レーザー脱毛前後に日焼けをしてはいけない本当の理由を解説!

レーザー脱毛中は、なぜ日焼けNGなの?

日焼け 男性

レーザー脱毛をするときによく「日焼けはしないでください」と言われますよね。

医師や看護師に言われているので脱毛中は日焼けをしないようにしていると思いますが、なぜ日焼けをしてはいけないのか知っていますか?

それは日焼けをした肌でレーザー脱毛をすると肌トラブルにつながるからです。日焼けをしてはいけない理由を理解せずに脱毛をしていると、うっかり日焼けをしてしまい思わぬトラブルが起きかねません。

夏だけでなく冬も顔は紫外線を浴びています。顔の脱毛をしている人は一年中日焼け対策を怠らないようにする必要があります。

日焼けとレーザー脱毛の関係をしっかり理解して安全にトラブルなくツルツルの肌をめざしましょう。

レーザー脱毛のメカニズム

レーザー脱毛の多くが「黒色」や「メラニン色素」に反応する特殊なレーザーを使用して脱毛を可能にしています。レーザーが黒い部分に反応し熱を出して毛の周りの細胞を破壊します。

医療機関で行うレーザー脱毛は医師や看護師の資格をもった人しか脱毛機器を扱うことができません。医師や看護師が扱う医療機器だからこそ強力な効果がある脱毛が可能になります。

レーザー脱毛は永久脱毛が期待できる脱毛方法です。毛の周りの組織とともに毛を作り出す「毛乳頭」と呼ばれる細胞をレーザーで破壊することによって毛が生えなくなり一生ツルツルとした永久脱毛が実現できます。

よく聞くエステで行なう脱毛は光脱毛と呼ばれていて、資格がなくても施術ができます。光脱毛ではレーザー脱毛に比べて威力が弱く、永久脱毛の効果がありません。

レーザー脱毛中の日焼けが危険な理由

レーザー脱毛は黒色やメラニン色素に反応するため、肌が日焼けしてしまうと毛の黒さとの区別がはっきりできなくなります。毛と肌の区別ができないことが原因でさまざまな肌トラブルが起きる可能性が高まってしまいます。

ムダ毛をなくしたい、きれいに見せたいと思って脱毛を始めたのに肌を傷つけてしまっては本末転倒ですよね。

ここでは日焼けをした肌でレーザー脱毛をする危険性を解説します。脱毛中の日焼けの危険さを理解して日焼けをしないように注意しましょう。

火傷の危険性がある

日焼けをしているということはすでに軽度の火傷の状態です。その状態でレーザー脱毛をすると紫外線でできた火傷を進行させてしまうことになります。

また皮膚が赤くなっていなくても日焼けをすると肌が敏感になっていて、その肌にレーザーを当てるとダメージを与えてしまい肌が赤くなったり、火照ってしまったり、肌が傷ついてしまったりする可能性が高いです。

日焼けをして肌が黒くなってしまった場合はレーザーが肌と毛の区別がはっきりできなくなります。その影響で毛ではない肌を傷つけかねません。レーザー脱毛の威力は毛根の細胞を破壊するほど強く、毛以外の肌にレーザーが反応すると皮膚が火傷したり、炎症を起こしてしまいます。

そういったトラブルを起こさないためにもレーザー脱毛を行なうときは日焼けをしないように注意する必要があります。

痛みが強くなる

肌が日焼けをすると肌が黒くなっているため、レーザー脱毛の機械が毛と肌の見分けがしっかりとできていない状態です。そのためレーザーが過剰に反応し、その影響で痛みが強くなる可能性があります。

火傷にならなかったとしても、メラニン色素が増えている肌は通常よりレーザーの熱に反応してしまいます。その熱に反応して痛みが増す可能性が高いです。

また日焼けにより肌が乾燥をしていると、痛みを強く感じやすくなります。肌の乾燥は痛みを強くする要因のひとつで、日焼け後は肌が敏感になっている上に乾燥しているので痛みを感じやすいです。

痛みを我慢して施術を受けてもレーザーが肌に反応しては脱毛の効果がありません。また通常の場合でも痛みが伴うレーザー脱毛が、さらに痛みが強くなる可能性があるので痛みに弱い人は日焼け中の脱毛は避けるようにしましょう。

効果が薄くなる

日焼けをしている肌の影響を考慮してレーザーの威力を下げて施術するため、脱毛効果が下がってしまいます。

日焼けをしていても希望をすれば、レーザー脱毛を受けれることがあります。しかし通常の威力ではなく、肌のトラブルを回避するためにレーザー威力を下げて施術することになります。これだと威力を下げることで肌への刺激は避けられますが、毛根に十分なダメージを与えることができず本来の脱毛効果が期待できません。

