フィジーク選手の脱毛法とは?大会出場者の脱毛方法を教えます!

フィジーク選手はなぜ脱毛するの?

フィジーク フィジーカー
引用:IRONMAN BLOG

フィジーク競技は現在日本でもかなりの人気を誇っており、それに伴い競技人口も増えつつあります。

フィジークの大会も年間を通してほぼ常に開催されている状況ですが、その際に気づかされるのは、各選手が脱毛を丁寧に行っているという点です。

特にトップ選手になるほど、ムダ毛の処理がしっかり行われていますが、その理由は何なのでしょうか。

脱毛をしっかり行い、肌を露出させることにより、筋肉の繊維がくっきりと見えるようになります。

特にトップレベルになると、細かい筋肉の見え方が勝負の分かれ目となりますので、脱毛も大事な要素となります。

また、フィジークやボディビルのような筋肉を露出する競技は、爽やかさ(清潔感)も重要な判定基準になります。

現在では、ムダ毛が生えている人のほうが少なく、悪い意味で目立ってしまいますので、判定の際にマイナスに働いてしまします。

本気でフィジーク競技への参加を考えている場合には、筋トレだけでなく脱毛も必要になってきます。

フィジーク選手が実際にやっている脱毛法

以下では、フィジーク選手が実際にやっている脱毛方法について解説していきます。

おすすめ度の低い順から解説していきますが、それぞれのメリット・デメリットについて確認していきましょう。

カミソリ【おすすめ度:⭐️☆☆☆☆】

まず、カミソリによる脱毛方法について解説していきます。

メリット

カミソリによる脱毛方法のメリットは、以下のようになります。

  • コストがかからない
  • 広範囲を処理できる
  • 簡単に行える

カミソリで脱毛を行う場合のメリットとしては、まずコストがかからないという点があります。

必要になるものはカミソリとシェービングフォームだけですので、価格を抑えて脱毛することができます。

カミソリの価格もピンキリですが、高いものでもそこまで高額なものではありません。

また、カミソリで脱毛を行う場合、広範囲を処理できるというメリットがあります。

一度で一気に毛を処理することができますので、手間がかからないという点では、面倒に感じてしまう脱毛も楽に行うことができます。

さらに、カミソリで脱毛を行う場合は、技術も不要ですので、男性でも簡単に行うことができます。

カミソリを肌に当てて滑らせるだけですので、繊細な動作は不要です。

デメリット

カミソリによる脱毛方法のデメリットは、以下のようになります。

  • 肌にダメージが加わる
  • 刃を定期的に替える必要がある
  • 永久脱毛はできない

カミソリを使用して脱毛を行うことのデメリットの1つとして、肌へのダメージがあります。

フィジーク選手の場合、脱毛が必要な箇所としては脚や腕の他にも、ワキ毛も処理する必要がありますが、カミソリを当てることで肌がヒリヒリとしてしまうことがあります。

特に、ワキの場合はカミソリを当てるのが意外と難しく、また処理をすると肌に痛みを感じることもあります。

また、カミソリを使用する際には、定期的に刃を替える必要があります。

カミソリの刃が古いままだと、断面がデコボコになっていたり、切れ味が落ちてしまっています。

切れ味が落ちると、それだけ脱毛効果が落ちますし、また肌を傷つけてしまいます。

そして、カミソリでの脱毛では永久脱毛をすることはできません。

フィジークの大会に頻繁に出場する方の場合は、その都度細かい毛の処理を行う必要があり、少し面倒です。

ブラジリアンワックス【おすすめ度:⭐️⭐️☆☆☆】

次に紹介する脱毛方法は、ブラジリアンワックスを使用した方法です。

ブラジリアンワックスは、肌にワックスを塗り、専用のテープを貼って毛を引き抜くという方法であり、少し強引な方法で毛根から毛を抜くという方法です。

メリット

ブラジリアンワックスによる脱毛方法のメリットは、以下のようになります。

  • コストがかからない
  • 脱毛方法がシンプル
  • しっかりと脱毛できる

ブラジリアンワックスを使用して脱毛を行う場合、必要なものはブラジリアンワックス1つだけですが、ブラジリアンワックスの値段自体は決して高価なものではなく、手軽に購入することができるという点は、メリットといえます。

