髭がいらないと思う男性必読!最も効率的に髭を無くす方法を紹介!

いらない髭を処理する方法とは?

髭 脱毛 男

髭は男性らしさを象徴するものである一方、日々の処理が面倒であったり、濃くて太い髭は不要であると考える人も多いと思います。

そこで以下では、髭がいらない理由から、髭の処理方法について解説していきます。

髭がいらない理由とは?

髭がいらないと考える人の場合、どのような理由でいらないと感じているのでしょうか。

髭が似合わないからいらない

まず、単純に髭が似合わないからいらないというケースがあります。

童顔の人など、顔のタイプによっては髭が全く似合わず、人相が一変してしまうという人もいます。

男性にとっては髭は体の一部と言ってよく、それ故に髭があるのと無いのとでは大きく印象が変わってしまいます。

女性受けが悪いからいらない

次に、女性受けが悪いことから髭がいらないと感じる人もいます。

女性によっては髭の生えている男性を全く受け付けず、不潔に感じてしまう人もいます。

顔はタイプだけど髭が濃いから嫌だという女性も少なくなく、それ故に髭が不要と感じる人がいます。

毎日剃ったり、整えたりするのがめんどくさいからいらない

また、日々の髭の処理がめんどくさいと感じるために不要と考えている人もいます。

髭の濃さや量にもよりますが、基本的には男性は一定の年齢に達していれば、日々の髭の処理はマストです

髭剃りはそこまで時間のかかるものでもありませんが、それでも手を抜いて行うと剃り残しも生じますし、肌を傷めてしまう可能性もあります。

髭剃りの手間から解放されるだけでも年間で結構な時間を捻出することができ、それだけに面倒に感じてしまう人が多いようです。

いらない髭の処理方法

以下では、いらない髭の処理方法について解説していきます。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、細かく見極めながらベストな方法を探しましょう。

毛抜き【おすすめ度:⭐️☆☆☆☆】

まず紹介するのは、毛抜きを使用した処理方法です。

メリット

毛抜きを使用した髭の処理方法のメリットについては、以下のようなものが挙げられます。

  • コストがかからない
  • 簡単にできる
  • 伸びるまでに時間がかかる

まず毛抜きで処理することのメリットについて上げられることとして、コストがかからないということがあります。

用意する必要があるものは毛抜き1つでOKですので、非常に経済的に処理を行うことができます。

また、毛抜きによる処理の場合、場所を選ばずに行うことができますし、自宅で簡単に行うことが可能です。

鏡を見ながら行う必要こそありますが、それでも他の処理方法と比較しても簡単に行うことができます。

さらに、毛抜きでの処理の場合、髭を毛根から抜くという処理になりますので、剃って処理する場合と比較して、次に髭が生えてくるまでに時間がかかりますので、高頻度で行う必要はなくなります。

デメリット

一方、毛抜きによる髭処理のデメリットは以下のようになります。

  • 永久脱毛効果はない
  • 時間がかかる
  • 埋没毛になる可能性がある

毛抜きを使用した髭処理のデメリットとしては、まず永久脱毛効果はないということがあります。

毛抜きを使用して脱毛すると、毛根から毛を抜くことができますが、時間がたてば再び髭は生えてきますので、定期的に抜く必要があります。

また、毛抜きを使用した場合、1本1本抜いていくことになりますので、時間がかかります。

カミソリやシェーバーを使用する場合とことなり、手間がかかるというのも毛抜き処理のデメリットといえます。

そして、毛抜きを行うことにより、埋没毛という状態になってしまうこともあります。

埋没毛とは、毛抜きの際に皮膚やかさぶたが毛穴を塞いでしまうことにより、髭が皮膚の外に出てこれなくなってしまう状態を言います。

これにより、黒くぽつぽつとした斑点のようなものができてしまい、処理しようと思ってもできなくなってしまいます。

T字カミソリ【おすすめ度:⭐️⭐️☆☆☆】

次に、T字カミソリを使用した髭の処理方法について解説します。

メリット

T字カミソリのメリットは以下のようになります。

  • コストがかからない
  • まとめて髭を処理できる
  • 簡単に行える

T字カミソリのメリットとして、毛抜きでの処理と同様にコストが安く済むという事が挙げられます。

T字カミソリは質の高いものでもそこまで費用をかけずに入手することができますし、それ以外に用意するものとしてはシェービングフォームだけですので、経済的に処理が可能です。