レーザーの威力が高く毛根の組織を破壊できるのがレーザー脱毛の最大のメリットです。日焼けが原因で威力を下げて脱毛の施術をしてしまってはレーザー脱毛の意味がありません。

またレーザーの威力を下げても1回の脱毛の値段は変わりません。そのため同じ値段を払っているのに日焼けをしたために脱毛効果が下がってしまってはもったいないです。ムダにしないためにも脱毛中に日焼けをしないように気をつけましょう。

レーザー脱毛後も一定期間日焼けをしないほうが良い理由とは?

レーザー脱毛前だけでなく脱毛後も日焼けをしないほうがよいと考えられています。

なぜかというとレーザー脱毛をしたことにより肌が敏感になっているからです。

レーザー脱毛は毛の黒色に反応して毛乳頭だけでなくその周りの細胞ごとレーザーで破壊しています。そのため、いくら肌が白いとはいえ少しは肌へダメージを与えてしまいます。ダメージを受けて敏感になっている状態で日焼けをすると、通常よりも紫外線の影響を受けてしまい赤くなったり、ひどい日焼けになったりとトラブルが起きかねません。

通常より紫外線の影響を受けるということは、シミやそばかすもできやすくなっていると言えます。またその状態で肌をこすったり傷がついたりすると跡が残りやすくなり色素沈着の原因となります。

しかしアウトドアが好きで日焼けをしやすい環境の人にとっては「脱毛後どのくらい経ったら日焼けしても大丈夫なの?」と疑問に感じると思います。

脱毛のことを考えると日焼けをしないことに限りますが、施術を行なった1週間以上後なら脱毛後の敏感な肌が落ち着いてくる時期だと考えられます。アウトドアスポーツや紫外線を多く浴びる予定がある場合には施術の1週間後に予定をいれるようにしましょう。

肌が落ち着いたとはいえ、くれぐれも日焼け対策を怠らないようにしてください。

また脱毛は1回で完了ではなくツルツルになるまでには数回通うものなので、ひどく日焼けをしてしまうと次の脱毛を受けるときに黒さが戻らなくて脱毛を受けれない可能性があります。

脱毛中の日焼けのリスクを理解して、なるべく日焼けをしないような対策をしましょう。

どの程度日焼けしていたらレーザー脱毛は断られるの?

湘南美容クリニック レーザー脱毛 日焼け
出典:湘南美容クリニック公式サイト

日焼けの度合いで脱毛を断れてしまうことがあります。レーザー脱毛は医師や看護師が施術するので、レーザー脱毛をするのは危険だと判断された場合には脱毛をすることができません。

その度合はクリニックによって基準が異なりますが、上記の写真の「湘南美容クリニック」では写真で日焼けの程度を提示されています。

基本的に日焼けの線がくっきりついている場合は過度に日焼けをしているとみなされて脱毛を断るクリニックが多いです。地肌と日焼けした肌との色の違いがはっきりと目視できてしまうと安全面を考慮して医師に脱毛ができないと判断されてしまうようです。

また日焼けの黒さだけではなく、日焼けによる赤みも断られる理由になります。赤くなっている皮膚は日焼けで炎症を起こしている最中で、その肌にレーザー脱毛を当てると強い刺激になりかねません。痛みが伴ったり、赤みがひどくなる可能性があります。

日焼けで一旦断られてしまうと元の肌に戻るまで1ヶ月〜3ヶ月期間を開ける必要があるのでなるべく日焼けをしないような対策を日頃から行いましょう。

クリニックによって施術できる日焼けの度合いは違うので、レーザー脱毛するクリニックでしっかりと説明を受けるようにしてください。

おすすめのレーザー脱毛が受けられるクリニック3選

ここでレーザー脱毛が受けられるクリニックを3つ紹介していきます。

どのクリニックも評判が高いので、レーザー脱毛を受けたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

湘南美容外科


脱毛方法:レーザー脱毛
公式サイトはこちら

<参考料金>

  • 髭脱毛:29,800円(6回)
  • VIO:58,000円(6回)
  • 手足:113,400円(3回)
  • 胸:49,680円(6回)
  • 全身脱毛:435,370円(6回)

