ジムでもオシャレな服装をしたいメンズ必見!2019年の流行を紹介!

ジムで運動する上で最適な服装とは?

ジム ファッション トレーニング

近年では、フィットネスブームの追い風もあり、ジムが全国的に増えてきております。

そんな中で「ジムでもオシャな服装を楽しみたい」というメンズは多くいるのではないでしょうか?

この記事では、トレーニングの内容別に、おすすめの適した服装や注目を集めているフィットネス系アパレルブランドについて紹介をしていきます。

ジムでおしゃれを楽しみたい人は、ぜひ参考にして下さい。

ジムでの服装に適した服の素材とは?

ジムでは、基本的に汗をかくことを前提として、Tシャツであれば「綿100%」ではなく「ドライメッシュ」「ナイロン」などの素材がおすすめです。

中にはアンダーアーマーなどのような*1コンプレッションウェアを好む人もいます。

コンプレッションウェアは機能性と速乾性に非常に優れており、体のラインを強調した服装でトレーニングがしたい筋肉の動きを確認しながらトレーニングをしたいという方におすすめです。

また、コンプレッションウェアの上にTシャツやハーフパンツを履くというスタイルもジムでは定番となっており、冬場など服装で温度調節をしたい場合は、コンプレッションウェアで調節することがおすすめです。

※1:コンプレッションウェア…「着圧ウェア」とも呼ばれており、伸縮性の高い生地によって着用時の身体に圧をかけることで、身体にさまざまなサポート効果をもたらす機能性ウェアのことを指します。

ランニングと軽めの筋トレがメインの人

ランニングマシン 男

まずは「ハードな筋トレよりも脂肪燃焼のためのランニングを目的としている」という人に向けた、おすすめの服装を紹介していきます。

基本的には、Tシャツにハーフパンツというスタイルがランニングやダンベルなどを使っての軽い運動にはおすすめです。

基本的にジムやスポーツクラブのトレーニングエリアは空調管理が徹底されており、薄着でも暑くも寒くも無いような温度設定がされているかと思います。

さらにランニングマシンでのランニングで代謝が上がると考えるとTシャツとハーフパンツがちょうど良いかと思います。

上記でも紹介したように少し寒い時期ならコンプレッションウェアを着た上に、Tシャツやハーフパンツを履くこともおすすめします。

初〜中級レベルの筋トレがメインの人

ジム トレーニング 男

ジムにも通い慣れてきて「ダンベルなどを使用しての基本的なトレーニングを中心にしていて筋肉もついてきた」というメンズは、少し露出を増やした服装をしても良いかもしれません。

ノースリーブ素材のウェアであれば、そこまで過度な露出では無いため恥ずかしいという気持ちも無いかと思います。

また、筋肉の動きを確認しながらトレーニングするということは、非常に大切で「今この筋肉に負荷がかかっているんだ」と感じることは神経系の発達を促し、*2マッスルコントロールに繋がります。

※2:マッスルコントロール…意識した筋肉を自分の意思で動かす技術のこと

各種大会出場を目的にトレーニングしている人

ボディビルやフィジークやベストボディに出場するくらいまで鍛えているという人は、タンクトップを着てトレーニングすることをおすすめします。

タンクトップを着ている人をよく「筋肉アピールをしていてキモい」という初心者や女性がいますが、タンクトップを着ることは、上記でも解説したように「筋肉の動きを確認しながらトレーニングができる」という、しっかりとしたメリットがあります。

大会出場を検討している人は、ただ重いダンベルやバーベルを振り回すだけでなく、どの部位に負荷をかけてアプローチしているかを意識しながらトレーニングする必要があり、より筋肉が見える服装をするということが必然的にプラスに働きます。

ジムでタンクトップといえば、ゴルードジムのタンクトップは、トレーニーの中で定番中の定番です。

もしも同じジム内でゴールドジムのタンクトップが多くいて被るのが嫌であれば下記のタンクトップなどもおすすめです。

ゴールドジムウェア Yバックジョータンク ターミネーター (メンズ/M・L・XLサイズ)【当店在庫品/メール便対応可】 [GOLD’S GYM_W]

¥3,240 (2019/03/24 22:44:24時点 楽天市場調べ-詳細)

ジムでオシャレに見えるコーディネートを紹介

上記では、自分のトレーニング内容にあった、おすすめの服装を紹介しました。

ここでは、自分でおしゃれに見えるコーディネートも紹介していきます。

ジョガーパンツスタイル

ジム 服装 メンズ WEAR
引用:WEAR

ジムファッションのおしゃれアイテムの定番といえばジョガーパンツです。

ジョガーパンツは足首部分にリブがあるタイプのパンツで、スポーツメーカーで販売している商品であれば、伸縮性にも優れているため、ジムでも動きやすく着ることができます。