また、毛抜きと異なり、一度にまとめて髭を処理することができるというのも、T字カミソリのメリットです。

特別な場所を必要とせず、風呂に入りながらでも行うことができますので、簡単に行えるというのもメリットといえるでしょう。

デメリット

一方、T字カミソリのデメリットは以下のようになります。

  • 永久脱毛効果はない
  • 肌を傷つける可能性がある
  • 剃り残しが生じる

T字カミソリのデメリットとしては、まず毛抜きと同様に永久脱毛効果はありませんので、定期的に髭を剃らないといけません。

また、T字カミソリを使用することで、肌が傷ついてしまい、それにより肌が荒れたり、湿疹のようなものが出てしまうこともあります。

T字カミソリは刃を頻繁に交換しないと、刃の断面がデコボコになってしまい、肌へのダメージが増してしまいますので、定期的に交換する必要が出てきます。

T字カミソリで肌を傷つけないようにするためには、新しい刃を使用し、また肌にシェービングフォームを使用して行いましょう。

さらに、T字カミソリのデメリットとしては、剃りにくい部分の剃り残しが生じてしまうという点にあります。

あごのサイドの部分など、あまり鏡で写せない部分はどうしても髭が残ってしまうことがあります。

電動シャーバー【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️☆☆】

続いて、電動シェーバーによる処理方法について解説します。

メリット

電動シェーバーを使用するメリットは以下のようになります。

  • 短時間で処理できる
  • 肌へのダメージが少ない
  • メンテナンスが簡単

電動シェーバーのメリットとしては、しっかりと充電した状態であれば、短時間でしっかりと髭を処理することが可能です。

高機能の電動シェーバーであれば、ヘッドを自在に動かすことができますので、剃り残しも少なくなります。

そして、電動シェーバーは、T字カミソリと比べて肌へのダメージも少なく、肌が弱い人でも使いやすいのも特徴です。

電動シェーバー用のジェルもありますが、肌を濡らすだけで使用しても肌を傷つける心配はそこまでありません。

メンテナンスが簡単というのも電動シェーバーのメリットであり、水洗い可能なものであれば水道やシャワーで髭を落とすことができます。

デメリット

電動シェーバーのデメリットは以下のようになります。

  • 永久脱毛効果はない
  • 高機能なものほど高い
  • 壊れる可能性がある

電動シェーバーのデメリットは、まず上記と同様に永久脱毛の効果はありませんので、日々髭の処理を行う必要があります。

また、最近では様々な機能を搭載した電動シェーバーが大手電機メーカーを中心に販売されていますが、機能が高まるほどにその値段も高くなります。

一度購入してしまえばかなりの年数使えますが、それでも購入をためらってしまうようなものもあります。

そして、電動シェーバーは精密機械ですが、落下などの衝撃に弱く、誤って落としてしまったりするとシェーバー自体が壊れたり、ヘッドの部分が潰れてしまう事もあります。

刃の部分あ潰れると、肌を傷つける可能性もありますので、保証が無い、保証が切れている場合には新しいものを購入しないといけません。

エステ脱毛【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️☆】

次に紹介するのは、エステ脱毛です。

これはその名の通りエステで行う脱毛方法ですが、フラッシュ脱毛という、肌に光を当てながら毛根にダメージを与えて脱毛していくという方法になります。

メリット

エステ脱毛のメリットは以下のようになります。

  • 広範囲で脱毛可能
  • 処理し忘れることがない
  • 痛みが少ない

エステ脱毛では、肌の広範囲にわたって光を当てますので、1回で広い範囲のヒゲを脱毛することができます。

また、脱毛したい部分をしっかり脱毛することができますので、脱毛のし忘れがありません。

エステ脱毛は痛みも少ない脱毛方法なので、安心してできるのもメリットです。

