体臭や汗からアーモンド臭がする原因とは?対策法を紹介!【男女共通】

体臭や汗からアーモンド臭がするのは危険!?

アーモンド 香ばしい ニオイ

体臭や汗からアーモンドのように芳ばしい香りがするのには原因があります。

体臭の変化は病気のサインとも言われています。

体臭はアーモンド臭以外にも、人によってさまざまなニオイがする可能性がありますので、今回はアーモンド臭の原因と合わせせて、その他の体臭の原因や対策についても解説していきます。

体臭の変化は放置してはいけない

体臭は体調の変化を反映しています。

身体のニオイが「もわっと」したニオイであれば、単なる汗のニオイの可能性が高いですが、やや特徴的なニオイの場合は、体調の変化によって体臭が変わっているという可能性があります。

体臭によっては大きな病気のサインとなる場合もありますので、見逃さずに適切対処をすることが肝心です。

体臭や汗がアーモンド臭い人は小腸が弱っている可能性

体臭 汗 アーモンド

体臭や汗がアーモンド臭い方は小腸に原因がある可能性があります。

脂質の多い食事ばかりの人は、小腸の油分の分解が追いつかず、小腸の働きが落ちているという可能性があります。

小腸での分解機能が落ちると、脂質の多い食べ物(揚げ物など)の消化が追いつかず、体内に滞留するため、揚げ物や焼き物のような香ばしいニオイが、体臭や汗から臭ってくる可能性があります。

その他のニオイの原因

アーモンド臭以外にも、さまざまな体臭があります。

体臭と病気の関連性について解説していきます。

甘ったるいは糖尿病の可能性

イチゴケーキ 甘い

体臭や口臭から甘ったるい匂いがする場合には糖尿病の可能性があります。

これは、糖の代謝が体内でうまくいかなくなっているので体臭として体外に出てしまっている状態です。

糖尿病も疑われますので、気になる方は必ずチェックしましょう。

アンモニア臭やカビ臭がする場合は腎臓病

アンモニア臭やカビ臭、またはどぶのニオイなどの嫌なニオイがする場合には腎臓病が疑われます。

腎臓は血液中に溜まった老廃物をろ過してきれいな血を送り出すという機能があります。

これが、疲労やストレスや腎臓病によって腎臓の機能が低下すると、アンモニアが除去されずに血液中に残ってしまいます。

すると、汗をかいたときにアンモニアのニオイが体の外に排出されてしまいます。

腐った卵や硫黄の臭いがするときは消化器疾患

腐った卵や硫黄の体臭がする場合には、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃炎などの消化器疾患の可能性があります。

