鼻毛をブラジリアンワックスで脱毛できる?!メリット・デメリットは?

気付けば鼻毛が伸びていることはありませんか?

手入れ自体はかんたんでハサミで切ってしまえばすぐに終わってしまいますが、いつの間にか伸びて他の人に笑われるなんてことありますよね。

そこで今回はハサミ処理では難しい奥の鼻毛処理や、もっとゴッソリと脱毛して処理回数を大幅に減らしたいという方のために鼻毛を今テレビやメディアでも話題の鼻毛ワックスで脱毛方法を当記事でご紹介していきたいと思います。

鼻毛ワックスとは

鼻毛ワックスで鼻毛を処理する女性

鼻毛ワックスとは、スネ毛や腕毛などの広範囲によく使用されるブラジリアンワックスを鼻毛に使用する方法を指します。

はちみつのようなやわらかい固形ワックスをあたためて溶かし、ワックスが固まったところを引っこ抜いて脱毛する方法です。

鼻毛ワックス自体はそこそこ歴史があり、数年前から流行りだして今ではSNSやテレビ番組、メディアでも紹介されるようになりました。

テレビでの映像では割り箸のようなものの先端にはちみのようなやわらかそうな液体が付いていて、それを鼻に入れて脱毛しているシーンなどは有名ですよね。

鼻毛ワックスをうまく使いこなせるようになると鼻の中の毛が一度にゴッソリと抜けますので鼻の中がツルツルになるほか爽快感があります。

このツルツルな感触と爽快感がクセになり鼻毛脱毛のリピーターが多くいらっしゃり、病みつきになっています。

鼻毛ワックスのメリット・デメリット

鼻毛ワックスをおこなううえでメリットもありますが、実はデメリットもあります。

鼻毛ワックスのメリット

まずは鼻毛ワックスのメリットから解説していきます。

【一度に大量に処理できる】

鼻毛ワックスをおこなうことで一番のメリットはやはり鼻毛がゴッソリ抜けることで得られる爽快感があげられます。

鼻毛ワックス自体のやり方も比較的簡単な脱毛方法になりますので、時間や余計な労力が不要なので楽に脱毛処理をすることができます。

たとえばハサミなどでカットしている場合は、鏡を逐一チェックしながら慎重にカットしなければいけませんが、鼻毛ワックスの場合はワックスを鼻の中に入れて固まるまで待ち、あとは引っこ抜くだけなので簡単ですよね。

また、鼻毛ワックスは一回の脱毛処理で大量の鼻毛を処理することができます。

【簡単でケガの心配が少ない】

自分の目で見ながらカットする場合はどうしても鼻の奥の毛までは見えづらく、見えない状態のままカットしてしまうと誤って鼻腔内を切ってしまいケガをすることにも繋がります。

鼻毛ワックスの場合はワックスが毛を絡めてくれるので余計なケガの予防にも繋がりますので、安心して使用することができるでしょう。

【自宅で手軽にできる】

医療機関や脱毛サロンでも鼻毛脱毛をおこなっているところは増えてきていますが、「実際にサロンなどにわざわざ出かけて脱毛するのはちょっと…」と戸惑いがちですが、鼻毛ワックスは自分で購入して自宅でできます。

わざわざ脱毛サロンに出かける必要がなく、自宅でゆっくりしながら脱毛をすることができるのでコストパフォーマンスの面からみてもリーズナブルでおすすめできる脱毛方法といえます。

【効果が長持ちする】

そして、鼻毛ワックスでの脱毛はハサミなどのカットで処理するのと違い、毛根ごと引っこ抜いて脱毛をするので脱毛効果が長持ちします。

ハサミでカットする場合は毛根ごとカットできずにどうしても早く伸びてきてしまうような印象を持ってしまいますが、

鼻毛ワックスの場合は毛根からゴッソリと引き抜いて脱毛しますので、次回までの鼻毛処理の期間が長く、ムダ毛処理がめんどくさがい方でも挑戦しやすいといえます。

鼻毛ワックスによる脱毛だけでも以下のようにまとめるとメリットがたくさんあることがおわかりいただけると思います。

鼻毛ワックスのメリットまとめ
  • かんたんに鼻毛処理ができる
  • 一回の脱毛で大量に鼻毛の処理ができる
  • 自宅で脱毛処理ができるので忙しい人にもおすすめ
  • 毛根ごと鼻毛を引き抜くので次回の鼻毛処理まで期間が長い

