消えないニキビ跡を改善する方法はあるの?!おすすめの対策を紹介!

ニキビ跡はなんでできてしまうの?

疑問 男 悩み

すべてのニキビがニキビ跡になるわけではありません。ニキビの炎症が悪化した場合にニキビ跡になる可能性が高くなります。炎症したニキビは自然治癒するのに時間がかかるためニキビ跡になることが多いです。

初期段階のニキビ(白ニキビ)のときに気になって触ってしまうことがありませんか?手にはさまざまな菌がついています。その手でニキビに触れると雑菌が皮膚に侵入し、ニキビの炎症を進めてしまいニキビ跡になる原因になります。

雑菌がニキビの炎症を進めることのほかに、無理やり皮膚をこすったり、引っ張ったりすることもニキビ跡の原因です。ニキビの凸凹が気になり、無理やりニキビを取ろうとしたことはありませんか?そうすると皮膚がさらに傷つき、炎症が悪化してニキビ跡の原因となってしまいます。

ニキビができてしまっても、炎症させなければニキビ跡にはなりにくいです。ニキビ跡を作らないためには炎症させないようにケアをすることが大切です。

赤み・色素沈着タイプ

ニキビ跡の種類のひとつは「赤み・色素沈着」を起こすタイプです。

赤ニキビまで炎症が悪化するとこのタイプのニキビ跡になりやすいです。赤ニキビは皮脂腺に炎症が起きていて、周りの皮膚組織を壊している状態です。その壊れた皮膚を治そうと細胞が活性化し、毛細血管が開くことで赤く見えます。

色素沈着は細胞を治す過程でメラニンが過剰に作られてしまうことが原因です。ニキビの炎症によりメラニンをつくる細胞が活性化されることでメラニンが大量に作られてしまい、それが色素沈着として残ってしまいます。

この赤みや色素沈着はは時間の経過とともに自然と薄くなっていきます。

クレータータイプ

ニキビ跡のもうひとつの種類はへこみや陥没が起きる「クレーター」タイプです。

ニキビの炎症が皮膚のより深い組織まで影響した場合に皮膚にへこみや陥没が残りクレータとなってしまうことがあります。

炎症を起こし皮膚の深い部分にある真皮層にまでダメージがいくと、コラーゲンに傷をつけることになります。そうなると、皮膚の回復が追いつかなくなりニキビの(真皮層が傷ついた)部分がへこんだ状態になるのでクレーターのようなニキビ跡ができます。

皮膚の深い部分の組織である真皮層が傷つき皮膚にクレーターができてしまうと、治すのが難しいです。

おすすめのニキビ跡対策

ここで、どうしてもニキビ跡を改善したいという人向けに、ニキビ跡に効果があるとされる化粧水、メンズエステ、クリニックについて紹介していきます。

化粧水

容量:120mL
価格:1,800円
ビーグレン公式サイトはこちら

ビーグレンには、ニキビ跡に効果があるとされている成分「高純度ビタミンC」「ハイドロキノン」を配合しており、皮膚の変色を沈めてくれる効果が期待できます。

さらに、天然クレイであるモンモリロナイトが毛穴のアクネ菌を除去してくれるため、ニキビの発生も抑えることができる。おすすめの化粧水です。

<参考記事>

メンズエステ

ラ・パルレのバナー
初回体験料金:3,000円
ラ・パルレ公式サイトはこちら

ラ・パルレのニキビ内外コースは、ニキビやニキビ跡の気になる肌表面はもちろんのこと、体の内側から肌代謝を上げるための腸マッサージを行なってくれ、効果が高いと業界内でも評判です。

