おすすめシャンプーブラシ比較10選!痒み&フケ頭皮ケアには必須!

シャンプー

ロングヘア(長髪)にすると、起こりがちな痒みやフケ&臭いの問題!しっかりシャンプーしたつもりでも、フケや痒みが出たら、もしかして臭っているいるのでは?自分の臭いは自分では気づきにくいので心配ですね。

そんな男子におすすめなのが、シャンプーの効果を高めてくれるシャンプーブラシです。今回は、頭皮ケアも出来て、フケ&痒み、臭い対策にもなるおすすめシャンプーブラシを紹介します。

シャンプーブラシのおすすめが知りたい!

ヘッドスパマシンを使用する男性

フケと痒みの原因は、頭髪の毛穴からでる汗と汚れ、皮脂が毛穴に詰まって起こります。この毛穴に詰まった皮脂と汚れがターンオーバーにより剥がれ落ちる頭皮がフケという物体です。

フケはお肌でいう垢と同じようなものです。だから、脂ぎったフケが溜まった頭髪は臭ってしまうです。頭髪の汗と皮脂の分泌量は季節により異なります。また、汗をかきやすい方とあまり汗をかかない方がいるように、皮脂も分泌量に個人差があります。

一年中脂ぎった顔をしている方は、頭皮の皮脂分泌量も多い傾向にあります。これは遺伝によるもので、対策としては毎日しっかりシャンプ―して皮脂と汚れを落とすのがベストです。

また、長髪にしている方は髪に臭いが付着しやすく、頭皮の皮脂や汚れが落としにくいはずです。手洗いよりシャンプーブラシを使用した方が、頭皮の皮脂汚れを簡単に落とすことが出来ます。

シャンプーブラシの効果

シャンプーブラシにはいったいどのような効果があるのでしょうか。

ここでは、シャンプーブラシの効果を3つご紹介します。

頭皮をしっかり洗える

手洗いでは落としにくい頭皮の皮脂や汚れを、シャンプーブラシなら効率よく落とすことが出来ます。頭皮をしっかり洗えば、フケや痒み対策の他にもメリットがあります。薄毛予防や痒み予防に育毛剤やヘアトニックなどを使用されている方も多いはずです。

手洗いで、毛穴の詰まった皮脂や汚れが落ちてない状態では、育毛剤やヘアトニックの効果が半減してしまいます。また、頭髪の毛穴はデトックス経路にもなっております。

頭髪はご自分で感じているより、汗と皮脂を沢山分泌しています。この毛穴がシャンプーを疎かにして、皮脂と汚れが詰まってしまったら、フケや匂いの問題だけでなく、デットックス経路が塞がれてしまい、頭皮毒(経皮毒)の問題も絡んできます?

まあ、頭皮毒やデットックス自体が医学的根拠に乏しい分部もありますので、それ程、気にしなくても大丈夫かもしれませんが?汚れや皮脂が詰まった状態を放置していたら、薄毛や若ハゲに繋がる可能性は高くなるはずです。シャンプーブラシを使ってしっかり頭皮を洗いましょう。

血行が良くなる

指先で数分マッサージしたくらいでは、毛穴の奥にある毛細血管まで刺激することは出来ず血行促進には繋がらないという専門医もいます。シャンプーブラシなら、指先より硬いブラシも多く指先では得られないマッサージ効果を与えることが出来ます。

また、マッサージ効果による血行促進に加えて、シャンプーブラシではブラッシングによるリラグゼーション効果が得られます。頭皮には沢山のツボがあり、指先ではピンポイントで押さなければならないツボも、シャンプーブラシならアバウトに刺激することが可能です。

この、シャンプーブラシによる頭皮の血行促進とツボ刺激は、ヘアケア以外にも多くのビューティ&ヘルスケアに繋がります。

爪で頭皮を傷つける心配がない

手洗いでシャンプーすると痒い分部があった場合、爪を立てて洗ってしまい頭皮を傷つけてしまう可能性があります。指のはらで洗っても痒みがおまらないと思う方には、シャンプーブラシなら安全に痒い分部もシッカリ洗うことができます。

頭皮や毛穴を傷つける事は脱毛の元凶を自ら造ってしまいます。薄毛や若ハゲが心配なかたはシャンプーブラシの使用が安全で確実です。

シャンプーブラシの選び方

選ぶ 選択

シャンプーブラシにはさまざまな種類がありますが、商品を紹介する前に選ぶ時のポイントについて解説します。

コスパの良いシンプルなブラシ or 高機能な電動ブラシ

シャンプーブラシは、100円ショップで売っているものから、マッサージ効果の高い自宅でヘアエステが可能な高機能な電動ブラシまで、価格帯も広く種類も豊富にあります。痒み対策にシャンプーブラシを購入するならコスパの良い手動シャンプーブラシ、薄毛や脱毛予防にマッサージ機能を求めるなら電動ブラシがおすすめです。

