男の金玉の毛を○○で処理するべき5つの本当の理由を徹底解説!

男性の金玉の毛に対する女性の印象

男 院部 ちん毛 脱毛

男性の1番デリケートな部位であり、かつなかなか人には相談しにくい金玉の毛…

人によっては「毛量が多い」「1本1本が長い」と悩んでいる方も、案外多くいらっしゃるのではないでしょうか?

まずは、気になる金玉の毛に関する女性の意見を見てみましょう。

毛深い人が苦手なので、出来ればきちんと手入れをされている方が良いので。オーラルセックスの時もスムーズに楽しめる。

出典:BiDANアンケート

仲良しをするときに口に毛が入って嫌だから。

出典:BiDANアンケート

以上のように、特に多いのが「夜の営み時に邪魔」という意見。

むしろそういった行為に及ばない限り、毛の存在にすら気が付かない部分ではありますので、中には金玉に毛が生えていることすら知らなかったということもあるようです。

男性のムダ毛の代表格である腕や脚の毛に対する女性の意見としては、一定数の「生えていて欲しい派」「処理しないで欲しい派」というのが存在しますが、それと比べても金玉の毛に対する嫌悪感はより強いものがあると思われます。

単に毛深いのが嫌いという意見もありますが、オーラルセックス時に口に入るという実害があるため、生えていないことに越したことはないというのが女性側の総意と考えて良いでしょう。

金玉だけでなく陰部全体の毛に関する女性の考え

金玉だけでなく、男性のVIO全体の毛を女性はどう感じているのでしょうか?

男性のVIOの毛に関する女性の意見を見てみましょう。

女性への男性のVIO脱毛に関するアンケート
【集計結果】
1位…良い(103票)
2位…反対(56票)
3位…すごく良い(17票)
4位…絶対反対(8票)

上のグラフを見る限り、1位の「良い」という意見が56%と過半数を占めており、男性のVIO脱毛は女性にも受け入れられやすくなってきていると言えます。

ですが、2位の「反対」という意見も30%ほどあることから、一定数の反対派が存在していることも事実ですし、中には「絶対反対」という強い意見もあるので注意が必要です。

衛生面の改善や痒みやムレの軽減など様々なメリットがあるVIO脱毛ですが、デリケートな部分である以上異性からの印象は気になることですしとても重要になってきますので、女性の意見にはしっかりと耳を傾ける必要があります。

ということで、男性のVIO脱毛について否定派の女性と肯定派の女性、それぞれの具体的な意見も合わせてその理由を見てみましょう。

VIO脱毛否定派の女性の意見

自分がVIO脱毛していないのに、男性がしていたら、女と思われなそうだから

出典:BiDANアンケート

すね毛等も基本的に脱毛反対派なので、VIOなどまずありえないです。されている方には申し訳ないですが、気持ち悪いです。

出典:BiDANアンケート

まず多いのが、「自分もやっていないから男性にはやってほしくない」という意見です。

これは「自分より毛深い女性はちょっと…」という男性側の意見の裏返しと考えると分かりやすいかもしれません。

VIOに限らず「男性=毛が濃い」「女性=毛が薄い」ということが男女共通のイメージとなっているため、そのイメージが逆転してしまうことで「女子力が低いと思われてしまうのでは?」と女性側が考えてしまうことが原因と考えられます。

次に多いのが、「VIOに限らず男の脱毛がそもそもイヤ」「男のくせに脱毛なんて気持ち悪い」という意見。

このような意見は、毛深い男性に魅力を感じる女性に特に多いです。

「毛深い=男らしくて魅力的」と思う女性も一定数存在し、そのような女性からすると男性のVIOがツルツルというのはマイナスポイントになってしまうようです。

VIO脱毛肯定派の意見

見た目がきれいで清潔感があるし、脱毛をしている人のほうが匂いが臭いと感じることが少ないのでとてもいいと思います。

出典:BiDANアンケート

衛生面からみても処理しておくほうが良いと思いますし、妻やパートナーの立場からすると、生理的に好感が持てるから。

出典:BiDANアンケート

男性のVIO脱毛に肯定派の女性に多い意見が、清潔感やニオイなどの衛生面に関わるものです。

VIO脱毛のいちばん大きなメリットともいえる衛生面の改善には、多くの女性が好感を持っていることが分かりますね。

夜の営み時、特にオーラルセックス時は衛生面が気になりますし、ニオイや見た目で気持ちが萎えてしまうという意見もあります。

また、やはり「男性の毛」に対して嫌悪感を抱く女性も多く、そういった女性はVIOに対しても同じく「毛は不要」という考えを持っていることが多いようです。

例には挙げていませんが、「性行為時に肌同士が触れ合う感覚が気持ちいいから」という意見も一部あり、男性側にもこれを気持ちいと感じるという意見もあります。

ただし、これはパートナー同士お互いにVIO脱毛をしていることが条件と言えるでしょう。

女性側がVIO脱毛を行っている場合、男性側にも同じように処理してほしいと思うことがあるようですが、これは否定派の「自分がやっていないから男性にもやってほしくない」という意見の裏返しとも言えます。

