ジヒドロテストステロン(DHT)の抑制方法5選|薄毛治療のコツ

ジヒドロテストステロン

薄毛の原因には、さまざまなものが関係しています。その中でも、原因のおおもとはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが関係していると言われています。

普段は耳にすることもない名前ですが、ジヒドロテストステロンを抑制することで、薄毛予防や育毛ケアに効果を期待できます。

そんなジヒドロテストステロンについて、以下の内容を中心に、薄毛の原因の真髄に迫ります。

  • ジヒドロテストステロンとは
  • ジヒドロテストステロンが増える原因
  • ジヒドロテストステロンを減らす方法

ジヒドロテストステロンという用語を初めて聞く方でも分かりやすいようにまとめました。
ジヒドロテストステロンについて理解して、効果的な薄毛対策を実践していきましょう。

ジヒドロテストステロンとは?

医者

そもそもジヒドロテストステロンとは何かについて解説します。

ジヒドロテストステロンとは、一言でいうと、男性ホルモンの一種です。テストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素が混ざり合うことで生成されます。

ジヒドロテストステロンを抑制することでAGAの症状を改善できると言われております。

以下で、テストステロンと5αリダクターゼについてもご紹介します。

テストステロン

テストステロンは、ジヒドロテストステロンのもととなる男性ホルモンのことを指します。

この男性ホルモンには、次の働きがあります。

  • 髪の毛の量を増やす
  • 筋力アップ

このように、男性の体を魅力的にしてくれる土台となるホルモンがテストステロンです。

テストステロンは薄毛の症状の良し悪しに関係なく、どの人でも同じくらいの量が血液の中に存在していると言われています。
ただ、加齢やたばこ、過度な運動によって、増加する可能性もあります。

5αリダクターゼ

5αリダクターゼは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう酵素です。この酵素がテストステロンと結合することでAGAの原因となるジヒドロテストステロンになります。

つまり、テストステロンがあったとしても、5αリダクターゼと結びつかなければ、ジヒドロテストステロンは発生しません。5αリダクターゼがAGAの原因を引き起こしているということもできます。

AGAとジヒドロテストステロンの関係

では、どうしてジヒドロテストステロンがAGAの原因といえるのかを確認しましょう。

ジヒドロテストステロンがAGAの原因だといえるのは、DHTに含まれている成長阻害因子がヘアサイクルを乱すからです。DHTに含まれている成長阻害因子は、ヘアサイクルにおける休止期を延長させて、相対的に成長期を短縮してしまいます。

そのため、本来、成長できるところまで髪の毛が成長しきれずに、弱々しい髪の毛になってしまうのです。したがって、抜け毛が増えてAGAの症状が悪化していきます。

ジヒドロテストステロンが増える原因

AGA対策のためには、ジヒドロテストステロンの増加を抑えることが大切です。そもそもどのようなことがジヒドロテストステロンを増加させてしまうのかを把握して、そのような行動を取らないようにしましょう。

ジヒドロテストステロンが増える主な原因は、以下の3つです。

  • たばこ
  • お酒の飲み過ぎ
  • 運動し過ぎ

どうして、これらがジヒドロテストステロンを増加させてしまうのかについて解説します。

たばこ

たばこを吸うと、血流の悪化や肺に悪影響を及ぼすことは多くの方がご存知でしょう。しかし、それ以外にも体に悪影響を及ぼします。

たばこを吸っている方の方が、そうでない方よりもジヒドロテストステロンの量が多いと言われています。つまり、たばこが薄毛に関係している可能性が高いのです。

AGAクリニックによっては、薄毛治療患者に禁煙を推奨しているところもあるようです。したがって、薄毛の治療を考えている方の中で、喫煙者の方はたばこの量を抑えたり、禁煙にチャレンジすることをおすすめします。

お酒の飲み過ぎ

お酒を飲み過ぎて、過度にアルコールを摂取すると、ジヒドロテストステロンのもとのテストステロンが減少してしまいます。

テストステロンの量が減少してしまうと、それによって減少した男性ホルモンを補うために、ジヒドロテストステロンの生成が促進されてしまいます。私たちの体の防衛本能のようなものです。

つまり、アルコールを過剰に摂取することでジヒドロテストステロンの量が増加してしまうということです。

適度な量であれば健康にも良いため、必要以上にお酒を飲まないように注意しましょう。

運動のし過ぎ

適度な運動は体にとって良いことですが、過度に運動することはよくありません。もちろん、運動することで汗をかき、ジヒドロテストステロンを体の外へと追い出すこともできますが、それと同時にテストステロンが増加してしまうこともあります。

テストステロンが増えてしまうと、5αリダクターゼと結びつきやすくなってしまい、ジヒドロテストステロンの増加を引き起こしやすくなります。

したがって、筋肉への負担が大きくならない程度に、程よい運動を心がけましょう。運動自体は、血行促進にもつながり育毛に効果的な行動と言えます。運動を一切していない人は適度に運動することをおすすめします。

ジヒドロテストステロンを減らす方法5選

ジヒドロテストステロンの増加を抑えたり、減少させたりする方法も確認しておきましょう。

  • 薬を飲む
  • DHT抑制に効果的な成分を摂取する
  • 生活習慣を改善する
  • 食生活を見直す
  • 睡眠不足にならないようにする

それぞれについて詳しくご説明します。

薬を飲む

DHTを抑制するために効果的な治療薬を飲むことも方法のひとつです。一般的なAGAクリニックでは、プロペシアやザガーロなどの薬を処方されることがあります。

そのような薬には、ジヒドロテストステロンを抑制することを目的とした成分が配合されており、AGA治療に高い効果を発揮します。薄毛の症状がひどい人はクリニックで薬を処方してもらうと良いです。

