顔がでかい男はモテないって本当?!小顔になるための方法を紹介!

男性の顔のでかい基準とは?

顔が大きい男

顔のサイズは多くの人が気にするところだと思います。

あの人は顔が大きい、小さいなどと、顔のサイズを比較されることが多く、顔の大きさを気にしている方もいらっしゃると思います。

顔の大きさの基準については、縦の長さ、頭の横幅、頭の周囲のサイズがどれくらいかということになります。

縦の長さのことを全頭高といい、頭頂部からあごの下までの長さで示します。

男性の全頭高の平均値は、23.87㎝とされています。

次に、頭の横幅のことを頭幅といいますが、男性の平均値は16.19㎝とされています。

最後の、頭の周囲のサイズのことを頭囲といい、男性の平均値は56.99㎝とされます。

これらはあくまでも顔の大きさの平均であり、身長や体型によっても顔の大きさは見え方が違います。

上記で示した数字は、参考として認識しておくにとどめましょう。

顔が大きいと女性からモテない?

しばしば、顔の大きさは女性からモテる・モテないに影響を及ぼすとも言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。

まず、結論から言うと、顔が大きいからといってモテないということはありません。

もちろん、女性によっては小顔の男性を好む人もいますが、すべての女性が顔の大きさを基準に男性を見ているということはありません。

顔がデカいからといってあきらめるのはダメ!

「自分がモテないのは顔が大きいからだ」と諦めてしまっている人もいらっしゃると思います。

しかし、それで諦めてしまうのはダメであり、顔が大きいという認識があるのであれば、いかに相対的に見て顔が大きく見えないかを考える必要があります。

例えば、肩幅が狭いと顔が大きく見えますので、肩幅を広くするために筋トレをする、ダイエットをして顔をシャープにするなど、できることはたくさんあります。

また、上記でも解説しましたが、女性は顔のサイズだけで男性を見ているということはありません。

外見だけでなく、内面をしっかり磨くということを怠らなければ、女性に対して魅力的に映るはずです。

有名人でも顔が小さくない人はいる

芸能人や有名人はみなスタイルが良く、顔が小さいというイメージがありますが、誰もがそうであるということはありません。

アイドルや俳優として絶大な人気を誇るような有名人でも、顔のサイズが小さくない人はいます。

例えば、木村拓哉さんは決して顔のサイズが小さいとは言えません。

しかし、全体的なシルエットやスタイルの維持、髪型などを工夫することにより、顔のサイズを感じさせないたたずまいを誇っています。

その他にも、TOKIOの長瀬智也さん、俳優の坂口健太郎さんも、顔が小さいか大きいかといわれれば、大きい部類に入ります。

彼らの場合、身長が高いという特徴こそありますが、それでも顔のサイズは小さくありません。

彼らの人気の高さは言うまでもなく、女性は決して顔のサイズだけで判断しているということはないということがわかると思います。

小顔になるためには表情筋を鍛えることが重要

顔のたるみ

顔のサイズは骨格と筋肉、脂肪、水分などの量によって決まります。

残念ながら骨格は変えることはできませんが、脂肪や水分の量を減らすことはできます。

特に、顔の筋肉である表情筋を鍛えることにより、顔の血行を改善し、老廃物を取り除き、シャープな顔に見せることが可能になります。

以下では。表情筋を鍛えるためのセルフマッサージを紹介します。

表情筋を鍛えるためのセルフマッサージ

人間の顔面を構成する筋肉のことを表情筋といいます。

この表情筋ですが、複数の筋肉から構成されており、各部分をバランスよく鍛えることが大事になります。

頬のマッサージ

まず、顔の大きな部分を占める頬のマッサージについて解説します。

頬がふっくらとしていると、それだけで顔が大きく見えてしまいます。

逆に言えば頬のぜい肉を落とすことができれば、顔のサイズの印象を変えることは可能ということになります。

マッサージ方法としては、人差し指・中指・薬指を使ってあごの先から目の下の方に向かって、頬の肉を持ち上げるようにして指を動かしていきます。

しっかりと筋肉を上に引っ張ったら、今度は3本の指を使って、鼻のサイドからこめかみの方向に向かって指を滑らせるようにしてマッサージしていきます。

いずれの動作も、指の腹を使って行う様にしましょう。

口周り

口周りにも表情筋は存在し、この部分を鍛えることによって、顔が下に垂れ下がったような印象を変えることができます。

マッサージ方法としては、中指と薬指を使い、口の横、鼻の下、あごの下あたりを強く押していきます。

この動作を3回ほど繰り返して行いましょう。

目周り

目の周囲はたるみが生じやすい場所であり、顔が大きく見えるだけでなく、疲れたような印象を与えてしまうこともありますので、しっかりマッサージを行い、改善していきましょう。

