メンズにおすすめのバリカンランキング10選!セルフカットしたい男性必見

バリカン

バリカンは、男性のセルフカットには欠かせないアイテムのひとつであり、ちょっと髪をカットしたり整えたりするにはとても便利でおすすめです。

そんなバリカンは、バリエーションはもちろんのこと価格やスペックなども豊富なので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バリカンの選び方やおすすめのバリカンをランキング方式でご紹介します。

メンズにおすすめのバリカンが知りたい!

バリカンでサイドを刈る

普段、美容室を利用していてもそうでなくても、バリカンは使い方も簡単でカットやヘアレンジやができるので、ひとつは持っていたいアイテムと言えます。

だからこそ、Amazonなどのネットはもちろん家電量販店にもかなりの種類のバリカンが並び、スペックや価格を比べているとどれも良く感じてしまうものですが、バリカン選びのポイントはどんなところでしょうか。

バリカンの選び方

バリカンを選ぶ際は、価格はもちろん使いやすさなど利便性も重要なポイントです。

まずは、数あるバリカンからおすすめのひとつを選ぶ時の4つのポイントからご紹介します。

防水対応だとカットとお手入れが楽

防水対応

防水対応のバリカンであればバスタイムのついでにも使うことができ、使用する場所を選ばなくてよいというのがおすすめのポイントです。

バリカンによっては、パーツのみ水洗い可能で防水対応がしていないものも多く、その場合バリカンの手入れも慎重になってしまいます。

特に、バリカンで髪をカットした後は皮脂などバリカンに付着した状態なので防水対応でしっかりと洗うことができ、お手入れがしやすいバリカンを選ぶのがおすすめのポイントです。

電源方式で選ぶ

バッテリーに充電

バリカンの電源方式はメーカーによっても異なり、主には以下の4つです。

  • 充電方式
  • 交流方式
  • 電池方式
  • 充電&交流式

電源方式によっては使いやすさも大きく異なります。

【電源方式は充電式がおすすめ】

充電方式の場合、バリカン本体にプラグが内蔵されメーカーにもよりまが、数時間で本体に直接充電します。

その為、充電中は使用できないというデメリットもありますが、コードを必要としないのでいつでもどこでも使える便利さがおすすめです。

また、出張や旅行など出先でも充電式であればコンパクトに持ち運びができるので便利ですが充電式の場合、充電が足りず中途半端な仕上がりとなってしまうこともあるので、充電残量などチェックできるバリカンだと使いやすいでしょう。

【交流式は電池切れの心配がないが場所が限られる】

交流式のバリカンは、コンセントを挿していれば使用可能なので電池が無くなる心配はありません。

当然、コンセントが挿せる場所でしかバリカンを使うことができないので、使用する場所は限られてしまうのが難点です。

特に海外などに持っていく場合は、そのまま使えないことも多いのでプラグを購入するなどしなくては使うことができません。

【電池式はパワー不足とランニングコストがかかる】

電池式のバリカンは本体自体がリーズナブルなものが多く、充電式のようにコードがないので使い勝手は良いかもしれません。

ただ、電池なので充電や交流タイプに比べるとパワーが小さく、切れ味という面ではいまいち満足できないことも少なくありません。

また電池がなくなり次第、交換しなくてはいけないという点もランニングコストが掛かるといえるでしょう。

【充電&交流タイプならより便利】

最近のバリカンは、充電でも交流でも使えるというタイプが増えています。

両パターンのメリットを取り入れているので、コードレスでストレスなく使用もでき充電がなくなりそうになればアダプタを付けて使うこともできるのでおすすめです。

アタッチメントの数が多いとスタイルの幅が広がる

バリカンとアタッチメント

アタッチメントとはバリカンの付属品のことで、本体と一体になっているタイプと付け替えタイプに分かれています。

アタッチメントにより、3㎜/6㎜/9㎜など長さやカット方法やが自由自在に調節でき、坊主やツーブロックなどセルフカットのバリエーションを広げてくれるので、バリカン選びのポイントと言えるでしょう。

