バルクオムの日焼け止めの評価は?!成分効果や使用レビューを徹底解析

更新日:

バルクオムの日焼け止めの効果や評価が気になる

バルクオムの日焼け止めバナー

日焼け止めというと、女性が塗布するもの、そんなイメージを偉大ている人も多いのではないでしょうか。

しかし最近では、日焼け止めを塗る男性も急増しています。

なぜなら、若いうちに日焼けによって蓄積したメラニンが、将来的なシミなどの肌トラブルを引き起こす原因になるからです。

そんな日焼けを予防するためにおすすめできるのが「バルクオム THE SUNSCREEN」という商品。

今回は、バルクオムの日焼け止めの特徴や効果を中心に、以下の内容も解説していきます。

  • バルクオム日焼け止めの有効成分
  • バルクオム日焼け止めの口コミ
  • 正しい使用方法

お得に購入する方法もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

バルクオムの日焼け止めの3つの特徴とは?

バルクオムの日焼け止めバナー

バルクオム日焼け止めの特徴について解説していきます。

 そもそも日焼け止めとは

日焼け止めは、そもそもどのようなものなのか、確認しておきましょう。

日焼け止めとは、紫外線を防御するためのものです。紫外線は、主にUV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)の2種類に分類されます。

  • UV-A:肌を黒くしたり、しわやたるみの原因となるもの。
  • UV-B:角質層の乾燥、日焼けによるヒリヒリ。

それぞれ、このような特徴があります。

そして、このような紫外線を防御するために日焼け止めという商品が販売されているのです。

ちなみに、SPFとPAという言葉を聞いたことがある人も多いかもしれません。

SPFとは、Sun Protection Factorの略です。UV-Bの紫外線に対する防御効果を数値化したもので、数値の大きさが大きいほど、高い効果を期待することができます。

PAとは、Protection Grade of UV-Aの略です。UV-Aの紫外線に対して、どのくらいの防御効果が期待できるのかをあらわしています。+の数が多ければ多いほど高い効果を期待することができます。

バルクオムの3つ商品特徴

バルクオム日焼け止めには、3つの商品特徴があります。

  • 6種類の成分を無添加
  • 自然な使い心地
  • 肌を保護してくれる

それぞれの特徴について簡単に解説していきます。

バルクオム日焼け止めは、肌にやさしくすることにこだわり、石油系界面活性剤、シリコン、紫外線吸収剤、パラベン、合成着色料、鉱物油の6種類の成分を無添加にしています。