また、ブラジリアンワックスでの脱毛方法は非常にシンプルであり、ワックスを塗って後はテープで剥がすだけですので、方法として非常にシンプルなものとなっています。

細かい脱毛テクニックは必要なく、男性でも簡単にできるというのは大きなメリットです。

さらに、ブラジリアンワックスでの脱毛は非常に強力ですので、細かい毛も残りにくくいのも特徴です。

フィジークの大会に出る場合には、細かい毛までしっかり処理しておく必要がありますので、選手にとってはメリットとなります。

デメリット

ブラジリアンワックスによる脱毛方法のデメリットは、以下のようになります。

  • 痛みが強い
  • 埋没毛を起こす
  • 永久脱毛できない

ブラジリアンワックスでの脱毛には、強い痛みを伴います。

ブラジリアンワックスを使用した脱毛はシンプルである一方で、少し古典的な方法になります。

脱毛の瞬間に涙が出てしまうほどの痛みを感じることもありますので、その点は認識しておきましょう。

また、ブラジリアンワックスを使用すると、埋没毛という症状が起きる可能性があります。

埋没毛とは、脱毛の際に剥がれた皮膚やかさぶたが毛穴を覆ってしまい、それによって毛が皮膚の外に出てこれないという状態になってしまいます。

皮膚に黒いポツポツとしたものがあるけれど、それを処理することができないという場合には埋没毛の可能性があります。

埋没毛になると、見栄えの点で印象が下がりますので、フィジーク選手は避けたいところです。

埋没毛が生じた場合は、皮膚科に相談する必要もあります。

おすすめのブラジリアンワックス【NULLブラジリアンワックス】

エステ脱毛【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️☆☆】

次に紹介するのは、エステ脱毛による処理方法です。

エステ脱毛とは、エステサロンで行われる脱毛であり、光を照射しながら毛根にダメージを与えて脱毛を行うという方法になります。

メリット

エステ脱毛のメリットは、以下のようになります。

  • きれいに脱毛できる
  • 広範囲で脱毛できる
  • 痛みが少ない

エステ脱毛では、プロのエステティシャンによって脱毛を行ってもらえますので、きれいに脱毛をすることができます。

特に自分では手が届かないような背中の毛などについてもきれいに脱毛をすることができますし、肌にダメージを受けやすいワキの部分も安心して処理可能です。

また、エステ脱毛では広範囲にわたって脱毛が可能ですので、短時間で処理を終えることができます。

自分で行うのとでは比べ物にならないほどスムーズに処理が可能になりますので、この点もメリットといえます。

また、痛みが少ないというのもエステ脱毛のメリットです。

脱毛に痛みが伴うと、どうしても気が向かずに、脱毛をサボってしまいがちですが、そうしたこともなく、気軽に脱毛ができます。

デメリット

エステ脱毛のデメリットは、以下のようになります。

  • 期間が長い
  • 費用がかかる
  • 永久脱毛はできない

エステ脱毛の場合、脱毛の頻度は2カ月に1回ほどとなり、終了するまでには1年以上かかります。

根気強く行う必要がありますので、その点は辛抱が必要です。

また、費用に関しても、上記で紹介してような脱毛方法よりもはるかに高くなりますので、予算を決めたうえで行う必要があります。

さらに、エステ脱毛でも永久脱毛はできません。

この点については特に注意が必要で、エステ脱毛でも永久脱毛できると思っている人が多いのですが、時間とともに毛は生えてきます。

除毛クリーム【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️☆】

次に紹介するのは、除毛クリームを使用した脱毛方法です。

除毛クリームとは、その名の通り脱毛ではなく毛を取り除くものであり、肌にクリームを塗ることで、特殊な成分が毛を溶かすという方法で処理を行っていくというものです。

メリット

除毛クリームによる脱毛方法のメリットは、以下のようになります。

  • 費用がかからない
  • 簡単に脱毛できる
  • 強力な除毛効果

まず、脱毛クリームを使用することのメリットとして、費用がそこまでかからないという点があります。

除毛クリームは、薬局やインターネットショップでも購入することができ、現在では数多くの除毛クリームがありますが、そのどれもが低コストで購入することができます。

フィジーク選手は定期的に処理を行う必要がありますが、財布を圧迫しないという点は、嬉しいポイントです。

