ケノンは効果ないって本当?失敗しないために知りたいケノンの効果

自宅で使える脱毛器の中で、効果が高いと評判のケノン脱毛器。男性の髭などにも効果があったという口コミも見られますが、あまり「効果がなかった」という口コミは見られません。でも、本当にケノンは効果が出るのでしょうか。

ケノンで効果が出なかったという口コミを調べたところ、ある共通点が見えてきました。ケノンのデメリットや、ケノンで効果がでなかったという人の特徴を解説します。

ケノン脱毛器とは

ケノンの本体  ケノン脱毛器について簡単におさらいしましょう。

家庭用脱毛器の中でも、特に人気なのがケノンです。最大の特徴が、カートリッジというマシンの先につける部品を取り換えるだけで、照射範囲を変えられること。

ほとんどの脱毛器は一定の回数だけ照射すると、本体ごと買い替える必要があります。しかし、ケノンはカートリッジを変えるだけでまた使えるようになるため、コスパもよいと評判です。

このような特徴も含め、ケノンのメリットとデメリットを改めてまとめてみましょう。

ケノンのデメリット

ケノンは家庭用脱毛器の中でもかなり優秀で、「これはちょっと…」と思うほどのデメリットはありません。細かい部分を見ると、以下のような面がデメリットとして考えられます。

  • チャージ時間が少しかかる(最大レベルだと1回5秒ほど)
  • 太い毛には効果が出にくい場合がある
  • 自分で見えにくい部分やデリケートな部分は脱毛できない

ケノンを含めた光脱毛は、強い光を瞬間的にショットして毛根にダメージを与えます。強い光を打ち出すために1回ごとにチャージ時間がかかりますが、ケノンを最大レベルで照射すると1回5秒ほどかかるのです。「なんだ、5秒くらいなら短いじゃん」と思うかもしれませんが、連続で処理しようとするとこの5秒が長く感じます。また、太い毛だと脱毛効果が出にくかったり、照射したときに痛みが出る場合があります。

背中などの自分で目視できない部分や、Oライン(肛門まわり)の脱毛もケノンでは難しいでしょう。デリケートな肛門や性器まわりの毛の脱毛はメーカーも推奨しておらず、実際に試してやけどしたという人もいるため、行わないようにしてください。

しかしこの3つのデメリット、実は家庭用の脱毛器だと大体ついて回るものです。そのため、家庭用脱毛器の中でケノンだけのデメリットは、ほとんどないと言えるでしょう。

ケノンのメリット

一方、ケノンのメリットとして以下が考えられます。

  • メーカーが定めた回数だけショットしてもカートリッジの交換だけで済む
  • カートリッジを変えれば照射する光の強さや照射範囲を変えられる

どのような光脱毛器でも、使用できる回数が決まっています。そのため、本体ごと買い替えなければいけない脱毛器よりも、部品の交換だけで使い続けられるほうが、交換のコストも抑えられるので長く使えます。脱毛は1回で終わるものではないので、使い続けるうえでかかるランニングコストを抑えられるのは嬉しいポイントです。

また、使い始めると意外と気になるのが照射範囲。すねや腕といった広い範囲を一気に脱毛したい場合と、髭などの狭い範囲を脱毛したい場合では、光を当てたい範囲が異なります。照射範囲を狭くできれば、髭を全体的に脱毛することも、一部分だけ脱毛してデザインしやすくするのも簡単。しかも、光も狭い範囲に絞って当てることになるので、より強い光を照射できることになります。

ケノンがおすすめな人

ケノンは、以下のような人におすすめです。

  • 脱毛したいけどサロンに通う時間がない
  • 脱毛したいけどサロンに通うのは抵抗がある
  • 脱毛したい部位がケノンで脱毛できる部位

ケノンは家庭用脱毛器の中でも非常に優秀で、自宅で脱毛したいという人には広くおすすめできます。実際、公式でもケノンの満足度は98.3%とうたっており、使った人の多くが満足しているとみられます。

本当にこんなに優秀な製品なら悪い口コミはないのでは?と思うかもしれませんが、実際はネット上に「効果ない」と感じた人の意見も見られますよね。このような悪い口コミを分析すると、ある特徴が見えてきました。

ケノン脱毛器イラスト

公式サイトはこちら

ケノンの効果がないと感じる原因

ネット上で見られる「ケノンは効果ない」という口コミをよく見てみると、使い方の間違いやケノンの効果が出るまでの期間などに思い違いがあることがわかってきました。分析から見えてきた、ケノンで効果ないと感じる原因を解説します。

