もう「クサい」なんて言わせない!30代からのワキガ対策方法

そもそもワキガの原因って?

ワキガの原因は、汗の出てくる汗腺です。
汗が臭いの原因と思われがちですが、汗自体にはあの独特のワキガ臭はありません。
人間にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があります。
このうち、ワキガの原因になるのはアポクリン腺。
どういった仕組みでワキガ臭が発生するのか詳しくみていきましょう。

 

アポクリン腺

先ほど、人間の汗腺は2種類あると説明しました。
それぞれの汗腺から出る汗は少し性質が異なっています。
エクリン腺から出る汗はさらっとしていて、成分の99%が水分です。
臭いの元になる成分が無いため、ほとんど臭いがないと考えて問題ありません。

一方、ワキガの原因になるアポクリン腺ですが、ここから出てくる汗はベタッとしています。
成分にたんぱく質や脂質、糖質や鉄分などを含んでいるためです。
皮膚には、特に害を与えることのない常在菌がいます。
アポクリン腺から出た汗は常在菌の大好物です。
常在菌が汗を分解するときにワキガ臭が発生するのです。

 

30代でワキガがひどくなったと感じるのはどうして?

一般的に、自分がワキガだと気づくのは思春期頃が多いと言われています。
理由は、ホルモンの分泌量が増えたり身体が成長する過程で、アポクリン腺も刺激されるからです。

実はワキガの原因アポクリン腺ですが、生まれたときから数が決まっていて、年齢を重ねたからといって増えるものではありません。
では、30代でワキガがひどくなったと感じるのはなぜなのでしょうか?
30代になってワキガがひどくなった方は、元々アポクリン腺の多いワキガ体質だったと考えられます。
思春期のときにはアポクリン腺が刺激されなかったけれど、30代になって何かしらの刺激によってアポクリン腺が活発になったからワキガがひどくなったということです。

 

30代は身体が変化する

30代になって太り始めたような…

20代の頃はちょっと無理しても体は何ともなかったのに、30代になったら無理がきかなくなった…。
暴飲暴食してもすぐには太らなかったのに、30代になってからは太りやすくなった…。
思い当たることはありませんか?
見た目は大きく変化していなくても、身体の中では大きく変化しているのが30代です。
30代になって太りやすくなった原因は、身体の中で使える酵素の量が減ってしまったから。
使える酵素が減ってしまうと代謝や消化がうまくいかなくなり、体臭の原因になることもあります。

身体だけでなく、身の回りのことや生活のことでも変化が多いのも30代の特徴と言えます。
私生活では、結婚したり子どもが生まれたりした方もいることでしょう。
仕事では昇進や転職など、20代の頃に比べて30代になると、環境がガラリと変わるイベントが増えるかと思います。
環境が変わると増えるのがストレス。
ストレスから暴飲暴食に走ったり、仕事が忙しくて食事の時間が不規則になってしまったり、好きな脂っこいものばかり食べてしまったり…。
そうしたストレスや生活習慣の変化がアポクリン腺の刺激につながり、その結果30代になってからワキガがひどくなっていたのです。

 

30代からのおすすめのワキガ対策方法

30代になってワキガがひどくなったからといって、悲観してばかりもいられません。
周りの人を不快にさせないため、自分に自信を持って行動するためにも積極的にワキガ対策をしていきましょう。

定期的な運動

運動すれば汗の質が変わる!

ワキガ対策には、定期的な運動が効果的です。
理由は大きく2つあります。

1、血行を良くして乳酸がたまるのを防ぐ
若い頃は部活動などで運動していても、30代になってから運動不足になっていませんか?
運動不足だと血行が悪くなり、身体の隅々まで酸素が届かなくなり疲労してしまいます。
疲労した場所では乳酸が作られますが、乳酸が増えると汗腺からアンモニアが作られやすくなります。
その結果、アポクリン腺からのアンモニア分泌量が多くなり、ワキガ独特のツーンとした臭いが発生してしまうのです。
身体を動かして血行を改善し、乳酸がたまるのを防ぎましょう。

激しい運動ではかえって乳酸が増えてしまうため、ジョギングや水泳など少し息が上がる程度の運動を続けるのがオススメです。

2、日頃から汗を流して、いい汗をかけるようにする
あまり汗をかかない生活をしていると、ちょっと動いただけで汗をかくようになってしまいます。
汗に臭いはなくても、汗をかくことがワキガ臭の原因になってしまいます。
さらに、運動不足のときに出る汗は常在菌が好きなベタッとした汗。
分解されるとツーンとした臭いが発生します。