鼻毛ワックスのデメリット

鼻毛ワックスはたくさんのメリットがありますが、やはりその反面としてデメリットもいくつかあります。

【鼻水が止まらなくなる】

まず鼻毛ワックスで脱毛することで、鼻水がとめることができなくなることがあげられます。

鼻水がとめられない、というのは実は鼻毛が鼻水が垂れてくるを抑えてくれている役割があるのです。

つまり鼻毛ワックスでゴッソリ鼻毛を引き抜いてしまった場合、鼻の中にはほとんど毛がない状態ですからとめどなく鼻水が垂れてきてしまいます。

ちゃんとしたやり方と手順でゴッソリ鼻毛を引っこ抜けて爽快感を得られたとしても、鼻水が垂れてくるのを止められなくなってしまってはちょっと考えてしまいますよね。

夏などの暑い季節であればなんとかできそうですが、これからの寒い季節であればどうしても鼻水が出やすくなってしまうので、対策を考えてから行わないと大変なことになりそうです。

【花粉症の影響を受ける】

また、あたたかい季節になっても油断は禁物です。

よく春先などに花粉症がトピックとしてあげられますが、花粉症の症状をおさえたりするのも鼻毛の役割です。

鼻毛は鼻の粘膜を保護しており、鼻毛ワックスで鼻毛をなくしてしまうと粘膜を保護する組織がない状態になりますのでより花粉を吸い込んでしまい花粉症のアレルギー症状が強く出てしまうことがあります。

花粉症にむけてマスクをすれば問題ない、と思われがちですがマスクだけで防ぎきれないのが花粉症ですから鼻毛ワックスで鼻毛を脱毛してしまうとマスクをしていてもアレルギー症状が引き起こりやすくなるおそれがあります。

【皮膚にダメージがある】

ご説明しなくてもおわかりいただけると思いますが、鼻の中は非常にデリケートなエリアです。

鼻毛ワックスは、塗布した箇所のワックスが固まったら引き抜いて脱毛する方法ですが場合によっては鼻の中の粘膜も一緒に剥がれてしまうおそれがあります。

このことにより鼻に中の粘膜や皮膚に強いダメージを与えることにつながりますので、炎症を起こしてしまうこと、また力強くやりすぎてしまうと出血することもあります。

一歩使用方法を間違えると大きなデメリットになりえますので、慎重に注意しながら行わなければいけません。

鼻毛ワックスのデメリットまとめ
  • 鼻毛がなくなり鼻水がとまらなくなる
  • 花粉症になりやすい、悪化しやすくなる
  • やり方を間違えると炎症や出血することがある