ムダ毛剃りを脱毛直前にやっている

ケノンの公式サイトを見ると、ケノンを照射する前に毛を剃ると説明されています。同時に「約1mm程度の長さを残す」とも書かれていますが、効果が出ないという口コミの中には、この部分を見逃しているものが見られます。

ケノンの光は、毛の色素に反応して熱を発するもの。その熱が毛根まで伝わり、毛根を破壊するため脱毛効果が得られます。しかし、ムダ毛がツルツルになってしまっていると、光が反応する部分が少なくなって十分な脱毛効果を得られなくなります。

対策:少し時間を空けてから脱毛する

髭の脱毛であれば、トリマーで1mm程度にそろえてから脱毛できるでしょう。しかし、ほかの部位では毛を1mmほど残して剃るのが難しい場合もあります。

そのため、ムダ毛を剃った直後にケノンを使うのではなく、ムダ毛を剃った翌日くらいにケノンを使うと効果が期待できるでしょう。

照射レベルが低い

ケノンは、10段階で光の照射レベルを変えられます。しかし、強くすると痛みが出る場合もあるため、怖いからと弱い照射レベルで使っている人が多いようです。

しかし、照射レベルが低すぎると十分な熱が発生しないため、脱毛の効果も出にくくなります。

対策:少しずつ照射レベルを上げてみる

照射レベルが低くて効果が出ない場合は、少しずつ照射レベルを上げてみることが最大の解決策です。

痛みの感じ方には個人差がありますが、特に肌が敏感な方は痛みを感じやすくなります。後ほど照射レベルの目安も解説するので、そちらも確認してください。

すぐに効果が出ると思っている

ケノンに限らず、エステの脱毛であっても、光脱毛の効果は出るまでに時間がかかります。光脱毛は毛根にダメージを与えて毛を生えにくくするものですが、毛には生えてから自然と抜けるまでのサイクルがあります。

毛周期と呼ばれるこのサイクルは、毛が活発に伸びる成長期、毛が抜ける準備を始める退行期、次の毛が生える準備期間の休止期の3つからなります。このうち、脱毛効果が出るのは成長期の毛のみ。すべての毛が同時に同じ周期で生えているわけではないので、1回照射しただけではすべての毛に効果が出ないのです。

対策:3ヶ月は使用してみる

毛周期は部位によって違いますが、一般的3~5ヶ月ほどの退行期・休止期が続いて成長期に入るようになっています。そのため、3ヶ月以上使用すれば、効果を実感しやすいでしょう。焦らず3ヶ月以上使ってみてください。

カートリッジが汚れている

カートリッジ表面の光が出る部位は、透明なガラスでできています。その部分には、何度も使っていくうちに黒い汚れがついたり、曇ってきたりします。これは、照射したときに焦げた毛や煤(すす)、皮脂などです。

このような汚れがついたままになっていると、光がムダ毛に届きにくくなるため脱毛効果が出にくくなります。

対策:カートリッジを掃除・交換する

カートリッジの使用回数がまだ残っているようなら、ガラス面を掃除しましょう。ティッシュなどでふき取れないため、アルコールを染み込ませたティッシュや綿棒でふき取ります。脱毛を終えたらその都度カートリッジの掃除をすると、ケノンの効果を最大限に発揮しやすくなります。

なお、カートリッジの使用回数が残り少ない場合や、アルコールで拭いても汚れが取れない場合は、カートリッジを交換したほうがよいでしょう。

正しい使い方ができていない

先に紹介した脱毛前のムダ毛剃りや照射レベルなど、使い方が正しくないとケノンの効果はしっかり発揮できません。そのため、説明書をよく読んで正しく使うことが大切です。

対策:正しい使い方を学ぶ

正しい使い方ができていないなら、正しい使い方を学ぶほかありません。

脱毛前の準備から脱毛後の正しい処理方法のほか、脱毛を行う頻度、照射レベルの設定、脱毛で効果を感じるまでの回数などがあげられます。次にケノンの正しい使い方を紹介するので、参考にしてください。

公式サイトはこちら

ケノンの正しい使い方

正しい使い方のポイントは、以下のとおりです。

  • 脱毛前に毛を1mmほど残して剃る
  • 徐々に照射レベルを上げて調整する
  • 脱毛前後に肌を冷やす

ほとんどはすでに解説したことですが、脱毛前と脱毛後に肌を冷やすことで、肌へのダメージを最小限に抑えられます。保冷剤などを冷凍庫で冷やしておいて、ケノンの照射前に10秒程度、照射後に10秒程度、肌を冷やしましょう。

また、脱毛頻度や照射レベル、脱毛効果を感じられるまでの回数もしっかりチェックすれば、誤解なくケノンを使えます。

ケノン脱毛器の使い方

脱毛する頻度はどれくらい?

