ピラティスを男性におすすめする理由とは?効果・メリットを紹介!

ピラティスをする男性

ピラティスときくとあなたはどのようなイメージをお持ちですか?

ピラティスは少し前にテレビを中心に紹介されはじめ、女性ユーザーから支持を得て人気を得たフィットネスですので、一般的には「女性のフィットネス」とお考えになられて「興味があるけど挑戦できない」とお困りの男性も多いのではないでしょうか。

この記事では男性にピラティスをおすすめする理由から、ピラティスのメリット、ピラティスとヨガの違い、ピラティススタジオの選び方・おすすめのピラティススタジオについて紹介していきます。

ピラティスを男性におすすめする理由

ヨガをする男性

ピラティスは誰もが知っているような男性スポーツ選手や俳優など数多くの男性も利用しています。現在ではピラティスは女性だけでなく、男性からのニーズも高いフィットネスです。

ピラティスはどんな男性におすすめなのかについて紹介していきます。

こんな男性にピラティスをおすすめ!

ピラティスは、以下のような男性におすすめです。

  • 肩こり首こりがする男性
  • インナーマッスルを鍛えて運動パフォーマンスを上げたい男性
  • 姿勢を改善したい男性
  • 痩せたい男性

ピラティスはもともとゆったりとした動きが人気のひとつとなって、女性の関心が高まったフィットネスです。

しかしピラティスの起源は、負傷した軍人がリハビリを行うために考案されたと言われており、元々は男性のためのエクササイズでした。

ピラティスってそもそも何?

「ピラティスってそもそも何?」という方も多いと思います。

ピラティスについてよく疑問にあげられる、以下の内容を紹介していきます。

  • ピラティスについて効果・メリット
  • ヨガとの違い、ピラティススタジオの選び方
  • ピラティスをするときの服装

ピラティスってどんな効果・メリットがあるの?

ピラティスの効果・メリットについて紹介していきます。

基礎代謝が上がり、太りにくい体になる

ピラティスはゆったりとした動作や、姿勢をピンと伸ばした状態で体を動かします。

ピラティスは動きこそゆったりではありますが、時間をかけながらポーズをとっていくのでインナーマッスル(体の内側にある筋肉)へアプローチできます。

インナーマッスルも筋肉ですので、鍛えれば鍛えるほど筋肉量を増やすことができ、基礎代謝が向上して消費するカロリーの量がアップします。

下の図のように基礎代謝は男性なら15~17歳、女性なら12~14歳を境に下がっていく一方で、運動やスポーツをしていなければ基礎代謝はどんどん下がって痩せにくい体へと変化していきます。しかし、ピラティスを通じてインナーマッスルを鍛えれば基礎代謝の減少をおさえて太りにくい体をつくることが可能です。

また、ピラティスは姿勢だけでなくインナーマッスルにアプローチするので、普段鍛えにくいインナーマッスルを刺激して運動パフォーマンスを向上することも可能です。

男女の年代別基礎代謝 グラフ

「首・肩こり・姿勢・骨盤のゆがみ」の改善

肩こり 男

ピラティスには「首・肩こり」「姿勢」「骨盤のゆがみ」を改善する効果が期待できます。

下の参考論文は、ピラティスの効果について述べています。

長尾らは研究の結果としてピラティスの効果について以下のように述べている。

「Piratesの効果として姿勢の改善、長軸方向への脊柱可動性の増大、腰痛によるストレスの改善が証明された。」

出典:長尾知香、清水英里「運動療法としてのPilates効果の追求(第一報)」、理学療法学Supplement 2009(0), A4P2089-A4P2089, 2010 公益社団法人 日本理学療法士協会

首・肩こりが改善する理由

ピラティスは体全身を使って動いていくので、普段使っていないような筋肉やパーツをほぐすことが可能です。

普段動かしていない筋肉やパーツがあると、その筋肉だけこわばって固まり血流が滞ってしまいがちです。血の巡りが悪くなると冷え性やむくみ、老廃物や疲労物質が局所的に溜まってしまい肩こりの原因にも繋がります。

姿勢が改善する理由

ピラティスは全身の筋肉をくまなく使っていくフィットネスですが、その中でも腹横筋と呼ばれる背骨に近い筋肉を鍛えることができます。

腹横筋の役割は背骨の正しい形状を維持する役割があり、腹横筋がしっかりしていると背骨はきれいなアーチ状の形をキープすることができます。

そのため腹横筋が衰えていくとだんだんと背骨がグッと曲がってしまったり、あらぬ方向に傾いてしまうことがあるので、ピラティスは変な姿勢が癖づいた背骨の矯正にも役立ってくれます。

骨盤のゆがみが改善する理由

ピラティスによってインナーマッスルを鍛えることで体内部の環境を整えることにも役立ってくれます。

たとえばインナーマッスルのひとつである骨盤底筋があります。骨盤底筋は骨盤を支える筋肉ですので衰えてしまうと骨盤が正しい位置からずれてしまうことがあります。

骨盤が正しい位置からずれていると姿勢だけでなく、肩こりや腰痛などに影響を与えてしまいます。骨盤の位置を改善することで、姿勢・肩こり・腰痛の改善が期待できます。

ヨガとピラティスの違いって何?

