女性が思う男性のモテる体型とは!細マッチョは時代遅れって本当?

日焼け 男性

「女性にモテる体型の男性ってどんな体をしているの?」「モテる体型ってそもそもあるの?」と考えている男性も多いと思います。

女性にモテる体型とはどんな体型をしているかについて、361人の女性にBiDAN編集部がアンケート調査を行っています。この記事ではアンケート結果・モテる体型が女性に支持される理由・モテる体型を作る方法について紹介していきます。

女性にモテる体型とは?

男性の体型に関するアンケート インフォグラフィック

361人の女性を対象にした「男性の体型」に関して、BiDAN編集部が実施したアンケート調査によると、男性の理想の体型の第1位が「細マッチョ」で41%、第2位が「普通」39%、第3位が「細身」10%という結果になりました。

相変わらず「細マッチョ」の人気が高く、「ガリガリ」と「デブ」はともに得票数ゼロという結果になりました。

やはり女性にモテる体型は「細マッチョ」であるという結果になりました。

女性が細マッチョを好む理由

細マッチョな男

女性はなぜ細マッチョが好きなのか…その答えにはふたつの理由があります。

ひとつは「女性は男性の筋肉が好き」だからです。

男性が女性のバストやヒップが好きなように、女性は男性の筋肉に魅力を感じます。自称「筋肉フェチ」を名乗る女性もいるほど、女性は男性の筋肉が好きなのです。

ただし、ムキムキのゴリマッチョではダメ。適度に筋肉がついた細マッチョが好きということもポイントです。その理由が「イメージ」です。これがもうひとつの理由にもなります。

男性が憧れるゴリマッチョは、女性から見ると怖くて近寄りがたいイメージがあります。ガリガリでは頼りない、デブは不健康というイメージがあります。しかし、ほどよく筋肉がついている細マッチョの男性は健康的で自己管理能力が高いイメージがあります。

「筋肉が好き」「健康的なイメージ」このふたつが、女性が細マッチョを好きな理由と考えられるのです。

細マッチョの身体の特徴

かっこいい体の男性

そもそも細マッチョと呼ばれる体型に明確な定義はありません。あくまで個々の主観的な判断によって、細マッチョかそうでないかが判断されてしまいます。

そのため、サッカーやバスケなどのプロスポーツ選手、ボクシングなどの格闘技選手、フィジーク系のボディコンテストに出場している選手も、ある意味すべて細マッチョと考えることができます。

そんな細マッチョと呼ばれる男性の特徴には次のような共通点があります。

  • 体脂肪が10%前後であること。
  • 腹筋が割れていること。
  • 上半身が逆三角形であること。
  • タイトなスーツが似合うこと。

まとめると「普段から体を鍛えていて、スーツの似合う体脂肪10%前後の男性」が理想の細マッチョと考えられます。

女性が好きな筋肉とは

女性が男性の身体のどこを見ているか分からないという男性も少なくありません。

女性が魅力を感じる男性の筋肉を部位ごとに分析してみましょう。

胸筋

女性は胸筋が程よくついた厚い胸板の男性に魅力を感じます。シャツの上からでも胸筋が張っているのが解ると「抱きしめられたい」と感じてしまう女性もいるのだとか。

ただし、女性が好きな胸筋は適度に筋肉がついた胸筋であって、ボディビルダーのようなピクピク動く胸筋はNGなのです。むやみ筋肉をつけてデカくすればいいというわけではなく、適度に筋肉がついている胸筋が好まれるようです。

胸筋ある人だと胸筋みちゃいます。おぉ、がたい いいな。みたいな感じで特に何処フェチ!と強く思ってる人でなければ、その人の特徴的な部分を無意識で見ちゃうもんだと思います。

出典:Yahoo知恵袋

腹筋

腹筋が好きな女性は、男性の6つに割れている腹筋、いわゆるシックスパックを見ると男らしくセクシーに感じるようです。引き締まったお腹は男性でも憧れますが、女性はそれ以上に割れた腹筋に魅力を感じているのです。

