ビール腹になる本当の原因は?おすすめのビール腹解消法5選

ぽっこり出たビール腹…その原因は?

太い

ビール腹は「ビールの飲みすぎででたお腹」と認識されることが多いのではないでしょうか。確かに、ビール好きの方にぽっこり腹の人が多いのも事実です。しかし本来は、ビールを製造する過程で使われていたビール樽のようなお腹というのが由来で「ビール腹」と呼ばれるのです。

では、ビール腹とは一体どのような状態のことなのでしょうか?ここでは、ビール腹の原因とその対策法をまとめてご紹介します。

まずは、ビール腹の原因を探っていきましょう。

そもそもビール腹の意味は?

「肥満」と言われる体型は大きく2つに分類する事が出来ます。お腹や上半身を中心に全体的に丸い感じの「りんご型肥満」と、お尻や太ももにぽってりお肉がついてしまう「西洋梨型肥満」です。いわゆるビール腹とは、「りんご型肥満」の俗称なのです。

また、中年以降の男性には手足は細くスリムでもお腹だけポッコリと出たビール腹、という方も多いです。そのような方は「内臓脂肪蓄積型」といいます。

内臓脂肪蓄積型のお腹の特徴って?

内臓脂肪の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 女性より男性の方がつきやすいと考えられている
  • 摂取エネルギーが消費エネルギーよりも多い状況が続いたことにより脂肪が蓄積される
  • 皮下脂肪に比べて脂肪がつきやすいが、皮下脂肪より落としやすい

ではなぜ、ビールをよく飲む方にビール腹が多い印象があるのでしょうか。

ビール腹になってしまう理由と解明しつつ、効果的に痩せる方法を見ていきましょう。

ビール

ビール腹になる原因はおつまみ!

ビールは350mlの缶でおおよそ130kcalあります。またたとえば唐揚げは1個(30g)で71kcalもあり、ビールとおつまみだけでかなりのカロリー摂取となります。

ビールのホップや炭酸には胃壁を刺激して胃液の分泌が促進させ食欲を増進させる作用があり、そのためどうしてもビール以外のおつまみや料理を一緒に食べたくなってしまうのです。

そのためビールやお酒自体ではそんなにカロリーは摂っていなくても、おつまみを含めるとカロリーの摂り過ぎになってしまい、肥満につながりやすいのです。

では、ビールを飲む際に、気をつけるべきことはなんなのでしょうか?以下で紹介していきます。

脱ビール腹!ぽっこりお腹を解消する5つの方法

ここまで、ビール腹とは何か、その原因は何かについてご説明しました。ここからは、それを踏まえてビール腹を解消する方法を5つご紹介していきます。

①GI値の低いものから食べる

普段食べている食品には全てGI値という血液中の糖分の吸収度合いを測る値が決まっています。このGI値が低いものから食べることで、血糖値の上昇を抑えるインスリンの分泌を抑えることが可能です。

このインスリンの分泌が抑えられることによって、脂肪細胞に糖分を送り込まれるのを抑えることができ、ビール腹の原因である皮下脂肪の対策になったり満腹感を維持したり、眠くなくなりにくくすることができるのです。

低GI値
出典:www.ikedaiin.com/gi.html

有名な食べ順ダイエット(野菜or汁物⇒主菜(お肉・魚など)⇒ご飯の順番で食べるダイエット)の原理もGI値の低いものから食べることが土台となっています。

普段の食事や飲み会の際も、まずは野菜など低GIの食べ物から食べることによってカロリーの吸収を抑え、ビール腹対策をすることができるのです。

②つまみを見直す

ビールのおつまみでよく合うものと言えば揚げ物やスナックなどの油物です。その脂質の多いおつまみを野菜や大豆製品に切り替えるだけで簡単に痩せることができます。

野菜に含まれる食物繊維は余分な脂肪分を吸収し排出してくれますし、豆類には体の代謝を上げ痩せる体を作る効果があります。

③糖質カットのビールを選ぶ

現在では、糖質をカットした低カロリービールが多数発売されています。ビール腹で悩んでいる方は特に、一度は手にされたことがあるのではないでしょうか。

糖質カットビールを飲んでいても、おつまみでカロリーを大量摂取してしまえば痩せることはできませんが、おつまみに気をつけながら晩酌や休日などビールを家で飲むシーンに糖質カットビールも積極的に取り入れることでさらにカロリーカットが期待できます。

またビールのカロリーカットをすることで、その分どうしても濃いおつまみを食べたい時に我慢する必要が減るので、ダイエット中の食べられないというストレスを感じにくくなります。

④脂肪燃焼サプリを使用する

脂肪は1kg減らすのに7200kcalの消費が必要です。1ヶ月で脂肪を1kg減らすためには30日間毎日消費カロリーが摂取カロリーを240kcal上回っている生活を送る必要があります。

しかし運動や食事制限で毎日240kcalを減らす生活を続けようにもなかなか継続ができないものです。そのような方に支持されているのが、脂肪燃焼サプリメントです。

男性は「皮下脂肪より内臓脂肪がつきやすい」という特徴があります。男性で特に内臓脂肪が多い方は、基礎代謝を上げて内臓脂肪を燃焼することを目的としたサプリメントを選べば良いのです。

