おでこが広い男性におすすめの髪型は?M字ハゲの基準と対策方法まとめ

おでこが広い男性のヘアスタイルバナー

新年度や新学期、新しい季節のはじまりなどには「ちょっと髪型を変えてみようかな」と微笑ましく考えることがありますよね。

しかし顔の形によっては好きな髪型にできなかったり、たとえばおでこが広いせいで、おでこの広さをカバーするような髪型にしていてうんざりしている人も多いのではないでしょうか。

おでこが広いことをコンプレックスに思っている方は昔から多く、おでこが広いことで若い人でも頭を抱えている人もいらっしゃいます。

そこで今回の記事ではなぜおでこが広くなっているのか原因やポイントをお伝えしていき、おでこが広くなってしまったと感じ始めたときからできる対策方法について解説していきます。

おでこが広い男性の髪型や薄毛対策方法が知りたい!

一般的におでこが広いと感じはじめるのは朝の身支度のふとした瞬間であったり、他人の髪の生え際を見たときに「もしかして自分はおでこが広いのでは?」と思いはじめるのがきっかけです。

おでこの広いと真っ先にイメージするのは「これってハゲてきているのでは?」というマイナスイメージですが、実際のところはどうなのでしょうか。

さまざまな観点からおでこの広さについて検討していきます。

おでこが広いけど、これはハゲてきてるの?

おでこの広さや髪の生え際は個人差がありますので、一概におでこが広いと確信しにくいですよね。

しかしおでこが広いとあなたの好みのヘアスタイルやファッションで「なんか違う」と違和感を覚えてしまうこともよくあるのではないでしょうか。

おでこが広いと感じてしまうのは単におでこの面積が広いだけではなく、顔のパーツ、たとえば目の位置や距離によっても変わるので、おでこが広いか狭いかは感じ方もそれぞれです。

ただ人間は成長に伴い顔や体つきの変化、骨格の成長がありおよそ20歳前後まではある程度成長の過程で変わっていくのですが、ある程度年齢を重ねてから急激におでこが広いと感じはじめた場合は話が変わってきます。

おでこが広いと感じはじめた場合薄毛の予兆であることが考えられるのですが、薄毛であるかどうか判断基準にOTノーウッド判定法というものがあります。

OTノーウッド判定法はあなたの顔を横から見て耳の穴からまっすぐ伸ばした線と、おでこ左右の生え際で一番奥を基準にした線との間が2cm以下であると、薄毛治療の対象になってきます。

この判定法による薄毛の判断はあくまでも一例ですので、OTノーウッド判定法に該当しても他の側面からも薄毛かどうかを判断するので必ずしも薄毛と断定されませんがもしご不安であれば専門家のアドバイスを求めてみるとよいでしょう。

おでこが広いと言える基準はある?

近年では男性の薄毛治療の技術もめざましく多くのクリニックで薄毛治療や髪の悩みを解決できる機会が増えてきましたが、医療機関や研究ではおでこが広いといえる明確な基準はないのが現実です。

というのもおでこの広さは先ほどもお伝えしたように顔のパーツや骨格、頭の形によっても影響がありますから「何cm以上あればおでこは広い」と断言はできません。

しかし、世間一般ではおでこが広いことをコンプレックスに考えている人も多いのが現実です。当記事で髪に関するアンケートを実施してみました。

その結果、アンケート回答者のおよそ50%以上が7cm以上の広さがあれば、おでこが広いと感じているという回答が得られました。

男性のおでこの広さが何センチ以上あったら薄毛だと思うかというアンケート

数字だけですとイメージがつきにくいのですが、7cmは100円ライターの高さ、または大手メーカーが販売するスタンダードなスマートフォンの横幅に相当します。

おでこが広いと感じていない人でもこれくらいの長さが自分のおでこの広さにあったらと思うと、たとえおでこが広い基準値がないとされていても危機感や焦燥感を覚えるのは当然ですよね。

おでこが広い人におすすめの髪型

おでこが広いと一番困るのはどのような髪型にすればいいのかという点があげられます。

おでこが広いと感じている男性のほとんどはおでこの広さをカバーするために前髪を伸ばしておでこの面積を狭くしようとしますが、体のコンプレックスを隠そうとするとかえってその部分が悪目立ちして他人の目に止まりやすくなってしまいます。

当記事では前髪を伸ばしておでこの広さをカバーする髪型ではなく、おでこの広さを活かせる髪型をご紹介していきますのでご参考にしてみてください。

おでこが広くて丸顔の人は前髪を流すのがおすすめ

おでこが広い男性のヘアスタイル2

全面的におでこを出していくことは、おでこが広いとコンプレックスに感じている人にはいきなりは無理なことですから少しずつおでこを出していける、前髪を斜めに流した髪型がおすすめです。

