クレアルカリンとは?!クレアチンとの効果の違いについても解説!

クレアルカリンについて徹底解説!

サプリメント

効率の良いボディメイクに欠かせないサプリメントと言えばプロテイン、BCAA、クレアチン等がありますが、最近ではクレアチンに変わってクレアルカリンの人気が高まっているようです。

そこでクレアルカリンの効果やクレアチンとの違いを確認しながらおすすめのクレアルカリンサプリメントを紹介していきます。

クレアルカリンを摂取することでクレアチンよりも効率の良いトレーニングが可能になり、理想的なボディメイクが出来るようになりますよ。

そもそもクレアルカリンとは?

簡単に言えば吸収効率に優れたクレアチンがクレアルカリンです。

クレアチンに代わり使用されるようになってきたクレアルカリンですが、成分的に言えばクレアチンと同じです。

では、どこが違うかということになりますが、水に溶けにくいクレアチンに対してクレアルカリンは水溶性で水に溶けやすく、不要物質にも変化しにくいという点がクレアチンとの違いです。

また、クレアチンとは違ってローディング期間が不要であり、手軽に効果を体感できるという点も大きな違いであり、クレアルカリンが評価されるポイントでもあります。

クレアルカリンとクレアチンの違いとは?

クレアルカリンとクレアチン、どちらも成分は同じと前述しましたが、違いについてさらに詳しく見ていきます。

まずその前にクレアチンの効果や飲み方についておさらいしておきましょう。

クレアチンとは?

クレアチンはアルギニン、グリシン、メチオニンの3種類のアミノ酸から合成される成分で、肝臓や腎臓、膵臓で合成されています。

そのうち約95%が骨格筋内に存在し、その他には脳や神経細胞にも存在し、エネルギーを作り出しています。

クレアチンを摂取した時の働きを見てみましょう。

クレアチンを摂取すると体内でリン酸になり、その後クレアチンリン酸に変化していきます。

筋トレに限らず、人間の体が動くためのエネルギー源の中の一つにATP(アデノシン三リン酸)がありますが、クレアチンリン酸はATPを貯蔵する働きをします。

つまり、クレアチンを摂取したことでATPを貯蔵する働きを持つクレアチンリン酸が生成され、筋肉中にATPを貯蔵することが出来るようになります。

すると、強度の高いトレーニングをするときに筋肉に貯蔵されたATPを利用することができるため、今までよりも重いウェイトを扱うことが出来たり、レップ数を増やすことができるというわけです。

筋肉は高い瞬発力と高負荷がかかる運動であればあるほど、エネルギーを消費量しますが、それを上回るクレアチンを体内に備えておくとより高い効果が期待できます。

クレアチンの主な効果としては下記のようなものが挙げられます。

  • 運動パフォーマンスの向上

筋トレの他、コンタクトが必要なスポーツで必要になる瞬発的なパワーの供給の他、バイク、スイム、陸上(特に短距離インターバル)などの反復性運動の際にピーク時のパワーを持続させることができます。

  • 筋肉量の増加

クレアチンには筋肉を作る作用はありませんが、クレアチンによって無酸素運動のエネルギー供給が効率的に行われることで高い強度のトレーニングを行うことができます。クレアチンの効果で最大強度でトレーニングをすることが可能となるため、結果として筋肉量を効率的に増やすことが期待できます。

  • 脳の疲労軽減

クレアチンは重要な神経保護物質であると言われ、筋肉への作用だけではなく、脳や神経にも作用があります。

クレアチンを摂取すると脳が情報を処理する能力が向上や、短期記憶力の向上が期待できるとされています。また、なんらかのストレスが掛かる状況での問題解決能力が向上することが確認されています。

クレアチンは肉や魚等、食材から摂取することができますが、筋肉に貯蔵されるために必要と言われる5gのクレアチンを摂取するために肉の場合は約1㎏、魚であれば500gを食べなければいけなくなります。

これだけの量の食事を毎日続けるのは現実的ではないため、クレアチンのサプリメントを飲むというわけです。

クレアチンは副作用がなく、プロのアスリートだけでなくボディビルダーや運動を楽しんでいる人々にも使われています。

クレアルカリンとは?

クレアルカリンとクレアチンは成分的には同じ、という説明を上でしておりますが、クレアルカリンはクレアチンよりも吸収効率が優れています。

一般的なクレアチンはモノハイドレードタイプと言われ、水に溶けにくく、溶かすと成分として化学的に不安定になるという性質があります。

しかし、クレアルカリンは水に溶けやすく、化学的に安定しているので効率よく吸収されます。

クレアルカリンの最大の特徴はこの吸収効率が良いという点で、クレアチンを摂取する際に必要なローディングが必要ありません。

では、クレアチンに必要なローディングとはどのようなものなのでしょうか?

ローディングって何?

