ワキガと年齢の関係性とは?ワキガは年齢とともに悪化するって本当?

ワキガと年齢の関係とは?

ワキガには多くの方が悩んでいますが、年齢によってそのニオイの強さなども異なってきます。

では、いったいどの年齢からワキガは発症しやすくなるのでしょうか。

ニオイが気になりだすのは思春期以降、中学生から高校生くらいの間で、小学生でニオイが気になるということはまれです。

ワキガは、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗が原因ですが、アポクリン腺は、フェロモンを発していた性腺の1種だったといわれています。

したがって、ワキガは、アポクリン腺が活発に活動する思春期から更年期ごろまでが、もっとも強く臭います。

ワキガ 原因 アポクリン腺

ワキガは年齢がすすむと悪化する?

体臭 臭い ニオイ

アポクリン腺から分泌される汗には、脂質とタンパク質が含まれており、それが皮膚上の常在菌によって分解されて、独特なニオイを発生させます。

つまり、アポクリン腺の数や働きの強さが、ワキガの発症に大きく関わってくるのです。

しかしアポクリン腺は、生まれつき数が決まっていて、年齢と伴に増加することがありません。また、アポクリン腺が多いからといって、すべての方がワキガになる、というわけでもありません。

ワキガの発症は、生活習慣やアポクリン腺が活発に働くかどうかによっても左右されます。

アポクリン腺の活動自体は、男女とも20歳ごろもがもっとも活発になりますが、年齢が進むにつれて、不健康な食生活や運動不足など、他の要因も加わってニオイがひどくなることがあります。

20代以降でいきなりワキガになる理由とは?

ワキガのピークを超えた20代以降に、急にワキガになったという方もいらっしゃいます。

この原因としては、ストレスやかたよった食生活、ホルモンバランスの乱れなどで、不活発だったアポクリン腺の活動が活発化したことが考えられます。

アポクリン腺は性ホルモンの影響を受けやすく、ストレスや生活習慣の変化によって、ホルモンバランスが乱れるとワキガが発生しやすくなるのです。

また、脂質や動物性タンパク質の食べ過ぎや、お酒の飲み過ぎ、喫煙などでも、ニオイが悪化することがあるので注意が必要です。

ワキガは年齢がすすむと治る?

ワキガが年齢を重ねることで、ニオイがなくなることがあるのでしょうか。

残念ならが、ワキガが無臭になるという年齢はありません。

更年期を過ぎればアポクリン腺の活動は弱まりますが、それでも、ニオイが完全になくなるということはありません。

外に出て人と接する機会が多い年齢のころは、自然にニオイが消えることはないので、ニオイを抑える対策が必要です。

生活習慣を見直してワキガ臭を抑える!

ここまで解説してきたように、ワキガのニオイの強さは普段の生活と大きく関係しています。

生活習慣を見直すことで、ワキガのニオイを抑えることもできるので、年齢で進むワキガの改善対策をご紹介していきます。

年齢で進むワキガの改善対策①:食生活を見なおす

健康的な食事 野菜

ワキガ臭を抑えるためには、食生活の見直しが大切です。

普段から、脂質が多い肉類など脂質と動物性タンパク質の多い食事をしている方は、アポクリン腺が刺激され、年齢で進むワキガ臭を強くする原因になっています。

ワキガ臭を抑えるための食事としては、野菜や豆類を中心とした食事がおすすめです。

野菜や豆類には食物繊維が多く含まれ、腸内環境をよくする働きがあります。

腸内環境の改善には他に、納豆やキムチなどの発酵食品、ヨーグルトなども効果があります。

腸内環境が整うことで、老廃物の排出もスムーズになり、年齢で進むワキガ臭の改善につながります。

また、アルコールや喫煙は汗腺を刺激し、ワキガの原因となる汗をかきやすくなるので、適度な飲酒・喫煙を心がけましょう。

年齢で進むワキガの改善対策②:運動する習慣をつける

 