おでこが広いと感じている人は前髪を結構長く伸ばしていますが、伸びた前髪をある程度の長さまでバッサリと切って、残った髪を斜めに流すことでおでこをカバーするようにしましょう。

長すぎる前髪は男性ではかえって不自然で悪目立ちしますが、短い前髪でおでこをカバーするのは自然なヘアスタイルですから他人から見ても不自然さはなく変に思われることもありません。

短めの前髪を斜めに流しておでこの広さをカバーする場合は、前髪に長短をつける必要がありますからアシンメトリーにして美容師にカットしてもらうとスタイリングもしやすいでしょう。

おでこが広くて面長の人は思いきって前髪を上げてみよう

おでこが広い男性のヘアスタイル

おでこが広いと悩んでいる人はおでこの広さを隠すために前髪などでおでこを隠そうとしますし、その心理になるのもよくわかります。

ただおでこの広さだけでなく体のコンプレックスを隠そうとすると他人からはかえって目立って見えてしまうもので、たとえば太っていることがコンプレックスで体のラインを隠そうと大きめの服を着ている人を街中でもよく見かけますが、大きなブカブカの服を着ていると違和感を覚えますよね。

おでこの広さをカバーする前髪もこれに似たようなもので、変に前髪を長くしていれば「あの人前髪長い?よく見るとおでこも広いような…」とより注視されてしまいますのでこれでは本末転倒です。

ファッション誌でもよく紹介される手法ですが自分のコンプレックスは隠してなんとかするのではなく、そのコンプレックスを活かしてカバーさせるというものがあります。

おでこが広いことに関しては隠すのではなく、いっそのこと前髪をあげるアップバングにするという方法がありますが、アップバングは男性の爽やかさと清潔さを最大限に引き出してくれるヘアスタイルで多くの女性からも好感度の高いところがポイントです。

前髪を伸ばしていると人によっては不衛生と思われがちですが、前髪をあげるだけで清潔感も生まれるのですからプラスの要素が多くおでこが広いコンプレックスを忘れられることだってあります。

おでこが広くてくせ毛の人にはパーマスタイルがおすすめ

おでこが広い男性のパーマスタイル

おでこが広いと感じている人の多くは、髪の毛自体も薄くなってきているのではないかと神経質になってしまいがちです。

おでこの広さは骨格などによって異なるとお伝えしましたが、中には髪の毛自体が薄くなってしまってきている人もいらっしゃいますので、パーマをかけたヘアスタイルがおすすめです。

すでに髪がくせ毛の人はその髪質を活かせばよいのですが、パーマを当てた髪はまっすぐな髪よりも毛量が増えたように見せる効果を持っており、髪の毛が薄くなってきていると感じ始めている人はピンパーマやワックスなどでスタイリングをすると簡単にボリュームアップ効果が期待できます。

ワックスでパーマスタイルをしたい場合はワックスを手に取り、髪の表面をくしゃっと手で掴むようにスタイリングするとパーマ風のスタイリングができますのでぜひ挑戦してみてください。

おでこが広い原因とは

ここまでおでこが広いことに対する対策やおすすめの髪型をお伝えしてきましたが、おでこが広くなることには成長による骨格や体つきの変化以外にもいくつか原因があげられます。

成長の場合でしたら正常な体の変化ですがある程度年齢を経てからおでこが広くなっているのでしたら、今回お伝えする原因が影響していることもあるので改善するとおでこの広まりがおさまることも期待できます。

遺伝

ご両親やご親戚のおでこを見てみて、もしおでこが広い人が多いようであればあなたのおでこの広さは遺伝によって広くなっていることが考えられます。

遺伝が原因であればもはや予防方法がないので仕方ありませんが、それを踏まえたうえで今回ご紹介したような髪型に変えてみたり、帽子でファッションを楽しんだりするとおでこが広いことも気にならなくなるでしょう。

生活習慣

ある程度年齢を経てからおでこが広くなることは薄毛になりはじめていることがあげられますが、薄毛の原因は実は生活習慣の影響を受けていることがあります。

現代人、特にはたらいているビジネスマンは毎日時間に追われて休息や睡眠時間を確保することができにくくなっています。

その中でも睡眠は人体にとって重要な存在で睡眠を取ることで人間は体内に溜まった疲労を解消し、そして体調の不調を改善するはたらきがあります。

睡眠中は体の中で成長ホルモンが分泌されるのですが睡眠時間が短縮されると十分な成長ホルモンが分泌されずに疲労回復や体調の改善ができないまま朝を迎えてしまいますので、疲労や不調が溜まったまま働きはじめるので悪循環に陥り体内に栄養も回らなくなり髪の毛が後退しはじめるのです。

