オフィスホワイトニングの効果や即効性はどのくらい?料金の相場は?

白い綺麗な歯は、見た目だけでなくビジネスなどコミュニケーションにおいても、相手に与える印象がアップするといわれています。

海外では、すでにホワイトニングに対する意識はかなり高く、日本でもホワイトニング施設はどんどんと増えています。

歯を白くする方法は様々ですが、その中でもオフィスホワイトニングは即効性が高いホワイトニング方法として人気です。

今回は、オフィスホワイトニングの具体的な効果や持続性、さらにはホームホワイトニングとの違いをご紹介します。

オフィスホワイトニングの効果や料金が知りたい!

ホワイトニング 歯医者

歯のホワイトニングには、いくつかの方法があります。

  • セルフホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング

どれも歯を白くする薬剤を用いて行うホワイトニング方法ですが、その中でもオフィスホワイトニングは即効性が高く、気軽にできるホワイトニング方法として人気です。

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングは、サロンなどで行うセルフホワイトニングとは違い、歯科医院で有資格者のみ取り扱うことのできる薬剤を使用して行う施術方法です。

オフィスホワイトニングの効果

白い歯 ホワイトニング

歯科医院のみで、取り扱うことのできる濃度の高いホワイトニング剤は、高濃度短時間で効率よく歯の汚れをを分解しながらホワイトニングができます。

効果には、歯の状態や黄ばみの原因などにもより個人差はありますが、人によっては1回の来院で以前よりは歯の色が明るくなったことを実感することが可能で、一回の施術で1~3回の照射を行うのが一般的です。

効果はどれくらいの期間続くの?

オフィスホワイトニングの効果は、個人差もありますが平均で3~6ヶ月持続します。ただし、日々の生活によってもその効果は大きく変わります。

  • 着色性の強い飲食
  • タバコ

日々の生活習慣を含め、時間とともに汚れや色が付くことは避けられないからこそ、ホワイトニング後のケアは必要です。

ホワイトニング効果を長持ちさせる方法

オフィスホワイトニングの効果を持続させたい場合は、まず以下の点に気を付けましょう。

  • 飲食後は水で口をゆすぐ
  • ホワイトニング効果の高い歯磨き剤を使う
  • 定期的にメンテナンスに行く

喫煙や食事などによる沈着は、できるだけ着色してしまう前に口をゆすぐだけでも効果が違います。

また、ホワイトニング効果の高い歯磨き剤を日々のブラッシングに取り入れたり、定期的にホワイトニングに通いメンテナンスをすることで綺麗な状態をキープすることが可能です。

オフィスホワイトニングは痛いの?

ホームホワイトニングに比べると、オフィスホワイトニングで使用する薬剤は高濃度(35%程度)の過酸化水素を使用するので、人によっては痛みを感じることもあります。

痛みは、ホワイトニングの薬剤により一時的に知覚過敏になってしまうことや、目には見えないひび割れなどが原因と言われています。

痛みに関しては、ずっと続くものではなく一時的なものなので自然と収まっていきます。

オフィスホワイトニングの時間

オフィスホワイトニングに掛かる時間は、トータルで約40分前後といわれ以下の流れが一般的です。

  1. カウンセリング
  2. 口腔内診断
  3. 歯面クリーニング
  4. ホワイトニング

ホワイトニングを受ける前には、必ず口腔内診断やカウンセリングがあり、ここで虫歯やホワイトニング効果が期待できない歯など教えてくれます。

1回の照射時間は、歯科医院によっても異なりますが8~20分が一般的となっており、照射回数を増やせばそれだけ施術時間はかかります。

オフィスホワイトニングの種類

オフィスホワイトニングには、いくつかの種類があります。

ハイライト (1992年〜)

世界初のオフィスホワイトニングで、現代のオフィスホワイトニングの原型とも言われる方法です。

薬剤剤を歯に塗り、ハロゲンライトを1回約20~30分程度当て徐々に歯を白くしますが、一度での即効性は低く数回の施術が必要です。

レーザーホワイトニング(1992年〜)

ホワイトニング効果の高いをダイオードレーザーを、ハロゲンライトに代わりに代用し行うホワイトニング方法です。

即効性も高く強力と言われますが、レーザを歯1本1本に当てる施術方法なので1回1~1.5時間かかります。

スピードホワイトニング(1994年〜)

ハロゲンライトの波長をよりアップさせ、レーザー同様の効果を出せる方法として高価なレーザーの代わりに誕生したオフィスホワイトニングです。

現代では、光を拡散させるクリスタルトップを装着することでは全体に光りを当てることができ、施術時間も短くなっています。

ジェルホワイトニング(2002年〜)

