男のムダ毛処理の正しい方法とは?おすすめ順に処理方法を紹介!

男のムダ毛処理の正しい方法とは?

男 ムダ毛 すね

ムダ毛は男性ホルモンと密接に関係しており、同じ男性であっても生える場所や量には個人差がありますので、中には濃すぎるムダ毛に対して悩みやコンプレックスを抱えている男性も多いと思います。

近年では男性の美容意識の高まりから、ドラッグストアなどでも男性向けの美容商品が簡単に購入できるようになりました。

それにつれてムダ毛処理に関する商品も選択肢が増え、いろいろなムダ毛処理方法が気軽に行えるようになりましたが、どんな処理方法が適しているのか分からないという男性も多いのではないでしょうか。

剃るのが良いのか抜いてしまった方がいいのか、自分で処理してもいいのか脱毛サロンやクリニックに行った方がいいのか、いざムダ毛を処理しようと思ってもどうしていいのか分からないということもあると思います。

ということで、ここでは男性のムダ毛処理の正しい方法についてお話ししていこうと思います。

そもそもムダ毛とは?

ヒゲ、すね毛、腕毛。

男性であれば生えていてもおかしくない体毛ですが、これらは俗に「ムダ毛」と呼ばれます。

そもそもなぜ「ムダ」と言われているのでしょうか。

「ムダ毛だから」と処理してしまうのは簡単ですが、処理してしまう前に少しだけムダ毛について勉強してみましょう。

ムダ毛と呼ばれる理由とは?

本来、人間には手のひらや足の裏などの一部を除く全身に毛が生えています。

その中でも「ムダ毛」と呼ばれるのは、一言でいえば「役割が分からない毛」です。

髭、腕毛、胸毛、腹毛、すね毛。

これらはムダ毛と呼ばれる毛の中でも特に男性に多いものですが、なぜ生えているのかその理由や役割が一見分からないと思います。

このような明確な役割が分からない毛は美容的には不要とされ、それが「ムダ」と呼ばれる理由になっています。

ムダ毛にも役割はある

一見「必要がない」「役に立たない」と思えるムダ毛ですが、もちろん理由もなくただ生えているわけではありません。

頭髪が紫外線などの外的な刺激から頭部を守っているのと同じように、ムダ毛と呼ばれる体毛であっても基本的に体を保護するという役割は変わりません。

腕毛やすね毛には体温調節や皮膚の保護、腋毛や陰毛は肌同士の摩擦を軽減するというのが本来の役割です。

実は重要な役割を持っているのに「ムダ毛」として処理されてしまいがちな毛の代表格が「鼻毛」です。

鼻毛には呼吸の際にウイルスや細菌の侵入を防ぐという重要な役割はありますが、ビジュアル的に美しくないという理由からムダ毛処理してしまう人もいます。

このように、ムダ毛と呼ばれる体毛であっても実は生えているのにはちゃんと理由があります。

今となってはお役御免

ムダ毛にも役割があるのなら処理しちゃいけないの?」と思われる方もいるかもしれません。

安心してください、その疑問の答えは「処理してしまっても問題はない」です。

現代の生活環境では、体温調節は空調によって行えますし、皮膚の保護や肌の摩擦軽減についても衣服の着用によって行えます。

本来、体毛が担っていた役割を文明の利器によって果たしてしまう。

つまり、ムダ毛とは「現代においてお役御免となった毛」ということなので、正しい方法で処理する分には問題ない場合が多いです。

ムダ毛は女性からも不人気って本当?