仕事で忙しいのは十分に理解できますが、睡眠時間を削ってまで働くと薄毛につながるだけでなく体を壊すことにもなりますから注意してください。

食生活

ぽっこりお腹肥満男性食事

近年では美味しくて手軽なファストフードが多く登場してきており、食生活がジャンクフードに偏ってしまいがちです。

ジャンクフードは美味しいのですが栄養に偏りがあり、また不要な油や塩分が使用されていますので高血圧や高脂血症などいわゆる生活習慣病を引き起こす恐れもあります。

またジャンクフードにはミネラルやビタミンが欠如しており、髪の育成に必要な栄養素をほとんど含んでいませんので健康的な髪が欲しいのであれば食生活の見直しも重要です。

ストレス

おでこが広くなるだけでなくストレスの蓄積は病気にかかりやすくなったり、体が悪い方向に変化してしまう原因にもなります。

おでこが広いという点でいえばストレスは蓄積することで血管を収縮させ血の巡りを悪くさせてしまいます。

血が巡ることの役割は主に食べ物などで摂取した栄養を体に運んでくれるのですが、血行が悪化すると必要な栄養素を体に運びにくくなり栄養が必要な箇所にまで行き渡らなくなります。

もちろん髪の毛の育成にも栄養が必要なのですが、髪を育てる栄養が届かないと髪は生えたり伸びたりしませんので結果として薄毛へと髪質が変化してしまうのです。

おでこの広さの対策方法

おでこが広いのをただ単に受け入れてしまっては気持ちの面でもあまりいい効果はありません。

おでこが広くなってしまったらその分対策をとれば改善できる余地がありますから、今からでも遅くはありませんので対策をとっこれ以上おでこが広くならないようにしていきましょう。

生活習慣の改善

まずすぐに取り組めるもので生活習慣の改善があげられます。

忙しいビジネスマンでしたらまず睡眠時間を確保してください。

はたらいている人の中には睡眠時間は3時間や4時間と回答する人も多いのですが、成人男性の望ましい睡眠時間は7時間程度は必要ですのでまったく足りていません。

7時間の確保は無理に思われがちですが、7時間確保できなければまずは30分でもいいので睡眠時間を長くして、徐々に7時間に近づけていけるように調整していきましょう。

シャンプーを変えてみる

近年では薄毛クリニック以外にも市販で育毛や薄毛対策ができるヘアグッズが多く登場しています。

まずは手軽な育毛対策としてシャンプーから始めてみてはいかがでしょうか。

おでこが広い人におすすめのシャンプー:プレミアムブラックシャンプー

<実際にブラックシャンプーをレビューしている動画はこちら>

普段の入浴で使っているシャンプーをプレミアムブラックシャンプーに変えて頭皮の汚れを洗い流し、天然由来成分が頭皮に栄養を補給しましょう。

︎髪のプロからワンポイントアドバイス!
元井里奈

毛髪診断士/サプリメントアドバイザー/メノポーズ(更年期)カウンセラー

美髪・育毛のプロとして、抜け毛や薄毛に悩む女性の力になるべく、育毛サプリメントの開発...

育毛、というよりは、頭皮を本来の健やかな状態に導いてくれるシャンプーを選びましょう。シャンプーの成分で影響が大きいのは洗浄成分(界面活性剤)です。製品の裏側にある配合成分一覧を確認して、自分に適した洗浄成分のものを選びましょう。薄毛や抜け毛に悩む多くの方は、強すぎる洗浄成分によって必要な皮脂まで奪い取られすぎているケースがあるため、マイルドな洗浄成分のもの(アミノ酸系など)に変えると良いでしょう。また、頭皮や髪は弱酸性なので、弱酸性のものを選ぶとよいでしょう。

育毛剤を使ってみる

「育毛」と言えば、一番最初に頭に浮かぶのは育毛剤ではないでしょうか。

育毛剤はネットショップなどでも購入できますので、普段忙しくて薬局やドラッグストア、クリニックにいく時間がない人でもぴったりの対策方法でしょう。

おすすめの育毛剤:ブブカゼロ

ブブカゼロは、毛細血管の血行を改善し頭皮に栄養を届け、育毛をサポートします。

詳細については以下の記事を参考にしてください。

AGAクリニックで相談してみる

薄毛を根本的に治療したいのであれば、薄毛クリニック、いわゆるAGAクリニックに相談して医師からのアドバイスを仰ぎ対策しましょう。

おすすめAGAクリニック:AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは薄毛に悩んでいた医師が自ら体験して発毛治療を手がけており、その効果はあなたの薄毛の悩みを解決をサポートしてくれるでしょう。

まとめ

おでこが広いのは個人差がありますが、年齢を重ねていくと薄毛の予兆であるため注意しておかなければ取り返しのつかないことにもなりがちです。

おでこが広くなることは遺伝以外にも現代人にありがちな睡眠不足や食生活の偏りも原因にあげられますので、おでこが広いと感じはじめたのでしたらまずは生活習慣の見直しからはじめ、今回ご紹介している対策方法を実践してみることをおすすめいたします。

0