初回体験価格も3,000円と安価に設定されているので、少しでも気になるという方は、まずは初回体験だけでも受けてみることを、おすすめします。

<参考記事>

404 Not Found

クリニック

ゴリラクリニック ロゴ
初回トライアル:9,800円
ゴリラクリニック公式サイトはこちら

ゴリラクリニックは文字通りクリニック(病院)です。

ニキビ跡を確実に消すためにタイプに合わせて3種類のレーザー機器を完備しており、ニキビ跡を確実に取り除いてくれます。

値段はエステなどと比べると高くはなりますが、悩みを確実に取り除けると考えれば、治療を受ける価値は高いと言えます。

<参考記事>

404 Not Found

ニキビ跡が消えない人のためのセルフケア

ニキビ跡を消したいと思っているけど、エステやクリニックに行くお金がない…。
そんな人のために自分でできるニキビ跡のケア方法をご紹介します。ニキビ跡に効く方法や、さらなる悪影響を与えない方法があります。
今の自分の行動を見直してニキビ跡が消えるようなセルフケアをしましょう。

まずは正しい洗顔を覚えよう

肌にダメージを与えないように洗顔をしましょう。こすったり、皮脂を過剰に取ってしまったりするとニキビ跡が治りにくくなってしまします。そこで肌に優しい洗顔をご紹介します。

ぬるま湯で予備洗いをする

洗顔をするときの水の温度は38〜40度にしてください。水温が高いと皮脂を余分に洗い流してしまい、皮膚が乾燥しやすくなってしまうからです。

そして洗顔料で洗う前にぬるま湯で顔の汚れを落とすようにしてください。皮膚の表面についているホコリを洗顔を使う前に落とすことで、余分に力を入れて洗わなくてもきれいに汚れが落ちるようになります。

洗顔料をふわふわに泡立てる

肌をこすらないように洗顔料はふわふわに泡立てるようにしましょう。泡立ちが足りないと洗顔をするときに手と顔の皮膚が触れて、摩擦が起こってしまいます。

摩擦は肌にとって刺激になりニキビ跡が治りにくくなったり、ほかの肌トラブルにつながったりと肌に悪い影響ばかりです。

ふわふわの泡でやさしく洗う

事前にぬるま湯でホコリや汚れを流していれば、強くゴシゴシする必要はありません。ふわふわの泡で手と顔の皮膚が触れないようにやさしく洗顔しましょう。

ゴシゴシしないと汚れが落ちている気がしないという人もいると思いますが、ぬるま湯で流したあとに洗顔料を使えば十分皮脂や汚れが落ちます。肌を撫でるように優しく手を動かして泡を顔に広げて洗ってください。

すすぎはしっかりと

泡が肌に残っていると刺激になりニキビ跡が治りにくくなります。ぬるま湯でしっかりと洗い流すようにしてください。

すすぎ残しが起こりやすい部分はこめかみ、髪の生え際、耳周りです。すすぎが十分だと思っても泡がついている可能性があるので鏡でチェックをしたり、最後にもう一回すすぐようにしたりすすぎ残しがないようにしましょう。

また、すすぐときも肌をこすらないように気をつけてください。

こすらないようにタオルで拭く

ここまで肌の摩擦を避けて洗顔してもタオルで水分を拭き取るときにゴシゴシしてしまったら肌が傷ついてしまいます。やさしくトントンと水分を吸水するように拭いてください。

清潔なタオルで拭くことも大切です。雑菌が肌につくと刺激になり、ニキビ跡が治りにくくなります。

食生活がニキビやニキビ跡に影響を与えている

食生活がニキビやニキビ跡に影響するのには理由があります。ニキビ・ニキビ跡を治すには肌のターンオーバーを整える必要があり、それには十分な栄養が必要だからです。

そのためニキビやニキビ跡は食生活によって改善が期待できます。反対に偏った食生活を送っていると肌に悪影響をおよぼしニキビができやすくなったり、ニキビ跡が治りにくくなってしまいます。