食事をしたあとは体内で消化・吸収を繰り返し行い最後に残ったものを大腸へ送り便として排出しています。

しかし、消化器系に異常があると消化するまでの時間が長くなったり、消化できなくて胃にそのまま食べ物が残ったりします。

すると、食べ物が胃酸にさらされて発酵してしまい悪臭が発生します。

それが、汗や口からの息などで体外に排出されて硫黄のニオイの体臭となってしまうのです。

魚の生臭い臭いは肺・大腸疾患

刺身 生臭い

魚のような生臭い体臭がしている場合には、肺や大腸に疾患がある可能性があります。

生臭いニオイの正体は、動物性脂質を分解するときに発する「インドール」や「アミン類」「スカトール」などの腐敗物質です。

通常は体外にニオイが排出されることはありません。

ただ、この腐敗物質はリンパ管を通って処理されるのですが、リンパ管が多くある大腸や肺に問題があると、そこで長く滞在してしまいます。

すると、そのニオイが汗を通して体外に排出されてしまうのです。

体臭が変化したら見直したい5つの生活習慣

上記の通りに身体のニオイが変化したと思ったら、以下の生活習慣を改善するようにしましょう。

①食生活

野菜 根菜

体臭を良くするためには食生活が大切と言われています。

特に、腸の調子を整えてあげることが体臭の改善に繋がります。

便秘や下痢が続いている場合には腸内環境が悪化している状態で、アンモニア臭を強くしています。

こういった場合には、早急に腸内環境を整える食事をしなければいけません。

どんな食べ物がいいのかというと、食物繊維と乳酸菌を多く含む食べ物です。

食物繊維は腸の中に溜まった老廃物を便として排出しやすくする役割があります。

ピンク-min

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やし腸内環境を良くする役割があります。

特に、植物性の乳酸菌は腸内に届きやすいので有効です。

食物繊維を多く含む食べ物は、野菜、きのこ類、海藻類となっています。

サラダや味噌汁などを多く摂取するようにしましょう。

乳酸菌を多く含む食べ物は、ご存知かと思いますが動物性乳酸菌のヨーグルトです。

吸収が良い植物性の乳酸菌を多く含むのはぬかづけやキムチなどの発酵食品です。

また、肉類などの動物性の脂質を摂取しすぎると体臭を悪化させるので控えるようにしましょう。

②運動

ランニング

日ごろ運動をして汗をかくことが少ない人は、べたつく汗をかき体臭がきつくなります。

運動で良く汗をかいていれば汗腺の機能が活発に働くのでサラサラの無臭の汗が出ます。

汗腺の機能が衰えてくると、「再吸収」という汗に含まれる栄養素を体に戻す働きが弱くなります。

栄養が体に戻ることなく汗にたっぷり含まれたまま体外にでるとネバネバで蒸発しにくく、雑菌が繁殖しやすくなります。

そうすることで不快なニオイが発生してしまうのです。

また、汗腺の働きが悪いと体温調節ができずに余計に汗をかいてしまい、さらに汗臭くなるという悪循環を繰り返してしまいます。

汗腺の働きを取り戻すには、血液の循環を良くする有酸素運動が効果的です。

1日20分程度のウォーキングやジョギング、ランニングで汗を流すことが体臭の改善に繋がります

③タバコ

喫煙 タバコ

タバコを常時吸っている人は、タバコの煙で服や髪の毛についた嫌なニオイだけでなく、体の中からも嫌なニオイを発生させてしまいます。

まず、タバコに含まれている「ニコチン」には脳を刺激して体温調節機能を頻繁に働かせようとします。

すると汗の量が増えて汗臭くなる可能性が多くなります。

さらに、体内に入った煙は肺の中を通って行きます。

肺の中で酸素とタバコの煙が混ざって血液中に溶け出し全身を巡ることになります。

汗の原材料は血液なのでそのまま汗として体の外へ排出されます。

すると喫煙者特有の臭い体臭となるのです。タバコの量を減らしたり、やめたりする事で、体臭は改善されます。

吸わないことで髪や服にも臭いがつかないので大きな改善になります。

④お酒

ビール

お酒を飲みすぎた次の日には、自分でもわかるくらい酒臭いと思うことがありますよね。

お酒を飲むと顔が赤くなったり、体が熱くなったりするのを感じたことがあると思います。

これはアルコールに血管を拡張させて汗をかきやすくさせる働きがあるからです。

そういった理由で出た大量の汗はニオイも強いです。

また、アルコールは体内でアセトアルデヒドや酢酸という物質に分解されます。

この物質が泥酔している人や二日酔いの人の体臭の原因になっているのです。

分解されたものは尿としても排出されるのですが、大量に飲んだ時やお酒が弱い人だと血液中にも多く含まれ汗としても排出されてしまうのです。

ニオイを気にされるのであればお酒の飲みすぎに注意しましょう。

飲みすぎたけど次の日のニオイを抑えたいと言う人はアルコールの分解を早める物を摂取しましょう。

食べ物でいえば卵が分解を早めます。また、ウコンやアラニンを多く含む2日酔いに効くドリンクも有効です。

⑤ストレス

ストレス

ストレスは内臓の働きを悪化させることで体臭をきつくします。

内臓は自律神経によって働きをコントロールされているのですが、ストレスを感じ続けることで自律神経のバランスを崩します

すると内臓の働きが正常に機能しなくなり、老廃物や悪臭となる物質をろ過する事ができなくなります。

老廃物が混じった汗が体外へ排出されるので、体臭や口臭がきつくなってしまいます。

仕事が立て込んでいたり、人間関係がうまく行かなかったりでストレスを溜め込んでしまっていたら、自分の好きな事を見つけ、ストレスを発散するようにしましょう。

アーモンド自体は体臭予防に効果的!?