ランニング

普段、運動する習慣がないという方は、運動してよく汗をかくことも年齢で進むワキガの対策につながります。

汗をかかない状態が続くと汗腺の働きが弱まり、老廃物が体内に溜まってしまいます。

その老廃物が、いざ汗をかいた時に一気に排出されると、通常よりも強いワキガ臭を発してしまいます。

1週間に2回程度の有酸素運動で、汗をかきやすく老廃物をため込まない体質になっていくので、普段から適度な運動をする習慣をつけましょう。

ウォーキングやジョギングなど手軽に始められる運動を、10分以上、できれば20分以上、汗ばむまで続けるのが効果的です。

年齢で進むワキガの改善対策③:ストレスを解消する

ストレス発散

現代では多くの方がストレスを抱えながら生活を送っています。

ストレスはアポクリン腺の活動を活発化させるため、年齢で進むワキガ臭が強くなる原因のひとつになります。

ストレスをため込まずリラックスすることで、ワキガも抑えられるので、半身浴やマッサージ、好きな趣味など、自分にあったストレス解消法を見つけて、ストレスもワキガも改善していきましょう。

休みの日などは自分の趣味などに打ち込み、ストレスのはけ口を持つことによってストレスを発散することができます。

年齢で進むワキガの改善対策④:ワキガ用デオドラントクリームでワキガを抑える!

幸せな仲がいい愛し合うカップル

生活習慣の改善でできるワキガの改善対策は、年齢で進むワキガ臭を軽減しますが、それだけでニオイを消すことはできません。

しかし、手軽に購入できるワキガ対策製品を使うことで、より効果的に、ワキガのニオイを抑え込むことができます。

医薬部外品のデオドラントクリームなら、制汗作用や殺菌消臭作用があり、ワキガの原因であるアポクリン腺からの汗を抑え、皮膚常在菌を殺菌して、ワキガの根本原因から改善します。

また、クリームは粘性があるため、密着度が高く「効果の即効性」「効果の持続性」という点でも効果が期待できます。

医薬部外品のデオドラントクリーム「デオシーク」

deoseek_cream デオシーク

デオドラントクリームの中では、厚生労働省認定の医学部外品「デオシーク」がおすすめです。

デオシークは、制汗成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」、消臭殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」が配合され、臭いの原因菌の99.999%を殺菌する殺菌効果が第三者機関の実験で実証されています。

また、抑臭成分「柿タンニン」でニオイ物質の発散を抑え、ワキガ臭を効果的に抑制します。

年齢で進むワキガが気になるなら、デオドラントクリームでニオイを抑えるのが、大人の身だしなみです。嫌なニオイでまわりを困らせないよう気をつけましょう。

⇒公式サイトはこちら

【参考記事】デオシークの有効成分や口コミの詳細はこちら↓↓

どうしてもワキガをなくしたい方は手術も選択肢

医者

ワキガを根本原因から解消したいという方には、手術という選択肢もあります。

昔は、メスを使用して脇部分を切開し、アポクリン腺を取り除くというような手術がほとんどでした。

しかし、最近はワキガ手術も進歩し、脇を切開せずにアポクリン腺を破戒、除去する手術が主流となってきています。

ワキガ手術でも保険が適用されない手術は、金額が高価なものになります。

手術を検討されている方は、必ずカウンセリングを行なった上で、納得してから手術に望むようにしましょう。

参考記事無料でカウンセリングも受けられるワキガ手術を行なってくれる病院・クリニックの記事はこちら↓↓

ワキガを抑えてストレスのない毎日を!

幸せハッピーな恋人カップル夫婦

今回は、ワキガと年齢の関係について解説してきました。

ワキガの原因は生まれつきのものですが、生活習慣などによって、年齢が進むことでよりニオイがひどくなるという危険性があります。

最近、ワキガのニオイが悪化した気がするという方は、食生活や運動など生活習慣を見直し、デオドラントクリームで改善をはかりましょう。

嫌なニオイは、人づきあいや仕事にも悪い影響を与えます。自分が臭うのではないかと気にして萎縮するより、しっかりと改善対策を行い、ストレスのない明るい毎日をすごしましょう!


おすすめ記事ワキガ対策に効果的なボディソープの紹介記事はこちら↓↓