札幌ベルエポック美容専門学校の広報センター長に聞く男性美容市場の今

広報センター長 加藤 幸樹氏にインタビュー

札幌ベルエポック美容専門学校の広報センター長、加藤 幸樹 氏にインタビューを実施しました。現在も美容専門学校で指導する立場にある加藤氏は、実際に生徒に指導していく中で、美容業界のこれまでとこれからについてどのような考えをお持ちなのでしょうか。

<加藤 幸樹氏のプロフィール>

・札幌ベルエポック美容専門学校 広報センター長
・札幌で美容師を経験後、現在の札幌ベルエポック美容専門学校に勤務。現在15年目

御専門学校の特徴を教えてください

ー加藤さん、どうぞ宜しくお願い致します。まず加藤さんが広報センター長を勤められている札幌ベルエポック美容専門学校についてお伺い致します。日本は、100を超える美容専門学校がありますが、その中で札幌ベルエポック美容専門学校の特徴を教えてください!

よろしくお願いします。札幌ベルエポック美容専門学校は、全国の姉妹校と連携した運営で、「最新の美容」を常に研究している美容学校です。トレンドに敏感で新しいことを常にカリキュラムに取りいれ最先端の美容情報に触れられる環境を作っています。

例えば、美容業界とのコラボ授業は圧倒的に他校とは違います。美容業界の最先端で活躍しているプロに実際に学校に来てもらい、直接学生達に指導してもらえる環境を提供しています。

また、プロが活躍している実際の現場に出向き、一緒に作品作りをする経験や、コレクションなどのショーにも参加しプロと携わることができる環境を提供しています。

美容学生にとっては重要な学ぶ環境にも十分なサポート体制をしいており、結果的に、北海道各地の方が私たちの学校に入学してきてくれています。そういった意味では、安心して生活できる環境も一つの特徴だと思います。

公式ページはこちら

特に力を入れていることを教えてください

ー最先端の美容情報に触れながら学ぶことができるというのは大きな魅力ですね!様々な取り組みを行っていらっしゃるかと思いますがその中でも特に力をいれていることは何ですか?

私たちが特に重要視していることは、いかに「即戦力」となる人材を育成できるかという点です。そのために必要なことは、より実践的なカリキュラムであり、業界の最先端で働いているプロ達とコラボし、その世界を知ることが大切です。教材なども、当然のことながら最新のスタイリング剤など、プロと同じ道具を使用して授業を行なっています

また、国家試験や各検定などのサポート体制、一人一人の就職希望先に内定をもらえる就職サポートシステムなどは、姉妹校と連携して情報共有に力をいれているので、万全な体制が整っています。

もちろん、生徒たちが学校生活を楽しめるように、行事なども学生が本当に喜んでもらえるように行事など工夫して実施してます。

ーありがとうございました!即戦力として活躍できるように最高な「環境」を作ることを心がけていることがよく分かりました。業界の最前線で活躍するプロに同伴し、プロの仕事をお手伝いながら学べるというカリキュラムは贅沢すぎるといってもいいほど魅力的な環境ですね。

続けては、少し業界のことについて聞いていきたいと思います。

現在の美容業界の状況を教えてください

ー美容業界では様々なニュースが飛び交っていますが、加藤さんが感じている美容業界の現在の状況を教えていただけますでしょうか。

質問 疑問 はてな

現在は、美容業界を目指す高校生が減少しています。よって美容業界に送り出す卒業生も減少し、結果的に美容業界は人手不足に陥りました。美容業界は求人活動に必死であり、全国の人事担当者が来校して求人活動に力を入れています。

どこの企業も雇用条件も整備してきて、昔に比べると初任給も上がり、休日も週休二日などのなっているサロンも増えてきているので「昔よりも働きやすい業界になってきている」そんな印象を受けますね。今後は益々、求人活動が過熱化して「人」という部分が更に強く重要視されていくと思われます。

男性美容市場の拡大について見解を教えてください。

ー男性美容市場は拡大傾向にあることはよく知られていますが、実際に教育者として日々指導していく中で、どのように感じていますか?

特にコスメを使っている在校生やメイクをしている男子学生の増加が近年みられるので、授業でも積極的に取り入れる方向で進めています。男子学生がコスメやメイクに対しての知識レベルも全体的に上がってきていると思われます。
コンシーラー
興味のある学生が周りの目を気にせずに話せたり、メイクコスメをやれたり出来る空気が年々流れてきていると思うので、今後は更に気にせずどこでも男子でも実施できる環境になってくると思われますので、若い子にも積極的にトライしてみてほしいです。
ーそういった意味では、男性美容文化の発展と共に、「ジェンダーレス化」が進んでいると思います。そのことについてはどうお考えですか?
美容学校は、もっとオープンに、もっと受け入れる体制を全ての学校がとるべきです。本校はもちろんOKです。

美容業界での仕事に興味を持つ若年層の男性に対して、メッセージをお願いします。

「目の前の人を綺麗にカッコよくして、お礼を言われて、お金をもらえて、
 いつまでも自分もオシャレにカッコよくいられる、素敵な仕事です。」

ーありがとうございます!指導者ならではの視点のご意見で、美容業界は「まだまだ盛り上がる!」そんな印象を受けるインタビューでした。

今回、ご協力いただいた、札幌ベルエポック美容専門学校は、北海道の美容学校といえばココ!と言われるほどの人気っぷりです。

札幌ベルエポック美容専門学校の紹介

区分専門学校
住所札幌市中央区北1条東1-7-1
電話番号0120-711-154
設立2005年
学科・コース美容師科(昼2年・120名)
トータルビューティ科(昼2年・80名)
ヘアメイク科(昼2年・80名)
美容師科通信課程(通信制3年・120名)
美容師実践科(昼3年・40名)

オープンキャンパス情報はこちら

学校イベントの様子

札幌ベルエポック美容専門学校のおすすめのイベントをご紹介します。とくに札幌コレクションではプロのアシスタントとして、実際の仕事の現場を体感できるため、特に重要なイベントです。動画で紹介されているので是非ご覧ください。

<札幌コレクション>

<学生プレスBBQ>

<ハロウィン文化祭>

年間スケジュールはこちら

まとめ

札幌ベルエポック美容専門学校の広報センター長、加藤 幸樹 氏にお話を伺いました。

北海道というエリアにも関わらず、業界の最前線の情報にふれながら、プロの仕事を肌で体感することができる人気の専門学校です。イベントも盛りだくさんで、みどころ満載です。ご興味のある方は、是非HPをご覧ください。

公式HP

0