また、白浮きしにくい仕様になっており、石鹸でも落としやすくなっています。

日焼け止め機能のみではなく、保湿成分、美容成分も配合することで、紫外線による肌へのダメージをケアしてくれます。

バルクオムの日焼け止めの効果

日焼け止め

バルクオムの日焼け止めを使用することで、どのような効果を期待できるのか解説していきます。

SPF40とPA+++

バルクオムの日焼け止めは、SPF40、PA+++で、高い紫外線の防止効果を期待することができます。

紫外線防御剤として、効果的な成分には以下のようなものが挙げられます。

  • オキシベンゾン類
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

また、紫外線散乱剤には、酸化チタンや酸化亜鉛という成分もあります。

このようなものに分類される成分もバルクオムの日焼け止めには配合されているため、高い日焼け止め効果を期待することができるのです。

バルクオムの日焼け止めの機能

7つの有効成分

バルクオムの日焼け止めには7つの有効成分が配合されています。

  • りんご果実培養細胞エキス
  • 温泉水
  • グリセリルグルコシド
  • 加水分解シルク
  • チャ葉エキス
  • ユズ果実エキス

これら7つの成分が配合されているため、保湿効果や整肌効果など、美肌に効果を発揮してくれるのです。

バルクオムの日焼け止めの口コミ

ここでは、実際にバルクオムの日焼け止めを使用している人の口コミをご紹介していきます。

いい口コミ
  • シンプルなデザインで気兼ねなく使用できそう
  • ほのかにフルーツの香りがする
  • お風呂で体を洗うだけで簡単に落とせる

出典:Mens STAR

匂いや使い心地、落としやすさなど、実際に使ったときの使いやすさが好評です。

悪い口コミ
  • 油膜で顔がギトギトになってしまう。
  • 肌に合わずに湿疹が出た。
  • 肌が赤くかゆくなった。

出典:メンズコスメの達人

人によっては、成分が肌に合わないこともあります。

また、使用量を守ってもギトギトになる場合は、ティッシュなどで拭きとりながら、うまく使用していくことが必要になります。

しかし、慣れてしまえばうまく塗布することができるようになるため、そこまで心配する必要はないでしょう。

バルクオムの日焼け止めの正しい使い方

バルクオムの日焼け止めは、正しい使用方法を守って使うことが重要です。

ここでは、公式サイトにも記載されている正しい使用方法を分かりやすくご紹介していきます。

  1. パール約1個分を手に取る。
  2. スキンケアを行った後の肌に塗布していく。
  3. 顔全体になじむように均等に塗っていく。
  4. 余った分は首回りやデコルテに使用する。

使用上の注意点としては、節約のために少量で塗布しようとしないことです。

少量を手に取って、顔全体に伸ばそうとすると、どうしてもムラができやすくなってしまいます。

したがって、顔全体にムラなく塗れるくらいの量を手に取って、均等に塗っていくようにしてください。

バルクオムの日焼け止めをお得に購入する方法

ここまで読んでみて、実際にバルクオムの日焼け止めを購入してみようと思った人もいらっしゃるでしょう。

同じ商品を購入するのであれば、できる限りお得に購入したいものです。

そこで、製品情報を確認して、どこがお得に購入できるのか、解説していきます。

バルクオムの製品情報(値段、容量、含まれる成分)

バルクオムの製品情報をご紹介します。

値段2,000円(税別)
内容量40g
配合成分水、エチルヘキサン酸セチル、酸化チタン、トリエチルヘキサノイン、イソヘキサデカン、ペンチレングリコール、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート80、ステアリン酸AI、ベヘニルアルコール、スクワラン、ポリヒドロキシステアリン酸、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アーチチョーク葉エキス、グリセリン、チャ葉エキス、グリセリルグルコシド、温泉水、ユズ果実エキス、ヤシ脂肪酸スクロース、キサンタンガム、レシチン、BG、ステアレス-2、アルミナ、アクリレーツコポリマー、t-ブタノール、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、水酸化Na、グリシン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

大手販売サイトの価格比較

お得な料金で購入したい方のために、大手販売サイトの価格を比較してみます。

公式サイト2,000円(税別)
楽天2,160円(税込)
Amazon2,160円(税込)
Yahoo!ショッピング2,160円(税込)

どこで購入するにしても、価格は同じことがわかります。

安心して正規品を購入するためにも、公式サイトで購入することをおすすめします。

日焼け止めが効果を発揮する仕組み

日焼け止め

日焼け止めがどのようにして効果を発揮してくれるのかをわかりやすく解説していきます。

2種類の紫外線

先にもご紹介しましたが、紫外線には2種類あります。

肌を黒くしたり、しわやたるみの原因になるUVAと、ヒリヒリする日焼けの原因となるUVBです。

それぞれ、私たち人間の肌に悪影響を及ぼす原因となる紫外線です。

これらの紫外線に対して、日焼け止めが効果を発揮する仕組みを解説していきます。

日焼け止めに有効な成分はふたつの紫外線防御剤 

日焼け止めに有効なのは、紫外線錯乱剤と紫外線吸収剤と呼ばれる紫外線防御剤です。

それぞれの紫外線防御剤について、詳しく解説します。

紫外線錯乱剤

紫外線錯乱剤とは、紫外線を物理的に跳ね返して、肌に届かないようにするためのものです。白い粉を肌に塗布することで、肌にくる紫外線を反射する仕組みになっています。

これまでは白い粉が、白浮きしやすいと言われることもありましたが、最近ではナノレベルまで最小化しており、白くなりにくい商品も増えてきています。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、紫外線のエネルギーを取り込むことによって熱に変換したり、分子構造を変換するエネルギーに消費したりして紫外線を吸収するものです。