アーモンド 香ばしい ニオイ

体臭を防ぐには抗酸化作用を持つ食品を食べることが良いと言われています。

アーモンドのような体臭は病気の危険性を持ちますが、アーモンド自体は体臭予防対策に効果的であると考えられています。

アーモンドは抗酸化作用のある栄養を多く含んでいます。

ここからは体臭を予防・対策するための食品としてのアーモンドについて詳しく説明します。

アーモンドの体臭予防効果

アーモンドには抗酸化作用のある、ビタミンE・ビタミンCを多く含んでいます。

特に、加齢臭にはアーモンドが効果を発揮します

加齢臭は、人間の細胞が酸化してさびる事で発するニオイです。

この酸化を防ぐのがアーモンドに豊富に含まれるビタミンEです。
ビタミンEは、アーモンドの他にも豆腐や納豆といった大豆食品にも多く含まれています。

また、アーモンドに含まれるビタミンCも抗酸化作用があり酸化を防ぐことができます。

タバコやお酒を良く飲む、ストレスを感じていると言う人は特に酸化しやすくなります。このような人はアーモンドを多く摂ることで抗酸化作用が期待できます。

アーモンドの適切な摂取量

アーモンドは、ただ多く食べればいいというものではありません。

どんな食事でもそうなのですが、食べ過ぎてしまえばリスクもあります。

では、アーモンドの適切な摂取量はどれくらいなのでしょうか。

一日のアーモンドの摂取量は20粒~30粒です。

この量を一度に食べるのではなく、数回に分けて食べるのが良いです。

おすすめは3食に分けて食前にアーモンドを食べることです。

なぜ食前かというとアーモンドには食物繊維も多く含まれるので、食事による急な血糖値の上昇を抑えてくれます。

急激な血糖値の変化を抑えるとダイエットにもつながるので、肥満対策にもなります

日常的な体臭改善がしたい方にはボディソープがおすすめ

ボディソープ 加齢臭 体臭

体臭を改善したいという方におすすめしたいのが、ボディソープです。

毎日使うボディソープを体臭対策用に変えるだけで、体臭対策に大きな効果が期待できます。

体臭対策用のボディソープを選ぶ際のポイントは「殺菌力」「保湿力」「成分の安全性」の3点です。

殺菌力のある成分としては「イソプロメチルフェノール 」や「グリチルリチン酸ジカリウム」などが挙げられ、両成分ともに医薬部外品の有効成分に認定されており、高い殺菌効果と肌への刺激が少ないことが認められています。

ボディソープに保湿力が必要と理由としては、アカスリなどで体を洗うと摩擦で、肌が乾燥し皮脂が余分に分泌されてしまうため、皮膚上の雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうためです。

保湿力のある成分としては「トレハロース」や「ヒアルロン酸」「セラミド」などが挙げられ、肌の水分保持能力を高め、肌に潤いとハリを与えてくれます。

毎日使うボディソープだからこそ、成分の安全性が非常に重要になります。

防腐剤や着色料などの添加物は、肌への刺激が強いため敏感肌の人や子供には不向きです。

ボディソープを選ぶ際は「無添加」の商品を選ぶと敏感肌や子供にも使うことができるので、おすすめです。

参考記事体臭対策におすすめのボディソープの紹介記事はこちら↓↓

体内からの体臭改善にはサプリメントがおすすめ

体内(特に腸内)に問題がある場合は、サプリメントを使い腸内環境を改善することも対策になります。

メンズデオ8400」という商品は、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす効果があるマッシュルームから抽出した「シャンピニオンエキス」を配合しているため腸内環境の改善に効果的です。

さらに消臭成分の「柿渋エキス」「緑茶エキス」も配合しているため体内から体臭に対して効果を発揮してくれます。

メンズデオ8400 サプリ
メンズデオ8400の公式サイトはこちら

参考記事メンズデオ8400の有効成分や口コミはこちら↓↓

まとめ

体臭や汗からアーモンド臭がするげんいんについて解説してきました。

上記でも記載した通り、体臭の変化は体調の変化を現します。

アーモンド臭以外にも体臭に変化がある際は、対策を行う必要があります。

私生活での対策を行なって効果がないのであれば、ボディソープやサプリメントを使うのもおすすめです。

それでも体臭が改善されないようであれば、内臓系の疾患の可能性もありますので、病院を受診されることをおすすめします。


おすすめ記事体臭や汗が鉄臭いと感じている方はこちら↓↓

おすすめ記事体臭が酸っぱいニオイがするという方はこちら↓↓

おすすめ記事体臭が醤油臭いという方はこちら↓↓