皮脂を増加させるような食べ物を多く食べるとニキビができやすくなり、それがニキビ跡にも繋がります。例えば糖質や脂質を多くとると皮脂が多く分泌されてしまいます。

バランスの良い栄養を取り、健康的な肌を作るような体質にしていきましょう。

ニキビ・ニキビ跡に効果的な栄養素

ここで、ニキビやニキビ跡に効果的とされている栄養素について紹介していきます。

普段の生活に取り入れられる食材も多くあるので、参考にしてください。

ビタミンC

皮膚のハリを作るコラーゲンの生成を促したり、色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑えたり、肌の老化を防ぐ抗酸化作用があったりします。緑黄色野菜や果物に多く含まれている栄養素です。

ビタミンB6

新陳代謝を促したり、皮脂の分泌を抑制したりします。皮脂の分泌を抑えることでニキビになりにくくなり、ニキビ跡になることが少なくすることが可能です。にんにくやマグロ、カツオ、鳥のささみに多く含まれています。

ビタミンA

肌のターンオーバーを促す作用があり、肌や粘膜の潤いを保つ効果が期待できます。肌が乾燥していると少しの刺激にも敏感に反応してしまいますが潤いを保つことで丈夫で健康的な肌を作れます。ビタミンAが多く含まれている食品は人参、ほうれん草、かぼちゃ、レバー、うなぎです。

ミネラル

ホルモンバランスが整えられ、肌のターンオーバーを促進する作用があります。肌のターンオーバーが促進されるとニキビ跡が治りやすくなります。

リコピン

抗酸化作用が高く、肌の老化を防止します。トマトやスイカなど赤い食べ物に多く含まれています。

食物繊維

便秘の改善を促します。便秘になると毒素が溜まり肌のターンオーバーを妨げるのがニキビやニキビ跡になる原因です。その便秘を改善することでターンオーバーが整いニキビやニキビ跡が治りやすくなります。食物繊維を多く含む食品はさつまいも、ごぼう、きのこなどです。

普段の生活にもニキビの危険性が潜んでいる

生活のさまざまなことが肌に悪影響をおよぼしており、それらがニキビやニキビ跡ができる原因となっています。

ストレス、寝不足、不規則な生活はニキビの原因となります。これらのことはホルモンバランスや自律神経を乱すからです。

ホルモンバランスがくずれるとニキビができやすくなります。

ストレスを多く感じていると男性ホルモンが増えホルモンバランスがくずれることがあります。男性ホルモンは皮脂分泌を促進するホルモンです。皮脂が増えることでニキビができやすくなります。

また無理なダイエットしたり、不規則な生活を送ったりして心身ともにストレスがかかると女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンが相対的に多くなることでもニキビができやすくなってしまいます。

ホルモンバランスだけでなく生活の乱れは自律神経に大きく影響します。自律神経が乱れると皮脂の分泌や肌の角化が進みニキビができやすくなってしまうのです。またターンオーバーが乱れたり、皮膚のバリア機能が低下することでニキビ跡が治りにくい環境を作ってしまいます。

自律神経はホルモン分泌にも関わるので自律神経が乱れるとホルモンバランスもくずれてしまいかねません。

まとめ

ニキビ跡を改善する方法はあります。

ニキビ跡には「赤み・色素沈着タイプ」と「クレータータイプ」があると説明しました。自分のニキビ跡の状態を確認して適した対策をしましょう。

おすすめは化粧水やエステやクリニックでニキビ跡の改善をする方法です。自分でケアするより効果的に早く効果が実感できます。

エステやクリニックでニキビ跡を改善が可能ですが、セルフケアを行なうことでニキビやニキビ跡を悪化させない肌をつくることもできます。

今回紹介した日常からできる対策は次の3つです。

  • 正しい洗顔をする
  • 食生活に気をつける
  • 規則正しい生活を送る

これらのことを意識すればニキビ肌の体質が改善される可能性があります。少し意識するだけで取り入れられることばかりなので、ぜひ実践してみてください。

ニキビ跡を消して肌に自信を持ちましょう。

<おすすめ関連記事>

404 Not Found
0