ストレッチ

ピラティスとヨガはどちらもマットの上で行うものなので、一見すると違いがないように見えます。ここではヨガとピラティスの分かりにくい違いについて紹介していきます。

下の表はピラティスとヨガの違いを表しています。

種目呼吸法目的体の動かし方
ピラティス腹式呼吸体つくりインナーマッスルを鍛える
ヨガ胸式呼吸ストレス解消・リラックスゆったりとした動き

呼吸法の違い

ヨガは動作中の呼吸はお腹を意識しながらおこなう腹式呼吸で、ピラティスは胸に息を送り込む胸式呼吸と呼ばれる呼吸法でおこないます。

「呼吸くらいじゃあまり違いがないのでは?」と思われがちですが、腹式呼吸は自律神経を活性化させる効果が期待できる呼吸法で、リラックス効果が高いです。ピラティスの胸式呼吸は交感神経を高め、心身を安定させ効率的にダイエット効果を実感できます。

目的の違い

ピラティスでは基本的に運動効果の要素が多いフィットネスで、全身を用いてストレッチとトレーニングをして体を引き締めてきれいなボディラインをつくれます。

対してヨガはピラティスほど体を使用せずあくまでゆったりとした動きとポーズをしていきますので、心身を解きほぐし調和さえてリラックスさせる効果が期待できます。

激しい運動は苦手だけど体をある程度引き締めたい方はピラティスを、ストレス解消やリラックスをしたい人はヨガが向いているといえます。

身体の動かし方の違い

ピラティスとヨガはどちらも共通して基本的にはゆったりとした動きが特徴のフィットネスですが、細かくお伝えすると体の動かし方に違いがあります。

たとえばヨガの場合はリラックス効果を求めるためにゆったりとしたポーズをとっていくのが中心で、リラックスするために腹式呼吸をしながら筋肉や滞った血流を解きほぐしていきます。

ピラティスは姿勢を正しい位置に戻したりインナーマッスルを刺激するために体を動かします。ピラティスはヨガよりも筋肉を発展させるストレッチやポーズ、メニューが多い傾向にあります。

ピラティススタジオの選び方

ピラティススタジオの選び方について紹介していきます。

通いやすさ・店舗数の多さ

ピラティスはスタジオに通っておこないますので、どこかの店舗で入会してそこでレッスンを受けます。

ピラティススタジオをどこにするか一番最初に考えるのは立地(アクセス)の良さがあげられます。あなたのお住まいや職場に近いところであればあるほど通いやすくなり、通うのが面倒になって途中でやめてしまうというリスクを少なくできます。

また、ピラティススタジオによっては地域に密集しているものもあり、会員種別によっては特定の店舗だけでなく近くにある別の店舗でもレッスンを受けられることもありますので、店舗数が多いピラティススタジオを選ぶのもよいでしょう。

レッスン・プログラム数の多さ

ピラティススタジオではインストラクターの指導のもとピラティスをおこなうので、一定のレッスンやプログラムがあります。

レッスンの中には初心者向けのピラティスから上級者向けの運動量が多いものまであるほか、特にアプローチしたい体のパーツに特化したプログラムもあります。レッスンのバリエーションが多ければ多いほどあなたにあった内容で体を引き締められます。

ピラティスもある程度学んでいくとマンネリ感が発生することもあり、プログラムの種類が多いと飽きるリスクも少なくすることができます。投げ出さないリスクを軽減するためにもレッスン数が多いところをチョイスしましょう。

インストラクターのスキル・人柄

ピラティススタジオにいるインストラクターは一定の研修を受けてから講師としてレッスンを開催しています。

インストラクターの年齢、経歴も人それぞれですからピラティスに詳しい講師から学べばより効率的に運動効果を得られますが、経歴や知識が浅いと効果が感じにくいケースもあります。

また、インストラクターも人の子ですからそれぞれ性格があります。

ピラティススタジオによっては体験レッスンを用意しているところもありますので、体験レッスンを通じてインストラクターの性格や教え方をチェックして、相性がよさそうであればそのピラティススタジオへの入会を検討してもよいでしょう。

