プロペシアの初期脱毛の期間はどれくらい?いつから始まるの?

プロペシアの初期脱毛の期間が知りたい!

AGA治療薬として、クリニックなどで処方されるものにプロペシアがあります。プロペシアは、薄毛にお悩みの人が治療薬を探すときに必ずと言っても良いほど目にする、代表的なAGA治療薬です。

そんなプロペシアを実際に服用した方の中には、初期脱毛で髪の毛が抜けて驚いた経験のある方が多いです。

いざ初期脱毛を体験すると、想像以上に抜け毛が多くて心配になるものです。

そんなプロペシアの初期脱毛について、詳しく解説していきたいと思います。

プロペシアとは?という基本的なところから以下の内容を中心にまとめました。

  • 初期脱毛はいつから始まる?
  • プロペシアの初期脱毛の期間
  • プロペシアの入手方法

プロペシアの服用を検討中の方は必ず最後まで目を通すことをおすすめします。

プロペシアとは?

プロペシア

まず始めに、そもそもプロペシアとはどのような薬なのか、期待できる効果などを確認しておきましょう。

プロペシアとは、AGA治療薬のひとつで、フィナステリドを主成分として配合しています。AGAの治療薬として認められた国内初の薬です。

薄毛に効く薬として、たくさんの人に支持されており、信頼されている治療薬です。

プロペシアの発毛効果について

プロペシアを服用することで高い発毛効果を期待できると言われています。どうしてそのように言われているのかを解説します。

プロペシアには、AGAの原因と言われているジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える効果があると言われています。次に、AGAについてより詳しく触れながら、プロペシアの効果が発揮される仕組みをまとめました。

プロペシアとAGAの関係

AGAは、男性型脱毛症のことで、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンがヘアサイクルを乱すことによって薄毛の症状が悪化していく症状です。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素が結びつくことによって生成されます。そのため、ジヒドロテストステロンの発生を抑えるためには、それら2つが結びつかないようにする必要があります。

そこに効果を発揮するのがプロペシアです。プロペシアには、5αリダクターゼが生成されることを抑える働きがあるため、結果的にジヒドロテストステロンの生成を抑えることに繋がります。

このようにして、プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を抑制してヘアサイクルを正常化に導いてくれます。

長期的に服用することで抜け毛予防、発毛促進効果を期待することができます。

初期脱毛はいつから始まる?

抜け毛にショックを受ける男性

プロペシアは、AGAの原因に作用して発毛効果や抜け毛予防、薄毛対策などに効果を発揮する反面、初期脱毛と呼ばれる症状も現れるのが特徴的です。

初期脱毛は、プロペシア服用後に抜け毛が増加する症状です。使用を始めてから約2週間~3週間で初期脱毛の症状が現れ始めるといわれています。

もちろん、初期脱毛が始まるまでの期間には個人差があります。中には、初期脱毛がなかったと言う人もいらっしゃいます。

初期脱毛の期間はどれくらい?

初期脱毛は、髪の毛が抜けていく期間なので、その期間がどれくらい続くのか知っておくことで心配を軽減することができます。

一般的には2週間~3ヵ月程度だと言われています。早い人だと1週間程度で終わる場合もありますし、長い方だと3ヵ月間だったという場合もあります。

人によって、初期脱毛の期間が異なるため、あくまで目安として考えてください。ただ、あまりにも長引いた場合は初期脱毛以外の脱毛症にかかっている可能性もあります。

3ヵ月以上、抜け毛が止まらないという方はAGAクリニックや皮膚科で相談してみましょう。

どうして初期脱毛が起こるの?

ここでは初期脱毛が起きる仕組みについてご紹介していきます。

結論からいうと、初期脱毛はプロペシアの効果が出始めている証拠なのですが、その仕組みがわからないと薄毛が悪化したと勘違いしてしまい、使用を中止してしまいます。
初期脱毛のときに使用を中止すると、本来得られた効果も得られなくなってしまうため、注意が必要です。

以下で、初期脱毛が起きる仕組みを分かりやすく解説していくので、必ず理解しておきましょう。

初期脱毛はヘアサイクルの正常化

初期脱毛は、AGAによって乱れたヘアサイクルを正常化する過程で生じるものです。

私たち人間の髪の毛は、ヘアサイクルという周期に従って、成長しては抜けていくというサイクルを繰り返しています。

どのようなサイクルを繰り返しているかと言うと、以下のようになっています。

  • 成長期:新しい髪の毛が成長する期間
  • 退行期:髪の毛の成長が停滞し始める期間
  • 休止期:成長が止まり、古い毛が抜けていく期間

これらのサイクルを繰り返すことによって、古い毛は抜けて、また新しい毛が生えてきているのです。

ただ、AGAが発症するときには、このサイクルが乱れてしまっています。成長期の期間が短くなり、休止期や退行期が相対的に長くなります。休止期に該当する毛が多くなるのです。

つまり、髪の毛が成長しきれずに、退行期に移行して弱い毛が抜けやすくなってしまいます。

したがって、抜け毛が増えて、薄毛が進行していくようになるのです。

しかし、プロペシアを服用すると、乱れたヘアサイクルが正常化していくようになります。ヘアサイクルが元に戻り始めるときには、増加した休止期の古い毛が一気に抜け始めます。その下から新しい成長期の毛が生えてきて、古い毛を押し出していくようになるからです。

このように、プロペシアを服用すると、乱れたヘアサイクルを正常化していくようになります。その過程で、成長しきれずに弱々しくなってしまった休止期の毛を押し出すようにして、健康的で強い毛が産まれてくるため、抜け毛が増えたように感じるのです。

これが初期脱毛の仕組みです。ヘアサイクルが正常化して、健康的な毛が増える前兆ともいうことができます。

このような理由から初期脱毛が現れた時に、プロペシアの服用を中止すると、期待する効果を得られなくなってしまうと言えるのです。初期脱毛が生じた時こそ、プロペシアの効果が現れている証拠なので、使用を中止せずに継続するようにしてください。

プロペシアはどこで購入できる?