割れた腹筋は筋肉フェチの女性にとって触りたくなるほど大好きな筋肉のようです。

腕筋

多くの女性は、Tシャツからのぞく太い腕の男性を見ると男らしく頼りがいがあるように感じるようです。アメリカでは鍛えられた腕のことを「GUNS(=銃のスラング)」と呼び、男らしさの象徴としてリスペクトされています。

太い腕筋に憧れるのは男性ばかりでなく、女性も鍛えられた腕筋が大好きなのです。

背中

男性の広く大きな背中を見ると、頼り甲斐があるように感じて安心感を覚える女性がいます。とくに筋肉質で引き締まった背中をセクシーでカッコいいと感じるようです。

「男は背中で語る」と言うことがありますが、女性は男性の背中から言葉では表現できない想いを感じ取っているのです。

筋肉の人気ランキング

男性の理想の体型に関するアンケート
<アンケート結果>
1位;二の腕(114/36.8%)

2位;前腕(73/23%)

3位;胸(41/12.9%)

4位;背中(40/12.6%)

5位;腹筋(37/11.6%)

再びBiDAN編集部が実施したアンケート調査を参考に考えてみましょう。

まず、女性の好きな筋肉ランキングを見ると、1位が二の腕、2位が前腕と、腕全体の筋肉が約60%近くを占めているのが分かります。また、3位の胸の筋肉は上腕と連動しているので、胸と腕をセットで考えれば70%以上にもなりますね。

お腹のたるみが気になって腹筋運動ばかりしている男性も多いと思いますが、腹筋が好きという女性は全体の約10%程度なのです。女性から注目を集めたいのであれば、胸から腕にかけての筋肉をしっかりと鍛えていくことがポイントです。

︎パーソナルスタイリストのアドバイス
えぃみん

E*style(イースタイル)代表

「流され人生から卒業!正直な私で幸せをクリエイト!人生バラ色ファッションプログラム」事業、および骨格診断アナリスト養成事業に従事...

男性は特定の女性もそうですが、より多くの女性からモテたいと思うもの。女性にモテたいと思うのであれば、ある程度痩せたほうがいいと思います。なぜなら、体型からあなたの食生活や生活スタイルを連想させるからです。体型に気を使う人は、体を鍛えるだけでなく、食事にも気を使っているはず。自己管理ができているとみなされることが多いでしょう。

モテる体型の細マッチョになるには

モテる体型である「細マッチョ」になるには、適度な筋肉をつけて体脂肪を減らすことが重要です。そのためには食事と運動を効果的に組み合わせることで、効率よくボディメイクをしていくことができます。

具体的には毎日の食事内容の改善と、週2回以上の有酸素運動を組み合わせた筋トレメニューを最低でも2か月以上は継続することです。

細マッチョになるための食事方法とトレーニング方法を見ていきましょう。

食生活をみなおす

医師おすすめヘルシーフード健康食

細マッチョになるために食事管理はとても重要です。もちろんトレーニングも大切ですが、比率で考えると「食事7:トレーニング3」といっても過言ではありません。

食事の基本は、1日当たりの摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにすることです。摂取カロリーが消費カロリーを上回ると脂肪が蓄積され、反対に消費カロリーが摂取カロリーを上回れば脂肪がエネルギーとして使われ減っていきます。

カロリー管理を大原則として、三大栄養素のバランスを考えた食事に切り替えていくことが重要です。

筋肉を作るために

筋肉の材料になるのが「たんぱく質」です。たんぱく質の摂取量には諸説がありますが、男性であれば体重1㎏あたり1,5~2,0gのタンパク質が必要と考えられています。筋肉を増やし基礎代謝を高めるためには、トレーニング日は体重1㎏あたり2,0gのたんぱく質を補給するのがいいでしょう。

たんぱく質が豊富な食材には、赤身肉や鳥のささみや胸肉、納豆などの大豆食品がおすすめです。

脂肪をつけないために

脂肪をつけないためには、糖質(炭水化物)と脂質をできるだけ制限することが大切です。

糖質は血糖値を上昇させ、インスリンで働きによって糖を脂肪に変えて細胞に取り込んでしまいます。また、脂質はカロリーが高いため、摂取カロリー過多になりやすいために注意が必要です。