︎美容のプロからワンポイントアドバイス!
檀 ~ dan ~

ピラティスインストラクター

自分の身体にコンプレックスがあり、自分を好きになる為に始めたピラティス、

ピラティスはインストラクターとの相性が重要です。インストラクターさんと一緒にいて、レッスンを受けてて楽しいって思える所が大切ですね。いくら効果が出ても、インストラクターさんとの相性が合わないとレッスンしてても苦痛です。

ピラティスをする時はゆったりとした服装で

ピラティスはヨガと同じようにゆったりとした動作ではありますが、全身を使い、そして関節の曲げ伸ばし、ひねったりと動作がやや活発です。

そのためピラティスを仕事帰りにする場合、動きにくい服装ですと思ったように動けないだけでなく、場合によって衣服を傷つけてしまいます。ピラティスをする時は運動のしやすいゆったりとした服装にしましょう。

たとえばジャージやスエットなど伸縮性のある服装だと、動きの激しい動作でも対応できます。

男性におすすめのピラティススタジオ

男性におすすめのピラティススタジオについて紹介していきます。

先に各スタジオの一回体験コースの価格表を紹介します。

〈各スタジオの一回体験コースの価格表〉

スタジオ名時間(分)価格(円)
zen place pilates901,000
zen place pilates by basi pilates901,000
LAVA60600
CALDO60100

zen place pilates

zen-place-pilates-バナーアイコン

〈特徴〉

zen place pilatesはピラティスがはじめての方でも通いやすいように考えられているピラティススタジオで、もちろん男性の入会も可能です。

zen place pilatesでは大人数でおこなうグループレッスンのほか、人の目を気にせずピラティスができるプライベートレッスンの制度も用意されていますので、効率的にピラティスをしたいという人にもおすすめできるスタジオといえます。

〈価格〉

zen place pilatesでは未経験の人にピラティスを体験できるように体験レッスン制度と入会キャンペーンを設けており、体験レッスンでは通常のレッスン価格よりもお得な料金設定で受けられるほか、体験レッスン当日に入会すると入会金が発生しない特典もあります。

なお、会費は店舗ごとによって変わりますので詳細は店舗ページをご覧ください。

公式サイトはこちら

zen place pilates by basi pilates

zen place-basi-pilats-logoアイコンバナー

〈特徴〉

zen place pilates by basi pilatesは先ほど紹介したzen placeの姉妹店です。basi pilatesの方がより上級者向けのレッスンが用意されています。

会員の8割が女性、2割が男性と年々男性ユーザーも増えてきている人気のピラティススタジオです。

zen place pilates by basi pilatesを利用するユーザーの中には60代や70代などお年を召した方も通われています。運動が得意でない人でも学びやすく、効率的に体を引き締められるところがポイントといえます。

〈価格〉

zen place pilates by basi pilatesには大人数でおこなう体験レッスンが用意されており、カウンセリングがついて1,000円で受講できます。

またプライベートレッスンの体験レッスンもありますので興味がある人は一度チャレンジしてみて、もし相性がよければ当日に入会すれば入会金が無料です。

公式サイトはこちら

LAVA

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)のバナーアイコン

〈特徴〉

LAVAは全国に店舗を展開しているホットヨガスタジオです。

ピラティス専門のスタジオではないのですが、不定期にピラティスのレッスンも開催しています。あたたかい環境の中でピラティスをおこなうので大量に発汗し血流を促進する効果が期待できます。

〈価格〉

LAVAのピラティスは通常の会員として入会すると受講できます。

ホットヨガもしっかりとやってみたいという方は月会費16,300円のフリー会員として入会すると全営業時間、全店でレッスンを受けられます。

公式サイトはこちら

CALDO

ホットヨガスタジオCALDO(カルド)のバナー

〈特徴〉

カルドは全国に展開しているホットヨガスタジオです。

カルドは店舗数は少ないのですが体験レッスンの料金が安かったり、ピラティスのレッスンがよく開催されていることがあります。

〈価格〉

カルドの会員プランは店舗によって多少異なりますが、月4回のプランであれば6,000円、フルタイムの利用をご希望であれば月会費9,236円のメンバープランもあります。

また、渋谷店ですと入会金、事務手数料、初月会費などが無料になる新規入会キャンペーンもおこなっていますので、より低コストでホットヨガとピラティスを学べるといえます。このようにキャンペーンを行っている店舗もありますので、店舗情報を確認することをおすすめします。

公式サイトはこちら

ピラティス男性のまとめ

ピラティスは運動不足の方や、運動パフォーマンスを向上させたい方、首や肩の凝り・姿勢の改善をしたい男性におすすめです。

ヨガと違ってインナーマッスルを鍛えるというのがピラティスの大きなポイントといえます。

〈おすすめ関連記事〉

0