男性の金玉の毛の処理方法

カミソリで腹毛を剃る男性

男性の美容意識が年々上昇してきていることから、薬局のメンズ美容コーナーも拡大されてきており、男性向けの脱毛や除毛に関する商品も薬局で気軽に購入できるようになってきています。

それでは、金玉の毛にはどんな処理方法が適しているのか。

デリケートな部分なのでより慎重に選ぶ必要がありますが、店員さんに金玉の毛の処理方法を教えてもらうのも難しいですよね。

ということで、代表的なムダ毛の処理方法5つの中から、どれが金玉の毛の処理に適しているのか見ていきましょう。

T字カミソリ

ムダ毛処理の方法といえば「カミソリで剃る」という方法が思い浮かぶ方も多いと思いますが、金玉の毛に関してはカミソリでの処理はお勧めしません。

男性であれば自分の体のことですのでご存知かと思いますが、金玉の皮膚は非常に柔らかく伸縮性も高いです。

それに加えて細かいシワも多く場所的にも目視しづらい部位になりますので、自分でカミソリを使ってきれいに処理するということは想像以上に難しい作業です。

中途半端な剃り残しがあれば肌にチクチクと刺さって不快ですし、深剃りしようと刃を強く当てすぎると最悪の場合は皮膚を傷つけてしまうことも考えられます。

金玉には多くの毛細血管が通っており血流も良い場所なので、出血してしまうとなかなか血が止まりません。

そして、場所が場所ですので雑菌がとても繁殖しやすく傷の治りが遅いため、もし傷つけてしまった場合には小まめなケアが必要です。

たとえ出血はしなくとも非常にデリケートな部分ですので、カミソリ負けなどの皮膚へのダメージによって、剃ったあとにヒリヒリと痛むことも考えられます。

このように、金玉の毛をカミソリで処理するのにはリスクが伴いますし、仕上がりも脱毛と比べると綺麗とは言えないでしょう。

カミソリの入手のしやすさと比較的低コストであることから、お手軽な方法ではありますが金玉の毛の処理方法としてはあまりお勧めできない方法です。

ハサミ

ハサミでのカットもムダ毛処理では定番ですが、金玉の毛の処理方法としてはあまり適していません。

まず、ハサミでムダ毛を処理する場合、剃ったり抜いたりするのとは違い「毛をなくす」ということが基本的にはできません。

ハサミでのムダ毛処理に適しているのは「毛を短くカットする」ということ。

毛の長さを短くすることで全体的に毛の密度を減らし程よく毛を残すことで、「より自然に整える」ということがハサミでの毛の処理には向いています。

普段から眉毛や鼻毛などの手入れをハサミで行っていてハサミでの毛の処理に慣れている方もいるかも知れませんが、普段向けないところヘハサミを向けると刃の角度や向きの把握が難しく、金玉やその周辺にはシワや凹凸も多いため、できるだけ短くしようとギリギリを責めると皮膚を切ってしまう恐れもあります。

また、ハサミの「2枚の刃で両側から挟んで切る」という特性上、切った毛の断面がどうしても鋭利になってしまいます。

それに加えて金玉の毛はその1本1本が太く硬く、ハサミでカットするという処理方法ではどうしてもチクチクしてしまい不快感が残ってしまいますので、眉毛や髭と違って常に肌に触れる金玉の毛には、ハサミでの処理は向いていないと言えるでしょう。

ブラジリアンワックス

もっとも簡単なVIO脱毛の方法ともいえるブラジリアンワックス脱毛。

海外ではブラジリアンワックスによる脱毛はかなり浸透しており、最近では日本でも人気な脱毛方法になってきています。

使用するワックスはハチミツや砂糖がベースとなっているためオーガニックで低刺激であることから、敏感なデリケートゾーンへの使用にも適していると言えるでしょう。

ワックスに絡めた毛を毛根から引き抜いてしまうので、切ったり剃ったりする場合と違いチクチクすることも無く、仕上がりはとてもきれいです。

多少の慣れは必要ですが、セルフ脱毛でも比較的きれいに脱毛できるブラジリアンワックス脱毛ですが、金玉の毛の脱毛には向いていない部分もあります。

と言うのも、男性のIラインにあたる金玉は皮膚が柔らかく伸縮性もあるため、ワックスに絡めて引っこ抜くという脱毛方法とは相性が悪く、きれいに抜くことができない可能性もあるからです。

