面倒な毎日の髭剃りを楽にする方法とは?脱毛やクリームについて解説!

毎日の面倒な髭剃りから解放されたい

あなたは毎日髭剃りにどれだけの時間を割いていますか?

毎朝会社や学校に行く前に髭を剃る人は多いと思いますが、バタバタしている時に髭を剃るのは非常に面倒に感じることはないでしょうか。

土日に髭剃りを放置してしまうと月曜に剃るのは一苦労ですし、寝坊してしまった時に焦って髭を剃って肌を傷つけてしまったなんてこともあると思います。

髭剃りの時間が無いだけでもどれだけ楽なのか…と考えたことはないでしょうか?

そこで今回は、そんな面倒な髭剃りから解放されるための方法について解説していきます。

毎日の髭剃りは肌荒れの原因にも

男性にとっては髭剃りは毎日の日課になっていると思います。

髭が濃い、薄いに関係なく、髭を剃ることはエチケットの1つですし、特に日本は海外に比べて髭について厳しい国ですので社会人の方は特に念入りに髭を剃っていることでしょう。

しかし、毎日髭を剃ることで、肌を傷つけてしまっているという事をご存知でしょうか。

髭剃りを行う場合、T字カミソリや電動シェーバーを使用して行うのが一般的ですが、どちらを使用するにしても、毎日毎日髭を剃る中で、肌にダメージが加えられています。

肌が弱い人はもちろん、シェービングフォームやジェルを使用しないで髭剃りをしたり、髭剃り後に肌ケアをしないと、肌にはどんどんダメージが蓄積されていきます。

肌荒れが中々よくならないという人は、毎日の髭剃りが原因となっている可能性があります。

1年間で30〜60時間も髭を剃っている?!

あなたの髭剃り時間はどれくらいの長さでしょうか?

髭の量や濃さによって髭剃りの時間は変わってきますが、大体髭剃りの時間は5分~10分ほどだと思います。

5分10分と聞くと、そこまで長いように思えませんが、これが日々蓄積されていくことで、かなりの時間になってしまいます。

1日5分~10分髭剃りを行うことで、1年間でおよそ30時間~60時間かけていることになります。

この時間が長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれですが、これだけの時間を他のことに使えたとしたら、どうでしょうか?

髭剃り時間を短縮する方法

忙しい男

以下では、髭剃り時間を短縮する方法について解説していきます。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、あなたにとってベストな脱毛方法を見つけてみましょう。

脱毛クリーム

まず紹介する脱毛方法として、脱毛クリームを使用した方法を紹介します。

脱毛クリームとは、脱毛したい部分にクリームを塗り、後はシートなどを使ってそれをふき取ることにより、脱毛を行うというものになります。

脱毛クリームのメリット

脱毛クリームのメリットは、低価格で脱毛できるという点があります。

商品によって価格は異なりますが、基本的には数千円で購入することができます。

また、簡単に自宅で行うことができるというのもメリットといえます。

特別な道具や場所も必要なく、自宅スペースで行うことができますので、気軽に脱毛が可能です。

脱毛クリームのデメリット

一方、脱毛クリームのデメリットとしては、まず永久脱毛効果は期待できないという点にあります。

脱毛をしても時間が経てばまた毛が生えてきますので、何度も何度も脱毛を行う必要があります。

また、脱毛クリームは、基本的にすね毛などの細く長い毛に対して効果的であるのに対し、髭のような太く短い毛に対しては使用が難しいという点があります。

口周りはデリケートな部分ですので、肌荒れを起こす可能性があり、あまり髭脱毛に向いているとは言えません。

光脱毛

光脱毛とは、文字通り光を利用して行う脱毛方法になります。

エステサロンで行われる基本的な脱毛方法であり、エステ脱毛=光脱毛と考えられていますが、専用の機器を使用して肌に光を当て、毛根にダメージを与えながら脱毛を行っていきます。

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットとしては、痛みを感じることなく脱毛を行うことができ、また広範囲にわたって脱毛を行うことができます。

広範囲を一度に脱毛することができることで、短時間で脱毛を終えることができます。

また、料金も比較的安く行うことができ、この点もメリットといえます。

安全性も高いので、気軽に受けることのできる脱毛方法になります。

光脱毛のデメリット

デメリットとしては、永久脱毛効果が無いという点にあります。

光脱毛の目的は、あくまでの毛の量を減らす、ボリュームを無くすという点にあり、一生毛が生えてこないようにするというものであありません。

ですので、光脱毛を行っても、時間が経てばまた毛は生えてきますので、半永久的に光脱毛を行う必要があるということになります。

その他の光脱毛のデメリットとしては、産毛であったり色素の薄い毛に対しては脱毛効果が低いという点があります。

これは光が黒い毛にしか反応しないためであり、髭の色が白かったりすると、脱毛効果が低下してしまいます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛も、エステサロンで行われる脱毛方法の1つであり、毛穴に針(ニードル)を刺し、そこに電流を流すことによって毛根を破壊する脱毛方法になります。

