正しい髭剃りの頻度はどのくらいが最適?!髭の正しい剃り方も解説!

正しい髭剃りの頻度はどれくらい?

T字カミソリで髭を剃る男性

髭は男性にとっては切っても切れない関係にあります。

1日に1回は髭剃りを行うのが男性にとっては基本となっていますが、正しい髭剃りの頻度はどれくらいになるのでしょうか。

この点、男性の場合は、髭剃りは1日に1回の頻度で行うようにしましょう。

髭の濃さや量には個人差がありますが、成人男性の場合、1日の中で一定の長さで髭は伸びていきます。

髭が薄いという人でも、髭を放置していると、他の人から見た時の印象が変わってしまいます。

また、髭が濃いという人であっても、1日に2回3回と剃ってしまうと、肌にダメージを与え、肌荒れの原因になってしまいます。

ですので、髭を剃る場合には、1日1回を基本としましょう。

おすすめの髭剃り方法

ここでは、髭剃りの方法について解説していきます。

自分の髭剃りの方法と比較して見てみてください。

毛抜き【おすすめ度:⭐️☆☆☆☆】

まず紹介する方法として、毛抜きを使った脱毛方法があります。

ピンセットを使って毛の1本1本を抜いていくという方法になりますが、これにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

まず、毛抜きによる脱毛のメリットは以下のようになります。

  • お金がかからない
  • 1本1本抜くことでデザインしやすくなる
  • 自宅でできる

まず毛抜きによる脱毛のメリットは、お金をかけずにできるという点にあります。

必要なものを毛抜き1個あればOKで、後は特に用意するものはありませんので、非常に経済的です。

また、毛抜きでの脱毛は1本1本鏡を見ながら抜くということで、抜き残しがなくなり、髭のデザインもしやすくなります。

さらには、毛抜きでの脱毛は自宅で簡単に行うことができます。

髭を抜こうと思った時にいつでも抜けるという点で、気軽にできる脱毛方法であるといえます。

デメリット

次に、毛抜きによる脱毛方法のデメリットは以下のようになります。

  • 手間がかかる
  • 毛が埋没してしまう
  • 肌が傷つく

毛抜きを使用した脱毛のデメリットとしては、まず手間がかかるという点が挙げられます。

鏡を見ながら1本1本丁寧に抜くことができる反面、髭の量が多い方の場合、かなりの時間を要してしまいます。

朝の忙しい時間に1本1本抜くのは中々難しいので、急いでいる時には向かない方法といえます。

また、毛抜きによる脱毛を行うと、毛が毛穴に埋没してしまうこともあります。

これは、毛抜きを使用することにより肌にかさぶたができたり、皮膚がはがれることで、それが毛穴を塞いでしまい、毛が伸びても皮膚の外に出てこれないという状態をいいます。

さらに、毛抜きで髭を抜くことにより肌が傷ついてしまい、それによって肌が炎症を起こしたり、毛嚢炎という症状を引き起こす可能性もあります。

毛嚢炎とは、ニキビのような白いぽつぽつができてしまう症状であり、これができることによって肌に痛みが出たり、髭が反りにくくなってしまいます。

T字カミソリ【おすすめ度:⭐️⭐️☆☆☆】

次に紹介する方法は、T字カミソリを利用した方法になります。

メリット

T字カミソリを使うことのメリットは以下のようになります。

  • お金がかからない
  • まとめて髭をそる事ができる
  • 簡単にできる

T字カミソリを使うことのメリットの1つとして、まずは毛抜きと同様に、お金がかからないという点があります。

T字カミソリは質の高いものと低いもので価格が異なりますが、高いものでもそこまで驚くような価格ではなく手軽に購入することができます。

また、T字カミソリは毛抜きを使用する場合と異なり、毛をまとめて剃ることができます。

忙しい時間帯でも、比較的すぐに髭を剃ることができますので、時間短縮につながります。

さらに、簡単に髭を剃れるという点もメリットの1つといえます。

風呂に入りながら行ったり、風呂上りに行ったりと、場所やタイミングを選ばずに行うことができます。

デメリット

T字カミソリを使うことのデメリットは、以下のようになります。

  • 肌荒れを起こす
  • 剃りにくい部分がある
  • 刃の交換が面倒

T字カミソリを使うことのデメリットは、肌が弱い人の場合は、カミソリを当てることで肌があれてしまったり、出血してしまう可能井があるという点がまず挙げられます。

肌が弱くない人でも、乾燥した状態でT字カミソリを使うと刃が引っ掛かってしまい、それにより肌が荒れてしまうこともありますので、髭が濡れた状態で行うか、シェービングフォームを使う必要があります。