そして気になる点がもう1つ、それは脱毛時の「痛み」。

太くて硬い毛をまとめて引っこ抜くのですから痛いのは当然ですが、場所が場所なだけにその痛みは強烈という口コミも多いです。

痛みに対しては慣れというものがありますので、慣れてしまえば我慢できるレベルなのかもしれませんが、中には出血してしまったとう声もありますのでその痛みは相当なものと考えられます。

ブラジリアンワックスでの脱毛時に感じる痛みに関してはかなり個人差があり、痛みに強い方であれば金玉の毛であっても問題ないのかもしれませんが、痛みに弱い方の場合はそれなりの覚悟が必要です。

おすすめのブラジリアンワックス【NULLブラジリアンワックス】

脱毛クリーム

脱毛クリームや除毛クリームでの脱毛は、基本的には「塗って洗い流す」だけなので、コツや慣れなどが必要ありません。

「毛を溶かす」という性質上、チクチクしたりジョリジョリしたりということもないので、切ったり剃ったりするよりも綺麗な仕上がりになります。

ただし、毛を溶かすほど強力な成分が入っているため、脱毛後の肌トラブルの可能性は付きまといます。

やはり、低価格帯の商品には肌トラブルの報告が多く、ヒリヒリとした痛みが翌日まで続いたり、脱毛部分が赤く腫れてしまうといったこともあるようです。

そのため、肌の弱い方が脱毛クリームや除毛クリームを使用する場合はクリーム選びがとても重要と言えます。

また、自分では目視しづらい部分ですので、塗布する際に肛門や陰茎部分に付着してしまう恐れもあります。

付着してしまった場合、クリームに含まれる成分によっては激痛に襲われるとの報告もありますので、塗布時には細心の注意をはらう必要です。

脱毛

金玉の毛を処理する方法として脱毛という方法もあります。

脱毛方法は、主に2種類方法があり、期待できる効果が異なりますので、解説していきます。

エステ脱毛

エステ脱毛は主に、エステサロンで行われている脱毛で、光脱毛法を用いて脱毛していきます。

エステ脱毛では、減毛効果は期待できるものの永久脱毛効果は期待できないため、ツルツルの状態を維持したい場合は、反永続的に通い続ける必要があります。

デリケートなIゾーンであるので、多少の痛みはありますが、エステ脱毛自体は痛みが弱い脱毛法であるため、痛みに弱い方でも、安心して受けることができる脱毛法であると言えます。

おすすめのエステ脱毛サロン【RINX(リンクス)】

リンクス ロゴ
Iライン脱毛:46,000(4回)※9回目以降は無期限で2,940円
RINX公式サイトはこちら

<参考記事>

医療脱毛

医療脱毛は文字通り、医療機関(クリニック、皮膚科)で行われている脱毛で、レーザー脱毛機と言う脱毛機を用いて行われます。

医療脱毛は、個人差はありますが5〜8回程で、永久脱毛の効果が期待できるというメリットがあります。

しかし、痛みがエステ脱毛よりも強いという点と、費用面が高いというデメリットがありますが、5〜8回程で永久脱毛できてしまえば、その後は処理の必要がないため、長い目で見ればお金と時間の節約になっていると言えます。

おすすめの医療脱毛【湘南美容クリニック】

【結論】1番良い金玉の毛の処理方法は…?

上記で、金玉の毛の処理方法について、さまざまな方法を紹介してきました。

一概に1番良い方法は決められませんが、おすすめは医療脱毛です。

理由としては、医療機関のため安心して脱毛ができるかつ、何度か通うことで永久脱毛ができるという点が大きいと言えます。

痛みが強いというデメリットもありますが、多くのクリニックが麻酔の用意もしているため、痛みが気になるという人は、麻酔をすることで、ほとんど痛みを気にせず脱毛を行うことができます。

【おすすめ関連記事】

まとめ

男性の金玉の毛の処理方法について解説を行なってきました。

方法はさまざまですが、より安全に確実な処理を考えるのであれば、医療脱毛をおすすめします。

ぜひ、自分の目的に合わせて検討してみてください。

0