デメリット

エステ脱毛のデメリットは以下のようになります。

  • 永久脱毛効果は期待できない
  • 脱毛期間が長い
  • 費用がかかる

エステ脱毛では高い脱毛効果を実感できる一方で、永久脱毛の効果を期待することはできず、半永久的に利用する必要があります。

脱毛の期間に関しても、髭の場合は個人差もありますが、大体半年から1年は利用しないといけません。

1回1回の価格はそこまで高額ではないものの、半永久的に通うことで費用がかさむことになりますので、費用面でも決してメリットがあるとは言えません。

レーザー脱毛【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】

レーザー脱毛は、主に医療機関(クリニック)で行われる脱毛方法であり、医療脱毛とも呼ばれます。

メリット

レーザー脱毛のメリットは、以下のようになります。

  • 永久脱毛効果が期待できる
  • あらゆる部位を細かく指定できる
  • 万が一のトラブルにも対応してもらえる

まず、レーザー脱毛の最大のメリットは、永久脱毛効果が期待できる点にあります。

上記で紹介してきた処理方法は、どれも永久的な脱毛効果はなく、時間の経過とともに再度処理が必要になってきます。

また、レーザー脱毛では脱毛部位を細かく指定できるので、例えば髭脱毛の場合でも、口周り、あご下、頬などの部位を指定できますし、もちろん顔全体の処理も可能です。

レーザー脱毛は医療機関で行われるので、医師や看護師に相談のうえで脱毛を行う事ができます。

万が一トラブルが生じた際にも的確に対応してもらえるので、安心です。

デメリット

レーザー脱毛のデメリットは以下のようになります。

  • 痛みが強い
  • 期間がかかる
  • 制約がある

レーザー脱毛は強力なレーザーを肌に照射するため、それなりの痛みを伴います。

特に髭の場合は、神経が多く通っているので、痛みを感じやすくなります。

また、レーザー脱毛は毛周期というものに基づき行われますが、基本的に2カ月に1回のペースで行われ、これを5回から10回行う必要がありますので、1年以上はかかると考えたほうがいいでしょう。

日焼けをしている人はレーザー脱毛の効果が減少したり、肌への負担が大きくなることから行えないなどの制約もあり、レーザー脱毛したいからといって100%できるという事もありません。

ニードル脱毛【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】

最後に紹介するのは、ニードル脱毛です。

これは毛穴に針を刺して、そこに電流を流すことで脱毛を行うという方法になります。

メリット

ニードル脱毛のメリットは以下のようになります。

  • 永久脱毛できる
  • 髭をデザインできる
  • 制約が少ない

ニードル脱毛もレーザー脱毛と同様に、永久脱毛効果が期待できます。

毛の1本1本を確実に脱毛していくことから、脱毛の効果が非常に高く、また、脱毛部分と残す部分のメリハリを付けることができますので、髭をデザインしつつ脱毛することができます。

また、ニードル脱毛の場合、肌の色の状態や毛の質に関係なく、基本的にはどのような方でも利用可能なので、制約が無いというのもメリットの1つです。

デメリット

ニードル脱毛のデメリットは以下のようになります。

  • 痛い
  • 費用が高い
  • 時間がかかる

ニードル脱毛の大きな特徴として、激しい痛みがあります。

特に髭の場合は、口の周辺は神経が多いので痛みを感じやすく、今回紹介した脱毛方法の中でも最も激しい痛みを伴います。

また、費用も高額であり、脱毛のペースもかなりゆっくりなため、時間と費用を捻出する必要があります。

まとめ

以上、髭の脱毛について解説してきました。

髭は鬱陶しい存在であるとともに、男性の象徴でもあるものですので、上手に付き合う事が大事です。

今回の内容を参考にして、ベストな髭の処理方法を見つけましょう。

<おすすめ関連記事>