DHT抑制に効果的な成分を摂取する

ジヒドロテストステロンを抑制するために効果的な成分として、ノコギリヤシが有名です。ノコギリヤシは、育毛サプリに配合されていることが多いため、そのようなサプリを飲むことで摂取可能です。

他にも、キャピキシルやヒオウギエキス、オウゴンエキスなどもDHT抑制に効果的な成分です。これらは、育毛剤に配合されていることが多く、育毛剤を使用することで頭皮に栄養を届けることができます。

このように、ジヒドロテストステロンの抑制や、そのもととなる5αリダクターゼの抑制に効果的な成分を頭皮に届けることが大切です。

生活習慣を改善する

上記でご紹介した、育毛剤や育毛サプリメント、治療薬などの他にも、ジヒドロテストステロン抑制のために実践することをおすすめしたいのが、生活習慣の改善です。

ほとんどの人が、育毛剤や治療薬などを使用するだけで、薄毛が改善すると思っていますが、ジヒドロテストステロンを抑制するためには、日々の生活習慣にも焦点を当てる必要があるのです。

なぜなら、生活習慣が乱れていると、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンに影響を与えてしまうからです。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種であるため、ホルモンバランスを正常に保つことも大切なポイントなのです。

そのためには、以下のようなことを意識することが必要になります。

  • バランスの良い食生活
  • 適度な運動・スポーツ
  • 睡眠時間の確保
  • ストレスをため込まない

このように生活習慣にも目を向けることがジヒドロテストステロンの生成を抑えることに繋がります。
その中でも特に大切な食生活と、睡眠について以下で解説します。

食生活を見直す

食生活はホルモンバランスを保つだけではなく、髪の毛に必要な栄養を摂取することにもつながります。薄毛対策のために意識したいポイントなのです。

積極的に摂り入れた方が良い栄養分として、以下のものが挙げられます。

  • 亜鉛
  • タンパク質
  • イソフラボン

亜鉛やタンパク質は髪の毛を構成する大切な栄養素です。

また、納豆などに含まれているイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同様の効果を期待できます。エストロゲンはジヒドロテストステロンの抑制効果を見込める栄養成分です。

ちなみに女性は、女性ホルモンのエストロゲンが男性よりも多くあるため、ジヒドロテストステロンの生成が抑えられて薄毛になる確率が低いとも言われています。

このようにジヒドロテストステロンの抑制や髪の毛の成長に大切な栄養素を普段から摂取するように心がけるようにしましょう。

睡眠不足にならないようにする

睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因の代表格です。最近では残業の規制がかかることで睡眠時間を確保しやすくなってきているものの、ついついネットサーフィンなどで夜更かししがちです。

睡眠不足によってストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れ、ホルモンバランスに悪影響を及ぼします。したがって、少なくとも6~8時間は睡眠をとるように心がけましょう。

おすすめのAGAクリニックとは

ジヒドロテストステロンを抑制する方法として、薬を飲む方法をご紹介しました。AGA治療薬を通販で購入することもできますが、安心して入手するためには、AGAクリニックで処方してもらうことをおすすめします。

免許を保持した医師に相談することで、自分に適切な薬を処方してもらえます。また、副作用についても丁寧に説明してもらえるため、安心して継続できます。

おすすめクリニックはAGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックバナー

公式サイトはこちら

クリニック選びでお困りの方には、AGAスキンクリニックがおすすめです。全国に店舗を展開しており、駅チカで通いやすいところに立地しています。

CMでも宣伝されており、他のクリニックと比較しても知名度が高いため、多くの方が通っています。処方してもらえる薬の種類も多いため、自分に合う薬を処方してもらうことができます。

育毛サプリもおすすめ

ジヒドロテストステロンの抑制に効果的な育毛サプリとしては、BOSTONがおすすめです。ノコギリヤシを300㎎とたっぷり配合し、亜鉛やイソフラボンなども配合しています。さまざまな口コミサイトでランキング1位を獲得しています。

サプリは毎日飲むものなので、副作用などの安全性が心配な方も多いでしょう。BOSTONは、国内工場で生産されているため、品質・安全性ともに信頼でき、副作用の心配も少ないです。

安心して、ジヒドロテストステロン抑制に効果的な成分を豊富に摂取できるBOSTONを試してみてはいかがでしょうか。

growth project boston画像

公式サイトはこちら

まとめ

ここまで、ジヒドロテストステロンを減らす方法をメインに解説してきました最後にもう一度、ジヒドロテストステロンを減らす方法を復習しましょう。

  • 薬を飲む
  • DHT抑制に効果的な成分を摂取する
  • 生活習慣を改善する
  • 食生活を見直す
  • 睡眠不足にならないようにする

ジヒドロテストステロンの増加を抑えて、AGA対策を実践してみてください。

▽育毛剤をチェックしたい人はこちらの記事がおすすめ▽

▽シャンプーは頭皮環境改善の基本!おすすめ育毛シャンプーを紹介▽

▽クリニックで薄毛対策をしたい人はこちらの記事がおすすめ▽

0