また、あごの部分など剃りにくい部分もあり、カミソリを当てたつもりでもそり残しが生じてしまうこともあります。

T字カミソリのもう1つのデメリットとして、刃を頻繁に取り換えないといけないという点があります。

刃が弱ると、それだけ髭を剃るパワーが落ち、肌を傷つけてしまうこともあります。

電動シャーバー【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️☆☆】

次に、電動シェーバーを使用した方法について解説していきます。

メリット

電動シェーバーを使うことのメリットは以下のようになります。

  • 簡単に剃れる
  • 肌を傷つけない
  • メンテナンスが簡単

電動シェーバーは、スイッチを入れて肌に当てることにより髭を剃ることができますので、非常に簡単に扱うことができます。

肌の質にもよりますが、T字カミソリと異なり、髭を濡らさなくても肌を傷つけることなく髭を剃ることができますので、朝起きてすぐのタイミングでも使用することができます。

また、電動シェーバーは刃の交換を行う必要がほとんどありませんので、買ってからずっと同じ状態で使い続けることができます。

メンテナンスといえば定期的に充電を行うだけですので、扱いが簡単です。

デメリット

電動シェーバーを使うことのデメリットは、以下のようになります。

  • 価格が高い
  • 濃い毛を剃りきれない
  • 剃り残しが出る

まず、電動シェーバーの値段は価格幅が広くなっていますが、どんなに安くても数千円はかかりますし、高いものですと数万円のコストがかかります。

使う年数を考えるとそこまで高い買い物ではありませんが、やはり毛抜き屋T字カミソリと比べると高くなります。

また、髭が濃い人の場合は、剃っても口周りの黒さが残ってしまい、綺麗に剃りきることができません。

あごの横の部分等、剃りにくい部分もあり、沿ったつもりでいてもチョロチョロと髭が残ってしまっていることもあり、見栄えが悪くなってしまうこともあります。

おすすめの電動シェーバー【パナソニックラムダッシュES-ST8Q】

パナソニックラムダッシュES-ST8Q

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

エステ脱毛【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️☆】

続いて紹介するのは、エステ脱毛です。

エステ脱毛とは、エステサロンで行う脱毛方法のことであり、微弱な光を当てることで毛穴にダメージを与えて髭を脱毛していくという方法になります。

メリット

エステ脱毛のメリットは以下のようになります。

  • 広範囲での脱毛が可能
  • 痛みが少ない
  • 剃り残しの心配がない

エステ脱毛では、1度で広範囲にわたって脱毛を行うことができます。

セルフで行う脱毛方法よりもはるかに効率的に脱毛を行うことができるのはメリットといえます。

また、エステ脱毛は痛みが少ないという点もメリットになります。

髭脱毛はどうしても痛みを伴うものでえすが、エステ脱毛にはこうした心配がほとんどなく、気楽に行うことが可能です。

フラッシュを照射した部分はしっかりと脱毛ができますので、カミソリやシェーバーを使用した時のように脱毛のし忘れもなくなります。

デメリット

エステ脱毛のデメリットは、以下のようになります。

  • 永久脱毛はできない
  • 脱毛期間が長い
  • 経済的とはいえない

エステ脱毛では、あくまでも毛の量を減らすということがメインになり、永久脱毛の効果は期待できません。

ですので、脱毛しても一定期間経てばまた新たに髭が生えてきてしまいますので、その都度脱毛が必要になります。

エステ脱毛では脱毛を開始してから効果を実感するまでに時間がかかるというのもデメリットであり、また、半永久的に通う必要があるという点で、経済的ともいえません。

おすすめのエステ脱毛サロン【RINX(リンクス)】

リンクス ロゴ
料金:髭脱毛セット10回:59,800円
RINX公式サイトはこちら

全国に40店舗以上を構えているメンズ脱毛サロンRINXでは、初回利用のお客様に限り、髭脱毛の10回パックが59,800円(1回5,980円)で受けることができます。