メーカーでは、2週間に1回ほどの頻度で脱毛することを推奨しています。

先ほどの毛周期の話からもわかるかもしれませんが、毎日使えば効果が早く出るというものではありません。ムダ打ちを避けるため、決められた頻度で使いましょう。

照射レベルはどれくらい?

照射レベルの大まかな目安は以下のとおりです。

  • 肌がかなり敏感…レベル2以下
  • 肌が少し敏感…レベル4以下
  • カミソリ負けも少なくあまり敏感肌ではない…レベル7以下
  • 早く脱毛したい場合…レベル8~10で調整

レベル8以上になると、エステで使っているマシンに近いといわれるほど強い光を照射できます。その分痛みや赤みなどのトラブルも出やすくなるので、早く脱毛したい場合以外はレベル7以下を目安に調整しましょう。

脱毛効果を感じる回数はどれくらい?

ケノンの脱毛効果は、3~6か月間ほど、2週間に1回行うと実感できるという声が多いようです。脱毛効果の出方はその人の使い方やムダ毛の状態などによるため一概には言えませんが、6~12回ほどで「ムダ毛が薄くなってきた」というような効果を実感できるでしょう。

すぐに効果を実感できるわけではありませんが、髭などにケノンを使うと次第に髭剃りのお手入れがラクになったなど実感する人が多いようです。カレンダーアプリなどにケノンの予定を入れておくと、忘れずに使いやすくなるでしょう。

最もお得に購入できるのはどこ?

ケノンの機械自体は、どこで購入しても同じ。それなら、最もお得に購入できるところで入手したいですよね。

現状、ケノンは店頭では販売されていないので、ネットでの販売のみ。ネットだと、公式サイトのほか、Amazonや楽天で購入できますが、一番お得なのが公式サイトです。

公式サイト

公式サイトのキャンペーンはその時どきで変わりますが、Amazonや楽天での販売よりもオマケが多くなっています。あるときのキャンペーン内容は、メーカー希望小売価格から28%オフ、さらにカートリッジ4個オマケ、専用ポーチオマケ、2年保証でした。

特に、ケノン本体の保証は、通常だと1年間。ですが、全身脱毛したい、途中から別の部位も脱毛したくなったといった場合には1年以上使うことがあります。そのため、無料で2年保証してもらえるのは嬉しいオマケなのです。

公式サイトはこちら

高い効果を求める人はレーザー脱毛がおすすめ

ケノンは家庭用脱毛器の中では強い光を照射でき、非常に評価も高いもの。ですが、より高い効果を求める人や、敏感肌で肌トラブルが心配な人、肛門まわりなどのデリケートな部位も脱毛したい場合は、しっかりプロの施術を受けたほうがよいでしょう。

プロの施術を受ける場合は、高い出力で脱毛できる医療レーザーの施術を受けられる湘南美容外科がおすすめです。サロンではなくクリニックなので、施術を行うのは看護師。家庭用脱毛器やサロンの光脱毛よりも出力の高い医療用のレーザーを使うので、脱毛効果がまったく違います。

また、施術の中で万が一の肌トラブルがあっても、医師の処置を受けられるのも安心です。

まとめ

ケノンは悪い口コミがあまり見られない家庭用脱毛器ですが、一部「効果がなかった」「効果が出ない」といった口コミも見られます。そのような人たちの場合、大抵は以下のいずれかの原因が当てはまるようでした。

  • ケノンを使用する直前にムダ毛剃りをしている
  • 照射レベルが低すぎる
  • すぐに効果が出ると思い込んでいる
  • カートリッジが汚れている
  • そのほか使い方が正しくない

正しい方法でケノンを使えば、3~6ヶ月ほどでムダ毛のお手入れがラクになる効果が期待できます。ケノンを使う場合は、今回紹介した正しい使い方や効果が出るまでの目安を参考にしてください。

また、より確実な脱毛効果を期待する場合や、自分ではできない部位を処理したい場合などは、クリニックで施術を受けることをおすすめします。

自分に合った方法で脱毛し、ムダ毛のお手入れをほとんどしなくても清潔感のある見た目をキープできる肌を目指しましょう!

公式サイトはこちら

<おすすめ関連記事>

0