蛍光色を取り入れる

ジム 服装 男
引用:WEAR

ジムファッションの中では蛍光色を取り入れてみるのも、おすすめです。

「なかなか街中で着るのは恥ずかしい…」

という人でも、割と派手な色味を使った服装をしている人が多いジムであれば、気軽に取り入れやすいかと思います。

ノースリーブパーカー

ノースリーブパーカー

画像のようなノースリーブタイプのパーカーもジムでは人気を集めています。

どちらかと言うとファッションにこだわっているトレーニング中〜上級者が着ている印象が強いです。

三角筋が発達していて、腕が太い人が着ると、さらにかっこよく見えます。

【2019年最新】話題のフィットネスアパレルブランドを紹介

ここでは、2019年着ていたらジムでおしゃれ間違いなしのフィットネスアパレルブランドを紹介します。

人気のあるフィットネスアパレルブランドは、多くが有名ジムや有名フィジーカーが作っている場合が多く、即完売になるような商品も多いので、お気に入りのブランドを見つけたら逐一情報をキャッチできるようにしておきましょう。

I’M BODY APPAREL

I'M BODY APPAREL
I’M BODY APPREL公式サイトはこちら

I’M BODY APPRELはフィジーク選手、パーソナルトレーナーそしてyoutuberとしても有名なJin(小池友仁)さんが運営しているフィットネスアパレルブランドです。

Jinさんはフィットネス界でも知名度が非常に高く、youtubeのチャンネル登録者数は23万人を超えます(2019年1月現在)

I’M BODY APPRELはトレーニングウェアとしても機能的ながら、デザインにも非常に凝っており、街中で着ていても、なんら違和感なくおしゃれに着こなすことができると言う点で人気を集めています。

Jin(小池友仁)プロフィール

小池友仁 Jin

<経歴>

トレーニング歴13年。

幼少の頃より空手と筋トレをはじめる。筋肉の本場に触れる為、大学中退後NYに渡り本場アメリカのフィットネス文化に触れる。帰国後、不動産会社に勤めながらさらにトレーニングを追求する。

ダイエットジムRIZAPの立ち上げメンバーとして活躍後、独立し自身もCompetitorとして多くの大会に出場

自身の身体を使って、試行錯誤を重ね様々な大会を通して得た結果を元に作り上げた減量理論と筋肉の増量法で出場したほとんどの大会で優勝

10年以上かけて追求したトレーニング理論と様々な経験から得た知識をもとに作り上げた減量理論で数多くのクライアントを理想の身体に導く

<大会実績>

  • 2014 USBB Physique 名古屋大会 クラス別優勝
  • 2014 USBB Physique 全日本大会 クラス別優勝
  • 2015 NPCJ Physique 全日本大会 クラス別、オーバーオール優勝
  • 2016 MUSCLE MANIA シンガポール大会 PHYSIQUE クラス別優勝
  • 2016 MUSCLE MANIA CLASSIC PHYSIQUE 2位
  • 2016 NPCJ 全日本大会 クラス別優勝
  • 2017 NPCJ Physique 全日本大会 +175㎝優勝
  • 2018 NPCJ BEEF SASAKI JAPAN CLASSIC +175㎝優勝

<参考>

JinさんのInstagramはこちら
Jinさんのtwitterはこちら
Jinさんのyoutubeチャンネルはこちら

CORE

COR アパレルブランド カネキン
CORE公式サイトはこちら

COREは、こちらもJinさん同様にフィジーク競技で結果を出し、youtuberとしても活躍しているカネキンさんが立ち上げたブランドです。

こちらもネット通販のみの販売ですが、発売したら即完売という人気ぶりで、COREのアイテムが欲しいという方は、常にチェックしておく必要があります。

COREはそのシンプルかつスタイリッシュなデザインもさることながら、ジムでトレーニングをする人のためにカネキンさんの経験から生み出された独自のフォルムも特徴で、デザイン・機能性のどちらにも優れているのが特徴です。

カネキンさんプロフィール

カネキン 金子駿

<経歴>

2014年よりyoutuberとして活動、youtuberとして活動する傍、自身のブランド「CORE」を立ち上げる。

2016年にはNPCJ主催のオールジャパンメンズフィジーク175㎝以下の部門で優勝。

一躍、日本を代表するフィジーク 選手となった。

2017年は、別団体のJBBFの大会に出場するも予選落ち、2018年は悔しさをバネにNPCJ ビーフ佐々木クラシック*1オーバーオールで優勝を果たす。

また2018年12月には自身の運営する「kanekin gym」を千葉県松戸市にオープン。

オープンイベントでは、その人気の高さを伺えるような大盛況ぶりでした。

※1オーバーオール…身長別カテゴリーの各優勝者の中で1位を決める。実質その大会の中の1位を決める部門。

<大会実績>

2016 NPCJ Mola Cup -175 優勝
2016 NPCJ All Japan Men’s Physique -175cm 優勝
2018 NPCJ Beef Sasaki japan classic over all 優勝

<参考>

カネキンさんのyoutubeチャンネルはこちら
カネキンさんのInstagramはこちら

まとめ

ジムでもオシャレをしたい男性向けに、ジムでの服装やおすすめのブランドについて解説を行なってきました。

自分のモチベーションを上げるためにも、服装に拘ってみてはいかがでしょうか?

<おすすめ関連記事>

 

0