光やレーザーを使用しないオフィスホワイトニング方法です。その為、薬剤の濃度が高くなっており知覚過敏などが発生しやすいと言われています。

ビヨンドライト(2004年〜)

ビヨンドライトは、パワーのあるハロゲン光を使用し特別なフィルターにより熱や紫外線をカットしながらホワイトニングを行うので、非常にバランスよく効率的にホワイトニングができます。

ホームホワイトニングとの違い

ホームホワイトニングとは、歯医者で歯形をとり、オリジナルのマウスピースを作成し、マウスピースと歯の間に専用の薬剤を添付して行うホワイトニング方法です。

オフィスホワイトニングニングは、ホームホワイトニングとどんな違いがあるのでしょうか。

即効性が高い

ホームホワイトニングに使用する薬剤は『過酸化尿素』といわれ、歯に浸透しゆっくりと内側からホワイトニングをしていきます。

一方で、オフィスホワイトニングで主に使用される『過酸化水素』は濃度が濃く、歯の表面にある色素を分解させて白くするので即効性が高いのです。

少ない回数で手間がかからない

ホームホワイトニングは、マウスピースを作り自宅でゆっくりとホワイトニングをしていくので、それなりに時間や手間がかかります。

またマウスピースを作成する時と完成した時の2回、歯科医院に通う必要があります。

その後、毎日マウスピースと薬剤を付けて数週間経過すると歯が白くなるので、即効性はありません。

オフィスホワイトニングは、歯科医院など有資格者のもと行うので、数回で効果が期待できることから自分で行う手間もかかりません。

ムラがなく綺麗に仕上がる

ホームホワイトニングは、あくまで自分で行うホワイトニングなのでどうしてもムラが出てしまいます。

オフィスホワイトニングは、先ほどの通りたくさんの施術を行ってきた有資格者が施術をするので、ムラが少なく綺麗にホワイトニングができます。

ホームホワイトニングができない人

まず、歯が着色してしまう原因は主に以下の4パターンに分けられます。

  1. 先天的
  2. 日常生活(食べ物・タバコなど)
  3. 歯の神経がない
  4. 加齢

この中で、ホワイトニングができないのは1と3のパターンです。

次に、歯ではなくその他の理由でホワイトニングが受けられない場合もあります。

妊娠又は授乳中の女性

妊娠中や授乳中は、ホワイトニングの薬剤が胎児に影響がないと言い切れないことから、ほとんどの歯科医院で施術を受けることができません。

もちろん、ホームホワイトニングにおいても同様です。

無カタラーゼ症の人

無カタラーゼ症の人には、過酸化水素(ホワイトニング剤)を分解する”カタラーゼ”が体内にありません。

分解できない薬剤は、口から体内に残ってしまい危険な疾患を引き起こしてしまうことがあるので、ホームホワイトニングにおいても難しいでしょう。

詰め物・差し歯&入れ歯

ホワイトニング剤は、基本的に天然の歯にしか効果を発揮しません。

  • 詰め物
  • 差し歯
  • 入れ歯

上記に該当する場合、厳密に言えばホワイトニングを受けることができても思ったような効果が発揮されないといえます。

ホームホワイトニングができない(向かない)人

また、以下に該当する場合はホームホワイトニングが適さないといえます。

  • マウスピースが苦手
  • ホワイトニングの時間が取れない

ホームホワイトニングは、歯科医院で作ったマウスピースに薬剤を付着させて、一日1~2時間装着し2~4週間で効果が実感できるホワイトニング方法です。

だからこそ、マウスピースの装着に負担に感じてしまったり継続して行う時間が確保できない人にとっては、ホームホワイトニングは向かないと言えるでしょう。

オフィスホワイトニングの料金相場

オフィスホワイトニングは利用するサロンやクリニックによって料金が違います。

例えば、ホワイトニングサロン『赤坂見附歯科・原宿駅前歯科』の場合、一回1歯500円でホワイトニングを行い1本からホワイトニングが可能です。

歯の本数は、28~32本と言われバランスを考えると上下各6~8本のホワイトニングを行うと考えると、その料金は1回6,000円~8,000円となります。

一般歯科かホワイトニング専門歯科でも違う

また、オフィスホワイトニングの料金は一般の歯科orホワイトニング専門歯科で相場も大きく違ってくるものです。

  • 一般歯科:15,000~30,000円
  • 専門歯科:8,000~15,000円

ホワイトニング専門歯科がリーズナブルである理由は、ホワイトニングに特化することめ多様な治療も行う一般歯科に比べ、使用する薬剤なども限られ一人あたりにかかる費用を軽減できるのです。

