痛い骨気(コルギ)は危険だった?!偽骨気の実態とは?

【こちらの記事の監修者】

林 幸千代

日本骨気協会/会長 - 株式会社林幸千代美容研究所/代表取締役社長

日本骨気の第一人者。韓国骨気(コルギ)法創始者直々に伝授され外国人初の骨気技術取得者...

 痛い骨気は危険?偽骨気の実態とは?

骨気(コルギ)の第一人者である日本骨気協会・林幸千代会長に、巷に溢れる骨気(コルギ)店について実情をお聞きしました。

—骨気(コルギ)店を多数見かけますがどこも同じですか?

全く違います。

日本には、「骨気」でない「骨気(コルギ)」が溢れています。

その理由は商標権です。日本に於ける骨気(コルギ)発祥の正式名称は『骨気療法』です。

『骨気療法』は、2006年、私が韓国骨気(コルギ)修行から帰国後すぐに商標登録済みですが、日本では「骨気」や「コルギ」は商標登録ができません。

理由は、韓国で商標登録されている韓国の民間療法だからです。

つまり、日本では、「骨気(コルギ)」ではない施術でも骨気(コルギ)と称して誰もがメニュー化出来てしまうということです。気を付けて頂きたいことは骨気(コルギ)ではない施術でも、です。

2006年、韓国骨氣修行から帰国後、韓国骨氣の痛みの軽減に成功させて、はじめて日本で骨気(コルギ)施術を行った私が改良考案した『骨気療法』の施術効果が知れ渡り、雑誌やテレビの取材出演依頼が殺到し、日本全国から多くのお客様が日本骨気協会へ訪れるようになりますと、商標未登録である「骨気」や「コルギ」が乱用されるようになりました。

日本に於いては、骨気(コルギ)を含むエステティックは国家資格がないため、骨気(コルギ)は誰もが自由に使えてしまいます。
※雑誌新聞TVに掲載出演

但し、歴史を知れば一目瞭然ですが、日本に於いては、2005年に私が韓国骨氣法の手技手法を履修し帰国後商標登録した『骨気療法』が日本骨気の始まりであり、『骨気療法』こそが日本で普及した骨気(コルギ)です。

日本骨気協会は、2012ミス・ユニバース・ジャパン公式サプライヤーになりましたが、もちろん、ミス・ユニバース・ジャパン公式小顔メソッドは、韓国骨氣(コルギ)ではありません。激痛とも言える韓国骨氣の痛みを軽減させた『骨気療法』です。

韓国骨氣法を履修せず、『骨気療法』でもない「〇〇〇コルギ」や「骨気〇〇」は、そもそも「骨気(コルギ)」ではありません。また、最も誤解を招くのは、韓国骨氣法創始者でもない単なる韓国人が、韓国骨氣の老舗のように日本で骨気(コルギ)を教えていることです。一般的な日本人は骨気(コルギ)が韓国発祥だと知ってはいても、韓国の誰が商標を保有し、誰が創始者か知らないのでそのようなことが出来てしまいます。

日本に溢れる「〇〇骨気」「コルギ〇〇」「〇〇〇コルギ」などは、何れも「骨気」とは無関係です。何故なら、それらはすべて『韓国骨氣法』を履修していません。本物の韓国骨氣法を知らずに単に名称を真似て集客しているサロンや団体です。

日本骨気協会 林幸千代会長保有の商標登録:
骨気療法:第5003328号
日本骨気協会:第5178167号

0