トレーニング方法の紹介

細マッチョを目指すなら、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたトレーニングメニューを行うことがポイントです。有酸素運動で体脂肪を落として、無酸素運動で筋肉を増やしていく方法です。

それぞれの運動で、どのようなメニューを行えばいいのか見ていきましょう。

有酸素運動で脂肪を燃焼する

ランニング 有酸素運動

有酸素運動は呼吸を続けながら長時間続けて行える運動のことで、代表的なものに、ランニング、ジョギング、水泳、エアロバイクといった運動があります。有酸素運動は体脂肪をエネルギーに変えて使用するため、脂肪を落とすには最適の運動です。

ただし、有酸素運動の開始直後は血液中の糖質をエネルギーとして使用しており、それが切れると体脂肪をエネルギーとして使い始めます。そのため、有酸素運動で体脂肪を落とすには最低でも20分以上継続して行う必要があります。

空腹時は食事からのエネルギーが不足している状態なので、有酸素運動の脂肪燃焼効果が高まります。また、無酸素運動後も、筋肉内の糖質エネルギーが不足しているため、同じように有酸素運動の効果が高くなります。

効率よく有酸素運動を行うなら、筋トレなどの無酸素運動の後に行うことがポイントです。

無酸素運動で基礎代謝を上げる

ジムで筋トレをする男性

無酸素運動は短い時間の間に瞬発的に強い力を出す運動で、代表的なものに、短距離走、ウエイトトレーニング(筋トレ)といった運動があります。

筋肉細胞にあるATPという糖質エネルギーを使うことで、たんぱく質合成が高まり筋肉を増やす効果があります。筋肉が増えることで体の基礎代謝が上がりますので、太りづらく痩せやすい体になることができます。

効果的に筋肉をつけるおすすめの筋トレメニューを見てみましょう。

スクワット

相撲スクワットをする男性

スクワットは下半身を総合的に鍛えることのできる代表的な筋トレメニューのひとつです。ダンベルやバーベルを使うスクワットなど様々な方法がありますが、基本となる自重スクワットのやり方をご紹介します。

  1. 足を肩幅よりもやや広く、つま先をやや外側に向けて立ちます。
  2. バランスを取れるように腕をまっすぐ前に伸ばします。
  3. 背筋を伸ばしたまま、お尻を突き出すようにゆっくり腰を下げていきます。
  4. 太ももと地面が水平になったら、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
  5. この動作を繰り返します。
  6. 15~20回×3セットを目安にします。
  • 鍛えられる部位:大腿四頭筋、大臀筋、ハムストリングス
  • 注意点:膝が前に出過ぎないように腰を下げていくのがポイントです。

〈参考記事〉

ベンチプレス

ベンチプレス 筋トレ 男

ベンチプレスは大胸筋を鍛える筋トレメニューです。

ジムにあるベンチプレス台を使う方法が一般的ですが、ダンベルがあれば自宅でも行うことができます。自宅で行うダンベルベンチプレスのやり方をご紹介します。

  1. 床に腰を下ろし、両手でダンベルを構えます。
  2. 膝を立てた状態で仰向けに寝て、肩甲骨を寄せて背中にブリッジをつくります。
  3. 肩甲骨の下あたりで床をグリップします。
  4. ダンベルを真上に構え、肩甲骨を寄せるようにダンベルを下ろします。
  5. この動作を繰り返します。
  6. 10回×3セットを目安に行います。
  • 鍛えられる部位:大胸筋、上腕三頭筋、三角筋
  • 注意点:ベンチ台を使うとより効果的に行うことができます。

〈参考記事〉

クランチ

腹筋トレーニングしている男性

クランチは腹筋を鍛える自重の筋トレメニューです。一畳程度のスペースあれば自宅でも行うことができます。

  1. 床に仰向けになり膝を立て、両手は頭の脇に構えます。
  2. お腹から息を吐きながら、おへそを見るように上体をゆっくり起こしていきます。
  3. 息をすべて吐き切ったら、胸から鼻から大きく息を吸いながら上体を戻します。
  4. 肩が床につかないところまで下ろしたら、再び息を吐きながら上体を起こします。
  5. この動作を繰り返します。
  6. 10〜15回×3セットを目安に行います。
  • 鍛えられる部位:腹直筋
  • 注意点:クランチは呼吸法がポイントです。お腹から息をゆっくり吐き、鼻から大きく息を吸う胸式呼吸を意識しましょう。