ムダ毛が男性の悩みやコンプレックスとなる原因の1つが異性である女性の意見です。

もし、世の女性たち全員が「毛深い男性が好き」と言ったなら、ムダ毛を処理しようと考える男性は激減するでしょう。

それほど男性にとって女性の意見というのは重要になってきます。

実際にはすべての女性の意見が同じというわけではなく、男性のムダ毛に対して否定的な意見と肯定的な意見に分かれるようですので、ここで簡単にまとめてみようと思います。

男性のムダ毛に対して否定的な意見

それではまずはムダ毛反対派の女性に多い意見を見てみましょう。

1.見た目が嫌い

こちらは単純に見た目が嫌いと言う意見。

夏場など薄着の季節は腕や脚が露出することが多いですが、そんなときにムダ毛は濃い腕や脚には、多くの女性が不快感を覚えてしまうようです。

2. スキンシップ時に不快

肌と肌が触れ合う際のムダ毛の感触が不快という意見です。

処理していないムダ毛はもちろん、処理した後のチクチク感にも不快感を覚えるという声が多くあります。

3.不衛生なイメージ

実際に不衛生かどうかは置いておいて、処理されていない濃いムダ毛に対して不衛生なイメージを持つ女性も多いようです。

男性のムダ毛に対して肯定的な意見

続いてムダ毛肯定派の女性の意見です。

1.女子みたいで気持ち悪い

「男性はムダ毛が多いもの」というイメージがあり、それに嫌悪感を抱かない女性の中には、男性のムダ毛が処理されてツルツルであることに違和感を感じることもあるようです。

2.男性の体毛に魅力を感じる

近年では中性的で体毛の薄い男性が女性に好まれる傾向にありますが、毛深い男性に魅力を感じると言う女性も一定数いることが分かります。

どっちが多い?

気になるのは、男性のムダ毛に反対派の女性と肯定派の女性、果たしてどっちが多いのかということです。

いろいろな雑誌やその他メディアでこのような統計が出ていますが、その結果はやはり残念ながら「ムダ毛否定派が大多数」というものが圧倒的に多いです。

ですが、どの統計結果にも一定数のムダ毛肯定派の女性がいることも事実です。

せっかく処理したのに「女子みたいで気持ち悪い」なんて言われた日には目も当てられませんので、恋人や奥様などパートナーがいる方は一度確認してみるといいかもしれません。

男のムダ毛の処理方法

ムダ毛処理の方法はいくつかありますが、どんな方法が適しているのか分からないという方も多いと思います。

男性のムダ毛はその一本一本が太く硬いという特徴があるため、処理方法を間違えると仕上がりが汚くなってしまったり、肌トラブルの原因になってしまうことも考えられます。

ということで、ここでは数あるムダ毛処理方法の中から代表的な5つの方法について、それぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

T字カミソリ

ムダ毛処理の定番であるカミソリでの剃毛。

そのメリットとデメリットをまとめてみようと思います。

メリット

T字カミソリでのムダ毛処理のメリットを解説していきます。

1.費用が安い

カミソリ自体はドラッグストアはもちろんコンビニなどでも売られており、値段も他の脱毛商品と比べる安価であることが多いです。

2.手軽さ

値段の安さや販売店の多さに加えて剃毛処理自体も比較的簡単にできるので、入浴時などに手軽に行えるのもメリットと言えます。

デメリット

T字カミソリでのムダ毛処理のデメリットを解説していきます。

1.仕上がり

男性のムダ毛は部位によっては太くて硬い毛が生えていますが、そのような毛をカミソリで処理した場合、綺麗に仕上がらない可能性が高いです。

「剃る」という特性上、毛穴に残った毛が黒いブツブツに見えたり、チクチクとした手触りが残ってしまう可能性があります。

2.肌トラブル

カミソリでの剃毛は肌を傷つけてしまう可能性が非常に高く、肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