また、除毛クリームでのムダ毛処理は、簡単に行えるという点があります。

除毛クリームでの処理方法は、肌にクリームを塗り、後は少し時間をおいて、シートでクリームをふき取るという簡単なものになります。

作業自体は非常にシンプルであるにもかかわらず、その除毛効果は非常に強力なものとなっており、この点も除毛クリームを使用することのメリットといえます。

毛の処理のし忘れがあまりなく、しっかりと毛を処理することができますので、肌をツルツルにしたいフィジーク選手にはメリットとなります。

デメリット

除毛クリームによる脱毛方法のデメリットは、以下のようになります。

  • 肌にダメージを与える
  • 処理しにくい部分もある
  • 永久脱毛はできない

除毛クリームを使用することのデメリットとして、肌にダメージを与える可能性があるという点があります。

除毛クリームの成分は、毛を溶かしてしまうほどの成分が配合されていますので、肌への刺激が強く、人によっては赤くなったり、ヒリヒリと痛みが生じる可能性もあります。

除毛クリームを使用して肌に異常を感じた場合には、使用をストップする必要もあります。

また、除毛クリームを使用する場合、足や腕などの自分の目で見えるような場所は簡単にクリームを塗ることができますが、背中の部分などの毛には中々クリームを塗るのが難しいという難点があります。

フィジークの場合、フロントポーズだけでなく、バックポーズという、審査員に背中を見せてポージングを行いますので、背中にも毛が生えている人は、背中の毛もしっかり処理しないといけません。

背中にクリームを塗るのが難しい場合は、他の人に手伝ってもらう必要もあります。

そして、除毛クリームを使用しても、永久脱毛をすることはできません。

強力な除毛効果があるものの、いずれ毛は生えて来てしまいますので、その都度脱毛を行う必要があります。

おすすめの除毛クリーム【プレミアムリムーバーグート】

プレミアムリムーバーグート

内容量:250g
定価2,980円→定期価格2,682円

公式サイトはこちら

医療脱毛【おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】

最後に紹介するのは医療脱毛です。

医療脱毛は、医療機関で行われる脱毛方法であり、医療行為として行われます。

レーザー脱毛という方法で行われますが、レーザーを照射して毛母細胞という細胞を破壊することで脱毛を行っていきます。

メリット

医療脱毛のメリットは、以下のようになります。

  • 永久脱毛が可能
  • 細かい毛も処理可能
  • 安心して脱毛できる

医療脱毛の最大のメリットは、永久脱毛効果が期待できるという点です。

今回紹介した脱毛方法の中で唯一永久脱毛が可能になっていますので、永久脱毛にこだわる人にはおすすめです。

数多くの大会に出場予定のフィジーク選手にとっては試合ごとにムダ毛の処理をする必要がないのは大きなメリットとなります。

また細かい毛であってもしっかりと処理できますので、処理残しなく脱毛が可能です。

医療機関で行われる脱毛ということで、万が一のトラブルにも適切に対処してもらうことができますので、安心かンという点でも抜群です。

デメリット

エステ脱毛のデメリットは、以下のようになります。

  • 費用がかかる
  • 痛みがある
  • 制約が多い

医療脱毛は費用がかなりかかります。

保険適用外のため、どうしても費用がかさんでしまいますので、まずはどれくらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう。

また、痛みが強いというのもデメリットです。

神経が多く通っている箇所は特に痛みが強いので、どうしても痛みが恐い場合には麻酔の使用も検討しましょう。

さらに、医療脱毛を行う際は、日焼けをしているとできない、脱毛後は風呂に入れない、保湿が必要など、様々な制約があります。

日焼けはフィジーク選手にとって欠かせないものですので、兼ね合いが難しいというのが難点です。

日焼けの度合いについては、可能な場合もありますので、まずは医療機関で確認してから脱毛を行うようにしましょう。

フィジーク選手の脱毛方法まとめ

以上、フィジーク選手の脱毛について解説してきました。

フィジークの大会に参加することを検討している方は、筋肉を鍛えることの他にも、脱毛についても意識が必要です。

今回紹介した脱毛方法を参考にして、ベストな状態を整えて大会に臨みましょう。

<おすすめ関連記事>