※上記はあくまでも料金の一部を抜粋したものです。他の部位の金額については公式サイトをご確認ください。

<サロン特徴>

  • 髭脱毛が6回で29,800円と低価格
  • 10分〜15分ほどの短時間で施術終了
  • 全国の56のクリニックで施術が可能

湘南美容外科は、累計実績380,000件を突破した実績を持つサロンです。

知名度も高く、実績が多いため「はじめて医療脱毛をする」という男性からも注目されています。

また、初診料やお薬代、解約手数料などの料金が一切不要というのも湘南美容外科のメリットの1つとして挙げられます。

全額返金保証制度付きなので「もしも効果が得られなかったら…」という不安も一切無用です。

回数制プランのほか、無制限のプランなども用意されているので、「安い料金で髭や毛をしっかりと脱毛したい」という方にも適しているでしょう。

安い料金設定でありながら、しっかりと効果に納得できるまで通い続けられるサロンです。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら


メンズリゼ

メンズリゼ ロゴ
脱毛方法:レーザー脱毛
公式サイトはこちら

<参考料金>

  • 髭脱毛:55,800円(5回)
  • VIO:98,800円(5回)
  • 手足:118,000円(5回)
  • 全身脱毛:299,000円(5回)

※上記はあくまでも料金の一部を抜粋したものです。他の部位の金額については公式サイトをご確認ください。

<サロン特徴>

  • 分割支払いができ、月々3,100円から脱毛可能
  • 肌トラブルが起きた際の治療代を全額保証
  • コースの途中解約が可能

メンズリゼでは3種類の脱毛機の中から個人によって異なる毛質に合わせた最適な脱毛機を使用するので高い効果が得られます。

また、ツルツルはもちろんのこと「部分的に残す」「適度に薄くしたい」といった要望も叶えることができるのもメンズリゼの特徴で、要望に応じて、毛の濃さや密度を変えるこができるのです。

さらに、カウンセリング料や初診料・再診料・予約キャンセル料が一切なしというのもメリットとして挙げられます。

万が一に起こった肌トラブルには完全無料保証があるため、安心感も抜群です。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら


ゴリラクリニック

ゴリラクリニック ロゴ
脱毛方法:レーザー脱毛
公式サイトはこちら

<参考料金>

  • 髭脱毛:68,800円(6回)
  • VIO:140,000円(5回)
  • 手足:250,000円(5回)
  • 全身脱毛:570,000円(5回)

※上記はあくまでも料金の一部を抜粋したものです。他の部位の金額については公式サイトをご確認ください。

<サロン特徴>

  • 19万件以上のの脱毛実績がある
  • 3種類の麻酔で痛みをサポート
  • 97.9%と高いお客様満足度を誇る

ゴリラクリニックでは、5種類の脱毛機を完備し1人1人に適した脱毛を行っています。

その方の毛・肌の状態をみて脱毛機を選択するので、安心して施術が受けられるでしょう。

また、施術には3種類の麻酔を使用し、施術中の痛みを軽減することが可能です。

痛みを最小限に抑えることができるので「痛みに弱い」という方にもおすすめです。

また、約20万件の脱毛実績を誇り、患者満足度も97.9%を達成していることもゴリラクリニックの特徴です。

初回カウンセリングは無料であるため相談してから始めたいという方にぴったりです。

⇒公式の髭脱毛はこちら

⇒公式の全身脱毛はこちら

まとめ

レーザー脱毛中の日焼けは肌に大きなダメージを与えたり、脱毛ができなくなってしまったりします。脱毛中はくれぐれも日焼けをしないようにしましょう。

レーザー脱毛は毛の黒色やメラニン色素に反応して熱を放出し毛根の組織を破壊します。そのため肌が日焼けで黒くなると毛の黒さと肌の黒さの判別がつかなくなり、肌を傷つけてしまう危険性が高まります。

日焼けをした肌で脱毛を行なうと次の3つの危険があると解説しました。

  • 火傷の危険性がある
  • 痛みが強くなる
  • 効果が薄くなる

脱毛中に日焼けをすると肌に悪影響なだけでなく、レーザー脱毛の効果を最大限に活かすことができないのでとてももったいないです。

またレーザー脱毛を受ける前だけでなく脱毛後も日焼けは避けるべきです。脱毛後の肌は敏感になっていて、通常より紫外線の影響を強く受けてしまったり、シミやそばかすができやすくなったりしています。

クリニックによって受けられる日焼けの度合いは異なります。しっかりと説明を受けてルールを守るようにしてください。

髭や眉毛などの顔を脱毛する人は常に紫外線を浴びる部分の脱毛なので、一年中日焼け対策をして過度な日焼けをしないように心がけることが大切です。そして日焼けとレーザー脱毛の関係性を理解して安全な方法できれいに脱毛を成功させましょう。

<おすすめ関連記事>

 

0