ローディングとはクレアチンの使用を始めるときに最初の1週間の間、まとまった量のクレアチンを集中的に摂取し、クレアチンの血中濃度を高めることを指します。

ローディングの具体的なやり方ですが、1日20gのクレアチンを4回に分けて摂取し、1週間程度続けます。

クレアチンを摂取すると筋肉が水分を引き込むため、通常よりも水分が必要になります。意識して水分をたくさん摂るようにしてください。

ローディングが終わったらメンテナンス期としてクレアチンの血中濃度を維持するために1日1回、クレアチンを5g摂取します。

クレアチンの濃度が一定の水準になるとそれ以上のクレアチンを摂取しても尿として排出されるだけで無駄になってしまうので、5gで十分です。

メンテナンス期を3か月程度続けたら1、2か月摂取を休むというのが一般的なクレアチンの摂取方法です。

しかしクレアルカリンは吸収率が非常に高く、クレアチンにはつきもののローディングの必要がありません。

このクレアルカリンの吸収率の高さによって摂取してすぐに体感があり、効果を実感することができます。また、結果的に摂取量も少なくてすみますので、コスト的にも優れているという点がクレアルカリンが評価されている理由の一つになっています。

クレアルカリンの飲み方は?

クレアチンの多くは粉末になっていて、水に溶かして飲むのが一般的でしたが、水に溶けにくいという難点がありました。

しかしクレアルカリンはカプセルタイプになっていますので、水と一緒に飲むだけでOKと扱いが手軽になっています。

粉末のクレアチンの場合、持ち運びづらいということがありましたが、クレアルカリンは持ち運びについても全く問題がありません。

クレアチンの用法と用量

クレアルカリンEFXのパッケージによるとトレーニングの30分前に2カプセル、トレーニング後に2カプセルを摂取するということになっています。

これでトレーニング前後で3gのクレアルカリンを摂取することになりますが、前述した通り持ち歩きが簡単にできますので、トレーニング直後でもしっかり摂取できます。

クレアチンの場合、メンテナンス期に1日5gを継続しなくてはなりませんが、クレアチンを摂取している人はわかると思いますが忙しい時などにも欠かさず5gのクレアチンを摂るのは意外と大変です。さらにローディング期は1日20gを1週間程度摂るのですが、きちんと管理するのは大変です。

その点、クレアルカリンはトレーニングの前後だけという手軽さです。この点がクレアチンからクレアルカリンに切り替えたユーザーが多いという理由の一つでしょう。

クレアルカリンのコスト

クレアルカリンとクレアチンでは容量と価格が違うため、単純にコスト比較をするのが難しいところですが、クレアチンの場合にはローディング期だけで120g程度を消費します。

クレアルカリンの場合はローディングなしで効果を体感できる、という点を考えるとクレアチンに対してコスト優位、というよりは純粋にコストパフォーマンスが良い、という言い方が出来るでしょう。

下記ではおすすめのクレアルカリンを紹介していますが、1カプセルあたり12円から20円代となっていますので、4カプセルを摂取した場合のコストは1日100円以下、と考えれると安いのではないでしょうか。

おすすめのクレアルカリン3選

このようにローディング期間がなく、吸収性に優れているためクレアチンよりも扱いやすく効果も高いとして利用する人が増えているクレアルカリンですが、特におすすめのクレアルカリンを紹介します。

①マイプロテイン クレアルカリン®︎ クレアチン

マイプロテイン クレアルカリン
マイプロテイン公式サイトはこちら

トレーニー内で、利用している人がどんどん増えているのがマイプロテインです。

常にセールを行なっているため、かなり安価に⑨ん描く的なサプリメントを購入することができます。

<参考記事>


②クレアルカリン EFX(高純度クレアチン)

【特徴】

ALL AMERICAN EFX社のクレアルカリンはコストに優れた製品です。

1カプセルに750㎎のクレアルカリンが配合されており、トレーニングの30分程前に2カプセル、トレーニング直後に2カプセルを摂取するだけで高い品質のトレーニングを行うことができます。


③ナウフーズ クレアルカリン クレアチン 750mg 240粒

created by Rinker
NOW Foods
¥7,997 (2019/02/22 16:40:27時点 Amazon調べ-詳細)

【特徴】

アメリカのサプリメントメーカー、ナウフーズのクレアルカリンです。

1カプセルに750㎎のクレアルカリンが配合されており、お腹にやさしいph値安定型です。大容量の240粒入りでコストにも優れています。

まとめ

クレアルカリンは水に溶けやすく、クレアチンのようなローディング期間が必要ないことから近年クレアチンに変わって利用する人が増えているサプリメントでうす。

クレアチンのローディングは1日20gを4回に分けて摂取する、という意外と面倒臭い手間が必要になりますが、クレアルカリンはトレーニング前に2カプセルを摂取することでローディング期間なしに効果を得ることができます。

クレアチンをいつも使用しているけれどいまいち体感がない、という人やよりハイレベルなトレーニングをしたいというアスリートやボディビルダーの方はクレアルカリンを試してみてください。

<おすすめ関連記事>

0