【コスパの良いシャンプーブラシ】

100円から千円前後で様々な手動シャンプーブラシが手に入ります。形も定番の丸型から普通のヘアブラシのような形状をしているシャンプーブラシもあります。また、ブラシ自体の長さや太さ、ブラシ先端の形状も様々です。

頭皮が痒いからといって、先端が尖った固い素材のシャンプブラシを使うのは避けた方が無難です。爪で洗っているのと同じで頭皮や毛穴を傷つけてしまいます。痒み対策ならヘアブラシと同じようなブラシ形状の先端が球状になっているシャンプーブラシがおすすめです。

手動ブラシのメリットは製品が安価でコストパフォーマンスに優れている点と、電源(電池)や買換えなどのランニングコストも抑えられる点があります。また、自分で洗う速度や強弱を調整できるので、痒み対策にも向いています。

【電動式シャンプーブラシ】

手動シャンプーブラシでは得られないマッサージ効果とリラグゼーション効果が得られます。自宅で簡単にヘアエステやヘッドスパに来た気分になれます。高機能の電動式シャンプーブラシは、1万円前後と高額になりいますが、本格的なヘッドスパ数回分でコスト回収できます。

また、薄毛&若ハゲ予防で育毛サロンに通うのを考えたらコスト的には安い買い物です。毎週、育毛サロンに通ったら週1回でも目玉が飛出るほどの金額になりますが?毎日、高機能の電動式シャンプーブラシと医薬品の育毛剤を使用した方が、低コストで高い育毛効果があるかもしれません。

素材・ブラシの固さで選ぶ

ブラシの固さは、男性が手動のシャンプーブラシを選ぶ時には重要なポイントになります。フケ症で痒みがすぐ出るかたには、シリコンなどの柔らかいシャンプーブラシは物足りないかもしれません。また、薄毛対策のマッサージ効果を得るには、ある程度の固さのブラシが必要です。

【シリコン素材】

シリコン製シャンプーブラシは、柔らかく適度な弾力があること。先端を押し当てても優しい肌触りで痛くないので、初めてシャンプーブラシを使う方や小さなお子さんでも安心して使えます。頭皮を傷める心配もなく、髪を心地よく洗うことができます。

ブラシ形状によってはシリコン製シャンプーブラシは頭髪に絡まりやすく抜け毛の原因になってします。ブラシの短いノーマルシャンプーブラシがおすすめです。また、シリコン製シャンプーブラシは、素材の耐熱性が高く耐久性にも優れるているので、買換え頻度が少なくてすみコストパフォーマンスに優れています。

【ポリプロピレン】

ポリプロピレン製シャンプーブラシの特徴は、普通のヘアブラシに使われることも多く硬さがあることです。適度な弾力もあり、頭皮に当たって汚れを掻きとるのに向いています。しかし、あまり力を入れすぎると頭皮を傷つける可能性もありますので、シャンプーブラシの先端でゴシゴシこすらないようにしましょう。

摩擦と炎症は頭皮とお肌には禁忌です!小刻みに動かしてマッサージするように使うのがおすすめです。なお、ポリプロピレン製シャンプーブラシでも硬さが物足りないという人には、ヘアブラシ同様ナイロン素材が向いています。硬くてコシがあり、強めの刺激を感じることができます。

髪の長さに合わせてブラシの長さを選ぶ

ロングヘア(長髪)の方は、通常のヘアブラシのような形状をしているシャンプーブラシやシャワーヘッドのような取っ手部分のあるシャンプーブラシがおすすめです。また、ブラシの長さはヘアブラシと同等の長いブラシが適しています。

また、ブラシ先端はヘアブラシによくある球状のものが、頭皮の汚れや皮脂を落とす効果に加え髪を傷めない効果もあります。ヘアブラシ形状のブラシ部分が長いシャンプーブラシは、ポリプロピレン製やナイロン製で固さもあり、フケ症ですぐ痒みが出てしまう男性に向いています。さらに、マッサージ効果も高く、抜け毛予防にも効果的です。

おすすめシャンプーブラシランキング

手動のシャンプーブラシは、ご自分の頭皮に当てた時の感触で心地好いものを選びましょう。また、手の大きさによりシャンプーブラシの取っ手形状のフィット感が違います。シャンプーブラシは可能な限り、ショップで実際に手に取って、頭皮に当てて感触を試してから購入しましょう。