鼻毛ワックスの使い方と注意点

悩み 悩む 男性

ここまでメリットとデメリットをご紹介してきました。

実際の使い方はいったいどのような手順になるのか解説していきます。

鼻毛ワックスを使う手順

鼻毛ワックスを使うときは、使いたい商品ごとによって適切な使用手順が書かれていることがありますが、

当記事では一般的な鼻毛ワックスの使用方法を解説します。

①鼻を清潔にする

まず、事前に鼻の中をきれいにしておく必要がありますのでアルコール綿を使用して鼻の中を清潔にします。

鼻の中に鼻水が残った状態または汚れのある状態で鼻毛ワックスを使用した場合、鼻毛ワックスがきちんと絡まずにうまく脱毛できないことがあります。

②鼻毛ワックスを溶かす

次に鼻毛ワックスを小さめの耐熱容器に底が見えなくなるくらいまでワックスを入れ、電子レンジでワックスを溶かしていきます。

ここで多くワックスを溶かしてしまって余ってしまった場合は、後日また再利用できますので捨てずに保管しておくことをおすすめします。

電子レンジでの加熱時間は商品により異なりますが、500Wで4分程度おこなうとよいでしょう。

4分加熱してみて溶け切っていない場合は追加であたためなおして様子を見ながら加熱してください。

③スティックにワックスをつける

うまく溶けましたら、やけどをしないように耐熱容器を電子レンジから取り出します。

付属のスティックやスパチュラに鼻毛ワックスを絡ませるのですが、絡ませる前に鼻毛ワックスを少し冷ましてから使用するようにしましょう。

電子レンジで加熱をした直後に鼻毛ワックスを使用すると、温度が非常に高い状態ですのでそのまま使用すると鼻がやけどしてしまいますので注意してください。

④鼻毛ワックスを鼻の中に挿入する

ある程度冷まして使用できそうになったら、絡ませたワックスを鼻の中に挿入していきます。

挿入後はワックスが一箇所だけにかたよってしまわないように顔をうえに向けてスティックやスパチュラがまっすぐに挿入されるように調整します。

挿入後はワックスが鼻の穴からはみ出してきますので、はみ出したワックスは指で押し込み、スティックやスパチュラを上下左右に動かして鼻毛に絡ませていきます。

スティックやスパチュラを奥まで入れすぎると危険ですので、鼻の入り口から数cmから5cm程度の位置までにしておきましょう。

⑤2〜3分ほど待つ

ある程度ワックスを鼻毛に絡ませられたらワックスを固めていきますので、そのまま2から3分ほど待ちます。

小鼻を指でやさしく押さえておくと毛が絡みやすくなるので、より高い脱毛効果を期待できます。

ワックスが固まる時間は夏と冬では時間が違いますので、夏場は長めに、冬場は短めにワックスが固まりますのでそのときの気温にあわせて調整してください。

⑥スティックを引き抜く

鼻毛ワックスが固まったら強めの力で一気に、一瞬で引き抜きます。

ためらうと痛いのが長引くだけなので覚悟をきめて引っこ抜いてください。

鼻毛ワックスを使う時の注意点

鼻毛ワックスを使っていく上で何点か注意点があります。

この注意点を守らないと思わぬトラブルに繋がりますので、よく読んだうえで使用するようにしてください。

脱毛をするのは入り口付近だけにしましょう

まず、鼻毛脱毛をする場合は挿入した入口付近かそこから5cm程度のところまでにしておきましょう。

あまり奥まで鼻毛ワックスを挿入してしまうと場合によっては抜けなくなるなどのトラブルにあうこともあります。

ヤケドに注意

電子レンジで加熱直後の鼻毛ワックスは温度が非常に高くなっています。

加熱直後の鼻毛ワックスをそのまま使用すると鼻の中がやけどするおそれがあります。

丁寧に脱毛する

鼻の中は非常にデリケートなエリアなので、適当なやり方や雑な抜き方で脱毛してしまうと炎症や出血などのトラブルにあいます。

鼻毛ワックスでの脱毛の際は丁寧に、慎重に、注意深くおこなうようにしてください。

おすすめの鼻毛脱毛ワックス

当記事ではいくつかおすすめの鼻毛ワックスがありますので、ぜひ以下の商品でチャレンジしてみてください。

Brabianca KING’s NOSE WAX

Brabianca KING's NOSE WAX

公式サイトはこちら

ブラジリアンワックスで有名なあのブラビアンカから鼻毛専用のブラジリアンワックスが発売されました。

パッケージもシンプルでいて上品なものにデザインされているので、男性でも手に取りやすくなっています。

鼻毛のブラジリアンワックスがはじめての方や脱毛初心者の方に向けて、お試しコースとして鼻毛脱毛セルフキット10回分×1が2,980円でご購入いただけます。

また、リピーター向けに鼻毛脱毛セルフキットがいくつかありますのでお得に購入できます。

個数 価格(税込み)
10回分×1 2,980円
10回分×2 4,768円
10回分×5 9.685円

GOSSO ゴッソ

created by Rinker
ゴッソ(GOSSO)
¥1,736 (2018/12/10 14:17:18時点 Amazon調べ-詳細)

パッケージにインパクトのあるGOSSO ゴッソは脱毛効果も十分期待できる鼻毛ワックスです。

Amazonで購入できるので気軽に注文できるほか、Amazon Primeにも対応している商品ですのでスピーディにお手元に商品が届きます(2018年12月現在)。

両鼻で10回使用できる量が入っており、鼻毛脱毛に必要なグッズが揃っていますので手軽に鼻毛脱毛をスタートできます。


HMENZ ブラジリアンワックス 鼻毛用

HMENZ ブラジリアンワックス 鼻毛用もAmazonで購入できる鼻毛用のブラジリアンワックスです。

HMENZ ブラジリアンワックス 鼻毛用は安心の日本製で、鼻の中にもやさしく使えるように保湿成分が入っています。

使用回数は両鼻で12回使用できますので、他の商品よりもやや多く使用できるのがうれしいですよね。

鼻毛の永久脱毛もおすすめ

医者

実際に鼻毛の脱毛をしたいけれど、こんな悩みを持っている方はいらっしゃいませんか?

  • 鼻毛の脱毛はしたいけれど鼻毛ワックスって痛そう
  • できれば鼻毛自体を薄くしていきたい

そんな方には鼻毛の永久脱毛もおすすめです。

永久脱毛ときくと腕やスネ毛などを思われがちですが、今では鼻毛の永久脱毛が可能になりました。

おすすめの鼻毛脱毛クリニック

ゴリラクリニック ロゴ

公式サイトはこちら

ゴリラクリニックは男性向けの医療機関で、女性の目が気になる方でも安心して通院できるクリニックです。

テレビや雑誌などに登場する著名人も通っているクリニックですのでより安心して通えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

鼻毛ワックスは名前はよく聞くけれどその実態があまり知られていないので、不安や疑問に思う方も多い脱毛方法であったと思います。

当記事でメリット・デメリットの両方をご紹介しましたので、実際に鼻毛ワックスで脱毛したくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

鼻毛の処理は鼻毛ワックスだけでなく永久脱毛という方法もありますので、ぜひ一度ご自身にあった鼻毛処理の方法をご検討されてみてはいかがでしょうか。

<おすすめ関連記事>