肌トラブル防止のためにも剃毛時のシェービングクリームと剃毛後のアフターケアは必須と言えます。

3.手間

「剃る」という処理である以上その持続性は短く、綺麗に処理できたとしても翌日にはチクチクとした手触りになってしまう人もいるでしょう。

メリットの中に「手軽さ」を挙げましたが、毎日のように処理が必要という手間を考えると、手軽とは言えないかもしれません。

除毛・脱毛クリーム

自宅でできる脱毛処理では除毛・脱毛クリームを使った脱毛は定番です。

クリームの成分によって毛を溶かすという脱毛方法ですが、様々なメリットやデメリットがありますので解説していきます。

メリット

除毛・脱毛クリームでのムダ毛処理のメリットを解説していきます。

1.仕上がり

薬品によって毛根から毛を溶かす除毛・脱毛クリームでのムダ毛処理は剃毛と比べると仕上がりはとても綺麗です。

永久脱毛ではないのでしばらくしたら毛は生えてきますが、細く柔らかい毛が生えてくるためチクチクとした手触りは少ないこともメリットです。

2.手間

一度処理してしまえばしばらくは新しい毛が生えてこないので、持続性も高く頻繁に処理するような手間はかからないと言えます。

3.手軽さ

最近はドラッグストアなどでも除毛・脱毛クリームが販売されており、処理の手順も基本的には「塗って」「待って」「洗い流す」だけなので、手軽な処理方法と言って良いでしょう。

デメリット

除毛・脱毛クリームでのムダ毛処理のデメリットを解説していきます。

1. 肌トラブル

毛を溶かすほどの強力な成分を含んでいるため、肌に合わなかった場合はヒリヒリとした痛みや赤みや腫れなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

使用前には必ずパッチテストを行うことをお勧めしますが、パッチテストで問題が無くても100%安全というわけではないので注意が必要です。

2. 費用面

市販の除毛・脱毛クリームは価格差が大きく、安いものを探せばカミソリと同等の価格の物もありますが、安価なものは値段相応の性能と思った方が良いです。

綺麗な仕上がりや肌トラブルを避けたいのであればある程度の値段の商品を選択した方が良いでしょう。

ブラジリアンワックス

近年流行りのブラジリアンワックス脱毛ですが、脱毛サロンで行うことができますが、市販品を購入して自分で行うこともできます。

処理したい箇所にワックスを塗り、テープを使ってまとめて引き抜くという脱毛方法は、除毛・脱毛クリー ムと比べるとアナログな方法ですが、それに伴ったメリットやデメリットがあります。

メリット

ブラジリアンワックスでのムダ毛処理のメリットについて解説していきます。

1.仕上がり

除毛・脱毛クリームと同じく永久脱毛ではありませんが、毛根から引き抜くため仕上がりは綺麗と言えます。

ムダ毛と一緒に毛穴の角質も取れるので肌が生まれ変わるような感覚があります。

2.手間

根元から引き抜かれた毛はしばらくの間は生えてきませんので、頻繁に処理をする手間はかかりません。

3.肌トラブル

ブラジリアンワックス脱毛に使用されるワックスはハチミツと砂糖がベースになっており、いわゆるオーガニック製品ですので皮膚の弱いデリケートゾーンにも安心して使用できます。

