市販のブラジリアンワックスおすすめランキング!選び方・使い方まとめ

胸毛やギャランドゥと言われる腹毛と陰毛が繋がっている状態など、体毛の濃い男性はコンプレックスになっている方もいるようです。女性のみならず若い男性を中心に脱毛する方が増えてきました。しかし、クリニックでの永久脱毛は高額だし、エステや脱毛サロンでの光脱毛やワックス脱毛は永久脱毛ではないので、サロンに通い続けると脱毛コストはかさみます。

そこで、候補に挙がるのが自己処理のブラジリアンワックスですね。市販のブラジリアンワックスで綺麗に脱毛できるのか、肌荒れや毛穴のボツボツは大丈夫なのでしょうか。

そんな自己処理派の男性のために、今回は市販のメンズブラジリアンワックスおすすめランキングを紹介します。

ブラジリアンワックスのメリット・デメリット

胸毛をブラジリアンワックスで脱毛する男性

ブラジリアンワックスという呼び名が一般にも定着したワックス脱毛。エステサロンでは40年以上も前から行われている脱毛方法です。ブラジルの女性がビキニラインのVIO脱毛をワックス脱毛で行う方が多く、商品名がワックス脱毛全般をさすようになっています。英語圏ではシュガーワックス(脱毛)という呼び名が一般的です。

そんなブラジリアンワックスにもメリット&デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット

まずはブラジリアンワックスのメリットをご紹介します。

コストパフォーマンスに優れている

クリニックで胸毛の永久脱毛をした場合のコストは10~15万円が相場です。エステサロンや脱毛サロンでの胸毛脱毛の場合、5~20万円が目安です。クリニックよりサロンが高いのは、永久脱毛ではない為、サロンに通う期間が長くなるためです。サロンの場合、通い続けても自己処理が延々必要になるケースもあります。この点を考慮すると、ブラジリアンワックスで自己処理する方がコストパフォーマンスに優れています。

また、家庭用脱毛器などは1万円以下から10万円以上する家庭用レーザー脱毛器まで、商品金額に幅があります。10万円以上する高額商品でも、業務用脱毛器に比べエネルギー出力が弱く、ヒゲやVIO(陰毛)などには効果が期待できません。ブラジリアンワックスなら生えているムダ毛なら確実に脱毛できます。

他の自己処理より効果が持続する

クリニックのレーザー脱毛やサロンの光脱毛、電気ニードル脱毛も含めて、毛周期の成長期という現在生えているムダ毛に対して脱毛施術を行います(SHR脱毛など一部例外あり)。自己処理の場合も、毛抜きやシェ―バーや除毛クリーム、ブラジリアンワックスを含めて、現在生えている毛をターゲットに脱毛します。

医療レーザー脱毛や電気ニードル脱毛は毛穴の中にある毛根を破壊して脱毛するので、破壊した毛根からは次の毛は生えてきません。しかし、サロンの光脱毛や自己処理では毛を作り出す毛母細胞と毛根は残ったままなので、毛根が再生され毛がまた生えてきます。特にシェーバーで毛を剃ったり、除毛クリームで毛を溶かして引き千切る場合、残った毛根から直ぐ毛が伸びてくる可能性があります。

この点、ブラジリアンワックスの場合、ムダ毛を毛根付近から引き抜くので、次に生えて来る間隔が他の自己処理より長くなります。毛抜きでの自己処理も引き抜く点ではさほど変わりませんが、毛根の手前で千切れて抜ける確率も高くなります。また、毛抜きの場合、痛みで躊躇するので上手く抜けないケースも多く、ブラジリアンワックスなら固めて一気に引き抜くので、毛根付近から一気に多くの脱毛処理が可能です。

全身の脱毛が可能

カミソリやシェーバーの場合、VIO(陰毛)など手の届きにくい部位や見えずらい部分は、処理しずらくカミソリなどは危険です。その点、ブラジリアンワックスなら、ワックスを塗って剥がすだけなので、脱毛処理はカンタンです。商品によって処理出来ない部位はありますが、基本的には全身の脱毛が可能です。しかし、男性のヒゲ脱毛だけは脱毛時の痛みが酷く、ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛は無理のようです。