紫外線吸収剤は、紫外線錯乱剤のように白くなく、もともと透明な色になっているため白浮きする心配がありません。

このようにして、日焼け止めは効果を発揮するようになっています。

防御効果を数値化したSPFとPA

日焼け止めが、どのくらいの効果を発揮してくれるのか数値化したものがあります。

それは、SPFとPAという指標です。

これらが、どのような形で、日焼け止め効果を数値化してくれるのかをご紹介します。

SPF

SPFは、紫外線の中でもUVBに対する防御効果を表してくれるものです。

数値が大きければ大きいほど、高い効果を発揮してくれるようになっています。

バルクオムの日焼け止めは、SPF40なので、日焼け止め効果が高いといえます。

PA

PAは、紫外線の中でもUVAに対する防御効果を示してくれるものです。

こちらは、数値ではなく+の数が多ければ多いほど高い効果を発揮してくれることを表しています。

バルクオムの日焼け止めは、PA+++と3つの+がつくため、効果が高いです。

バルクオムの関連商品

バルクオム商品ラインナップ画像

バルクオムは、男性の肌を徹底研究して商品開発を行っています。

日焼け止め以外にもシリーズ商品を販売しているため、その他の商品についてもご紹介していきます。

洗顔

BULK HOMME THE FACE WASH 洗顔料 100g

バルクオム洗顔料(THE FACE WASH)は、「不要な汚れを落としつつ、肌に必要な成分を残す」ことをコンセプトにして開発された商品です。

一般的な洗顔料は、肌の汚れを単に落とすだけです。ただ、そのような商品は洗浄力が強すぎて、必要以上に皮脂を取り除いてしまいます。その結果、肌が乾燥してダメージを受けやすくなってしまいます。

しかし、バルクオム洗顔料は、適度な洗浄力で、高い保湿効果も期待できるため、男性の美肌を効果的にサポートしてくれます。

化粧水

バルクオム THE TONER 高保湿化粧水 200mL【低刺激】

 

バルクオム化粧水(THE TONER)は、「高い保湿力を持ちつつ、男性でも使いやすい使用感で低刺激の化粧水」をコンセプトに開発されています。

こちらの化粧水を使用することで、男性に多い皮脂の過剰分泌を予防し、肌荒れやテカリが生じにくい肌へと導いてくれます。

乳液

BULK HOMME THE LOTION 乳液 100g

バルクオム乳液(THE LOTION)は、「肌にとって最適な水分&油分バランスを提供する」をコンセプトに開発されています。

乳液は商品によっては、ベタつきが気になりますが、バルクオム乳液は、そのようなベタつきはなく、さらっとした使い心地になっています。

保湿成分を配合しながらも、さらさらとした使い心地なのが魅力的なポイントです。

日焼け止めはAmazonや楽天でも同じ価格での販売でしたが、洗顔料と化粧水は以下の公式サイトから購入すると、セットで500円のキャンペーンを実施しているので公式サイトからの購入をおすすめします。

⇒公式サイトはこちら

まとめ

ここまで、バルクオムの日焼け止めの効果や、口コミ、正しい使用方法などをご紹介してきました。

日焼け止めを使用しないまま、紫外線を受けてしまうと、肌がダメージを受けてしまいます。

若いうちの日焼けが将来のシミなどの肌トラブルの原因となるため、今のうちからバルクオムの日焼け止めで将来の美肌対策をしておきましょう。

<関連記事>

404 Not Found
0