特に30代ごろは、仕事が忙しくなると同時に運動が苦手になってくる時期でもありますので、意識して運動をしましょう。
日頃から汗を流していると、老廃物の含まれないさらっとした汗をかけるようになります。
この汗は弱酸性で、ワキガの原因菌の繁殖を防ぐ効果もあるため、ワキガ対策に効果的なのです。

 

お酒やたばこは控える

ストレス解消のためでもほどほどに。

大好きな方も多い、お酒やたばこ。
普段から嗜んでいると気づかないですが、周囲には臭っています。

臭いは口からだけでなく、血中に溶け出して、汗となって出てきます。
さらに、アルコールやニコチンにはアポクリン腺を刺激してしまう働きもあります。
お酒やたばこの臭いの混じった体臭にワキガ臭…。
ストレス発散の効果もありますが、飲みすぎ、吸いすぎは体臭の悪化につながるのでお気をつけください。
30代に入ったら自制心を持って行動するようにしないと、身体に色々と問題が起こってしまいます。

 

しっかり洗う

面倒でも湯船に浸かって臭いも落とそう!

お風呂はいつもシャワーだけでしたら、湯船につかるようにしましょう。
湯船につかることで身体が温まり、全身の毛穴がよく開きます。
シャワーだけでは落としきれなかった古い角質や脂質をしっかり落とせるようになり、ワキガの原因菌の餌を減らすことができます。
その結果、ワキガ臭の軽減ができるということです。

身体を洗うときには、ナイロンタオルなどでゴシゴシと洗わないように気をつけてください。
ゴシゴシと洗ってしまうと、刺激が強すぎて余計に体臭をひどくしてしまうことがあります。
湯船で身体を温めて毛穴を開いたら、石鹸をよく泡立てて、泡で汚れを包み込むようなイメージで洗っていきましょう。

手術

生活習慣を変えても変化がないなら、最終手段として手術もあります。
脇の下を切開して、ワキガの原因アポクリン腺を除去する方法や、小さな穴を開けてアポクリン腺を吸引していく方法などを行っています。
保険適用される場合で、費用は約3~4万円ほどです。
保険適用されない場合、費用は10万円~30万円と内容により料金にかなりの差が出ています。

手術のメリットは、効果がほぼ永久的な点です。
デメリットは費用が高くなってしまうことと、傷跡が残ってしまう点。
また、手術をしてもワキガが改善されない場合もあるので、手術前に病院でよくよく相談されることをオススメします。

まとめ

30代になって急にワキガがひどくなったと感じたら、まずは生活習慣を見直してみましょう。
暴飲暴食、たばこやお酒の量など、以前と変わったなと感じることはありませんか?
何かとストレスにさらされることが多いのも30代ですが、たまには身体を動かして運動してみてください。
スッキリ爽やかな汗をかいた後には、お風呂でさっぱり汚れを落としてワキガ臭ともサヨナラです!
また、オススメのデオドラントグッズや選び方をまとめました。
こちらも参考にしてください。
※重要※体臭・加齢臭・ワキガ対策グッズ選び・選び方総集編

ワキガを根本から治したい方は!

なかなかワキガが改善できない方、どうしてもワキガを改善したい方には最も人気のサプリ「メンズデオ」がオススメです。

メンズデオ」サプリメントには、

・シャンピニオンエキス

・柿渋エキス

・緑茶エキス

・鉄クロロフィリンナトリウム

・デオアタック

といった成分による加齢臭菌の滅菌、体臭の改善が期待できます。

さらに、

・センスピュール

・フラクトオリゴ糖

これらの成分が腸内環境を整え、体の内面から体臭を予防してくれます。内面から効くので、加齢臭だけでなく、ワキガや口臭対策も同時に行うことができます。

メンズデオについては、メンズデオ8400って効果あるの?!悪い口コミ・有効成分全て公開!こちらの記事でもワキガへの有効成分やメンズデオの口コミ、効果が確認できるので、ぜひご覧ください。

期間限定で初めて購入される方には71%OFFの950円で購入できるので、期間限定中にお試しすることをお勧めします。

スクリーンショット 2018-04-11 14.25.06-min

 

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

0