鼻毛カッターの正しい使い方とは?!おすすめの鼻毛カッター5選!

鼻毛カッターの正しい使い方

鼻毛処理 男 鼻毛カッター

あなたは今、鼻毛の処理に困っていませんか?

鼻毛は放置しておくとすぐに伸びてきてしまうものであり、少しでも鼻からはみ出していると、それだけで相手に対しての印象を悪くしてしまいます。

特に男性の場合は、男性ホルモンが影響し、女性よりも鼻毛が伸びるスピードが早いという傾向にあります。

鼻毛は厄介な存在である一方で、鼻の中の衛生状況を守ったり、異物や細菌が混入するのを防ぎ、人間の健康を維持する機能も持っています。

ですので、鼻毛が邪魔だからといって切りすぎたり、抜いてしまうのは、鼻の中の衛生状況や健康を悪くする原因になりますので、適切な処理が大事になります。

鼻毛を処理する方法として最も一般的な方法としては、ハサミを使用した処理方法だと思います。

その他にも、毛抜きを使って鼻毛を抜いているという人もいると思いますが、こうした処理方法だと、均等に鼻毛を処理できなかったり、鼻毛を失って鼻内環境を悪化させる可能性があります。

そこでおすすめしたいのが、鼻毛カッターを使用した処理方法です。

鼻毛を適切に処理するための、鼻毛カッターの使い方について解説していきます。

鼻毛カッターの使い方手順

鼻毛カッターとは、鼻に差し込むことで鼻毛をカットすることのできる機器のことであり、家電量販店やインターネットで購入することができます。

価格については大手電機メーカーのものであっても、2,000円ほどで購入できます。

まず、この鼻毛カッターの使い方について解説していきます。

【STEP1】鼻の中をきれいにする

まず、鼻毛カッターで鼻毛を着る前の段階として、鼻の中をきれいにしておきましょう。

鼻水やホコリなどが入っていると、うまくカットできなかったり、せき込んでしまう可能性があるので、ティッシュペーパーで鼻をかむなどして、綺麗な状態にしておきます。

【STEP2】スイッチを入れて鼻に差し込む

鼻をきれいにしたら、実際にカッターでカットしていきます。

カッターの刃の先端の部分を入れるようにして、その後はゆっくりと回転させるように動かしていきましょう。

ゆっくりと行うことがコツになります。

急いで行うとうまく毛をカットできなかったり、肌を傷つける可能性もあります。

回転させる動作を何回か繰り返して行きましょう。

これを両方の鼻で行っていきます。

【STEP3】最後にもう1回鼻をかむ

鼻毛カッターを使い終わったら、最後にもう1回鼻をかみましょう。

カット後の鼻の中には、細かい鼻毛が存在しています。

切れた鼻毛をそのままにしてしまうのは不衛生ですので、完全に出し切ることが重要になります。

鼻毛カッターのお手入れ方法

次に、鼻毛カッターの手入れ方法について解説します。

鼻毛カッターは定期的にメンテナンスしないと、機能が低下してしまい、故障の原因となりますので、頻繁にお手入れするようにしましょう。

水洗いできる場合

鼻毛カッターには水洗い可能なものとそうでないものがありますが、まずは水洗い可能な鼻毛カッターのお手入れ方法について解説します。

水洗い可能な場合は、当然水洗いをすることになりますが、まずはスイッチを入れて稼働させ、それを水やぬるま湯につけて、細かい毛を落としていきます。

また、鼻毛カッターは外刃と内刃に別れていますが、内刃は手入れがおろそかになりがちです。

内刃も同様に水で洗うことが大事です。

洗ったらしっかりと水気を拭いて、乾燥させます。

シャワーを使うことで水を分散させることができますので、可能であればシャワーを使うことをおすすめします。

鼻毛カッターによって、本体ごとそのまま洗浄できるものや、刃しか洗えないものもありますので、しっかりチェックしておきましょう。

水洗いできない場合

水洗いできない場合は、ブラシを使って鼻毛を落としていくことになります。

ブラシが付属されているケースが多いので、それを使って外刃と内刃に溜まった鼻毛を落としていきましょう。

鼻毛カッターの選び方

以下では、鼻毛カッターの選び方について解説していきます。

現在では数多くの鼻毛カッターが販売されていますが、どのような基準で選ぶべきなのでしょうか。

重さ

まず、重さがあまりないものを選択することをおすすめします。

鼻毛カッターが重いと、うまく鼻の中でコントロールすることができず、思うように処理できないということがあります。

鼻毛カッターをうまく扱えないと、鼻毛を予想以上にカットしてしまったり、鼻を傷つけてしまう可能性もあります。

一方、軽ければ動かしやすく、その分処理も簡単になります。

家電量販店で実物を見る際には、実際に手で持ってみて、扱いやすい重量のものを選択するようにしましょう。

水洗い可能か

鼻毛カッターの機能を維持するためには、適切なメンテナンスが必要になります。

鼻毛カッターに鼻毛が残っていると、うまく鼻毛の処理ができなくなり、また故障の原因にもつながります。

綺麗にお手入れをするうえでは、やはり水洗いできるもののほうがしっかりと毛を落とせます。

シャワーを掛けたり、水につけてスイッチを入れることでしっかりと毛を落とすことができ、高い処理機能を維持したまま使い続けることができます。

おすすめの鼻毛カッター5選

以下では、おすすめの鼻毛カッターを5つ紹介していきます。

パナソニック エチケットカッター ER-GN20-K

パナソニック エチケットカッター ER-GN20-K

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

まず紹介するパナソニック エチケットカッター ER-GN20-Kの特徴は、天面エッジと横エッジがセットになったデュアルエッジ刃を搭載しており、これにより、処理残しが少なくなり、しっかりと鼻毛を処理できるようになります。