プロペシアの効果や初期脱毛について解説してきましたが、ここまで読んで実際にプロペシアでAGA治療を進めていきたいと考えている方もいるかもしれません。

プロペシアはさまざまな方法で購入することができますが、いくつか注意点があります。

個人輸入はおすすめできない

プロペシアを入手する際に、個人輸入をすることはおすすめできません。輸入代行サイトなどで購入すると安く手に入れることができるという理由で、個人輸入する方も多いですが、その方法で入手するのはリスクがあります。

正規品ではない場合や偽物の可能性があるからです。

もちろん、正規品を入手できる可能性もありますが、万が一、偽物だった場合は危険な上に、時間が無駄になってしまいます。発毛剤は少なくとも3ヵ月以降に効果が出てくることがほとんどですが、それくらい時間をかけて効果が出ずに偽物だと分かった時には悲しい気持ちになってしまいます。

したがって、プロペシアを入手するときは個人輸入はおすすめできません。

クリニックでの処方がおすすめ

それでは、プロペシアをどのようにして入手したら良いのかと言うと、クリニックで処方してもらう方法が安心です。

AGAクリニックであれば、専門知識を備えている医師に診断してもらうことができるため、信頼できます。

その他にも、以下のような理由があります。

  • 副作用のリスクまで丁寧に説明してもらえる
  • プロペシア以外の治療方法も教えてもらえる
  • 自分の薄毛治療にプロペシアがあっているのかを確認できる

このような理由からクリニックをおすすめします。

ただ、AGAクリニックと聞いても、なかなかイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、おすすめのクリニックをご紹介します。

AGAスキンクリニックがおすすめ

AGAスキンクリニックバナー

⇒公式サイトはこちら

AGAクリニックには、たくさんのクリニックがありますが、薄毛に悩む多くの方が通っているのが「AGAスキンクリニック」です。

テレビCMや電車広告で目にしたことのある方も多いでしょう。

AGAスキンクリニックがおすすめできる理由は以下の3点です。

  • 地方の方でも通いやすい
  • 治療実績が多い
  • 完全予約制なので知り合いに会う心配もない

それぞれについて、解説します。

地方の方でも通いやすい

AGAスキンクリニックは、日本全国に展開しており、クリニック数も上位です。AGA専門クリニック自体、最近になって増えてきたため、地域に限りがあったり、都心のみに展開したりしているといったところが多いです。

しかし、AGAスキンクリニックは、人気が高く、都心はもちろんのこと、北海道、東北、関西、四国、九州、沖縄と各地にクリニックを展開しています。
そのため、地方の方でも通いやすく、営業時間も22時までなのでお仕事で忙しい方でも通うことができます。

治療実績が多い

日本全国に展開して、薄毛に悩む多くの方の治療を行っているため、治療実績が豊富にあるもの魅力です。薄毛治療は、まだマイナーな部分もあり、本当に効果があるのか信頼できないところもあります。

しかし、AGAスキンクリニックは治療実績が豊富で、治療を開始してから4~6ヵ月目の発毛実感率が99.4%というデータも出ています。

多くの方の治療を行った実績があり、その効果に満足している人も多いことから、安心して治療を受けることができます。

初期脱毛が長引いてしまった場合、プロペシアの摂取を止めるべきか続けるべきかの判断に困ることもあるかもしれません。そんな場合でも医師の判断に任せれば安心です。

完全予約制なので知り合いに会う心配もない

AGAクリニックに通う際に、心配になるのが知り合いに偶然会ったり見られたりしてしまうことです。

AGA専門のクリニックの場合は特に、薄毛に悩んでいることがバレてしまうため、周りの目が気になってしまうものです。

しかし、AGAスキンクリニックは完全予約制で、一人当たりの時間も決まっています。そのため、予約日にクリニックを訪れても、他の患者さんと会うこともまずありません。

プライバシーが確保されている安心のクリニックなのも嬉しいポイントのひとつです。

まとめ

ここまで、プロペシアの初期脱毛について解説してきました。

プロペシアの初期脱毛についてまとめると、以下のとおりです。

  • 初期脱毛が始まるのは、服用から約2~3週間後
  • 初期脱毛の期間は、2週間~3ヵ月程度
  • 初期脱毛が起らない人もいる
  • プロペシアの購入はクリニックが安心

AGA治療薬として人気の高いプロペシアで初期脱毛が現れたとしても、それは効果が出ている証拠です。

抜け毛を心配して使用を辞めずに、継続していくことで発毛効果を期待できます。

初期脱毛が起きても心配せずに少なくとも3ヵ月は様子を見てみましょう。

万が一、初期脱毛が3ヵ月以上続いた場合はクリニックで相談し、自分に合った治療方法を聞いてみてください。

▽育毛剤をチェックしたい人はこちらの記事がおすすめ▽

▽シャンプーは頭皮環境改善の基本!おすすめ育毛シャンプーを紹介▽

▽クリニックで薄毛対策をしたい人はこちらの記事がおすすめ▽