自己処理時間が短い

クリニックやサロンで脱毛施術を受ける場合、施術時間は1時間前後だとしても、店舗まで通う時間が必要です。自己処理の場合も毛抜きで抜く場合は、1本1本処理するので時間効率が悪く、広範囲の脱毛には向いていません。他の自己処理に掛かる時間は大差ありませんが、ブラジリアンワックスの場合、ワックスが固まって一気に剥がして引き抜くので、脱毛処理に要する時間は、一番短時間ですみます。

他の自己処理よりお肌に優しい

ヒゲ剃りのカミソリ負けで悩んでいる男性も多いかもしれません。これはカミソリでお肌を削って炎症が起こっている状態です。毛抜きで抜くと毛穴が持ち上がり鳥肌のような状態になります。さらに、毛穴の中は炎症を起こしています。ブラジリアンワックスも原理は毛抜きで抜くのと同様ですが、炎症を抑える成分のハチミツなどがワックスに含まれています。これがシュガーワックスと言われる所以でもあります。除毛クリームや脱毛クリームは、毛を溶かして引き千切って脱毛します。これはお肌と同じタンパク質であるムダ毛を薬剤の化学反応を利用して溶かして脱毛している訳です。皮膚に優しいハズがありません。

施術スタッフ(女性)に裸を見られなくてすむ

クリニックやサロンで脱毛施術を受ける場合、施術スタッフは大半が女性のエステティシャンや看護師です。VIO脱毛を受ける男性には施術中に勃起してしまう男性もいるようです。胸毛脱毛も上半身裸になる訳ですから、施術ルームの個室で女性スタッフと二人きりになるのは恥ずかしいと思う男性はブラジリアンワックスで自己処理が安心です。

デメリット

次にブラジリアンワックスのデメリットをご紹介します。

脱毛時の痛みが強い

自己処理の中では毛抜きに次いで脱毛時の痛みが強いのがブラジリアンワックスです。脱毛はどんな方法でも毛穴の中は炎症を起こし痛みを生じます。クリニックやサロンでは脱毛マシンに冷却装置が付いていて炎症を抑えながら脱毛しています。痛みが酷い部位などは麻酔を使用します。ワックス脱毛直後に保冷剤などを使って炎症をおさえ痛みを鎮めましょう。

ブラジリアンワックスの継続が必要

ブラジリアンワックスで脱毛しても毛根は破壊できません。ひと月も経てば使用部位からまたムダ毛が生えてきます。いつもムダ毛のない状態をキープするには、定期的なブラジリアンワックスで自己処理が必要です。

他の自己処理よりコストがかかる

毛抜きで抜いたり、シェーバーやカミソリで剃るより、ブラジリアンワックスは脱毛コストがかかります。定期的に脱毛施術でエステや脱毛サロンに通うよりは、市販のブラジリアンワックスで自己処理の方がランニングコストは大幅に軽減できます。

肌荒れ&毛穴トラブル

他の自己処理より、お肌に優しいブラジリアンワックスですが、脱毛行為自体がお肌や毛穴に少なからずダメージ(炎症)を与えます。肌荒れ&毛穴トラブルを避けるために、脱毛後のアイシングと保湿は忘れずに行いましょう。

ワックス脱毛のコツや慣れが必要

商品によっては、ワックスの塗りムラが起こり脱毛で来ていない部分があったり、ハードタイプワックスなどは剥がす時にコツがいるブラジリアンワックスもあります。また、脱毛時の痛みも慣れるまで時間がかかります。いきなり初回に、VIOやワキなどの太い毛(性毛)では、ワックス脱毛を行わず、パッチテストや腕や手で試してからブラジリアンワックスで脱毛しましょう。