マッサージ方法としては、人差し指もしくは中指を使って目の周辺を円を描くようにしながらゆっくりと撫でていくようにします。

次に、指で眉間の上あたりを押さえ、その指をこめかみに向かって外に開くようにして動かしていきましょう。

あご

あごのラインをシャープにすることにより、顔の印象を変えることもできます。

あごには脂肪がたまりやすいので、マッサージをしっかり行っていきましょう。

マッサージ方法としては、人差し指・中指・薬指を使って、あごのラインを押し、そこから耳の下の方まで持ち上げるようにして指を動かしていきます。

ゆっくりとした動作で行う様にしましょう。

リンパマッサージも平行して行う

小顔を手に入れるためには顔の老廃物を排出することが大事になります。

そのうえで、表情筋を鍛えることが重要なのはいうまでもありませんが、老廃物を出すという意味では、リンパマッサージも行う事が大事です。

リンパは老廃物をため込む性質がありますが、ここをマッサージしてやることによりリンパの巡りが良くなり、老廃物を流しだすことができます。

リンパマッサージを行うには、リンパの流れをしっかり理解する必要があります。

場所としては、耳の後ろあたりから鎖骨あたりになりますので、このラインを指を使って滑らせるようにしてマッサージしていきましょう。

お風呂に入っている時に行うとマッサージしやすくなります。

小顔になるための方法

男 老け顔

顔のサイズが大きい人にとっては、少しでもサイズを小さく見せたいところです。

以下では、顔のサイズを小さく見せる、もしくは小さくする方法について解説していきます。

髪型を工夫する

髪型は顔のサイズの見え方を大きく左右するものであり、髪型いかんで大きく見えることもあれば、小さく見せることもできます。

顔が大きいといっても、大きさのタイプが異なりますので、骨格に合わせた髪型にすることが大事になります。

あなたはどんな骨格か?

まずは、あなた自身の骨格を把握することが大事です。

「顔が大きい」と一口に言っても、エラが張っている、顔が長い、横に広い等様々です。

どの骨格にも100%当てはまるような髪型はないので、まずは自分の骨格を理解し、それをカバーできるようなヘアスタイルにするようにしましょう。

エラが張っている人におすすめの髪型

エラが張っている人の場合、あごの横の部分が横に広がっており、四角形に近い顔のサイズになっています。

エラをいかに目立たないようにするかが肝心になりますが、髪型を少し工夫するだけでカバー可能です。

ポイントは、耳の裏の毛になります。

エラが張っている人の場合、耳の裏から髪の毛が少しでも見えている場合は、エラを目立たせなくする効果があります。

襟足を少し長めにするというのも、ポイントです。

髪型と顔のバランスがひし形のような形に見せることで、小顔効果をもたらす事ができますが、エラが張っている人の場合は、耳の裏から髪の毛が見えるようなヘアスタイルにしましょう。

例としては、ウルフヘアがおすすめです。

ウルフヘアは、襟足が横に広がった状態になり、耳の後ろから髪の毛が見えている、もしくは耳全体を覆っているようなスタイルになりますので、エラの張っている人におすすめです。

逆に、耳の後ろから襟足が見えていないとエラが強調されてしまいますので、注意しましょう。

顔が長い人におすすめの髪型

顔が縦に長い人の場合は、どのようなヘアスタイルにすべきなのでしょうか。

顔の長さをカバーするために必要なことは、おでこをうまく前髪で隠すということになります。

おでこが出ているようなヘアスタイルだと、顔の縦のラインがすべて見えてしまい、どうしても顔が長いという印象を与えてしまいます。

前髪はセットしても時間が経つと動いてしまうこともありますので、セットの際にはしっかりと固定するようにしましょう。

前髪が目に入ってしまうのが嫌、うっとおしいという方は、横から流すようにしてスタイリングすれば違和感がなくなります。

顔の長い人にとってのNGヘアスタイルは、坊主頭です。

坊主にしてしまうと、髪で顔のラインを作ることができず、縦長の印象しか与えることができません。

横に広がっている人におすすめの髪型

顔が横に広い方はしばしばハチ張りとも呼ばれ、日本人にも非常に多い顔のサイズになっています。

顔が横に広がっている人の場合は、髪を横に広げないで、縦方向にまとめる事により、小顔効果をもたらすことができます。

中分けのように横に広げたようなヘアスタイルにしてしまうと、顔の広がりを一層際立たせてしまいます。

サイドを刈り上げてツーブロックにし、トップにボリュームを持たせるようなヘアスタイルにすることで顔のバランスが良くなり横幅をぼかすことができるようになります。

小顔エステを受ける

どうしても顔の大きさが気になると言う人は、メンズエステに行って表情筋(顔筋)を鍛えてもらうという方法があります。

表情筋を鍛えることで顔全体のたるみやむくみの原因となるリンパの中の老廃物を取り除くことができるため、顔全体がスッキリして小顔に見せる効果と表情を若々しく見せる効果が期待できます。

大手のメンズエステサロンでは、初回体験などを設けている店舗もあるので、まずは初回体験を受けて実際の施術、雰囲気などを実感してみましょう。

おすすめのメンズエステサロン【ラ・パルレ】

ラ・パルレ 顔筋トレーニングコース
初回体験価格:3,000円
ラ・パルレ公式サイトはこちら

メンズエステで30年以上の歴史を持つラ・パルレでは、表情筋(顔筋)を鍛えるための「顔筋トレーニングプログラム」というエステメニューがあります。

専用の機器による表情筋のトレーニングとフェイスマッサージによる老廃物の除去により、たるみやむくみを改善する効果が期待できます。

初回体験価格が3,000円と非常に安価に設定されているので、まずは最寄りのラ・パルレで初回体験を受けてみましょう。

詳しい情報については下記の記事を参考にしてください。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら

まとめ

顔は常に人の目に触れる部分であり、どうしてもデリケートになってしまうところではあると思います。

顔の大きさは生まれ持ったものですので、どうにもならない部分があることは確かです。

しかし、今回解説したようにマッサージを行ったり、髪型を変える、エステに行く等の工夫や努力をすることで、見え方を変えることができます。

顔が大きいからといって諦める必要は全くありません。

<おすすめ関連記事>

3