この記事では、そんな脂肪を燃焼するサプリの中でもビール腹で悩む多くの方に支持されているサプリが紹介されているので一度チェックしておきましょう。

⑤エステサロンの体験にいく

ビール腹を効率良く改善するためにエステサロンにいくのも選択肢のひとつです。

近年さらに増えているメンズエステサロンですが、ビール腹やメタボ対策など、男性によく見られる症状に特化した痩身コースも充実しています。エステサロンでは、カウンセリングで個々の悩みごとに応じた生活改善や食事改善のアドバイスもしてもらえますし、体験コースも充実しています。何よりエステティシャンの客観的な視点があるので、もっとも効率よくバランスよく痩せることが可能です。

初めてエステサロンに行かれる方なら体験料金でフルコースの施述を受けることができます。大手メンズエステのラ・パルレではたった2000円で初回の施述をうけることができます。まだ行ったことがない方は特典を利用することができるのでチェックしておきましょう。

初来店限定!業界最安値2000円で脱メタボ「ラ・パルレ」の実態!」では、メンズエステサロン「ラ・パルレ」のコース内容や、体験版コースなどの詳細を紹介していきます。エステサロンに興味がある方はチェックしておきましょう。

ビール腹ダイエットには筋トレがおすすめ

ビール腹解消に筋肉を鍛えることは、基礎代謝を上げ脂肪をつきにくく痩せやすい体を作るのに効果的です。ここでは、痩せるために効果的な筋トレの方法3つと、筋トレをすることによって痩せるのかメカニズムについてご紹介していきます。

バイシクルクランチで腹斜筋を鍛える

腹斜筋とは脇腹、肋骨の下の辺りに斜めにある筋肉のことです。腹斜筋が弱いと脇腹がたるんでくびれもなくなってしまいますので、お腹がポッコリと出てきてしまいます。

バイシクルクランチでは、仰向けに寝転がって頭の後ろで腕を組み膝を曲げふくらはぎを床と平行にしたら、肩や脚を上げた状態のまま上半身をねじりつつ交互に足を伸ばします。これの動作により、腹斜筋と腹直筋下部を重点的に刺激することができます。

一般的なトラディショナルクランチのトレーニングにツイストという要素を組み込むことで負荷を大幅に上げたバイシクルクランチは、その分脂肪燃焼効果が高いため一般的な腹筋トレーニングよりもダイエットに効果的であり、より引き締まったウエストを手に入れ、早く確実に痩せることを可能にします。

バイシクルクランチを行う際のポイントは、最初から最後まで肩と脚は浮かせたままで肘に力をなるべく入れないように意識して、腕の反動は使わず腹筋だけの力で腹斜筋を限界まで絞ることです。限界まで絞ったら停止時間を設けることでより効果を高めることができます。

プランクで体幹を鍛える

プランクも腹筋や体幹を鍛えるトレーニングとして人気のあるトレーニングです。うつぶせの状態で肘をついて足を伸ばし体を真っすぐに浮かせ、一定時間その状態をキープするトレーニングです。

上記のバイシクルクランチと組み合わせて行う事でより高く痩せる効果を得ることもできますし、プランクは比較的腰に負担がかからない腹筋トレーニングですので、クランチ系のトレーニングでは腰が痛くなってしまうような方にもおすすめです。

プランクは誰でも簡単に今すぐ始められるトレーニングなので、男性にも女性にも人気がありますが、行う姿勢に注意しないと全く効果が得られないどころか、逆に腰を痛めてしまう可能性もあります。

なるべく顎を上げないように目線を斜め前に固定してしっかりお腹に力を入れ、肩から足までの体をピンと一直線に保ちましょう。息を吸う時にお腹を引っ込めるとさらに痩せる効果が上がります。

とにかく姿勢を保つことが重要なトレーニングですので、疲れてきて一直線に体を保ち続けることが辛くなってきたら、ズレた姿勢のまま続けるのではなく、無理せず短い時間から始めるようにしましょう。

続けやすいスクワットで痩せる

ビール腹解消の筋トレには、ウォーキングと同じ手軽さでできるスクワットもおすすめです。

人体の全筋肉の6割は下半身に集中しており、スクワットで動かす筋肉は、おしりの大殿筋や太もも裏側のハムストリングスなど股関節周辺の体幹の大きな筋肉です。スクワットでは1つの関節や筋肉に偏らずバランスよく体幹の筋トレをすることが可能であり、筋肉の多くを一度に鍛えることができるので、より多くのカロリーを消費することができます。

まとめ

ビール腹の多くは内蔵脂肪が原因であり、内臓脂肪から変換されるコレステロールは放っておくと糖尿病や動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性もあります。

またビール腹の解消をするという目的のためだけでなく、日々の適度な運動でバランスの良い筋肉を保つことは、不必要な脂肪を効率よく燃やし血液の循環を促す健康的な体作りに欠かせないといえます。はじめは少しつらい筋トレかもしれませんが、一日も早くビール腹を解消し健康的な生活が送れるよう、まずは今日からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

<おすすめ関連記事>