毛の1本1本を脱毛していくニードル脱毛のメリットとデメリットは、以下のようになります。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットは、永久脱毛効果が期待できるという点があります。

ニードル脱毛では毛根を破壊しながら脱毛を行っていきますので、再び毛が生えてくる可能性は低くなります。

また、ニードル脱毛は毛の1本1本を脱毛していくことから、髭をデザインしやすくなります。

永久脱毛できるということは、脱毛した部分には毛が生えてこないということになります。

髭は厄介な存在である一方、おしゃれの1つとしての役割を持ちますので、完全に脱毛してしまうと後悔してしまうこともあります。

ニードル脱毛では、どこの部分を脱毛して、どこの部分を残すかを区別することができますのでカッコよく髭をデザインすることができます。

ニードル脱毛のデメリット

まず、

ニードル脱毛は痛みが強いという点がデメリットです。

毛穴に針を刺す段階と、そこに電流を流す段階において、痛みが生じます。

今回紹介する脱毛方法の中で最も痛みが強いと言われ、冷や汗を流しながら脱毛を行うという人もいます。

特に髭の場合、口の周辺には多くの神経が走っていることから、痛みを感じやすくなってしまいます。

高い脱毛効果と引き換えに、強い痛みがあるという事を認識しておきましょう。

また、ニードル脱毛のもう1つのデメリットとして、1回で脱毛できる量が少ないということになります。

1本1本脱毛するということで、上記の光脱毛や、以下で紹介するレーザー脱毛と比較すると、各段に1回の脱毛量は少なくなり、脱毛が完了するまでには時間がかかります。

さらに、ニードル脱毛を行うことにより、毛嚢炎という症状が生じる可能性があります。

毛嚢炎とは、毛の元となる細胞である毛母細胞を包む毛嚢という部分に細菌が入り、それにより肌に異常が生じるものをいいます。

ニキビに似た症状になりますが、基本的にはそのままにしておけば治ります。

ただし、治るまでは脱毛を行うことができませんので、しっかり治してから次の脱毛を行う必要があります。

おすすめのニードル脱毛【MEN'S TBC】

レーザー脱毛

最後に紹介するのは、レーザー脱毛です。

このレーザー脱毛は、医療機関(クリニック)で行われる脱毛方法であり、医療脱毛=レーザー脱毛という形になります。

レーザー脱毛の特徴は、医師や看護師といった特別な資格を持つ医療従事者が、特別な機器を使用して行う脱毛方法であり、エステ脱毛では実現できないような強力な脱毛効果を得ることができます。

レーザー脱毛は、毛周期というものに基づいて行われます。

毛周期とは、毛が成長する期間である成長期、成長がストップする退行期、次の毛が生えてくるまでの休止期に別れ、脱毛は成長期のタイミングで行われます。

毛の部分によって毛周期のサイクルは変わってきますが、基本的には2カ月に1回のペースで行われるということになります。

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛のメリットは、こちらもニードル脱毛と同様に、永久脱毛の効果が期待できるという点にあります。

レーザー脱毛に使用される機器は、特殊な医療用機器であり、医療従事者しか使用できない強力な出力を持つ機器を使用します。

これにより、毛母細胞を破壊することにより毛が生えてこないようにし、永久脱毛効果を得ることが可能になります。

レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛のデメリットについては、まず痛みを伴うという事が挙げられます。

上記で解説したニードル脱毛ほどではないにしても、レーザー脱毛も毛穴に対して強力なレーザーを照射することから、それなりの痛みを感じます。

痛みに対して不安を感じる場合には、麻酔を使用することもできますので、相談のうえで使用を検討してみましょう。

また、レーザー脱毛は、日焼けした肌には行えないというデメリットもあります。

レーザー脱毛で照射するレーザーは、毛穴の黒い部分をめがけて照射されますが、肌が日焼けしていると、その色素であるメラニンに反応してしまい、毛に向かってダイレクトにレーザーが照射できなくなってしまいます。

また、日焼け状態で脱毛を行うことで、肌にダメージを与える可能性もあります。

軽い日焼けでしたら問題ないですが、日焼けをしてしまっている方は、一度カウンセリングの上、可能かどうかを判断してもらいましょう。

その他のデメリットとしては、レーザーを当てた後の肌は、ヒリヒリと感じたり、乾燥しやすくなってしまうという点があります。

レーザー脱毛を行った後は、お風呂に入ることができませんので、注意しましょう。

また、乾燥を防ぐためにしっかりと保湿を行うことも大事になります。

まとめ

以上、髭剃り時間を短縮する方法について解説してきました。

あらゆる方法により、髭剃り時間を短縮することが可能となっており、それぞれに特徴があります。

最終的に得たい結果をしっかり認識したうえで、ベストな方法でアプローチするようにしましょう。

<おすすめ関連記事>

0