バリカンは、一度購入してしまえば基本的に長く使えるものなので、アタッチメントにバリエーションはが豊富であるに越したことはないでしょう。

音の静かさも大切

静かにするよう促す男性

バリカンによってはかなり大きな音が出るものもあり、意外と気になってしまうものです。

そうなると、夜など自分がバリカンを使用したい好きなタイミングで使うことの躊躇してしまいますよね。

最近では、家電でも静穏アイテムは注目されていますので、バリカンを選ぶときにも注目したいポイントです。

メンズにおすすめのバリカンランキング

それでは早速、メンズにおすすめしたいバリカンランキング10選をご紹介します。

①パナソニック バリカン ER-GF80-S

電源方式充電・交流タイプアタッチメントスライド(20~40mm 3段切替/50~70mm 3段切替)/刈り高(3・6mm/9・12mm/15・18mm)スキ刈り
充電時間8時間サイズ高さ17.8cm×幅4.5cm×奥行3.8cm
使用時間約40分重量157g
水洗い付属品オイル、掃除用ブラシ、ケース、テクニックBook

シルバーのフォルムがスタイリッシュなパナソニックのバリカンは、刃を取り外すことなくカットした髪を掃除できる『ウォータースルー洗浄』なので、そのまま洗えいつでも清潔な状態をキープすることができます。

耳周りなど難しいカットも、『耳まわり&ナチュラルアタッチメント』が付いているので、ボリューム調整も簡単で安心してバリカンを使用することができます。

パナソニックオリジナルのカットテクニックBOOK付で、バリカンひとつで好みのヘアスタイルにチャレンジすることが可能です。

②HATTEKER 電動バリカン

電源方式充電タイプアタッチメントダイヤル(3〜24mm)6段切替/刈り高(0.5mm/1mm/1.5mm/2mm/2.5mm)
充電時間1.5時間サイズ高さ18.4㎝
使用時間約2.5時間重量680g(外装含む)
水洗い付属品USB、変換アダプター、クシ、掃除用ブラシ、オイル、予備バッテリー

ダイヤル式で、アタッチメントの取り付け不要で0.5~2.5mmまでの刈り高調整が自由自在に行え、ウォータープルーフ仕様なので安心して水洗い可能です。

1.5時間の充電で2.5時間の使用が可能と十分ですが、LED表示により充電残量が一目瞭然でカット中に電池がなくなる心配も回避できます。

刃の先端は、良質なステンレススチールとセラミックで構成されているので抜群の切れ味と安定感が魅力です。

③ブラウン 電動バリカン

電源方式充電・交流タイプアタッチメントダイヤル(0.5〜20mm)39段切替/ヒゲトリミングヘッド/ヘアートリミングヘッド
充電時間8時間サイズ高さ4.4㎝×幅16.5㎝×奥行4.1㎝
使用時間約1時間重量454g
水洗い付属品ジレットカミソリ、掃除用ブラシ、充電プラグ

電気シェイバーでおなじみのブラウンからそのノウハウを活かし、バリカンはもちろんヒゲ用のアタッチメントでトータル的にセルフカットできる優れものです。

ダイヤルを回すだけで、0.5mm~20mmと39段階で微調整ができるので、自分好みに仕上げることが可能です。

自動研磨機能&電圧調節を搭載しているので、長く使用しても新品同様の切れ味をキープすることができ、100V~240Vまでの電圧に対応できるので海外でも安心して使用が可能です。

④フィリップス 電動バリカン

電源方式充電・交流タイプアタッチメントスライド(1・3mm/3・15mm)11段切替
充電時間1時間サイズ高さ6.7㎝×幅6㎝×奥行14㎝
使用時間約1時間重量180g
水洗い付属品ヘアトリーミングヘッド、掃除用ブラシ、充電アダプタ、

ヘッド部分が180度回転するので、後頭部など手の届きにくい部分も簡単にセルフカットできます。

細部コーム&レギュラーコームと2つのコームにより、1~15mmまで11段回の調節が可能である上に、頭皮を傷付けないよう丸みを帯びた刃となっているので安心して使用することができます。