また、刃が肌に触れない設計になっていますので、肌の安全性を保ったまま処理が可能です。

水洗いOKとなっていますので、綺麗に保つことが可能になっています。

全長14㎝、幅2㎝で、重さも37gと軽くなっており、コンパクトで扱いやすいのも特徴です。

耐久年数は約1年となっています。

フィリップス ノーズトリマー NT5172/16

フィリップス ノーズトリマー NT5172/16

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

フィリップス ノーズトリマー NT5172/16は、これ1台で思い通りのフェイススタイリングができるように設計された鼻毛カッターです。

チューブトリマーとなっているため、鼻の中を傷つける心配もなく、また鼻毛を引き抜いてしまうリスクもありません。

先端が丸みを帯びた超薄刃となっていますので、カッターが肌に当たらないようになっていますので、安全性も非常に高い商品です。

鼻毛を均一にカットできるだけでなく、切れ味に関しても抜群で、素早く効率的に鼻毛を処理できるように設計されています。

本体の丸洗いも可能となっており、シャワーを浴びながら使用することも可能になっています。

刃の切れ味の持続性についても、フィリップス独自の自動研磨システムにより、オイルを差さずに使い続けても刃のシャープさは落ちないようになっています。

重量は67gと軽くなっています。

Benow 鼻毛カッター エチケットカッター

Benow 鼻毛カッター エチケットカッター

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

Benow 鼻毛カッター エチケットカッターは、鼻毛だけでなく、眉毛・髭・耳下の処理も可能なマルチカッターとなっており、これ一台で顔のケアを行うことができます。

360°回転の高速回転を実現しており、切れ味だけでなく安全性も高くなっています。

また、3Dトリミングを採用しており、ステンレス製の刃先回転のデザインとなっており、あらゆる方向の鼻毛や耳毛を簡単にカットできます。

また、Benow 鼻毛カッター エチケットカッターは、切れ味だけでなく、安全性にもしっかり配慮した鼻毛カッターとなっています。

立体的な弧線デザインとなっており、上面の穴の径が小さくなっていることから鼻を安全に保護し、鼻毛が抜けてしまうことを防ぎます。

アルミニウムとマグネシウムの合金を使用しているので、高級感を保ったまま長く使い続けることができます。

内刃は水洗いが可能となっていますので、お手入れも簡単です(本体は水洗いできません)。

重さは40gほどとなっており、軽くなっています。

日立 鼻毛カッター BM-03(S)

日立 鼻毛カッター BM-03(S)

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

日立 鼻毛カッター BM-03(S)は、刃が直接鼻の皮膚に当たらないようになっており、鼻の粘膜を傷つけないような構造になっていますので、鼻を傷つける心配もありません。

実際に鼻毛をカットしている際にも痛みを感じることがないので、手軽にカットすることが可能です。

水洗い可能となっており、刃だけでなく本体も水洗いできるようになっていますので、お手入れも非常に簡単です。

全体の水洗いが可能であれば、お風呂に入っている時に鼻毛の処理を行うことができますので、非常に便利です。

重量も軽いので、処理の際のコントロールも簡単です。

TESCOM Menford 鼻毛カッター ブラック MF33-K

 TESCOM Menford 鼻毛カッター ブラック MF33-K

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

最後に紹介するのは、鼻毛カッター ブラック MF33-Kです。

この商品は、2つのヘッドがついており、カッターの内部で鼻毛がカットされるようになっていますので、鼻の粘膜を傷つけることなく処理を行うことができます。

往復式のトリマーとなっていますので、鼻の入り口や細かい毛などもピンポイントで仕上げることができます。

本体丸ごとの水洗いが可能となっており、泡立ち洗浄も可能になっていますので、常に清潔な状態をキープすることが可能になっています。

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

まとめ

以上、鼻毛カッターについて解説してきました。

鼻毛カッターを使用することで、安全かつ確実に鼻毛の処理をできるようになり、みだしなみを整えることが可能になります。

今まで鼻毛をハサミでカットしていた人や、毛抜きで抜いて処理をしていた方で、満足に鼻毛を処理できなかったり、皮膚を傷つけてしまったような方は、是非鼻毛カッターの使用を検討してみましょう。

いくつかの鼻毛カッターを検討したうえで、ご自分にとってベストなものを選択するようにしましょう。

<おすすめ関連記事>

0