①サクセス 頭皮洗浄ブラシ

メンズスキンケア商品が人気のサクセスのシャンプーブラシ。独特な三種の形状に分かれたブラシヘッドが特徴です。毛穴の奥の汚れまでしっかり落とすことができます。ソフトなマッサージ効果と指圧のようなしっかりマッサージ、一回のシャンプーで洗浄&頭皮マッサージを一度に可能にしてしまうシャンプーブラシです。

②ムコタ NEWスキャルプマッサージャー

全体の丸みを帯びた形とブラシ先端が尖っているのが特徴のシャンプーブラシです。手の平にも心地よくフィットし手の大きな男性でも握りやすいため、スムーズなブラッシングが可能です。また、ブラシ先端は尖っていますが、地肌にも優しくできており、頭皮が敏感な方も使用可能です。

③PRO TEC(プロテク) ウォッシングブラシ 毛穴クレンジングタイプ

歯ブラシでも評価の高いライオンのシャンプーブラシです。歯ブラシの技術と研究開発から生まれた超極細毛を採用した独特なブラシ形状のシャンプーブラシで、毛穴の奥の汚れや皮脂をスッキリ落としてくれます。頭皮へのチクチクした刺激が高い洗浄力とマッサージ効果を生み出します。シリコンシャンプーブラシでは痒みやフケがが収まらない方におすすめです。

④ヘルシンキ・フォーミュラ スクラビング ブラシ

手動シャンプーブラシにしては価格が少し高めですが、ABS樹脂による91個もの突起が付いていながら、それぞれ違う方向を向いており髪の毛が絡まないように工夫されていて、長髪の方も安心して使用できます。かための素材で血行促進&マッサージ効果も期待できます。

⑤DELMARE(デルマーレ) ヘッドスパブラシ

2種類のブラシが汚れを落とす!メインクリーナーが寝ている毛髪を立ち上がらせ、髪を傷めずに頭皮をマッサージ。サブクリーナで頭皮の皮脂や毛穴の汚れをキレイに落とすことが出来ます。 シリコン製で頭皮に負担をかけずにシャンプーできます。

おすすめ電動シャンプーブラシランキング

抜毛や薄毛対策に電動シャンプーブラシを使用するなら、金額に拘らず高機能な電動シャンプーブラシを選びましょう。毛穴の奥の毛細血管の血行促進には、指圧感や叩いている感覚のある上下運動が得られる電動シャンプーブラシがおすすめです。

①パナソニック 頭皮エステ

家庭用美容家電ではトップシェアのパナソニックの電動シャンプーブラシです。ヘッドスパのハンドテクニックのような心地よさが味わえる「フォーフィンガースパイラル」と、エステでも人気メニューのかっさをヘアブラシに応用した「かっさブラシ」で、自宅に居ながらヘアエステが可能です。

②パナソニック 電動頭皮ブラシ 音波振動クレンジングタイプ

電動歯ブラシでおなじみの音波振動と極細毛で毛穴の汚れもスッキリ落とす電動シャンプーブラシです。手動では得られない高速回転の振動が高い洗浄力とマッサージ効果を高めてくれます。保護ブラシが付属しているので、頭皮にダメージを与えることなくシャンプーできます。

③パナソニック 頭皮エステ 皮脂洗浄タイプ

洗浄力に重点をおき、独自開発された「フォーフィンガースパイラル」技術を採用し、4つのブラシが頭皮に密着してしっかりと洗い上げてくれます。「絞り出しブラシ」と「掃き出しブラシ」の2種類のブラシの効果で毛穴汚れや皮脂ももスッキリ落とせます。

④アンファー (ANGFA) スカルプD メカノバイオ 頭皮エステ アンファー×パナソニック スカルプDオリジナルブラシ

育毛剤のスカルプDが有名なアンファーとパナソニック共同開発の電動シャンプーブラシです。アンファーのメディカル研究とパナソニックのテクノロジーが融合!ヘアエステと呼ぶにふさわしい電動シャンプーブラシです。

⑤Youmay 頭皮・ヘッドマッサージャー

電動シャンプーブラシにも高いコストパフォーマンスを要求する方にはこちらの製品がおすすめです。USB充電・ブラシ取り外し可能で、本体は小さくて場所をとらず、旅行や出張等のときにも携帯に便利です。

シャンプーブラシおすすめ比較まとめ

シャンプーブラシは、とにかく種類が豊富にあるので、ご自分の使用目的に合わせてブラシを握った感じと、頭皮へのフィット感のあるものを選びましょう。頭皮が痒いからといって、掻きむしるように強く擦って洗うのはNGです。頭皮には摩擦と炎症がダメージを与えます。シャンプーブラシを使って上手に頭皮ケアをおこないましょう。

<おすすめ関連記事>

0