フィリップス独自の自動研磨システムを搭載しているので、オイルを差す必要もなく優れたカット性能をキープすることができます。

1時間の充電で約60分間使用が可能ですが、10分間の充電でも10分使用することができるので、ちょっとたけ使用したいときも便利です。

⑤パナソニック カットモード 充電交流式

電源方式充電・交流タイプアタッチメント刈り高(3・6mm/9・12mm)/スキ刈り
充電時間8時間サイズ高さ15.1㎝×幅4.3㎝×奥行4㎝
使用時間約40分重量105g
水洗い×付属品オイル、掃除用ブラシ、テクニックBOOK、収納ケース

通常の刈り上げから、前髪やスソまでのセルフカットが3つのアタッチメントで簡単にできます。

コンパクト設計で、手に馴染みやすいアーチカーブを採用しているので握りやすく安定感があります。

パナソニックシリーズの中ではシンプルラインなので、誰でも簡単に使いこなせ静音性能も高いので周りを気にすることなく自分の好きなタイミングで使うことができます。

⑥フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター

電源方式充電・交流タイプアタッチメントスライド(1~23mm)12段切替
充電時間8時間サイズ高さ18.7㎝×幅5㎝×奥行5㎝
使用時間約75分重量132g
水洗い×付属品掃除用ブラシ、充電アダプタ、コーム

45°ダブル鋭角刃なので、摩擦を軽減しながら従来の2倍のカット性能を実現したバリカンです。

2mm刻みで、1~23mmまで12段階の調節が可能で充電&交換どちらでも使用が可能です。

水洗い可能なのはコームと刃のみですが、クイックリリース式なのでヘッドを開いて取り外し簡単に刃を洗浄することが可できます。

ブラック×ブルーの飽きがこないデザインで、自動研磨式なので切れ味が長持ち

永く愛用することができます。

⑦パナソニック プロバリカン

電源方式充電・交流タイプアタッチメントダイヤル(0.8~2.0mm)5段切替/刈り高(3mm/4mm/6mm/9mm/12mm/15mm)
充電時間1時間サイズ高さ17.8㎝×幅4.5㎝×奥行4.1㎝
使用時間約70分重量230g
水洗い×付属品充電器、スタンド、掃除用ブラシ、オイル、カットテクニック本

パナソニックのバリカンシリーズの中でも、理容室などでも使用されるプロ仕様で1秒間に約100回刃が振動し刈り上げるパワフルさが魅力です。

可動刃の先端形状を革新した“X-テーパーブレード”により、髪の毛をしっかりと捉え引き込んで行き刈り残しを40パーセントも低減することが可能となりました。

プロ用ならではの、3~15mmの6つのアタッチメントに特殊カーボンコーティングとチタンコーティングで耐久性もよくしっかりとした作りです。

3段階の充電残量表示があるので、安心してセルフカットができます。

⑧フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター コード式

電源方式交流タイプアタッチメントスライド(1~23mm)12切替
充電時間サイズ高さ18.8㎝×幅5㎝×奥行5.6㎝
使用時間重量127g
水洗い×付属品充電アダプタ、コーム、掃除用ブラシ

カットした髪がコームに詰まらないよう設計されたことと、45°のダブル鋭角刃が摩擦を低減してくれるのでスムーズにカットできます。

掴み心地の良い質感のグリップが、スムーズに操作をアシストしてくれあらゆる部分をカットすることが可能です。

交流式なのでコードレスではありませんが、リーズナブルな価格でありながら100V-240V の電圧対応で海外でも安心して使用することができます。

⑨オーム電機 ヘアカッターセット

電源方式電池式アタッチメントコーム(3・6mm /9・12mm)/すき刈り
充電時間サイズ高さ22㎝×幅4.8㎝×奥行3.7㎝
使用時間重量105g
水洗い×付属品掃除用ブラシ、オイル

電池式で使用するバリカンは、コードレスで使いたいときに簡単に使用することができる手軽さが人気です。

3形乾電池2本で約90分の使用が可能なので、コードレスでも安心して使えます。

スゥェーデン製ステンレス刃を使用しているので切れ味がよく、さらに 3種類のアタッチメントが思いのままのセルフカットを実現してくれます。

⑩パナソニック セルフヘアーカッター

電源方式電池式(アルカリ乾電池単4形2個使用)アタッチメントダイヤル(5~25mm)5段切替
充電時間サイズ高さ11.3㎝×幅5.9㎝×奥行3.4㎝
使用時間約50分重量96g
水洗い×付属品掃除用ブラシ、オイル