ただし、市販品を購入して自分で行う場合には注意が必要です。

安価な製品の中には粘着力が強すぎるものがあり、そのような製品を使用するとテープを引き剥がすと際に肌を傷つけてしまう恐れがあります。

デメリット

ブラジリアンワックスでのムダ毛処理のデメリットについて解説していきます。

1. 難易度

市販品を使用して自分で脱毛処理を行う場合には多少の慣れが必要になってきます。

特に最初は痛みに対しての恐怖感があるので、毛が残ってしまったり切れてしまうことがあるかもしれません。

2. 痛み

毛を抜く際の痛みは人によって感じ方が違いますので、強い痛みを感じることあるかもしれません。

また、処理する毛が太いほど痛みが強い傾向にあるため、2回目以降の細い毛を処理する際には初回よりも痛みは少なくなると思います。

3.費用

脱毛サロンで行った方が仕上がりも安全面も安心ですが、やはり費用はそれなりにかかってしまいます。

市販品を使用する場合でも、脱毛サロンで行うよりもかなり安上がりですが、安価過ぎる商品は肌トラブルや仕上がりに不安がありますので注意が必要です。

おすすめのブラジリアンワックス【NULLブラジリアンワックス】

光脱毛

脱毛サロンで行われる脱毛の現在の主流がこの光脱毛。

後述するレーザー脱毛と脱毛の原理は同じで、毛根や毛にダメージを与えることによって脱毛を行います。

原理が同じであるためレーザー脱毛と比較されることが多いですがそのメリットとデメリット見てみましょう。

メリット

光脱毛でのムダ毛処理のメリットについて解説していきます。

1.仕上がり

脱毛の仕上がりとしてはとても自然で、自分で行う脱毛処理と比べてもかなり綺麗と言えます。

また、光を肌に当てることによって毛穴が引き締まるという効果もあるため、肌のキメが細かくなったように感じるかもしれません。

2.痛み

同じ原理のレーザー脱毛と比べると、出力が弱いため痛みもかなり少ないです。

人によってはほとんど痛みを感じないこともあるので、痛みに弱い方には大きなメリットと言えます。

3.費用

レーザー脱毛と比べると永久脱毛ではないものの、費用をかなり低く抑えることができます。

サロンによって値段の差はありますが、レーザー脱毛の半分以下で施術できるお店もあるようです。

ですが、市販品で自分で行うムダ毛処理と比べてしまえばかなり割高にはなってしまいます。

デメリット

光脱毛でのムダ毛処理のデメリットについて解説していきます。

1.脱毛効果

やはり永久脱毛ではないという点で、脱毛効果としてはレーザー脱毛には劣ってしまいます。

ですが、永久脱毛に近い効果が半額で得られるという点を考慮すればコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

2.施術回数と期間

レーザー脱毛と比べて一回一回の効果の脱毛効果が弱いため、必然的に施術する回数が増えてしまいますので、脱毛サロンに期間がとにかく長いです。

おすすめの光脱毛サロン【RINX(リンクス)】

レーザー脱毛

レーザー脱毛は光脱毛と同じ原理で脱毛を行いますが、大きな違いは永久脱毛が可能ということです。

しかし、効果が大きい分メリットやデメリットも大きいと言えます。

メリット

レーザー脱毛でのムダ毛処理のメリットについて解説していきます。

1.仕上がり

ムダ毛処理としての仕上がりはこれ以上ないくらい綺麗です。

そしてそれが永久に続くということがレーザー脱毛の最大のメリットです。

2.脱毛効果

光脱毛よりも高出力で行うレーザー脱毛の脱毛効果はとても強力です。

デメリット

レーザー脱毛でのムダ毛処理のデメリットについて解説していきます。

1.痛み

光脱毛よりも高出力であることから、施術時の痛みも強くなります。

痛みの感じ方には個人差がありますが、レーザー脱毛時の痛みはほとんどの人が痛いと感じるレベルの痛みと言われています。

2.費用

効果が大きい分その費用もそれなりに大きくなってしまいます。

店舗にもよりますが、光脱毛にかかる費用と比べると倍から数倍の価格差があるようです。

3.施術回数と期間

一回一回の効果が大きいため、光脱毛と比べると少ない施術回数で済みますが、それでも一回や二回で終わるものではないので、長期にわたる通院が必要になります。

おすすめのレーザー脱毛【湘南美容クリニック】

まとめ

男性のムダ毛処理の代表的な5つの方法を解説してきましたが、それぞれの脱毛方法に一長一短があることが分かりますね。

自宅で行えるセルフ脱毛は手軽に行えて費用も低く抑えることができる反面、その仕上がりや肌トラブルに対する不安が付きまといます。

対して脱毛サロンで行うエステ脱毛やクリニックで行う医療脱毛であれば、品質の保証からアフターケアまで安心できるものが多いです。

ムダ毛の処理方法で悩んでいる方は、ぜひこの記事の内容を参考に、自分の理想とムダ毛の処理に投資できる金額を考えて自分に合ったムダ毛処理方法を選択してください。

 

0