〈参考記事〉

ダンベルカール

ダンベルカールをする男性

ダンベルカールは力こぶになる上腕の筋肉を鍛えるダンベルを使用した筋トレメニューです。ダンベルがあれば自宅でも行うことができます。

  1. 肩幅程度に足を開き、背筋をまっすぐ伸ばし立ちます。
  2. 両手でダンベルを構え、手の平を前に向けます。
  3. 肩を下げて、肘を軸にしてダンベルを持ち上げます。
  4. 二頭筋から負荷が抜けない可動域までダンベルを下げます。
  5. この動作を繰り返します。
  6. 10回×3セットを目安に行います。
  • 鍛えられる部位:上腕二頭筋
  • 注意点:ダンベルを持ち上げるとき反動を使わないように、上半身を動かさないように行いましょう。

〈参考記事〉

懸垂

懸垂

懸垂は上半身の筋肉をまとめて鍛えることができる自重の筋トレメニューです。懸垂バーが無くても、ぶら下がれる場所があれば自宅でも行うことができます。

  1. 肩幅よりやや広い手幅でバーにぶら下がります。
  2. 肩甲骨を寄せるように体を引き上げます。
  3. 胸をバーに近づけるように限界まで持ち上げます。
  4. ゆっくりと体を下ろします。
  5. この動作を繰り返します。
  6. 5~10回×3セットを目安に行います。
  • 鍛えられる部位:広背筋、僧帽筋、三角筋、上腕筋、大胸筋
  • 注意点:体が持ち上がらない時は、踏み台を使って体を持ち上げた状態からゆっくりと下げるだけでも効果があります。

〈参考記事〉

メンズエステ

メンズエステでは気になる箇所をピンポイントで刺激するため部分痩せをすることができます。

二の腕が気になる方や、普段運動をしているのになかなかお腹の脂肪がとれないといった方におすすめです。

また、寝ているだけで気になる箇所の脂肪を落とす効果があるので、運動をしたくないという方にもおすすめです。

プロのエステティシャンからカウンセリングを受けてもらうことができるので、ダイエットのプロに食事・運動・生活面でのアドバイスをもらうことができるメリットがあります。

“おすすめのメンズエステ【ラ・パルレ】“

ラ・パルレのバナー

⇒公式サイトはこちら

ラ・パルレのお腹脂肪チェック&スッキリ体型コースでは、気になる箇所の脂肪を「温め」「ほぐし」「引き締める」の3ステップの施術を行い、ダイエット効果を引き出します。

〈▽ラ・パルレの体験記事はこちら▽〉

⇒公式サイトはこち

パーソナルジム

パーソナルジムでは自分のためだけにトレーナーがしっかりついて時間内にしっかり指導してくれます。パーソナルジムでは一人でトレーニングをするよりも、しっかりした知識を持っているトレーナーに指導してもらうので、効果的に早く鍛えることができます。

ダイエット期間中の食事面までサポートをしてくれます。

ダイエットについての正しい知識が身に付くので、トレーニング後もリバウンドしにくい体・生活を手にすることが期待できます。

より確実に痩せたく、一人でダイエットをするのが不安な方やリバウンドをしたくない方におすすめです。

“おすすめのパーソナルトレーニングジム【24/7workout】“

24/7ワークアウト パーソナルジム

⇒公式サイトはこちら

24/7ワークアウトでは無料体験カウンセリングが行えるということはもちろん、効果が出なかった際の返金保証も付いています。

本気で痩せたいという方におすすめです。

〈参考記事〉

⇒公式サイトはこちら

まとめ

女性にモテる体型は細マッチョです。

細マッチョであると見た目がかっこいいだけでなく、健康で自己管理ができる男性だと思われることもあります。

女性にモテたい男性は細マッチョを目指してみませんか?

〈おすすめ関連記事〉

0