毛が生えたという人もいる育毛剤で、つむじ付近が薄い方も大きな効果を実感しています。育毛剤を利用するなら「フィンジア」がおすすめです。

▽おすすめ育毛剤ランキングはこちら▽

つむじが薄いのは改善できる

つむじが薄いことに悩む方は多くいらっしゃいますが、人によっては過剰に薄毛だと断定する方もいらっしゃいますので、まずはつむじ付近が本当に薄いのか確認することが大切です。

色々と前兆はありますが頭頂部をカメラで撮影することが最もわかりやすいでしょう。薄毛になっていた場合はまず、生活習慣をととのえて頭皮環境をよくすることが大切です。つむじの髪の毛が生える環境をつくり、育毛剤を利用することが最も効率的な育毛方法です。

育毛剤は育毛成分「キャピキシル」を配合したフィンジアがおすすめです。効果を実感された方も多くいらっしゃるので、お試しに利用してみるのよいかと思います。

<おすすめ関連記事>

0