脱毛をする前は毛を伸ばす必要がある

ブラジリアンワックスは、毛にワックスを絡めて抜くという手法なので、脱毛前は毛が生えていないといけません。

そのため、常に毛のない綺麗な状態を維持したいという方にはブラジリアンワックスは向きません。

ブラジリアンワックスの選び方

ブラジリアンワックスは、主にビキニラインの脱毛を目的として開発されているので、顏やデリケートゾーンの軟膜との境界部分を除けば、ほぼ全身に使用できます。しかし、使用部位は特定されているので使用説明書にある使用部位を守って脱毛しましょう。

タイプで選ぶ

ブラジリアンワックスのワックスは、水性ワックスと油性ワックスに分かれます。水性ワックスはハチミツや砂糖などの天然成分が主原料で、肌に優しく残ったワックスは水で洗い流せます。油性ワックスは、松ヤニなどが配合されている固形ワックスが多く温めて使います。油性なので肌に残ったワックスは水では洗い流せません。油性ワックスの方が粘着力が高いため、脱毛効果も高くなります。

ソフトタイプ

ワックスを脱毛箇所に塗ったあと、専用のペーパーや布(ストリップ)をワックスの上に貼り、剥がして脱毛します。水性ワックスと油性ワックス両方のソフトタイプがあります。水性タイプはダメージが少なくブラジリアンワックス初心者向きです。油性タイプは脱毛効果が高く、胸毛脱毛を自己処理で済ませたい方にもおすすめです。

ハードタイプ

油性の固形ワックス温めて溶かしてから脱毛部分に塗り、固まってからワックス自体を剥がします。専用のワックスウォーマーで適温まで温めてからワックスが冷める前に、脱毛部位にワックスを厚めに均等に塗らなければならず、エステサロンなどで使用するプロ仕様のワックスです。脱毛効果はソフトタイプより高くなりますが火傷のリスクもあり、ブラジリアンワックス初心者には向いていません。

安全性で選ぶ

安全性で選ぶなら、断然ソフトタイプのブラジリアンワックスです。ハードタイプだと火傷や毛穴トラブルのリスクが高まります。ソフトタイプでもお肌に優しいのは水性ワックスです。いずれにせよ、脱毛後は脱毛部位の冷却と保湿を忘れずに行いましょう。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンス的には、ハードタイプワックスの方が専用シートなどを使用しない分、ランニングコストは抑えられます。また、脱毛効果の点でも慣れれば高い脱毛効果が期待できます。反面、火傷などの肌トラブルのリスクもあり、ハードタイプは上手く脱毛するにはコツと慣れが必要です。

市販のブラジリアンワックスおすすめランキング

男性はスキンケアに慣れていない方も多く、ボディケアでクリームやワックスを塗った経験もない方もいる筈です。そこを考慮するとやはり、専用シート(ストリップ)や専用スパチュラ(塗りヘラ)が付属するソフトタイプのブラジリアンワックスがおすすめです。ソフトタイプのベスト5は下記になります。

①ブラビアンカ シュガーワックス

ブラビアンカモイストシュガーワックス

公式サイトはこちら

  • 種類:ソフトタイプ・水性ワックス
  • 容量:200g
  • 使用部位:首から下の全身
  • 生産国:日本
  • 1個:3,600円、3個:8,640円(1個2,880円)、5個:11,700円(1個2,340円)

愛用者4万人突破のお肌に優しいブラジリアンワックス。水溶性コラーゲンとヒアルロン酸配合で脱毛後のお肌を修復してくれます。

②Angelicaブラジリアンワックス

ANGELICA WAX【男女兼用】バナー画像

公式サイトはこちら

  • 種類:ソフトタイプ・水性ワックス
  • 容量:250g
  • 使用部位:首から下の全身
  • 生産国:日本
  • スターターキット:5,300円(単品3,600円)
  • アフターワックスジェル:1,980円(セット購入1,680円)

専用サロンもある女性に人気のラジリアンワックスがアンジェリカです。国産ハチミツが配合されており、脱毛初心者にはスタータキットがあるので、安心してセルフ脱毛が始められます。