電池式でコンパクトなバリカンなので、旅行や出張先にも気軽に持って行くことができます。

コンパクトでありながらも、刈り高アタッチメントを回転させることで5~25mmまで5段階の調節ができる優れもので、このバリカン一台でサイド・スソ・もみあげ・エリ足まで簡単にセルフカットが可能です。

バリカンは毎日使用するものではないので、電池式でもストレスなく使用することができます。

バリカンでできるヘアスタイル

最後に、バリカンで誰でも簡単にできるおすすめのセルフカットをご紹介しましょう。

ツーブロック

ツーブロックヘアーのハンサムな男性

ツーブロックとは、上頭部の長さを残しつつアンダー&サイドを刈り上げる髪型です。80年代にブームを巻き起こしたツーブロックは、2011年ごろから再び人気となっているヘアスタイルです。

一度ツーブロックにしてしまえば、2回目以降はその部分をバリカンでなぞるだけで綺麗になるので簡単です。

【ツーブロックの方法】

  1. 前髪~サイドをブロッキングする
  2. 頭皮にバリカンを付けながらゆっくりとカットする
  3. 後頭部はすきバサミなどを使いカットしていく

ツーブロックは、どこまでカットしていくかでイメージは全く違います。大事なポイントは、しっかりとブロッキングをすることと、左右対称になるようカットすることです。

バリカンを使う時は、長めのアタッチメントからはじめ下→上へと頭皮に這わせるよう動かしましょう。

ソフトモヒカン

お洒落でソフトモヒカンなハンサムな男性

ソフトモヒカンは70~80年代にかけ流行したヘアスタイルで、頭部の中央の髪を残し左右のみソフトに刈り込んでいくヘアスタイルです。

【ソフトモヒカンの方法】

  1. サイド・バック・前髪・トップの順番にカットする
  2. 側頭部・後頭部・襟足をカットする
  3. 頭頂部をカットする
  4. バリカンでかたちを整えていく

バリカンをあてる順番においてサイドからスタートする理由は、サイド&バックが長い状態であるとトップのバランスが想像できないからです。

  • 正面:左右対称なひし形になっている
  • 側面:前髪が最も短く徐々に長くなっている

バリカンを使う場合は、一気にカットするのではなくハサミなどでラインを作り前後左右など髪全体のシルエットをチェックしながら少しずつカットしていくのがおすすめです。

坊主

坊主頭のハンサムな男性

坊主は、バリカン初心者でも簡単にできるヘアスタイルです。

丸刈りというイメージではなく、サイドのみ短くしたおしゃれ坊主などワンランク上の坊主スタイルはバリカンによるセルフカットで様々なバリエーションにチャレンジできます。

【坊主の方法】

  1. 自分のつむじを確認する
  2. 好みの長さのアタッチメントを取り付ける
  3. 側頭部から頭頂部を下から上に向け刈る
  4. 前髪から頭頂部を前から後ろに向け刈る
  5. 後頭部から頭頂部を下から上に繋げるように刈る
  6. 頭頂部&もみあげを整える

バリカンで坊主にする際最終地点がつむじとなりますが、つむじは人によって位置が異なるのではじめに自分のつむじを確認してからバリカンをあてていきましょう。

セルフカットの場合、刃の向きは頭皮に対して必ず平行にするということが基本です。

メンズにおすすめのバリカンまとめ

バリカンは、ひとつ持っていると自分の好きなタイミングで、さっと身だしなみを整えることができるので手に入れておきたいメンズ必須アイテムと言えます。

たくさんの種類から自分に合ったおすすめのバリカンを選ぶ時は、価格よりもアタッチメントの豊富さや防水機能の有無など、セルフカットをより快適の行うことができる機能性もチェックして選んでみましょう。

ぜひ、今回のランキングを参考にお気に入りのバリカンを手に入れましょう。

<おすすめ関連記事>

0