詳しい内容は下記の参考記事をご確認ください

<参考記事>

レーザー脱毛【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】

次に紹介するのはレーザー脱毛ですが、これは医療機関で行われる脱毛であり、エステ脱毛よりも強力な機器を使用して脱毛を行います。

メリット

レーザー脱毛のメリットは以下のようになります。

  • 永久脱毛が可能
  • 見た目の印象が変わる
  • 肌を健康に保てる

まず何と言っても、レーザー脱毛のメリットは、永久脱毛効果を期待できるという点にあります。

上記で紹介してきた脱毛方法は、どれも永久的に脱毛を行うことはできず、いずれ髭は伸びてきてしまいます。

しかし、レーザー脱毛は毛母細胞という髭の元となる細胞を破壊することにより、再び髭が生えてくることを防止することができます。

レーザー脱毛は高い脱毛効果があり、見た目の印象を大きく変えることもできます。

髭があるのとないのとでは見た目の印象も変わり、清潔感のある印象を与えることができるようになります。

永久脱毛することで、髭剃りも必要がなくなり、それによって肌を健康に保つことも可能になります。

デメリット

レーザー脱毛のデメリットは、以下のようになります。

  • 価格が高い
  • 時間がかかる
  • 日焼けできない

レーザー脱毛は価格が高くなっており、医療機関によって違いがありますが、数万円の費用がかかります。

髭脱毛の場合は、口周りやあご下などのパーツを選択でき、パーツが増えるごとに価格が上がりますので、予算を決めて行う必要があります。

また、脱毛は2カ月に1回ほどのペースで行われます。

回数としては5回から10回ほどで完了しますので、トータルで1年から2年の期間がかかります。

その間、肌を日焼けさせることができず、皮膚のコンディションを保つ必要があります。

おすすめのレーザー脱毛【湘南美容クリニック】

湘南美容外科_ロゴマーク
料金:髭脱毛6回コース:29,800円
湘南美容クリニック公式サイトはこちら

レーザー脱毛を行なっている最大手のクリニックといえば湘南美容クリニックです。

料金も非常にお手頃で29,800円で6回の髭脱毛を受けることができます。

詳細は下記の参考記事をご確認ください。

<参考記事>

ニードル脱毛【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】

最後に紹介するのは、ニードル脱毛です。

ニードル脱毛は、針(ニードル)を毛穴に刺し、そこに電流を流すことで毛根を破壊する脱毛方法です。

メリット

ニードル脱毛のメリットは以下のようになります。

  • 永久脱毛が可能
  • どんな髭でも脱毛可能
  • 髭をデザインできる

ニードル脱毛もレーザー脱毛と同様、永久脱毛効果が期待できます。

また、レーザー脱毛の場合は肌が日焼けしている状態でも脱毛を行うことができ、また白髪の髭も脱毛することができますので、どのような肌質・毛質の方でも利用可能です。

さらに、ニードル脱毛は1本1本脱毛していくので、残す部分と脱毛する部分を細かく分けることができ、髭のデザインが可能になります。

デメリット

ニードル脱毛のデメリットは、以下のようになります。

  • 1回の脱毛本数が少ない
  • 費用がかかる
  • 痛みが強い

ニードル脱毛は1回で行える脱毛本数が少なく、それ故に脱毛が完了するまでにかなりの時間を要してしまいます。

また、費用に関しても高額になっており、脱毛範囲が広がるほどに値段も上がっていきます。

そして、ニードル脱毛最大のデメリットともいえるのが、強い痛みです。

毛穴に針を刺し、さらに電流を流すということで、人によっては耐え難いくらいの痛みを感じることがあります。

神経の多く通っている部分も痛みを感じやすくなっていますので、痛みに対する覚悟は必要です。

おすすめのニードル脱毛【MEN'S TBC】

MEN’S TBC 脱毛 ロゴ
料金:髭脱毛150本(1,000円)
MEN’ TBC公式サイトはこちら

MEN’S TBCではニードル脱毛150本が、初回に限り破格の1,000円で受けることができます。

いらない部分の髭を確実に処理してしまいたいという人には、非常におすすめです。

詳しくは下記の参考記事をご確認ください。

<参考記事>

まとめ

以上、髭脱毛について解説してきました。

髭に関して悩みを抱えており、日々のケアが面倒に感じている人も多いでしょう。

今回紹介した脱毛方法を参考にして、ご自分にベストな方法を見つけましょう。

0