③メンズ専用 NULLブラジリアンワックス

NULL ブラジリアンワックス 脱毛ワックス レディース&メンズ 【スターターキット

公式サイトはこちら

  • 種類:ソフトタイプ・水性ワックス
  • 容量:200g
  • 使用部位:首から下の全身
  • 生産国:日本
  • スターターキット:2,980円(通常4,980円)
  • アフターシェーブローション:2,400円(通常4,980円)

こだわりの美容専用ハチミツと専用アフターシェーブローションでお肌に優しい男性専用ブラジリアンワックスです。

④BABY WAX ブラジリアンワックス 女性用

BABY WAX ブラジリアンワックス 女性用 専門サロンの初めてのブラジリアンワックス脱毛スターターキット【100% 国産無添加】
REPICA
  • 種類:ソフトタイプ・ワックス
  • 容量:350g
  • 使用部位:首から下の全身
  • 生産国:日本
  • スターターキット:3,980円(単品2,480円)
  • アフターワックスジェル:1,500円(セット購入1,000円)

女性用ブラジリアンワックスですが男性の胸毛やVIOなど剛毛も脱毛可能です。脱毛後は商品名のようにツルツルの赤ちゃん肌に。

⑤clair Menz waxブラジリアンワックス メンズ専用

  • 種類:ソフトタイプ・水性、シュガーワックス
  • 容量:500g
  • 使用部位:首から下の全身
  • 生産国:日本
  • スターターキット:2,800円(単品2,250円)

コストパフォーマンスに優れたメンズ専用ブラジリアンワックスです。スターターキットなら脱毛初心者の男性でも安心です。

ブラジリアンワックスの使い方

ブラジリアンワックスの手順は以下のとおりです。

  1. 脱毛部位のムダ毛を1cmくらいの長さにカットする
  2. タオルやコットンで切った毛や肌の油分・水分を拭き取る
  3. ベビーパウダーを薄く塗る(つけ過ぎないように注意)
  4. ワックスを毛流れに沿って適量塗る(厚く塗り過ぎない)
  5. ワックスペーパー(ストリップ)を貼る
  6. ワックスペーパーごとムダ毛を剥がす
  7. 残ったワックスをタオルやコットンで拭き取る
  8. 保冷剤などで脱毛部位を冷やす

ブラジリアンワックスを使う時の注意点

初めてブラジリアンワックスを使用する場合は、パッチテストを行いましょう。パッチテストの方法は、使用説明書に記載してあるはずです。また、使用部位は使用説明書を厳守して顔や陰部などには使用しない!肌トラブルや毛穴トラブルの元凶になります。数度のブラジリアンワックスで外見の変化が見られなくても、毛穴の中は炎症によるダメージが蓄積されていきます。将来お肌のシミや毛穴が目立つ毛穴開きに繋がる可能性もあります。また、陰部は粘膜に接しているためワックスが付着すると危険です。

肌が荒れている状態の時は使用しない

脱毛行為は種類を問わず、お肌や毛穴にダメージを与えています。特にブラジリアンワックスの原理はガムテ―プを貼って剥がすのと一緒です。ワックス成分によって肌表面はケアされていますが、毛穴の中は炎症を起こしております。肌が荒れている時は、お肌や毛穴の中は炎症を起こしている可能性があり、さらなるダメージに繋げないためにも、肌が荒れていると時のブラジリアンワックス使用は控えましょう。

ブラジリアンワックス後はスキンケアをする

上で何度も紹介したように、ブラジリアンワックスで自己処理脱毛したあとは、スキンケアを忘れずに行いましょう。まず炎症を鎮めるために保冷剤などで脱毛部位を冷やします。そのあと、専用のアフターシェーブローションで保湿します。髭剃り用のアフターシェーブローションの中には、収斂化粧水といってアルコール濃度が高く刺激が強いものがあります。ブラジリアンワックスに付属する専用ローション、または豆乳ローションが抑毛効果もあるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか。ギャランドゥや胸毛が濃くて悩んでいる男性もブラジリアンワックスで自己処理脱毛すれば、コスパよくてサロンやクリニックへ通う時間も節約できます。ご自分にあったブラジリアンワックスを見つけて、ツルスベのお肌を手に入れましょう。

<おすすめ関連記事>

0