用途に合わせて選ぶ

ただし、歯科医院では虫歯治療やインプラントなどホワイトニング以外のケアも行えます。

一方、日頃の生活習慣などで付いた歯の黄ばみなどが気になる人は、リーズナブルなホワイトニング専門歯科がおすすめです。自身の目的に合わせて、上手に選びましょう。

オフィスホワイトニングならスターホワイトニングがおすすめ

スターホワイトニングバナー

価格:2,500円~/回

  • LEDライト照射1回:2,500円(税込2,700円)
  • LEDライト照射2回:4,815円(税込5,200円)
  • LEDライト照射3回:6,945円(税込7,500円)

公式サイトはこちら

スターホワイトニングは、歯科医院でしかできないプロのホワイトニングをリーズナブルな価格で提供しているホワイトニング専門のクリニックです。

リーズナブルで効果を実感できる

スターホワイトニングは、いつでも1回2,500円(税別)で歯科医院でしかできないプロのホワイトニングが可能です。

通常はコースなどが設けられていることから高く設定されがちな施術料金を、スターホワイトニングは回数を決めることができるので、自分の満足できる回数でホワイトニングが可能です。

有資格者の施術で安心

スターホワイトニングは、エステサロンなどで行うホワイトニング方法とは違い、有資格者のみが扱うことのできるより濃度の高い薬剤を使用しています。

ホワイトニングを行う前には、国家資格を持つ歯科医師または歯科衛生士が口内チェック・施術を行うので、最後まで安心して任せることができます痛みも少なく効果を実感できる

痛みも少なく効果を実感できる

ホワイトニングに使用する薬剤によっては、濃度により痛みを伴うこともありますがスターホワイトニングにおいては適度な濃度でありながら痛みを軽減できるよう、独自の研究を重ねているので安心してしっかりと効果を感じることができるのです。

また、満足できない場合は施術料金を全額保証する精度を設けており、そいったお客様の満足度にとことんこだわる姿勢も支持されている理由の一つと言えるでしょう。

ホームホワイトニングならはははのはがおすすめ

はははのはバナー

1本:通常価格3,500円→約43%オフの1,980円(税込)

⇒公式サイトはこちら

日々の生活の中で自然に付いてしまう歯のステインは、放置することで黄ばみにつながってしまいます。『はははのは』はそんな黄ばみの原因に着目し、ホワイトニング効果に特化した成分配合の歯磨き剤を製薬会社と共同開発をしました。

削るのではなく浮き上がらせて白くする

一般的に、ホワイトニング効果のある歯磨き剤は研磨剤&漂白剤により歯を白くしていきますが、歯や歯茎にもダメージを与え知覚過敏を引き起こすきっかけとなることも多いです。

『はははのは』は、研磨剤&漂白剤ではなくステインに働きかける成分を独自に研究し、汚れを浮かし出すことで歯を白くします。

植物酵素が浮き上がった汚れをスッキリ

浮き上がった汚れに含まれるタンパク質は、以下の植物成分により優しく分解され洗い流されます。

  • パパイン:パパイヤ果実から抽出される酵素が汚れを優しく分解
  • ソープナッツ:洗浄成分が高く汚れに入り込み白い歯に導く

どちらも植物由来の成分なので、歯はもちろん歯茎にも優しく安心です。

白い歯をキープして守る10種のオーガニック成分配合

『はははのは』は、白くなった歯をキープできるよう10種類のオーガニック成分でコーティング力を高めます。

10種類のオーガニック成分には、うるおい成分や保護成分はもちろん口内環境を整える成分を加え、しっかりと守りながらクリーンで強い歯をサポートします。

『はははのは』は、このように浮かせる・落とす・守るの3ステップで白い歯に導いてくれること、それでいて発泡剤・着色料・パラベンなど不使用で、安心して使え効果を実感することができます。

オフィスホワイトニングまとめ

オフィスホワイトニングは、生活習慣でくすんでしまった歯を素早く効果的に白くすることができ、その即効性が忙しい現代人にもマッチするホワイトニング方法だと言えます。

手間もかからず、安心して施術を任せることができるのもホームホワイトニングとの大きな違いであると言えるでしょう。

施術料金は利用する歯科医院などによっても大きく変わりますが、ホワイトニング専門歯科などを利用するとリーズナブルです。

是非、参考にして白く魅力的な歯をキープしましょう。

<おすすめ関連記事>

0